ニキビ

顎ニキビを改善する食生活について~重要な栄養成分徹底解明!~

投稿日:

ニキビと食生活

私達の身体は食べ物から出来ていると言っても過言ではないので、顎ニキビと食事は非常に密接に関わっている事柄です。

食べ物一つとっても顎ニキビが急に発生してしまったり、あっという間に改善していったりするので、顎ニキビを断固として作りたくない!といった方は食生活にも注意することが成功の秘訣とされています。

食品の中には“顎ニキビを生み出しやすいもの”と“顎ニキビの改善を早めるもの”が存在しますので、顎ニキビ対策を始めようとしている方は最初にしっかりと把握しておきたいですよね。

そこで、こちらでは顎ニキビにお悩みの方必見の、改善できる食生活についてご紹介致します。

顎ニキビを発生させる、NG食品は何があるの?

まずは、顎ニキビ改善を目指す人としては絶対に避けておきたいNG食品についてです。

代表的なものから言いますと、脂肪分を多く含んだジャンクフードが第一に挙げられます。

皮脂がたくさん分泌されればされるほど、ニキビが発生しやすくなってしまうので、油分が含まれていてカロリーも高い揚げ物類や菓子類は避けたほうがベターです。

またこれらは脂質と同様に糖質も高いことが多く、糖質が多い食品は体内のホルモンバランスを崩すことからニキビ大量発生に繋がることもあります。

過剰摂取で皮膚自体の色が変色して黄ばんでしまうなんて症状も見られますので、顎ニキビだけではなく肌全体のことを考えても量には気を付けなくてはなりません。

糖質過多は、皮膚の代謝を促進するビタミンを損失してしまうこともあり、肌が硬くなって余分な皮脂が外に出られなくなることからニキビに繋がるので、百害あって一利なし、なんですね。

それ以外には、唐辛子や香辛料などの刺激物がニキビの原因になることも考えられます。

顎ニキビは消化不良や胃腸の障害によって発生することもあるので、臓器にダメージを加えやすい刺激物は顎ニキビにとっては危険な食品だと言えます。

意外なNG食品としては、ワカメやコンブなどの海藻類が挙げられます。

海藻類には、“ヨード”という成分が含まれています。

この“ヨード”は肌のターンオーバーを正常化させるホルモンの分泌を促進させるのですが、それが過剰に働いてしまうとニキビのもとになってしまうことがあるんですね。

有名な“バセドウ病”も、甲状腺ホルモン過剰症の一種なので、ホルモンは多過ぎてもいけないのだということが分かります。

ただし食物繊維は豊富に含まれているため、食べ過ぎなければ基本的に問題は無いようですよ。

顎ニキビを改善するOK食品が知りたい!

NG食品が分かった所で、逆に何を食べれば改善するのかについても知っておきましょう。

積極的に食事に取り入れたいものとしては、大豆製品です。

大豆イソフラボンはホルモンのバランスを整えお肌への潤いをキープしてくれますので、毎日でも食べたい食品の一つとして挙げられます。

豆腐や納豆などが手軽に手に入る大豆製品ですが、どうしても食べるのが難しい時には豆乳でもOKですよ。

また、大豆には肌の新陳代謝を活発にさせる“亜鉛”が含まれています。

顎ニキビはターンオーバーが早い人ほど治りも早い傾向にあるので、亜鉛を含んだ食品を取ることも改善への近道です。

具体的には、鰻、牡蠣、胡麻、豚や鶏のレバーなどが亜鉛の豊富な食材として重宝するでしょう。

皮脂が多い体質の方は、皮脂分泌を抑制させる食品を摂ることがお勧めです。

鯖やニンニク、キウイフルーツなどはそのような作用が有るビタミン類を含んでいますので、意識して取るよう心掛けてみてくださいね。

また肌用のサプリメントとしても広く知れ渡っている“コラーゲン”や“ヒアルロン酸”は、食品から摂取することも可能です。

鶏軟骨や山芋、魚の皮、ふかひれ、スッポン、もずく、オクラなど、外食が多い方でも注文することができる食品も多いので、乾燥予防のためにも定期的に摂取していきましょう。

便秘からくる顎ニキビには、食物繊維が効きます。

アボカドや紫蘇、ゴボウなどが食物繊維を含む食品ですが、最初にお伝えした納豆も食物繊維が非常に豊富なので、“時間がない時にはまず納豆!”が鉄則ですね。

顎ニキビ改善に役立つ食事の取り方とは?

