RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

アンダーヘアについて

アンダーヘアの処理に迷ったら

サロンやクリニックへ行くのは、お金もかかるし面倒くさい。

そんな理由から、手軽に出来る自己処理で済ませている方って多いと思います。

しかし、「本当にこの方法で良いのかな?」と自分のアンダーヘアの処理の仕方に不安があっても、アンダーヘアの悩みは中々他人には聞けない話題ですよね。

自己処理(セルフケア)は、誤った方法で処理するとチクチクしたり、黒ずみが出来たり、肌が荒れたりと様々なトラブルに見舞われます。

例えば、あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • そのままにしていたら、陰毛が伸びすぎて恥ずかしい思いをしたことがある。
  • 自己処理をしてみたけど、ショーツや水着から毛が飛び出ていた。
  • デリケートゾーンがチクチクして、ムズムズする。
  • 雑誌を参考にして自己処理をしてみたけど、一般的なVIOラインの形ではなかった。
  • アンダーヘアの処理を自己流でしたら黒ずみが出来たり、埋没毛になってしまった。
  • サロンやクリニックに行ってみたいけど、どんな所か想像できなくて行きにくい。
  • サロンでムダ毛処理したいけど、金額が高そうで怖い。

このサイトでは、アンダーヘアの自己処理の方法をレクチャーする他にも、デリケートゾーンで起きたトラブルの悩みを解決出来る記事を掲載しています。

また、サロンやクリニックへ行きたいけど行けない方のために、サロンやクリニックで知っておきたいアレやコレもご紹介します。

実際に体験した人から聞いた生の声を反映しているので参考になるはずです!

脱毛・除毛・抑毛の違いについて

まずは、アンダーヘアを処理するときに良く聞く言葉「脱毛・除毛・抑毛」の違いについて説明していきます。

脱毛とは?

脱毛とは、そのままの意味で「毛を抜くこと」を指します。

あなたが脱毛と聞いて連想するのは、サロンやクリニックで行われる施術のことではないでしょうか?その通り、それらを脱毛と言います。

サロンやクリニックで行われる脱毛には種類があり、サロンは光脱毛。クリニックでは、レーザー脱毛が主流になります。

そして、自宅では行う自己処理の場合、光脱毛器やワックス脱毛(ブラジリアンワックス)、毛抜きを使ったものも脱毛に入ります。

除毛とは?

除毛とは、皮膚の表面に生えてきた「見える毛を取り除くこと」を指します。

一般的に市販されている除毛クリームなどの除毛剤を使用することを言いますが、カミソリで剃るのも除毛になります。

除毛クリームは、タンパク質分解酵素を使用し、毛を分解・除去することが出来ます。

抑毛とは?

抑毛とは、毛の成長を抑制して「毛を細く目立たなくすること」を指します。

抑毛効果のあるクリームや光脱毛器などを使用することで、毛根に働きかけ、徐々に毛を生えにくくしていきます。

この方法は、即効性はないので、継続して使用することが大切です。

※注意ポイント
商品によっては、抑毛ローションや除毛クリームを総称して「脱毛クリーム」と呼んでいる場合もあります。購入の際には成分表記をよく読み、違いを理解した上で購入するようにしましょう。

アンダーヘアを処理するメリットとデメリットとは?

アンダーヘアの処理は、デリケートな部位のため、自分の体質などを考慮して処理する必要があります。

詳細な知識を得てから処理することがキレイなアンダーヘアを作る秘訣です!ここでは、アンダーヘアをお手入れするメリットとデメリットについてご紹介します。

アンダーヘアを処理するメリット

① 清潔感を得られる!

