アンダーヘア

女性の陰毛(アンダーヘア)について「生え始めから処理方法・トラブルの対処法など」

更新日:

女性必見!陰毛メカニズムから役割、手入れまで、アンダーヘアのあらゆることを調べました!

陰毛について詳しく知りたい、陰毛について悩みがある、陰毛ってなぜ生えているのなど様々な疑問を持ったとしても、場所が場所だけになかなか人には聞くことが出来ないかと思います。

特に女性であれば羞恥心も男性に比べて多いのではないでしょうか。

ここでは、女性の陰毛が生えてくるメカニズムから、役割、いつから生えてくるのか、処理の方法まで徹底的に解説していきます。

陰毛の生えてくる理由

陰毛が生えてくるのは性器を守るためという理由があります。

クッションの役割をして外傷などからの衝撃を和らげる役割があります。また、セックスなどの際に男性側と擦れてしまうのを防ぐ役割があります。

これは知っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、陰毛が生えてくる意味は他にもまだあります。

フェロモンを保持するために陰毛が役に立っている部分もあります。陰部からは女性フェロモンが出ており、それは異性を興奮させたりする効果があります。陰毛が無い場合はそのフェロモンを留まらす場所がなくなってしまい、下着などに付着してしまいます。

濃いフェロモンを保つために陰毛がフェロモンを溜める役割をしています。

また、それ以外には陰部の温度を一定に保つ役割があります。特に女性の場合は陰部が冷えていると性交をしにくい、陰部の柔軟性が損なわれる傾向にありますので、陰毛が温度を一定にしてくれる役割があります。

陰毛が生えてくるのは12歳が平均的な年齢

陰毛が生えてくるのは、体のホルモン量によります。陰毛は主に男性ホルモンが影響していきます。

男性ホルモンが多いと陰毛は濃くなります。

男性ホルモンが多い場合はそれだけ陰毛が生えてくる年齢は低いですが、男性ホルモンが少ない場合は陰毛が生えてくる時期も遅いです。

人によって大きく違いますが、平均をすると12歳前後、中学生に入ったぐらいには生えている人は多いです。

ちなみに早い人では10歳前後、遅い人では17歳から18歳にならないと生えてこない人もいます。デリケートな時期ですので、特に女性の場合は、早く生えてくる、遅く生えてくる場合は集団入浴はできない、プールの授業に入れないなどといった問題が出てくる可能性もあります。

また、日ごろの生活によっても生えてくる年齢が変わってきます。

運動などをしており、下着などで陰部がよく擦れる人は早めに生えてくるといわれています。これは擦れから陰部を守るために、体が対応するためだといわれています。

生え始め
陰毛の生え始めはいつ頃ですか?

なかなか聞きにくい陰毛の悩みや処理の方法、アフターケアなど様々な体験談を聞いてみました。

続きを見る

陰毛が薄くなる生活習慣

女性の中には陰毛を薄くしたいと考えている人は多いそうです。濃い陰毛は手入れも大変ですし、見た目も良くないと感じる人もいます。

陰毛は生活習慣を見直すことによってある程度はコントロールできます。陰毛を薄くする生活習慣とはどのようなものがあるのでしょうか。

陰毛は男性ホルモンが大きく影響してきますので、女性ホルモンを増加させるような生活習慣を持つと陰毛は薄くなる可能性があります。

豆乳などの大豆系は女性ホルモンを増加させる効果がありますので、積極的に摂取することをおすすめします。

また、下着がキツイ方は陰部を守る為、陰毛が濃くなる傾向があります。できるだけゆったりとして下着を履くことによって陰毛が濃くなることを防止することができます。特に運動などを頻繁にする方は、それだけ擦れる機会が多くなりますので注意しましょう。

陰毛が濃くなる生活習慣

上記でもお伝えしたように、下着がキツイと陰毛が濃くなる傾向にありますが、その他にはどのような生活習慣があるのでしょうか。

男性ホルモンを増加させる食事には注意しましょう。赤身の肉、たんぱく質などは男性ホルモンを増加させる原因にもなりますので、食べ過ぎに注意です。ビールなどのアルコール類も同様です。

また、働いている人などはストレスを抱えやすくなります。ストレスを抱えることによって闘争心、悔しい心、負けず嫌いになる傾向にある方は、男性ホルモンが反応していることが多いですので、そういった環境下にある方は陰毛が濃くなりやすいと言われています。

濃い
陰毛が濃い悩み

目次1 アンダーヘアが濃い人に向けての原因と対処法1.1 アンダーヘアが濃い原因は○○にあった!1.2 最後に~ アンダ ...

