アンダーヘアを自己処理する場合、大切になってくるのはどれだけデリケートゾーンを刺激しないかです。

デリケートゾーンの部分の皮膚は薄く、文字通りデリケートなため、気を付けていないと傷つき肌トラブルとなったり、黒ずみ(色素沈着)になったりします。

なので、毛先が鋭いままでチクチク痒みを伴うハサミの処理や刃が鋭く角質まで削ってしまう恐れのあるカミソリ、皮膚を炎症させる恐れのある除毛クリームなどよりも直接肌へは触れずにアンダーヘアを熱で焼き切り、毛先を丸めて保護するヒートカッターがおすすめなのです。

こちらのサイトでは、そんなヒートカッターのメリット、デメリットやどんなトラブルに有効かなどの情報を提供させて頂きます。

そもそもアンダーヘアって処理しなきゃ駄目なものなの?

アンダーヘアを処理するメリットは、まず肌トラブルが起こりやすいデリケートゾーンの雑菌などを減らし清潔を保つことが出来ます。

生理なんかの時はアンダーヘアでゴワゴワしていない方が、毛につかず清潔に、ムレずにいられるというメリットもありますね。

雑菌などが増えたり、ムレてくると臭いの発生にも繋がりますから、デリケートゾーンの臭いで困っている方は、アンダーヘアを処理することで軽減したということもあります。

また、毛がショーツからはみ出て恥ずかしいという経験がなくなり、綺麗にしていることで自信にもつながります。

デメリットとしては、処理方法によってはデリケートゾーンの肌トラブルに直結したり、ハードな形にすると親しくなった男性に引かれてしまうこともあるので注意が必要です。

しかし、処理していない女性のことを男性はあまりよく思っていないのも事実なので、適切な処理方法を見つけることが大切になると思います。

参考アンダーヘアを処理するメリット・デメリット

参考アンダーヘアを処理していない女性をどう思いますか?

自己処理するなら、アンダーヘアはどれくらいの長さ?どんな形がいい?

アンダーヘアの話は中々親しい仲であってもせず、かと言ってマジマジと見る機会もないですよね。

そのため、雑誌などを参考にしなければならないのですが、見る雑誌によって書いていることも違うし、中々全てを鵜呑みには出来ません。

けれど、温泉などへ行きいざ見られた時に処理してなくても恥ずかしいし、処理していても変な形だったら恥ずかしいです。

今は「ハイジーナ脱毛」というアンダーヘアを全毛処理する方法もよく耳にします。

でも、多くなったとはいえ、ハイジーナ脱毛はまだこの日本では一般的ではありません。

ではどんな形にすればいいのか?ということですが、ナチュラルに自然体を醸しつつ、長さや見栄えが綺麗な状態が男女問わず人気で、「アンダーヘアが元々綺麗な子なんだ。」とパートナーにも好印象のようです。

そんな理想のアンダーヘアを手に入れるためには、毛先を丸め、自由に長さ調節が出来るヒートカッターおすすめなんですね。

参考アンダーヘアの長さはどれくらいですか?

参考アンダーヘアの理想の長さは何センチ?

ヒートカッターはどうやって使うの?

ヒートカッターという言葉、美容にとても関心のある方なら当然知っているかもしれませんが、初めて聞かれる方も結構いるでしょう。

ヒートカッターを使う上でのポイントは、一気に焼こうと思わないで、少量ずつ手に取り処理して行くことです。

このポイントさえ押さえれば、時間も最短で上手に処理することが出来ますよ。

また、ヒートカッターひとつにとっても特徴や値段は全然違います。

自分に合ったヒートカッターを選びましょう。

ただし、粗悪なものもあるので、信頼できるブランドを選ぶことをおすすめします。

参考ヒートカッターでアンダーヘアを処理した体験談と安全な使い方

参考ヒートカッターでアンダーヘアを処理するコツを聞いてみました。

ヒートカッターがアンダーヘアの処理に適している理由

アンダーヘアの処理の中でも一番難しいのが、Iラインです。

Iラインは一番デリケートな部分で、肌トラブルを起こしやすいからです。

肌トラブルの引き金になるのが、肌を傷つけてしまったり、摩擦によるものだったりします。

また、Vラインは最も目立つ部分なので、綺麗な見た目が要求されると思います。

一番綺麗に見えると言われているアンダーヘアの適切な長さは2cmです。

なので、ヒートカッターのような肌に直接触れない処理方法で、優しく処理し、毛先を丸く柔らかく自然な仕上がりになることが重宝されます。

しかも、少しずつ焼き切っていくヒートカッターなら、失敗することもほとんどなく、IラインVラインを簡単に適切な長さや形にすることが可能です。

参考Iラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

参考Vラインの陰毛を手入れしたときの体験談と処理方法

アンダーヘアのトラブル解消法

トラブルケース1「デリケートゾーンの黒ずみ」の原因。

実は黒ずみ(色素沈着)はアンダーヘアの処理が原因で起こることがあります。

それは、肌を傷つけたり、摩擦が黒ずみの原因だからです。

そのため、カミソリなど刃が肌に直接当たるものではなく、直接触れずにアンダーヘアを処理できる方法が好ましいとされています。

参考デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法

トラブルケース2「ショーツを突き抜ける毛」の解決法。

ショーツから毛がモサモサ突き出ていた経験はないでしょうか?1本、2本ならまだしもたくさん出ていたら、いくら注意して見ていないとはいえ、他人にもバレてしまいますよね。