デリケートゾーンの毛量を減らすことで、汗をかきづらくなり、排泄物も付きにくくなるので、デリケートゾーンを清潔に保てるようになります。

また、アンダーヘアでデリケートゾーンが高温多湿になってしまうと、肌トラブルを引き起こしやすいので、衛生的に保つには毛量の調節が重要です。

そして、海外ではアンダーヘアが残っているだけで「不潔な人」と見られることもあります。

外国人のパートナーがいる方やこれから恋人になりたいと思っている方は、アンダーヘアの処理は必須です。

② 陰毛がショーツからはみ出さなくなり、見た目に自信が持てる!

水着やTバックなど面積の少ない衣類を着用する時に、ムダ毛が見えて恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

アンダーヘアをキチンと事前に処理することは、そのようなストレスを感じずにレジャーを楽しむことが出来ますよね。

特にアンダーヘアの毛質は「太く・硬く・縮れている」場合がほとんどですから、毛先が尖っているとショーツを突き抜けたり、ごわごわしているとハミ毛になったりするケースも少なくありません。

ふわふわとした柔らかい毛質にするためには、デリケートゾーン専用トリートメントを使用したり、ヒートカッターや光脱毛器など適切なムダ毛処理アイテムを使用しましょう。

③ 嫌なニオイの発生を抑えられる!

アンダーヘアを放置したままにしておくと、ムレて雑菌が増殖し、嫌なニオイを発生させる原因になってしまいます。

そこで、ある程度毛量を減らせば、悪臭を抑えることが可能になります。

④ 処理方法によっては美肌効果も得られる!

サロンやクリニックでアンダーヘアを脱毛すれば、「美肌効果のある光」や「シェイプアップ効果のあるローション」を使用する場所もあるので、脱毛と同時に美容へのアプローチが期待出来ます。

アンダーヘアをキレイに保ちつつもデリケートゾーンのくすみ(色素沈着)を取り除き、美しいVIOラインを維持することが出来れば、気持ちよく毎日を過ごせますよね。

また、自宅で同様の美容効果を得たい場合は、「抑毛ローション」や「光脱毛器」を使用すると良いですよ。

アンダーヘアを処理するデメリット

① 処理方法を間違うと肌トラブルを引き起こす!

カミソリや毛抜きで自己処理を行うと、毛穴へのダメージが加わり、埋没毛や毛嚢炎、肌の炎症や赤み、切り傷などのトラブルになることがあります。

自己処理の場合は、肌に直接触れないアイテムを使用すると良いですよ。

② 毛量や毛質によってはかなりのコストに!

アンダーヘアの処理は、安全性が高く、肌への負担が少ないもの程「高額」になることが多いです。

特にサロンやクリニックでの脱毛は、十数万円になることもあります。

③ 男性(女性)ウケを狙ったのに引かれることも!?

女性の場合にアンダーヘアは多すぎるとズボラなイメージを与えてしまいますが、少なすぎても「遊んでいるのでは?」と言う印象を持つ男性も少なからずいます。

また、男性の場合には、女性よりもキレイに整えていると女性の方がショックを受けて別れる原因になることもあります。

④ 生理中は経血が漏れてしまう!

アンダーヘアの毛量を減らすことで、今までクッションの役割をしていた働きが弱まり、生理中に「漏れ」を生じさせてしまう場合もあります。

特にハイジニーナ(無毛)にすると、この症状が起きやすいです。ある程度の毛量を残したり、ナプキンや下着を工夫する必要があります。

⑤ 永久脱毛にしない限り、ずっと手間がかかる!

毛は、毛根の細胞を破壊しない限り、永遠に生え続けます。

ですから、永久脱毛が可能なクリニックの「レーザー脱毛」以外は、サロンにしてもセルフケアにしても永遠に生え続けます。永遠に処理し続けなければならないのは手間ですよね。

アンダーヘアを自己処理する人の心理

  • 他人にデリケートゾーンを見られるのは恥ずかしくて抵抗がある
  • 自分の好きな時間やタイミングで処理したい
  • 定期的にサロンなどへ予約して通うのが面倒
  • 自己処理の方がコストを抑えられる

多くの人が、上記のような理由で自己処理を行っているんですね。

しかし、自己処理はあくまで自己責任。

デリケートゾーンは肌トラブルを起こしやすい部位なので、アフターケアまでしっかり行い気を付けましょう。

自己処理に必須なムダ毛処理アイテムのメリットとデメリット

アンダーヘアの処理をする時に、あなたはどんなアイテムを使用していますか?