続きを見る

VIOの処理方法

VIOの処理はきちんと行っていないといざという時に恥ずかしい思いをしてしまいます。

しかし、VIOは非常にデリケートな部分であるため、なかなか自分では難しいと感じる人も多いと思います。

各部位の処理方法に関しては、以下のようになります。

Vラインの処理方法

VIOの中でも最も目立つ部分が「Vライン(ビキニライン)」です。

処理を怠ると水着や下着からはみ出てしまうので、一番女性が気にする部分となります。

自分で処理を行う場合はまず、すきばさみなどを使用して毛量を抑えた後、シェーバーやカミソリを使用してVラインを整えます。

逆三角形型が一般的に整えられる形となっていて、外側は毛を気持ち短めに、内側に入るほど長めに処理することでうまく整えることができます。

最後にヒートカッターを使用して毛先を丸くすれば、下着からはみ出たりする心配も少なくなります。

Iラインの処理方法

Iラインの処理は最も難しく、処理をあまりしていないという人もいるのではないでしょうか。

Iラインを処理する場合は、粘膜を傷つけないよう慎重に行う必要があります。

電気シェーバーやヒートカッターなど、直接肌に触れないアイテムを使用し、できるだけ肌へ負担をかけないようにします。

難しい場合はサロンやクリニックで処理をお願いすると良いと思います。

また、Iラインはカットしすぎると不自然に見えてしまいますので、3cm程度を目安に処理すればムレなども抑えられて良いです。

Oラインの処理方法

Oラインは人に見えにく部分である上に自分で処理するのも難しい部分となります。

しかし、Oラインは人によっては意外と毛量が多くなるため、きちんと処理を行う必要があります。

Oラインの処理方法はヒートカッターなどの肌に触れにくいアイテムを使うことをおススメします。

これはIラインと同様に肛門周りは粘膜があり、傷つけてしまう恐れがあるためです。

処理の頻度はおおよそ2週間に1回程度が目安とされています。

また、処理に不安を感じている場合はサロンやクリニックを積極的に利用するようにしましょう。

また、へその下の毛を陰毛を認識して一緒に処理する人も多いですが、厳密にいうとへその下は陰毛では無く、腹部の毛となっています。

陰毛の処理方法

陰毛の処理方法は大きく分けて4つあります。一つはカミソリなどで剃毛する方法。二つ目は毛抜きなどで毛を抜く方法。三つ目はクリームやワックスなどで除毛する方法。四つ目はレーザーなどで除毛する方法です。

それぞれメリットデメリットがあり、費用、手間、仕上がり具合など様々な特徴があります。それぞれの特徴を把握してから除毛することをおすすめします。

カミソリなどで剃毛する方法

メリットとしては費用が安いこと、手軽に自宅でできることです。カミソリなどは刃が持っている間は何度も使うことができ、購入費用も1本100円前後と非常に安価です。

また、剃るだけですので時間もかからずに思い立った時に短時間でできる事がメリットです。

デメリットとしては、剃毛時の痛み、剃毛には慣れが必要、肌が傷つく、仕上がりが汚くなる可能性がある、伸びてくるとチクチクして不快感があるといったデメリットがあります。

また、慣れも必要になれます。慣れるまでは非常に時間も手間もかかりますし、仕上がりも綺麗にはならないでしょう。肌が傷つくなどのデメリットもあります。

・上手に剃る方法

カミソリを使う場合のポイントとしては、まず肌を守ることが大切になります。

肌を守るために、剃る前にローションやオイル、などの潤滑剤を肌に塗布して肌を守るようにしましょう。感染症などを防ぐ為に、カミソリは消毒しておくことをおすすめします。

剃り方ですが、最初は毛の流れに沿って優しくカミソリを当てることをおすすめします。

ある程度剃ることができたら、優しく毛の流れに逆らって剃ると綺麗に仕上がります。

また、毛が長いと剃りにくくなりますのでハサミなどである程度毛の長さを短くしておくと剃りやすいです。

・アフターケアが大切

剃った場合は肌にダメージがある状態ですのでアフターケアをしっかりと行っておきましょう。ダメージを修復するようなイメージですね。

剃った後は必ずローションなどで保湿をすることをおすすめします。

また、傷がついてしまった場合は感染症などを予防する為に、かならず消毒をしておきましょう。

・頻度について

カミソリは表面上の毛しか剃る事が出来ませんので、頻度は多くなってしまいます。通常であれば1週間に1度、毛が濃い方は3日から4日に1度とかなり頻繁に行わないと維持はできません。