食事の内容を理解したところで、食事を取る方法についてもしっかりと熟知しておいたほうがより改善が早まる傾向にあります。

顎ニキビ対策の食事の取り方は、ゆっくりと落ち着いた気持ちで、しっかりと噛んで食べる、ということが重要です。

いつも忙しない気持ちで食事を取り続けていると、男性ホルモンが活発になり、交感神経が刺激されてニキビが出来やすい体質になってしまいます。

“食事はリラックスの時間”として捉えるようにすれば、緊張を取り除いて良いホルモンバランスを保つことができるのです。

また胃腸などの器官を正常化させるためには、よく噛んで消化不良に陥らないようにすることも大切です。

食事の時間に関しては、極力夜遅くには食べないようにして、寝ている間に身体を休ませることも意識していきましょう。

日中の食べ過ぎも身体に負担をかけますので、最低でも2~3時間は間隔を空けるようにするのが好ましいです。

また、身体が冷えると毒素が体内に滞りやすくなってしまうので、顎ニキビを生み出す原因になることも多いです。

同じ食材でも、加熱で栄養成分が失われないものはできるだけ温めて美味しく頂きましょう。

食事だけでは不安…お勧めのサプリメントで補助したい!

忙しい現代社会を生きる方々としては、食事だけでは何かと足りない部分も多く全てを賄えないこともあるのではないかと思います。

そんな時は、サプリメントを飲用してバランスを取ってみましょう。

炎症の出ている顎ニキビには、抗炎症作用のある“ビタミンC”のサプリメントが効果的です。

これは精神的ストレスや紫外線によるダメージにも対応してくれるので、万能なサプリメントとも言えますよ。

他には、“yリノレン酸”というホルモンバランスを調節する作用があるサプリメントもお勧めです。

病院から処方される薬よりも身体に負担がかかりにくいので、上手に取り入れてみてくださいね。

またお肌の新陳代謝を高め、若返りの効果もプラスしてくれる“イブニングプリムローズ”も最近注目されているサプリメントです。

コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸のサプリメントと合わさっているものを選ぶなど工夫すると、何種類も一度に摂取せずに済むので楽ですよ。

サプリメントも摂り過ぎは禁物ですが、補助的な役割で使ってみるのもひとつの手なのでお試しあれ。

最後に~

顎ニキビには様々な要因が隠されているので、それを一つ一つ探っていくのは至難の業です。

ですが、食事は最も簡単に変えることができる生活習慣なので、最初に食生活の改善から取り組んでいくことが皆さんにとっても一番やりやすいのではないでしょうか。

本当にこれだけで顎がキレイになるの?と疑心暗鬼になられる人もいらっしゃるかもしれませんが、ここはトライしたもの勝ち!なので、顎ニキビ改善への毎日のルーティンとして確立させてもいいかもしれませんよ。

顎ニキビを食生活で改善する

食生活で顎ニキビを改善できるって知ってましたか?

オデコ、頬、鼻の下など、ニキビは肌のどの部分に出来ても嫌なものですが、特に嫌われている部分は、顎に出来るニキビではないでしょうか?