どのアイテムにもメリットとデメリットがあり、間違った方法で使用するとデリケートゾーンの黒ずみや肌荒れ、埋没毛などのトラブルの原因になってしまうこともあります。

そこで、ここでは7つのムダ毛処理アイテムの特徴を知り、トラブルを起こさない方法を学びましょう。

① カミソリとハサミ

メリット

手近にあり、低コストで時間もかからずアンダーヘアを処理出来る。

デメリット

毛先が尖るので、ショーツから毛が突き抜けて、チクチクとした不快さを感じたり、肌の角質まで削ってしまいます。
肌ダメージも大きく、炎症や乾燥による痒みや黒ずみ、埋没毛の原因になる可能性も高いです。

アンダーヘアをカミソリで剃っても痒くならない方法

アンダーヘアを軽くするためにすきばさみを使ったことありますか?

ハサミを使ってアンダーヘアを処理する方法。チクチク痒くならないために

② 毛抜き

メリット

低コストで、毛を抜くので何日か生えてこないので楽。

デメリット

肌への刺激が強く、埋没毛の原因ナンバー1。また、抜く時には痛みを感じますし、処理の時間も1本1本抜くために時間がかかります。

陰毛を毛抜きで抜くための処理方法と体験談

③ 電気シェーバー

メリット

カミソリのようでありながら、刃が直接肌に当たらないので、肌ダメージは少な目。製品の価格も2000円前後と比較的安価です。

デメリット

カミソリ同様に消耗品なので、切れ味が悪くなるのが早いです。

アンダーヘアを電気シェーバーで処理する方法!

④ ヒートカッター

メリット

毛を熱で焼き切るので、毛先が丸くなり、ショーツから毛が突き出たり、チクチクとした不快感がありません。また、肌に直接刃が当たらないので、刺激や痛みもありません。少しずつカット出来るので初心者向けのアイテムです。

