アンダーヘア

アンダーヘア

no image

2019/10/6

Iラインシェーバーを使って隠毛を処理!

  Vラインの手入れをしている女性は多いと思いますが、IラインやOラインの手入れまでしている女性は、多くなってきているとは言え、まだ少ないようですね。 それでは、Iラインを手入れするメリットってなんでしょう? 例えば、隠毛が下着や水着からはみ出す心配がなくなり、足を開いた時に自信が持てますね! また、Iラインを処理していた方が、生理の時の経血やオリモノで汚れる心配も少なく、清潔が保たれます。 隠毛の奥まで、安全に処理出来ておすすめ!「LCラブコスメ」のIラインシェーバーについてご紹介します。 「 ...

アンダーヘアに白髪が生えてきた

2019/4/11

アンダーヘアの白髪はニードル脱毛で解消

アンダーヘアの白髪が生える理由 アンダーヘアの白髪を発見した時は、それはもうショックで言葉を失います。それが20代だったら尚更でしょう。 白髪=加齢と共に白髪が生えると思われがちですが、実は加齢だけではなく、遺伝的要素や食事、生活習慣、ホルモンバランス、ストレスなど様々な理由が関係しています。 そして、アンダーヘアの白髪は毛抜きで抜くと一時的に解消はされますが、再び白髪が生えてきます。ですから、何度抜いても白髪から逃れることは出来ません。 そんなアンダーヘアに白髪が生えてきた時の対処法をご紹介します。 ア ...

アンダーヘアと臭い

2019/10/16

隠毛の処理をすると臭いは解消しますか?

デリケートゾーンの臭いが気になっても「自分ではどうしたらいいのかわからない」とか「恋人に指摘を受けて生きていけないほどショックを受けている」など、デリケートな部位なだけに悩みもデリケートですよね。 デリケートゾーンの臭いに悩んでいる場合「隠毛を処理すると臭いが解消される」と書かれている文献もありますが、それは本当なのでしょうか。 処理をするにしてもどうやって?どのくらい?など人には聞きづらい疑問も湧きませんか? そんなデリケートゾーンの臭いの原因と隠毛の処理を行うメリットなどについてまとめてみたいと思いま ...

すきはさみで処理

2019/4/26

アンダーヘアを軽くするためにすきばさみを使ったことありますか?

みなさんは、日頃からアンダーヘアのお手入れをしていますか? 脱毛サロン派とセルフケア派といるでしょうが、まだまだ現在の日本ではセルフケア派の女性の方が多いように感じますね。 何度も自己処理していると、自分でも色々なお手入れ方法が出来るようになってきます。 中でも、アンダーヘアの量を調節するために「すきばさみ」を使用しているという体験談はよく聞きますね。あなたは、聞いたことがありますか? 確かに前髪を切る感覚ですれば、アンダーヘアの量だって自分好みに出来るはずなので、良い方法かもしれませんよね! そこで、今 ...

ハイジニーナ処理

2019/4/27

温泉などでハイジニーナ処理している人を見た時の印象は?

  ハイジニーナ処理、賛成派 ① 衛生的に良いと感じる ハイジニーナ処理をしている人は、全くムダ毛がありませんので、衛生的に良いと感じる方は多いようですね。 実際にアンダーヘアがないとムレによる雑菌の繁殖を防ぐことも出来ますので、デリケートゾーンの衛生面で良い環境を保つことが出来ます。 ② 美意識が高いと感じる 日本ではまだ一般的だとは言えませんが、若い世代を中心にその人気は高まってきてはいます。男性からしても、毛の量が少ない方が好まれる傾向があり、ハイジニーナは女性の美しさを向上させる処理方法 ...

アンダーヘア

2019/4/14

妊娠して、陰毛の処理はどうしてましたか?形は?

妊娠した。産婦人科に行かなきゃ!みんなアンダーヘアってどうしてるの? 妊娠して喜びも束の間、産婦人科へ行ったら、パッカーン!とデリケートゾーンを晒さなければなりませんね。 妊娠するまでは「赤ちゃん欲しい!」とか「産婦人科の設備やサービスはここがいいな!」なんてことばかり考えていて、デリケートゾーンのことなんか全く考えてなかったのではないでしょうか? でも、いざ妊婦健診の当日になると「デリケートゾーンを見られちゃう!」と気になりませんか? みなさん、アンダーヘアの処理はどうしているのでしょうか?形は何が普通 ...

トリートメント

2019/4/13

アンダーヘアにトリートメントを使った効果

アンダーヘアにトリートメントを使っている人は少ない? 「私のアンダーヘアは、太くて硬くてチリチリ、そしてゴワゴワしている…。」って悩んでいませんか?実は、それが日本人の一般的な毛質なんですね。 アンダーヘアが太くて硬いと、ショーツから突き出たりとか、折角アンダーヘアの処理をして整えてもチクチクと刺さったり痒かったりすると思います。 毛質を細くしたり、尖らせないために「ヒートカッター」や「除毛クリーム」を使用してアンダーヘアを整えている方は結構いらっしゃると思います。しかし、アンダーヘアの「トリートメント」 ...