気軽に出来るメリットはもちろんありますが、それ以上に回数が多くなってしまいますので手間に感じる人も多いようです。

毛抜きなどで脱毛する方法

毛抜きで手入れをするという人は意外と多いです。最初は痛みを伴うようですが、慣れれば痛みもそこまで感じなくなります。

メリットとしては費用がかからないこと、綺麗に仕上がること、細かいところまで脱毛ができること、調整がしやすいことが挙げられます。

特に費用に関しては毛抜きだけで完了しますので、数百円で始めることができます。また、脱毛クリームやカミソリでは難しい細かいところまで、調整することができますので、IラインやOラインも問題なく行うことができます。

毛自体を抜きますので、数か月に1回の脱毛で済むのもメリットだといえます。

デメリットとしては痛みが伴うこと、慣れるまで時間がかかること、仕上がりが汚くなる可能性があります。

痛みや慣れは回数を重ねていくうちに慣れてはきますが、仕上がりに関してはやり方をしっかりと行いませんと汚くなってしまいます。これは毛を無理に抜くので肌が荒れてしまうからです。特に慣れていない内は毛を抜くこと自体が肌にとって大きく負担がかかり、毛穴が開きやすい傾向にあります。毛穴が広がってしまうことも懸念されます。毛穴が開くことによって細菌が入りやすく炎症に繋がってしまったり、見た目も悪くなりますので注意が必要です。

毛抜き
陰毛を毛抜きで抜くための処理方法と体験談

目次1 手軽にできる毛抜きを使ったアンダーヘアの処理1.1 毛抜きで毛を抜くことで起きる可能性のあるトラブルとは?1.2 ...

続きを見る

クリームやワックスで除去する方法

クリームやワックスに毛を除去する成分の入った商品があります。クリーム系は塗るだけで毛が細くなり、自然と抜けるもの。ワックス系はシートなどにワックスが付いており、シートを気になる部分に貼って、時間を置くとスッと毛が抜けやすくなるものがあります。メリットとしては、仕上がりの良さ、気軽さが挙げられます。

特に仕上がりの良さは非常にきれいになり、まさにツルツルといった表現が当てはまります。市販でクリームは販売されていますので、購入しておけば自宅でできる気軽さがります。数十分の塗布で抜けるようになりますので、思いついた時にできる気軽さが良いですね。

また、カミソリなどと違って毛を抜きますので、頻回に脱毛をしないといけないことはありません。人によっては一度脱毛してしまえば数か月はそのままでも大丈夫という人も多いです。

デメリットとしては、肌荒れの懸念、痛み、陰毛用の脱毛クリーム、ワックスが少ないことが挙げられます。クリームやワックスは毛のタンパク質に作用して毛を溶かします。肌が弱い人はその成分によって肌荒れを引き起こす可能性があるのです。特に陰毛用のクリームやワックスは作用が強いですので、肌に負担がかかりやすいとされています。

また、痛みにも十分に注意しなければいけません。特に粘膜部分についてしまいますと非常に強い痛みがありますので、テープなどで粘膜部分を保護してから使用することをおすすめします。

除毛クリーム
アンダーヘアに除毛クリームを使った処理方法と効果について

目次1 剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理1.1 除毛クリームの効果はいかほど?2 除毛クリームを安 ...

続きを見る

・市販品では種類が限られてくる

除毛クリームやワックスはたくさんの商品が販売されていますが、それが陰毛用となると非常に数が少なくなります。近年ではインターネットで販売されていますので、インターネットで購入することをおすすめします。

・上手に除毛する方法

クリームの場合は、まず肌を保護するようにしましょう。できるだけ毛を避けて保護用のクリームを塗布することによって肌荒れを防止することができます。

また、体はできるだけ温めてから使用すると毛が抜けやすくなりますので。お風呂あがりなどに使用することをおすすめします。

ワックスシートの場合は保護クリームなどで保護してしまいますと、粘着が弱くなってしまいますので保護クリームは使用できません。ワックスシートでは、はがす時に注意しましょう。はがす時には必ず毛の流れにそってはがすことをおすすめします。

毛の流れに逆らってしまいますと、毛穴が開いてしまいますので注意しましょう。

・アフターケアを行う

ワックスやクリームを使用した場合は、かならずアフターケアを行うようにしましょう。毛を抜くことになりますので、毛穴は開いた状態です。特に陰毛の場合は毛自体が太いですので、毛穴は大きく開いてしまいます。