デメリット

ヒートカッター本体の電池が比較的消耗しやすく、すぐに電池交換が必要な場合が多いです。また、処理中もコゲた臭いがします。

ヒートカッターの使い方!アンダーヘアがチクチクしない処理方法

⑤ 除毛クリーム

メリット

クリームを塗って流すだけなので、初心者でも簡単にムダ毛処理が出来ます。

デメリット

毛を溶かしながら処理するので、肌が弱い人には不向き。

アンダーヘアに除毛クリームを使った処理方法と効果について

⑥ ブラジリアンワックス

メリット

ワックスを塗って専用シートを貼って剥がすだけなので、初心者でも簡単です。

デメリット

肌にワックスが付くので、肌が弱い人には不向き。また、専用シートを剥がす際に痛みを伴います。

アンダーヘアをブラジリアンワックスで処理する方法

⑦ 家庭用光脱毛器

メリット

自宅にいながら、サロンのような施術が出来ます。抑毛効果もあるので使用すればするほど、毛が生えにくくなります。

デメリット

コストが高いです。また、あくまで家庭用なのでサロンよりは威力が弱いです。

自宅でできる!光脱毛器を使ってアンダーヘアを処理する方法

Vラインの処理について

アンダーヘアの中で最も目立ち、整える形も様々なのがこのVラインです。

下着や水着からはみ出してしまうと、とても恥ずかしい思いをしますし、生えていると衛生的にも見た目の印象も悪くなるので、キレイに処理することが望ましい部位。

サロンやクリニックならば、自己処理の時とは違いプロが施術してくれるので、不自然なアンダーヘアの長さや形には絶対になりませんね。

Vライン処理のメリットとデメリット

Vラインを処理するメリットは、下着のラインの毛が少なくなるので、ムレずに快適に過ごせることです。

下着や衣類、ナプキンでかぶれやすい方は、肌トラブル予防にもなりますね。そして、「ニオイ」や「かゆみ」も軽減出来ます。

そして、何よりVラインを処理するメリットは、見た目が良くなるので、自信を持って生活出来るようになります。

ボサボサ状態では、同性でも異性でも不潔なイメージを持たせてしまいますし、海やプールなどでは水着から毛がはみでる心配もなく、快く楽しめます。

Vラインは、「逆三角形」が主流ですが、若い時には「ちょっと可愛い形にしてみたい!」と冒険する人もいるようです。

しかし、40代50代と年齢を重ねた時に「ちょっと恥ずかしい。」と思うことも多いようです。

自己処理であればすぐにまた生えて来るので大丈夫ですが、サロンやクリニックで脱毛する時は、将来のことも考えて処理した方が良さそうです。

Vラインの適切な長さと形は?

Vラインの長さは、1cm単位の誤差でも見た目の感覚が大分変わります。

必ずその長さにしなければならないというわけではありませんが、Vラインは「2cm前後」でIラインへ行くにつれて、「3cm程度」の長さに整えて行きましょう。

そうすれば、下着や水着からはみ出ることもありませんし、毛が下着の生地を突き抜けていくこともありません。

段差のあるVラインにする理由は、見た目の自然さもありますが、長さを一定にしてしまうと毛がはみ出てしまう可能性が増えるからです。

次にアンダーヘアの形ですが、「逆三角形」が一般的なスタイルなので好ましいです。他にも長方形や卵型、毛自体が煩わしい場合にはハイジニーナ(無毛)というスタイルもあります。

逆三角形は、女性の中で一番人気が高い形ですから、迷ったらまずは逆三角形にすることをおすすめします。最低でも両サイドラインはキレイに整えましょう。

Vラインをスッキリさせたい!

アンダーヘアの長さや形が気になるなら、熱の力で整えられる「ヒートカッター」が定番です。

あそこがチクチクする」「下着からはみ出してしまう」といったトラブルを防ぐことが出来るアイテムなのでおすすめです。

ヒートカッターの使い方!アンダーヘアがチクチクしない処理方法

Iラインの処理について

アンダーヘアの中でも最も構造的に処理が難しく、デリケートな部位がIラインです。

毛量の個人差はありますが、内側まで毛が生えている方は、処理する範囲が決めにくい部分でもあります。最初から体質的にIラインが薄い方もいます。

男性としてもパートナーの女性に対して、「Iラインは絶対に処理して欲しい!」と思っている方も多いので、女性としてはプレッシャーを感じている方も少なくありません。

Iライン処理のメリットとデメリット

自己処理でIラインを処理するためには、こまめにクシで梳かして、長さや量のバランスを確認する必要があります。

毛を減らし過ぎて恥ずかしいIラインになった経験がある方も多いのではないでしょうか?

実は、Iラインは自己処理の塩梅が難しいですし、特にデリケートな部分なので、サロンやクリニックでおまかせがおすすめです。

ただし、Iラインに黒ずみがあると火傷の恐れもあるので、事前にスタッフとの相談が重要ですね。

サロンやクリニックでは、光と同時に冷却ガスを噴射して痛みを緩和するなどの独自の技術を使って痛みを感じにくい対策はしていますが、「全く痛みがない!」と言うのは無理なので、腹をくくって施術を受けるしかありません。

Iラインの適切な長さは?

Iラインはカットしすぎてしまうと、性器が丸見えになってしまいます。そうすると不自然ですよね。

Iラインの長さは「3cm程度」がベスト!

3cmあれば、性器の部分はしっかりと隠せますし、ムレる心配もない長さです。Vラインと比較すると気持ち長めに整えるのがポイント。

もし、Vラインを3cm以上にしたい場合には、Iラインもそれに合わせて、長めに調節しましょう。

Iラインをスッキリさせたい!

