ネイル

ネイル

最近はネイルの種類もたくさんありますよね。

マニキュアはみなさんよく知っているネイルのタイプだと思います。一番気軽に簡単に出来るのが魅力ですね。

そして、自宅でネイルすることをセルフネイルと言い、今はどんなネイルの方法でも道具さえ揃えればセルフネイルをすることが可能です。

ただし、いくつか注意点もあるので難しいものに関してはネイルサロンでのネイルの方が持ちも良く綺麗に仕上げてもらえますよ。

ネイルの種類は4種類!

ネイルの種類は大きく分けて4種類になります。

どの方法にもメリットデメリットが存在しますので、用途に合わせて自分に合った方法で楽しむのがよいでしょうね。

簡単にネイルの特色をご紹介します。

マニキュア…

最も手軽に出来るネイルですね。

マニキュアは100均一やドラッグストア、コンビニでも売っていますし、手頃な価格で手に入りすぐに始められることも魅力です。

リムーバー(除光液)ですぐに取ることも出来るので同じネイルだとすぐに飽きてしまう方におすすめです。

扱いやすいくセルフネイルにもってこいです!もちろんネイルサロンでも出来ますし、比較的安価で出来ます。
初心者が知りたい!マニキュアのアレコレ

ジェルネイル…

最近のネイルサロンでの定番はジェルネイルですね。

ぷっくりと艶のあるネイルは可愛いですし、色々なデザインも楽しめるのが人気です。

ジェルを塗りUVライトもしくはLEDライトを当てて硬化させて仕上げるネイルです。なので、持ちもマニキュアよりも断然長持ちです。

自宅でもキットを購入すれば出来ます。ネイルサロンで施術すれば2週間から1ヶ月くらい持ちます。

サロンでの施術は大体1万前後です。ジェルネイルにはさらに耐久性が強いハードジェルと柔軟性があるソフトジェルと種類があります。

セルフジェルネイルのやり方の全て!スタートガイド!

スカルプチュア…

ジェルネイルの前に人気だったネイルです。

爪が短くても爪を長く出来るので爪が弱くてあまり伸ばせない方におすすめなネイルです。

セルフネイルも出来ますが、技術がかなり必要になってくるのでネイルサロンで施術するのが良いでしょうね。

サロンでは1万前後です。

初心者が知りたい!スカルプチュアのアレコレ

ネイルチップ…

チップにネイルアートをして貼り付けるタイプなので、休日しかネイルが出来ない!など期間限定で楽しみたい方におすすめなネイルです。

セルフネイルでゆっくり作ることも出来ますし、ネイルサロンで自分の爪にぴったり合わせたサイズのチップをオーダーするのもいいですね。

初心者が知りたい!ネイルチップのアレコレ

ネイルの基礎デザイン15種類

ネイルサロンへ行く前に知っておきたい基礎デザイン15種類をご紹介します!

基礎デザインを知っておけばスタッフさんへのオーダーもしやすいですね!

  1. ワンカラーネイル…名前通り単色カラーでのネイル
  2. グラデーションネイル…徐々に爪の先端に向かって色味が変わって行くネイル
  3. ラメネイル…細かいキラキラを付けたネイル
  4. ホログラムネイル…ラメよりも大きい透明感のあるキラキラを付けたネイル
  5. フレンチネイル…爪の先端をアーチ状にカラーで縁取るネイル
  6. 逆フレンチネイル…爪の先端と爪元のカラーの割合が逆転したネイル
  7. 変形フレンチネイル…爪の先端をアーチ状ではなくデザインを変形させたネイル
  8. ピーコックネイル…2色以上のカラーを使い孔雀の羽根のような模様のネイル
  9. マーブルネイル…2色以上のカラーをまだら状に混ぜ合わせたネイル
  10. タイダイネイル…絞り染めのようなデザインのネイル
  11. アイシングネイル…お菓子のアイシングのような可愛いネイル
  12. 3Dアートネイル…アクリルパウダーで立体的なデザインのネイル
  13. 転写ネイル…シールを使用したネイル
  14. デザインネイル…アクリル絵の具を使って好きな模様を描くネイル
  15. マットネイル…艶感をあえて消したマット仕上げのネイル

その他にミラーネイル、クリアネイル、べっ甲ネイル、ターコーズネイル、ドロップネイル、水滴ネイル、チークネイル、バイカラーネイル、くりぬきネイルなど色んなデザインのネイルがあります。

ネイルにかかる時間

2019/4/21

ジェルネイルをする時にかかる時間はどのくらいですか?

素爪でいるのは恥ずかしい?年齢も性別も超えて定着したネイル文化 ネイルアートはすっかり浸透していて、女性には「もはやネイルをしていないと裸でいるような感覚で恥ずかしい」という方も少なくないですね。 あまりオシャレに興味がなくなっていた年配女性の心もネイルアートは掴みました。 孫にやってもらったのと嬉しそうに語る高齢の女性も見かけますし、男性でも接客業で手先を人に見られる機会の多い方は爪を磨いていたり、ファッションに合わせて黒色などのネイルをしている方など見かけます。 特に、長持ちする・付け爪のような違和感 ...

no image

2019/4/17

ジェルネイルを変える頻度と長持ちさせるコツ

ジェルネイルを変える頻度 マニキュアよりも持続性の高いジェルネイルは、ファッションの幅を拡大させてくれる最先端技術です。 一般的なマニキュアは除光液で簡単に落とすことができますが、ジェルネイルの場合は特殊なライトで固めているのでオフの方法も少し異なります。 劣化してきたから、デザインに飽きたから、など変える理由は様々ですが、実際にどの程度の頻度で変えるのが適正なのでしょうか。 実はジェルネイルを変える頻度を間違ってしまうと、健康被害を伴う可能性もあるので注意が必要なのです。 こちらではプロの方もお勧めする ...

ネイルにかかる時間

2019/4/15

ジェルネイルの一回の施術時間、料金はどれくらいですか。

手先を美しくキープすることができるジェルネイルは、持ちが良く立体的なデザインを作れるので多くの女性からの支持を得ています。 ジェルネイルを行う前に気になるのが、そのコスト面とどの程度時間がかかるのかということですよね。 仕事や家事の合間にちょっとお手入れ、と思っても長時間になると日々の負担になってしまいますし、値段も極力安く抑えるに越したことはありません。 店舗によって体制は異なりますが、多くのサロンではどんなシステムで行われているのかについて、今回詳しくリサーチ致しました! ジェルネイルの料金体制はどの ...

爪の長さ

2019/4/23

爪の長さは、どのくらいがベストな長さだと思いますか?

丁度いい爪の長さってどれくらい? 爪は、日常生活において“見た目”と“実用性”ともに非常に重要な役割を果たす身体のパーツです。 長い爪にネイルアートを施せば、シンプルなファッションに華を添えることもできますし、短い爪でも工夫次第でお洒落な指先を手に入れることが可能です。 また仕事や家事に影響のない範囲で長さを整えれば、器用な作業を進められますよね。 しかしそれも人によって限界があり、爪が長過ぎる・短過ぎるとできなくなってしまう事柄もあるのではないでしょうか…? さて、こちらでは気になるけれど意外と知らない ...