日本人の毛質は太くて硬いためになりやすい傾向にはあるのですが、だからと言って良い訳がありません。

アンダーヘアをショーツから突き出ない柔らかい毛質にするためにはヒートカッター処理とその後のアンダーヘア専用トリートメントを使用することで改善されます。

参考陰毛が硬く下着を突き抜けてしまいます。どうすれば柔らかくできるのでしょうか?

トラブルケース3「埋没毛」に注意!

これはその名の通り、毛が出れずに皮膚の中に埋もれ黒ゴマのようなプツプツとした見た目になる状態のことを言います。

これは特にピンセットなど無理矢理引っ張ったり、カミソリ、ブラジリアンワックスなど肌を傷つけながら処理する方法に起こりがちです。

肌に直接当たらない処理方法が好ましいです。

参考アンダーヘアの埋没毛について原因と対処法

トラブルケース4「デリケートゾーンの痒み」が限界!

デリケートゾーンを掻きむしっている姿なんてパートナーに見せたくないですよね。

もちろん、そんなことはしませんが、デリケートゾーンの痒みって何だか普通に皮膚が痒いのとは訳が違うくらいとにかく痒くありませんか?

ムレだったり、カンジダ症などの病気であったり様々な原因が考えられますが、その一つが、カミソリなどで皮膚の角質を削り取ってしまいデリケートゾーンが乾燥してしまったり、毛が尖っていることで、薄い皮膚を刺激するために起こる痒みです。

それらを引き起こさないためには、肌に直に触れない処理や毛先を尖らせない方法が必要になってきます。

また、デリケートゾーンの保湿もしっかりしましょう。

参考アンダーヘアを剃ると、痒くなって困ってしまいます。

参考アンダーヘアのチクチクを解消するための対処方法

参考陰毛のかゆみに関する体験談

トラブルケース5「アンダーヘア付近の傷み」解決法。

原因の一つにアンダーヘアの毛質や生えている方向が考えられます。

アンダーヘアの処理中に肌に傷を作ってしまっていた場合や毛先が硬く尖っていたら、チクチク痛みを感じるのは当たり前です。

肌に傷を作らないためや毛質はヒートカッターを使用する方法とトリートメントを使用する方法でかなり改善されますよ。

ただし、すでに「毛嚢炎」になっている場合もあります。

ニキビのような赤いぶつぶつが出てくる病気です。

この病気は、元々、皮膚にはこのブドウ球菌があるのですが、アンダーヘアの処理の時にカミソリや毛抜きを使い、肌がダメージを受けた時に毛穴の奥深くにブドウ球菌が入り込んでしまうことで起こります。

なので、肌に優しい処理方法が必要になってきます。

参考陰毛の辺りが痛い時はどうしていますか?

参考アンダーヘアの毛嚢炎(毛包炎)について原因と対処法

トラブルケース6「デリケートゾーンの臭い」改善法

普段デリケートゾーンは見えるものではないので、その時にならないと気にならないものですが、臭いは厄介です。

何故なら、黒ずみなどなら見られなければ済むものですが、臭いはデリケートゾーンが見えていなくてもするものです。

また、自分だけではなく、他人をも不快にさせる可能性があるからです。

そんなことから生理の時には特にデリケートゾーンの臭いを気にされる方も多いと思います。

実はアンダーヘアを処理することで大分この臭いを軽減させることができるのを知っていましたか?

ただし、間違った方法で処理するとかえって臭いがしてしまう結果になることもあります。

これらは全て、アンダーヘアの処理でデリケートゾーンの敏感な肌を刺激したために起こったトラブルです。

なので、アンダーヘアの処理にはデリケートゾーンに優しい直接肌に触れずに行える処理方法がおすすめです。

数ある中でも最もその理想が叶った処理方法がヒートカッターです。

また、処理が終わった後は必ず保湿するように心がけてください。

参考デリケートゾーンの気になるにおいを取る方法

ハサミでアンダーヘアを処理する場合も、仕上げはヒートカッターで。

ハサミは身近にあるものなので、大してコストもかからずに手に入れることが出来ます。

そして、ハサミでアンダーヘアを整える場合は、一気に処理出来ますし、使い慣れている道具なため、アレンジも利くのではないでしょうか?