アンダーヘアの処理で難しいIラインをキレイに処理するためには、「Iラインシェーバー」を使用するのがベスト!

Iラインは粘膜の近くと言うこともあり、間違った処理はトラブルの原因になります。IラインシェーバーはOラインにも使用することが出来るので、1台あると便利ですね。

Iラインシェーバーを使ってアンダーヘアのムダ毛を処理!

Oラインの処理について

アンダーヘアの中でも最も見えにくく、自分で生えているのを確認するのが困難なのは、肛門周りのOラインです。

人目に付かない部分なので、処理を怠ってしまいますが、案外濃く生えていることもあり、Tバックなどの面積の狭い下着を着用すると知らない内にはみ出している可能性があります。

Oライン処理のメリットとデメリット

Iライン処理をしている場合は、Oラインの処理も同時に行っていないと、バランスが悪くパートナーからも不評を買ってしまいます。

基本的にOラインは、見た目的に衛生面を考慮しても、毛が生えているメリットは全くない部位と言えます。

サロンやクリニックでは、Oラインを見られることは確かに恥ずかしいですが、自分では見えない部分を処理してもらえるので、安全性がとても高くおすすめです。

クリニックでのレーザー脱毛になると、出力が高いので平均6回程度通えば、脱毛することが出来ます。

サロンでは、Oラインの毛量によりますが、大体15回程度です。

しかし、どちらにしても「色素沈着」を起こしやすい部位なので、色素沈着をしないように出力を弱めて施術を行うと実際はもっと回数が多くなることもあるようです。

Oラインをスッキリさせたい!

Oラインは、自分からは見えない部位なので、塗って流せる「除毛クリーム」がおすすめ。

ただし、肛門部位にも使用出来るものを選ぶ必要があります。また、Vラインでも無毛にしたい部分に使えるので便利です。

肛門の毛(けつ毛)の処理は除毛クリームがおすすめ!!

自己処理(セルフケア)では常識!知っておいて欲しいこと

毛抜きは危ない

ムダ毛処理アイテムの中で、毛抜きは真っ先に思いつくアイテムの一つだと思います。

しかも、毛抜きは剃っただけのカミソリとは違い、抜けば「しばらく生えてこない」と言うメリットがありますよね。

しかし、一度毛を引き抜くと、その後に生えてきた毛が毛穴で詰まってしまい、生え切らないことがあります。これが「埋没毛」と言うものです。

このトラブルが一番起きやすいのが毛抜きです。しかも、それを無理やり針などでほじくり返そうとすると、菌が入ってしまい「毛嚢炎」なども起こしてしまいます。

カミソリよりは電気シェーバーが安全

毛抜きより安全なのはカミソリですが、カミソリも刃が直接肌に当たるので、毛と一緒に肌の角質まで削ってしまい乾燥や色素沈着などの肌トラブルを起こしやすいアイテムです。

そこで、カミソリを電動にした「電気シェーバー」というものがあります。

カミソリと電気シェーバーは同じものでは?と思われがちですが、電気シェーバーは刃が直接肌に当たらないので、肌にかかる負担がカミソリよりも格段に低くなります。

ただし、

さらにデリケートゾーンに負担をかけない点では、「Iラインシェーバー」や「ヒートカッター」がおすすめのアイテムです。

確実なのは、やはりサロンやクリニック

サロンやクリニックは、初めての方には敷居の高い場所かもしれませんが、プロが施術してくれるので、一番安全で確実に脱毛出来る所です。

特に肌が弱い人は、自己処理だと肌トラブルを起こしやすいので、結果皮膚科へ受診しなければならないこともあります。

また、ムダ毛処理アイテムは、消耗品ですし、定期的に脱毛しなければなりません。ですから、余計にお金がかかるためサロンの方が安いこともあります。

アンダーヘアも髪の毛と同じで手入れする程ふわふわに!