開いた毛穴を閉じるように、化粧水などで引き締めておきましょう。

また、毛穴に細菌が入って炎症を起こす可能性もありますので消毒を行うことをおすすめします。

・範囲の調整が難しい

クリームの場合はある程度、自分で除毛する範囲を決めることができますが、ワックスシートの場合はある程度大きさが決まっていますので、範囲の調整が難しいです。

特にIラインやOラインは調整が難しいです。反対にVラインは調整が行いやすいですので、おすすめはVラインの脱毛です。

・上手に脱毛を行う方法

上手く脱毛を行うためには、毛質や肌質を確認しましょう。毛が太い場合は脱毛クリームやワックスで対処しても効果が少ない場合がありますし、皮膚が薄い場合は脱毛クリームやワックスで大きく肌に負担がかかってしまう可能性がありますので、他の方法をおすすめします。

また、選ぶ種類ですが、できるだけ肌に優しいと謳っているものから始めましょう。肌に問題がなければ徐々に強めのものに変えていくと満足のいくものに当たります。

レーザーで脱毛する方法

ここではサロンで行うレーザー脱毛について明記していきます。

レーザーで脱毛するメリットとしては、綺麗に仕上がること、他人にやってもらうので細かいところまで綺麗に仕上がることが挙げられます。

4つのパターンの中で一番きれいに仕上がるのはレーザー脱毛です。

レーザー脱毛は毛根から脱毛を行いますので、見た目も綺麗で生えてくるサイクルも非常に長いです。また、他人の目で細かいところまで行うことができますので、Iラインや0ラインなど自分で行いにくい部分も問題なくすることができます。

デメリットとしては費用面、多少の痛みがあるということです。費用に関しては4つの方法の中でも一番費用がかかります。場所やコースによりますが、安くても3万円から、高い場合は数十万円かかります。

また、陰毛は太い毛ですのでレーザー照射する時に痛みが他の部分に比べても強いです。特にIラインやOラインなどは敏感な部分ですので、照射する時に肌が焼けるような痛みがある場合もあります。

・好みの形に整えてもらうには

最初であればエステサロンから形については提案してもらうことができますので、その中から選ぶようにしましょう。理想の形があるならば、それをお願いすることによって形を整えてくれます。

近年ではエステサロンも陰毛を処理することも増えてきていますので、非常に綺麗な仕上がりが期待できます。

・費用や期間について

エステサロンで脱毛を行う場合、一番気になるところは費用ではないでしょうか。

大手での平均的な価格はVIOライン全てで10万円以内です。安いところでは3万円から4万円で行ってくれるところもあります。

個人エステサロンでは独自の技術を提供するところもありますが、そういったところでは10万円以上になることも多いようです。

脱毛の期間としては、ほとんどの場合は3回以内、早いところでは当日で全て完了します。脱毛は範囲によって期間が決まることが多いですので、範囲が少ない陰毛部分は早く終わる傾向にあります。

・永久脱毛にするのかどうか

永久脱毛を行っているエステサロンもありますが、永久脱毛はするべきなのでしょうか。初めて脱毛する場合は、永久脱毛はおすすめできません。女性の陰部は非常にデリケートですので、脱毛をしている状態が体に合わない可能性もあり、脱毛してから後悔する可能性もあります。

稀に脱毛をしたことによって肌が直接すれて赤味ができる、かぶれるなどの悩みが出来る人もいますので注意しましょう。

おすすめの方法としては、最初は通常の脱毛で、毛が無い状態でも問題ない場合は永久脱毛の方が良いかと思われます。

陰毛の形を決める方法

どのような陰毛の形にしようか、処理を行う際には気になるかと思います。良くあるパターンとしてはVラインはパンツからはみ出さない程度、IラインOラインは全て処理してしまうパターンです。

Vラインの形の決め方は、逆三角形型、長方形型など様々ありますので、自分の好みにあったものを選択するようにしましょう。人気なのは長方形であり、すっきりと清潔感のある印象を持つことが多いですので好まれている形です。

稀に全ての陰毛を処理するという人もいますし、それの方が清潔感があるとの認識もあります。女性によっては処理をするのはIとOラインのみ、Vラインはハサミで形を整える程度で処理するという人もいますので、参考にしてみると良いですね。

また、陰毛の本来の役割を考えて、ほとんど処理しない人もいるのが事実です。特に40代後半から上の方は陰毛を処理するという認識が無く、今まで一度も処理をしたことが無いという人もいます。