ハサミ

2019/10/18

ハサミを使ってアンダーヘアを処理する方法。チクチク痒くならないために

ハサミを使ったアンダーヘアの処理について アンダーヘアを処理するにあたり、カミソリやハサミは最も低コストに出来るため、あなたも一度は試したことがあるのではないでしょうか? しかし、誰でも気軽に出来る反面、毛先を鋭利にしてしまうので肌トラブルになりやすく、意外と難易度が高いのもハサミです。 ですが、しっかりとコツさえ掴めばある程度の見た目に整えることは可能! また、他のアイテムとハサミを併用する方法もあり、使い方によっては便利なアイテムに早変わりするかもしれません。 今回は、ハサミを使用してアンダーヘアを上 ...

水着とアンダーヘア

2019/10/9

水着を着る時のアンダーヘアの処理

水着になる季節!心配な隠毛。みんなどうしてる? 普段から脱毛していてもしていなくても、一番気になるのは「海やプールで水着姿になる時」ではないでしょうか? 夏になると日常生活でも露出自体が多くなりますが、海やプールで水着を着る機会が増えますよね。なので、隠毛の処理は必須です! しかし、水着の場合はどこまで隠毛を処理すればいいんだろう?とふと疑問に思ったことがありませんか?恐らく大体の人は、水着を着てみて毛がはみ出てしまいそうな部分だけ処理していると思います。 でも、本当にそうなのでしょうか?気になりますね。 ...

自宅で光脱毛

2019/4/27

自宅でできる!光脱毛器を使ってアンダーヘアを処理する方法

  アンダーヘアを脱毛器で処理する方法 「光脱毛は脱毛サロンで行うもの」と思っている方も多いかもしれませんが、それが自宅で手軽に出来る方法があります。それが「家庭用光脱毛器」になります。 セルフケアは、肌トラブルを引き起こすことが多いですが、光脱毛器は肌への負担が少なく、使い続けることで毛を細く目立たせなくする働きもあるのでおすすめです。 脱毛サロンやクリニックで、絶対にアンダーヘアを人に見られたくない!と言う方にも良いですね。 光脱毛器には、様々な種類があり、VIOには適さないものもあるので、 ...

電気シェーバー

2019/4/13

アンダーヘアを電気シェーバーで処理する方法!

アンダーヘアに使う電気シェーバーは使いやすいものを選びましょう! アンダーヘアの面積を一気に調整することが出来る電気シェーバーは、皮膚の角質を傷つけずにアンダーヘアのセルフケアを行うことが出来るアイテム。 アンダーヘア用に電気シェーバーを使いたい場合は、大きすぎると小回りが利かずに使いにくいですし、I字タイプとT字タイプでは、使用感が微妙に変わるので慎重に選びましょう。 電気シェーバーの選び方のポイント 自己処理に使いたいけど、たくさんの種類が販売されているので、どの電気シェーバーが陰毛処理に適しているの ...

毛嚢炎って何

2019/4/14

アンダーヘアの毛嚢炎(毛包炎)について原因と対処法

毛嚢炎によるトラブルを防ぐ方法 自己処理でアンダーヘアを整えていると「毛嚢炎(モウノウエン)」になって肌が荒れてしまうことがあります。 毛嚢炎の原因は、毛根を包んでいる毛穴の奥深くにブドウ球菌が入り込んで、感染して引き起こされます。 毛嚢炎にならないためには、毛の正しい手入れ方法を身につけることが大切です。今回は、毛嚢炎の原因と対処法について詳しくご紹介します。 毛嚢炎ってどんな症状? 毛嚢炎は、一見ニキビやおできのように見える赤いブツブツとした症状が出ます。毛包の上の部分の病気で、中央部に膿を持ったもの ...

埋没毛が気になる女性

2019/10/9

隠毛の埋没毛について原因と対処法

隠毛の埋没毛(埋もれ毛)を防ぐ処理方法 隠毛は敏感な部位なので、処理する際に様々なトラブルを引き起こす可能性があります。中でもすぐに改善することが難しく、見た目が汚くなってしまう症状が「埋没毛」です。 自己処理によってこの状態になってしまうことが多いので、誰にも相談できずに悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。 今回は、埋もれてしまった毛「埋没毛」についての予防や改善方法をご紹介します。 埋没毛って何? 埋没毛というのは、「毛が皮膚の中で埋まってしまうこと」を言います。 皮膚の中で外へ出られず成長して伸 ...