アンダーヘアは、太く濃い毛が密集して生えていますよね。そのまま放置していると、毛にクセがつき、硬くなっていきます。

髪の毛と同じように日頃からアンダーヘアをお手入れすることで、毛質が柔らかくなり、手触りも見た目もキレイに変えることが出来ます。

ここでは、アンダーヘアのお手入れの方法をご紹介します。

アンダーヘアを適度に整える

アンダーヘアを適度に整えることで、オリモノや雑菌の付着を防ぐことが出来るので、デリケートゾーンを清潔に保つことが出来ます。

毛先を2~3cm程度に整えることで、アンダーヘア特有のうねりやショーツから飛び出ると言ったトラブルも防ぐことが出来ます。

デリケートゾーン専用ソープで消臭

アンダーヘアも髪の毛と同じで、汚れが付着しやすく、毎日洗っていても時間が経過するとニオイを発してきます。

あなたが入浴する際に使用しているボディソープは「弱酸性」ですか?

市販のボディソープはアルカリ性のことが多く、洗浄力も強すぎるため、かえってデリケートゾーンの環境を劣悪にすることもあります。

それが、ニオイを強くする原因になっていることも。

デリケートゾーンに適したソープは、デリケートゾーンの環境を守りながら、消臭や抗菌作用がある専用ソープを使用するのがマストです。

デリケートゾーン専用トリートメントでアンダーヘアのごわつきを解消!

アンダーヘアは、元々縮れているのが一般的。ですから、縮れ毛を直毛にすることは難しいですが、ごわつきを改善することは出来ます。

ごわつきを手っ取り早く治す方法は、専用トリートメントを使用することです。

トリートメントを使用することで、キューティクルの損傷を補修しながら、潤いを与えてくれます。

ただし、頭髪用のトリートメントは、デリケートゾーンには刺激も強く、ハリやコシまで出てしまう恐れがあるので、使用しないようにしましょう。

根気強く使用することで、ふわっとした柔らかい毛質に改善されていきます。

サロンやクリニックで脱毛する効果とメリットデメリットとは?

メリット

  • 見た目に自信が持てるようになる
  • 生理時のニオイやムレなどのトラブルが軽減する
  • 自己処理するよりも肌への負担がかからない
  • 自分の中で美意識が高まる

デメリット

  • 脱毛時の痛みは他の部位よりも強い
  • スタッフに見られて処理されるのは恥ずかしい
  • 自分は良いと思って脱毛したのに男ウケは微妙
  • 脱毛しすぎると生理の時に経血が横漏れするケースがある
  • 年齢を重ねた時に後悔する
  • 金銭的な負担や何度も通う手間を感じる

サロンの良さと効果、クリニックとの違いは?

永久脱毛出来るのはクリニックなのに、「クリニックよりもサロンの方が良い」と答える人も多くいます。その理由はなんでしょうか?

ここでは、サロンの良さと効果について。クリニックと比較そして、検証します。

サロンの良さと効果
  • 自己処理より効果が抜群
  • 痛みが少ない
  • 半年ほど生えてこなかった
  • クリニックよりもかなり安い
  • 半永久脱毛だけど、無期限コースがある
  • サロンは店舗が多く選べる
  • 黒ずみケアの方法も教えてくれた
サロンは不再生脱毛

サロンで「永久脱毛を受けられる!」と言うのは間違いです。

サロンで受けられるのは「“半”永久脱毛」になります。永久脱毛は、クリニックでの専売特許。ですから、それ目当てで行くと、満足な効果が得られずに失敗に終わります。

サロンは「不再生脱毛」と言われる光脱毛が一般的です。不再生脱毛とは、毛母細胞を破壊しない施術のため、期間を経て必ず生えてきます。

クリニックと比べるのはNG!