ただし、ハサミのみの処理で終わると、毛先が尖ってチクチクしてしまい、痛みや痒み、そしてそれに伴う黒ずみ(色素沈着)も起こす場合があります。

また、毛先が尖るとショーツからはみ出してしまい脱衣時や水着着用時に恥ずかしい経験をしてしまう恐れがあります。

なので、ハサミで大部分を処理し、その後、ヒートカッターで軽く毛先を整えれば丸みのある毛先になり、そういった事態にもならないのではないでしょうか?

参考ハサミを使ってアンダーヘアを処理する方法。チクチク痒くならないために

参考水着を着るときどこまでアンダーヘアを処理していますか?

最愛のパートナーに見られるアンダーヘアに。

相手がいない時はズボラになりがちなデリケートゾーンですが、最愛の人が出来た時にも同じことが言えるでしょうか?

でも、男性によっては処理のしすぎは「経験豊富なのかな?」と思わせる結果になることもあるようです。

ただ、全く処理されていない状態なのも千年の恋も冷めるような結果になる恐れがあります。

男性にとって「女性らしい」「好ましい」と思わせるようなアンダーヘアは「やりすぎないケア」がひとつのポイントのようですよ。

失敗しないで適切な長さにすることが出来るのはヒートカッターではないでしょうか。

参考初めて男性に見せる時、アンダーヘアを処理して行きましたか?

妊婦のみんなはアンダーヘアどうしているの?

妊娠するまでは大して気にしていなかったアンダーヘア。でも、産婦人科へ行く前になると「あ!アンダーヘアの処理していない!どうしよう?」となる方も少なくないと思います。

特に温泉などへ行っても人のデリケートゾーンをマジマジと観察する方はいないと思いますが、産婦人科では内診台で両足を固定され、器具での検診もあるので、デリケートゾーンは、ガバっとかなり晒される状態になります。

そんな時、貴女は自信を持ってデリケートゾーンを晒すことが出来るでしょうか?

中途半端な処理は出来ないけど、妊娠後期に入ると処理出来ない恐れもあるので、適切な長さにしておくのがベストな対処法だと思います。

そんなナチュラルケアが出来るのもヒートカッターの魅力です。

参考妊娠して、陰毛の処理はどうしていましたか?形は?

アンダーヘア専用トリートメント活用術!

アンダーヘア専用の石鹸やクリームは知っていても、アンダーヘア専用のトリートメントを知っている方は案外少ないかもしれません。

アンダーヘアのゴワゴワは見慣れているでしょうが、ふわふわの柔らかい毛に憧れませんか?そんな、ふわふわ毛にする方法が、トリートメントを使う方法です。

ただし、同じ毛だから頭髪のものを使えばいいんじゃない?というのは安易な考え。

頭髪のトリートメントにはよく「ハリ」「コシ」を強くします!といううたい文句がよく書いてありますよね。

でも、アンダーヘアに「ハリ」「コシ」は必要でしょうか?

むしろ、柔らかい毛質にしたいので、全く必要のない要素ですよね。

アンダーヘア専用のトリートメントには「タンパク質分解酵素」というのが含まれています。それが硬い毛質を柔らかくするのに一役買っているんです。

ですが、もちろん頭髪ようには含まれていません。

それにデリケートゾーンに使うものなので、頭髪用のトリートメントでは刺激が強すぎる場合があります。

使うなら、アンダーヘア専用のトリートメントを使用しましょう。

でも、もう少し手軽な所から試したい!という方はオイルを使うのも手ですよ。

参考陰毛を柔らかくするにはどうしていますか?

アンダーヘア必勝法!ヒートカッターとトリートメントのダブル効果で理想のデリケートゾーンに。

アンダーヘアが「太くて硬くてチリチリしている毛質」は、ずばり日本人の一般的なものです。

そんな毛質を変えるためには、ヒートカッターとアンダーヘア専用のトリートメントを使用してみましょう。

また、アンダーヘアの枝毛や生え始めのチクチク感をなくすことにも効果的です。

ヒートカッターは毛先を丸く焼き切り、トリートメントは毛に潤いを与え、キューティクルの損傷も改善させます。

これで尖った毛がショーツから飛び出ることも、チクチクしてむず痒くなり、掻きむしることでの黒ずみ(色素沈着)も予防することが出来ます。

そして、男性の理想の女性らしいふんわりとした柔らかい手触りのアンダーヘアを手に入れることが出来ます。

参考アンダーヘアにトリートメントを使った効果

参考陰毛の枝毛が痒い!その原因と対処法

参考アンダーヘアが生え揃うまで、どれくらいかかりますか?

まとめ

いかがだったでしょうか。

基本的に「デリケートゾーンは、肌トラブルの起きやすい精細な部位」だという認識をしておきましょう。

その上で、適切なケアの重要性を改めて確認し、今やっているアンダーヘアの処理方法や道具を見直してみてください。

理想のアンダーヘアを手に入れるためには「ヒートカッター」+「トリートメント」のコンビを特におすすめします。

アンダーヘア革命セット

アンダーヘア革命セット

更新日:

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの悩みを解決! , 2017 All Rights Reserved.