アンダーヘアが抜けやすい

2019/3/10

アンダーヘアが抜けやすい人の悩み

なぜ抜け落ちてしまうのか? アンダーヘアの脱毛が主流になってきていますが、その一方で「アンダーヘアが自然に抜け落ちてしまう」と悩んでいる人もいます。 アンダーヘアも髪の毛と一緒でふとした瞬間に抜け落ちることは当然あります。ただ、場所が場所だけにいつでも抜けてしまうのは気になる人も多いですよね。 極端に抜けやすい場合は、やはり何かしらの原因が考えられるかもしれません。 ① 脱毛サロンへ通っているから 脱毛サロンへ通い始めてから、アンダーヘアの抜け毛が増えたと言う方は、これが原因でしょうね。この場合は、その期 ...

アンダーヘア

2019/4/13

アンダーヘアを自宅で処理するときどこでしますか?時間や頻度は?

アンダーヘアの自己処理は自宅の何処でする?メリットとデメリットは? ①自分の部屋 メリット 自分の部屋なので、気兼ねなく処理が出来る。 デメリット 一人暮らしではない場合、たまに誰かが入ってくることもあるので注意。また、処理中は毛が散らばらないようにバスタオルを敷いたり、準備に多少手間がかかります。 後片付け アンダーヘアの自己処理後は、ティッシュなどに包んでゴミ箱へ。 ②リビング メリット テレビなどを見ながら処理出来るので、有意義に過ごせる。 デメリット 誰が来るかわかりません。 SNSなどでもたまに ...

ブラジリアンワックスの効果

2019/10/18

隠毛をブラジリアンワックスで処理する方法

ブラジリアンワックスの処理方法と効果について ブラジリアンワックスは、除毛クリームに似ていますが、クリームではなくワックス剤を隠毛に塗り、除毛クリームと違い専用紙を押し当て、乾いたら一気に剥がすと言う方法です。 そのため、一気に剥がす時に痛みを伴うので、やってみたいけど「痛そうで怖い」と言う方が多いですが、実際にはどうなのでしょうか? ブラジリアンワックスについて詳しくご紹介いたします。 ブラジリアンワックスのメリット ブラジリアンワックスで処理することには、いくつかのメリットがあります。 そのメリットは ...

介護とアンダーヘア

2019/4/13

介護に備えてアンダーヘアの脱毛は必要?

介護に備えてアンダーヘアを処理しようと考えたことはあるでしょうか。 近年では介護に備えて処理を行う人も多くなりつつあります。 ここではその理由ときっかけなどを簡単に紹介していきます。 介護に備えてアンダーヘアの脱毛を行う理由 自分がいつ介護が必要になるかは分かりません。 そんな日に備えて、アンダーヘアの脱毛を行う人が最近では目立つようになりました。 その理由として以下のことを挙げることができます。 衛生上の問題 アンダーヘアが長すぎると排せつ物や汗などが毛に付着し、不衛生な環境になってしまいます。 紙パン ...

アンダーヘアの処理頻度

2019/4/14

アンダヘアーはどのくらいの頻度でお手入れをしていますか?

アンダーヘアはデリケートな部位なので、他の人よりアンダーヘアが濃いのでは?長すぎ?下着からはみ出てしまう…など、人それぞれ様々な悩みがあるかと思います。 また、恥ずかしさからこの悩みをなかなか他の人に相談しにくいという事もありますよね。 そこで今回はアンダーヘアのお手入れやその頻度についてまとめてみたいと思います。 アンダーヘアはどのくらいの頻度でお手入れしていますか? 私の場合は水着を着る時や気になった時くらいしかお手入れしませんが、みなさんはどうしているのでしょうか。 気になったので質問してみた回答を ...

下着から突き出す陰毛

2019/4/26

陰毛が硬く下着を突き抜けてしまいます。どうすれば柔らかくできるのでしょうか?

下着からアンダーヘアが突き出てしまう原因とは ふと下半身に目をやると、ショーツからアンダーヘアが突き出ていた!と驚いた経験はありませんか? 特に硬く直毛のアンダーヘアは、突き抜けやすい傾向にあります。正直、ショーツからアンダーヘアが突き出ている光景を見たくないし、恋人には絶対に見せたくないですよね。 今回は、そんなショーツからアンダーヘアが突き出てしまう原因と突き出ないようにする対策についてご紹介します! 原因①アンダーヘアの毛先が硬く尖っている! アンダーヘアがショーツを突き抜けてしまう原因として、硬く ...

肛門

2019/4/26

肛門の毛(けつ毛)の処理は除毛クリームがおすすめ!!

肛門の周りに毛が生えている人はどれくらい? 自分でも見えない場所のムダ毛処理は、大抵の人が怠りがちですね。そして、そんな特に処理しにくく、処理方法がわからない部位は肛門周りの毛(Oライン)だと思います。 鏡でじっくり確認しないと生えているかどうかも判断できませんし、生えていないと思っていたのに、生えていたらショックでしょうね。 では、一般的に「肛門周りに毛が生えている人」ってどれくらいいるんでしょうか?また、Oラインの処理はどのように行えばいいんでしょうか? 自分で確認しにくい部位の毛の手入れは、どうして ...