サロンとクリニックでは、扱える脱毛機器が違いますから、脱毛効果に差があって当然です。

クリニックのように永久的ではないですが、施術回数を重ねる内に、毛が薄くなり徐々に脱毛出来ます。

しかし、サロンはサロンなりの良さがあり、例えば費用や表面的な美容法を相談するなら、クリニックよりもサロンスタッフの方が熟知しているかもしれません。

VIOの完全脱毛をするならクリニックへ

脱毛において「脱毛効果」を一番の基準に考えている方は、サロンではなくクリニックをおすすめします。

クリニックでの施術は、医療用レーザー脱毛を使用しているため、サロンの光脱毛よりも効果が高く、脱毛完了にかかる時間も短く済みます。

また、デリケートゾーンはトラブルを抱えやすい部位ですから、医師の資格を持ったクリニックでの施術の方が安全面に置いても安心出来ます。

ニーズの違い

短時間で安全に永久脱毛したいならクリニックの医療レーザー脱毛。

時間がかかっても安い値段で脱毛の他にも色々美容関連の施術を受けたい方はサロンの光脱毛。あなたに合った場所はどちらですか?どちらが良いかはあなた次第です。

アンダーヘア脱毛を失敗しない!サロンとクリニックの違いや処理内容

デリケートゾーンの3大トラブル

デリケートゾーンは、その名の通り「デリケート」であるため、様々なトラブルを抱えがちです。

ただし、場所が場所だけに他人には相談できず、解決策を探しながら悶々と過ごしているのではないでしょうか?

デリケートゾーンのトラブルは、病気を除けば大きく分けて3つ。

かゆみ」「ニオイ」「黒ずみ」ではないでしょうか?ここでは、それらの悩みの原因と解決策について触れて行きます。

デリケートゾーンがかゆい悩み

夏場や生理中などムレる時に、特に感じることの多いかゆみ。

日本人女性の2人に1人が悩んでいる身近な悩みの一つですね。デリケートゾーンがかゆくなる原因は、「」や「ムレ」、「乾燥」、「肌荒れ」、「下着が合っていない時」に起こります。

そして、軟膏などを塗っても治らないしつこい痒みの場合は、病気の可能性もあります。

解決策としては、まず下着類や生理中ならナプキンの種類を変えてみましょう。

とにかく通気性を良くすることが重要!そして、デリケートゾーン専用の市販薬(軟膏)を使用して見てください。それでも治らない場合には、病気の可能性もあるので病院へ受診しましょう。

あそこが痒いときの原因と対策

デリケートゾーンが臭う悩み

デリケートゾーンのニオイはかなり気になりますよね。

デリケートゾーンが臭う原因は、「雑菌」や「」、「ムレ」です。また、特に酷い場合は「病気」の可能性が高いです。

例えば、デリケートゾーンでなりやすい病気の一つとして「カンジダ膣炎」があります。カンジダ膣炎は、一度かかると、ストレスや体調が悪くなるとすぐになってしまいます。

解決策としては、通気性の良い下着を着用したり、こまめに汗を拭くことです。アンダーヘアの毛量を減らすのも効果的です。

また、カンジダ膣炎になった場合には、病院へ受診しましょう。

アンダーヘアの処理をすると臭いは解消しますか?

デリケートゾーンの黒ずみの悩み

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、「誤った脱毛処理」や「下着の摩擦」などが挙げられます。

特に注意して欲しいのが、「補正下着」。

これは、女性のボディラインを美しく見せるために欠かせないアイテムですが、締め付けが強く長時間肌に食い込んでいる状態でいると、跡が残りやすく、やがて色素沈着を起こします。

解決策としては、デリケートゾーンを強く締め付ける下着類を身に着けないことやトラネキサム酸などが配合されたデリケートゾーン専用クリームを使用することです。

専用クリームには、黒ずみを改善する効果だけではなく、ニオイを抑える成分も配合されているので一石二鳥です。

肛門・デリケートゾーンの黒ずみを薄くする方法