デリケートゾーンのトラブル

デリケートゾーンの気になるトラブル

デリケートゾーンはその名の通り、非常にトラブルを抱えやすい部位となります。

特に女性はさまざまなトラブルを抱えがちですが、なかなか他人には相談しづらい問題となるはずです。

そこで、ここでは女性が抱えるデリケートゾーンのトラブルを紹介していきたいと思います。

黒ずみが気になる

デリケートゾーンの悩みで多いのが黒ずみです。

日本人はメラニン色素の働きが活発となるため、刺激を受けると肌が黒くなりやすい体質にあります。

デリケートゾーンは下着の摩擦やアンダーヘアの処理によって刺激を受けやすい部分ですので、黒ずみが発生しやすくなります。

この黒ずみは肌のケアがきちんとできていれば症状を緩和することができます。

ヒートカッターを使えば毛先が丸くなるので肌の刺激を抑える事が出来ます。

まずは、デリケートゾーンの肌の刺激を抑えることから始めてみると良いと思います。

黒ずみ
デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法

目次1 デリケートゾーンが黒ずんでいると感じた時にケアする方法1.1 デリケートゾーンは何故黒ずむの?1.2 黒ずみの原 ...

続きを見る

デリケートゾーンのが痒い

デリケートゾーンの痒みの原因はいくつかあります。

まずはアンダーヘアや下着によるデリケートゾーンのムレです。

毛量の多い人は特にデリケートゾーンが高温多湿となり、雑菌などが繁殖しやすい環境となります。

また、ボディソープなどの刺激も痒みの原因になることがあります。

オリモノなどが急激に増えたと感じた場合は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

痒い
デリケートゾーンの痒みの原因と対処法

目次1 デリケートゾーンが痒い時にケアする方法1.1 まず、何故痒みを感じるの?1.2 デリケートゾーンの痒みの原因は? ...

続きを見る

デリケートゾーンが痛い

デリケートゾーンの痛みは女性に多い症状の一つです。

特に生理中などの刺激に弱い状態では、少しの摩擦で痛みを感じることがあります。

また、アンダーヘアの処理をする過程で雑菌が侵入し、毛嚢炎にかかるケースも痛みの原因の一つとなります。

カミソリなどのデリケートゾーンの肌を傷つけやすいため、処理後の保湿ケアなどをしっかり行うようにしましょう。

痛い
陰毛の辺りが痛い時はどうしていますか?

目次1 陰毛の辺りが痛い時について2 陰毛の辺りの痛み、考えられる原因は?3 陰毛辺りに痛みが出たら、どのように対処すれ ...

続きを見る

デリケートゾーンの臭いが気になる

デリケートゾーンの臭いが気になる理由は2つあります。

1つはデリケートゾーンがアポクリン汗腺の多い部位となるためです。

アポクリン汗腺から分泌された汗はニオイの原因となる物質を多く含むため、デリケートゾーンの臭いも強くなりがちです。

また、排せつ物がアンダーヘアに付着することによって臭いを強くさせることも考えられます。

ボディソープを変えてみたりアンダーヘアの毛量を減らすことによって臭いを抑える助けになると思います。

臭い
デリケートゾーンの気になるにおいを取る方法

目次1 デリケートゾーンの臭いについて原因と対処法1.1 何故デリケートゾーンにイヤな臭いが発生するの?1.2 デリケー ...

続きを見る

まとめ

陰毛は女性にとって非常にデリケートな話題でしたが、現在ではインターネットや雑誌などでも陰毛のことは掲載されて、以前に比べるとオープンな情報になっています。

しかし、実際に陰毛について正しい知識をどれぐらい持っているのかは疑問です。人によっては陰毛を一切処理をしない、処理をするのが普通だと思っていたなど人によって非常にバラつきのあるのが陰毛の情報の特徴であるといえます。

また、陰毛の役割についても様々な認識があり、人によって違った認識をしていることもあります。

そういった人に向けて、きちんと陰毛について正しい知識を持っていただきたいと思い、

陰毛はなぜ生えているのか、生える年齢、処理の方法、形など様々な情報をここに記載しました。是非参考にしていただければと思います。

読んでもらいたい記事

285,916view
アンダーヘアの長さが気になる

目次1 アンダーヘアの長さが気になる人へ2 どれくらいの長さでアンダーヘアを処理する?2.1 アンダーヘアの毛周期は?2 ...

119,796view
ヒートカッター

目次1 自己処理するなら、アンダーヘアはどれくらいの長さ?どんな形がいい?2 そもそもアンダーヘアって処理しなきゃ駄目な ...

74,179view
除毛クリーム

目次1 剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理1.1 除毛クリームの効果はいかほど?2 除毛クリームを安 ...

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2018 All Rights Reserved.