凄く目立つ、けれど治りは遅く、パンパンに腫れて痛みを伴ってしまったりと凄く厄介だと思います。

顎ニキビは、一般的には髪の毛の毛先にに多く触れてしまう部分であったり、つい触ってしまいやすい位置な事から、通常よりも治りが遅いとされています。

そして、一度治ったとしてもそれらの事から炎症を起こし、繰り返し出来やすい部分としても有名な話です。

しかしニキビは、部分に関わらず外からのケアだけでなく、中(内臓)のケアをする事で治り易くなるとも言われています。

そこで、今回みなさんには実際に『食生活で顎ニキビを改善できるって知ってましたか?』と言う質問をしてみました。

私の顎ニキビは便秘と連動しているので、食生活で改善を図っています。食物繊維を多く含む野菜をたくさん取り入れたり、ビタミンの多い果物を栄養吸収率の良い朝食に摂るようにしています。食後にぶどうを皮ごと食べると、便秘対策になるだけでなく消化を助けるとも言われているので頻繁にぶどうを購入しています。ポリフェノールを含む赤ぶどうを選んでいます。
顎ニキビはお肌の乾燥が原因になっていると言われているので、顎ニキビを改善するためには潤いのあるお肌を作ることが効果的です。そこでビタミンの中でも特にビタミンAの摂取を増やすとお肌の潤い改善へと繋がるので、レバーやうなぎ、かぼちゃやほうれん草等のビタミンAを多く含んでいる食材を利用しながら、食生活を整えることがよいでしょう。
顎ニキビは、ホルモンバランスのみだれから、できやすくなると、知り合いから、おしえてもらいました。わたしは、それから、ホルモンバランスを改善する、納豆や、キャベツ、ブロッコリーなどを、せっきょくてきに、たべるように、意識しております。また、大豆が、ホルモンバランスをよくするため、豆乳をのんだりすることで、肌がきれいになりました。
油っこい食事を食べていると皮脂の分泌が過剰になって毛穴が詰まりやすくなるのか、次の日に顎ニキビができてしまいます。普段、野菜を多めに食べるようにして気をつけていますが、飲み会とかがあるとどうしても避けられずニキビができてしまいます。予防でビタミン剤を飲んだりしてみたのですが、油物には勝てなかったみたいで、意味がなかったです。
私はニキビが出来やすい体質なので常にスキンケアや食生活には気を使っています。高校生の時が一番酷く、今思えばお菓子やファーストフードばかり食べていたのでそれが一番の原因だったと思います。ニキビ0の今の私は野菜中心に食事をとり、足りない分はサプリメントで補っています。ニキビを治したかったらまずお菓子を我慢して、食生活を変えなければ治らないと思いました。
私は忙しくて食生活が偏りがちな時に顎ニキビができてしまっていました。とくに、焼き肉や揚げものを食べた次の日はいつも肌の状態が悪くニキビができてしまいます。そこでニキビはビタミン不足が原因と知りビタミンを積極的にとるように食事を改善しました。果物や野菜を中心に食べるようにし、飲み物や美容飲料にも気をつかいだしました。この食生活で肌の調子が良くなり顎ニキビが改善されました。
私は、食生活を変えることで顎ニキビを改善したことがあります。
私はお菓子が大好きで、ポテトチップスをよく食べていました。
ポテトチップスには油が含まれているのでニキビが出やすいと思い、食べることを止めました。
そして、納豆を毎日食べるようにしました。
納豆は栄養価が高いですし、ニキビを改善すると聞いたことがあるので食べ続けたところ、本当によくなりました。
20歳を過ぎてから、ずっと顎ニキビに悩まされています。Tゾーンのニキビは皮脂が原因でフェイスラインはストレスや生活習慣が原因、とよく聞いていたので、食べ物で改善できるという認識はありませんでした。
ですが外食が続いたりスナック菓子をたくさん食べたりした後は、Tゾーンのニキビや肌荒れと共に顎ニキビも一気に増えるように感じます。それを踏まえると、やはり食生活からのアプローチは有効ではあるのだと思います。
顎ニキビができるのは、油分の多い食事のせいかな?と思って、脂抜きの食事を心がけていましたが一向に改善せず…
再度、食生活を見直してみると圧倒的に水分が足りていないことに気がつきました。
それからは毎日、2リットルのペットボトルのお水を買い、それを1日で飲み干すように心がけました。
すると、肌の調子が良くなり、顎ニキビも目立たなくなりました。
私は、不規則な食生活が続くとすぐに顎ニキビが出来てしまいます。もともと、あまり胃腸が丈夫な方ではないので、まさにてきめん!
脂っこい食事や、消化の悪い食事が続くとポツポツ。ひどい時には中々治らず、黒ずんでしまうことも。こうなると痕が残ってしまいます。
今は野菜中心の食生活を心がけています。繊維質を多くとるだけで、全く肌が変わりますよ。いろんな化粧品や薬を試しましたが、やはり食事は大切だと実感しています。
no image
疲れた女性

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-ニキビ
-