アンダーヘアの処理

アンダーヘア

女性の陰毛(アンダーヘア)について「生え始めから処理方法・トラブルの対処法など」

更新日:

女性必見!陰毛メカニズムから役割、手入れまで、アンダーヘアのあらゆることを調べました!

陰毛について詳しく知りたい、陰毛について悩みがある、陰毛ってなぜ生えているのなど様々な疑問を持ったとしても、場所が場所だけになかなか人には聞くことが出来ないかと思います。

特に女性であれば羞恥心も男性に比べて多いのではないでしょうか。

ここでは、女性の陰毛が生えてくるメカニズムから、役割、いつから生えてくるのか、処理の方法まで徹底的に解説していきます。

陰毛の生えてくる理由

陰毛が生えてくるのは性器を守るためという理由があります。

クッションの役割をして外傷などからの衝撃を和らげる役割があります。また、セックスなどの際に男性側と擦れてしまうのを防ぐ役割があります。

これは知っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、陰毛が生えてくる意味は他にもまだあります。

フェロモンを保持するために陰毛が役に立っている部分もあります。陰部からは女性フェロモンが出ており、それは異性を興奮させたりする効果があります。陰毛が無い場合はそのフェロモンを留まらす場所がなくなってしまい、下着などに付着してしまいます。

濃いフェロモンを保つために陰毛がフェロモンを溜める役割をしています。

また、それ以外には陰部の温度を一定に保つ役割があります。特に女性の場合は陰部が冷えていると性交をしにくい、陰部の柔軟性が損なわれる傾向にありますので、陰毛が温度を一定にしてくれる役割があります。

陰毛が生えてくるのは12歳が平均的な年齢

陰毛が生えてくるのは、体のホルモン量によります。陰毛は主に男性ホルモンが影響していきます。

男性ホルモンが多いと陰毛は濃くなります。

男性ホルモンが多い場合はそれだけ陰毛が生えてくる年齢は低いですが、男性ホルモンが少ない場合は陰毛が生えてくる時期も遅いです。

人によって大きく違いますが、平均をすると12歳前後、中学生に入ったぐらいには生えている人は多いです。

ちなみに早い人では10歳前後、遅い人では17歳から18歳にならないと生えてこない人もいます。デリケートな時期ですので、特に女性の場合は、早く生えてくる、遅く生えてくる場合は集団入浴はできない、プールの授業に入れないなどといった問題が出てくる可能性もあります。

また、日ごろの生活によっても生えてくる年齢が変わってきます。

運動などをしており、下着などで陰部がよく擦れる人は早めに生えてくるといわれています。これは擦れから陰部を守るために、体が対応するためだといわれています。

参考 隠毛の生え始めはいつ頃?

年代別に見た陰毛の悩み

陰毛の悩みは年代によって異なります。

しかし、それぞれの年代でどのような悩みがあるのか知っておけば、いざと言う時に対処を行うことができるはずです。

ここでは年代別の陰毛の悩みを紹介していきます。

20代女性

20代の女性は剛毛や薄毛など人によって悩みの種類はさまざまです。

特にこの年代は露出の多い服などを好んで着ることも多いため、陰毛の処理をしっかり行っておかないといけないという悩みもあります。

処理の方法に慣れていない人も多く、デリケートな問題であるため、周りの人に相談できないことも悩みを大きくする要因の一つとなります。

間違った処理方法を行ってしまうと、肌が思わぬダメージを受けてしまう危険性もあるので注意が必要です。

参考 20代女性のアンダーヘアの悩み

30代女性

30代女性の悩みは20代女性とは少し異なります。

まずは陰毛の白髪です。30代になると少しずつ陰毛の白髪が目立つようになり、ショックを受ける女性は意外と多いようです。

次に陰毛の処理を面倒だと感じるようになる点です。

20代女性と比較して露出の頻度は少なくなるものの、子どもと海やプールへ出かける際に、陰毛の手入れを行わなければならない機会も多いと思います。

処理は面倒だけれど、処理しないわけにもいかないというジレンマが30代女性にはあるようです。

参考 30代女性のアンダーヘアの悩み

40代女性

40代女性の悩みは、今までと陰毛の質が変化し始めるということです。

40代は「初老」と言われますが、女性ホルモンの分泌量が変化することによって毛の性質も大きく変わってしまいます。

今までは感じることのなかった陰毛のごわつきや、白髪の増加など40代女性特有の症状からコンプレックスを感じる方は多いようです。

きちんとケアを行えば改善できる症状ですが、ある程度受け入れる気持ちも大事という意見も多くみられます。

参考 40代女性のアンダーヘアの悩み

陰毛が薄くなる生活習慣

女性の中には陰毛を薄くしたいと考えている人は多いそうです。濃い陰毛は手入れも大変ですし、見た目も良くないと感じる人もいます。

陰毛は生活習慣を見直すことによってある程度はコントロールできます。陰毛を薄くする生活習慣とはどのようなものがあるのでしょうか。

陰毛は男性ホルモンが大きく影響してきますので、女性ホルモンを増加させるような生活習慣を持つと陰毛は薄くなる可能性があります。

豆乳などの大豆系は女性ホルモンを増加させる効果がありますので、積極的に摂取することをおすすめします。

また、下着がキツイ方は陰部を守る為、陰毛が濃くなる傾向があります。できるだけゆったりとして下着を履くことによって陰毛が濃くなることを防止することができます。特に運動などを頻繁にする方は、それだけ擦れる機会が多くなりますので注意しましょう。

陰毛が濃くなる生活習慣

上記でもお伝えしたように、下着がキツイと陰毛が濃くなる傾向にありますが、その他にはどのような生活習慣があるのでしょうか。

男性ホルモンを増加させる食事には注意しましょう。赤身の肉、たんぱく質などは男性ホルモンを増加させる原因にもなりますので、食べ過ぎに注意です。ビールなどのアルコール類も同様です。

また、働いている人などはストレスを抱えやすくなります。ストレスを抱えることによって闘争心、悔しい心、負けず嫌いになる傾向にある方は、男性ホルモンが反応していることが多いですので、そういった環境下にある方は陰毛が濃くなりやすいと言われています。

濃い
濃いアンダーヘアを薄くする方法

アンダーヘアが濃い人に向けての原因と対処法 “アンダーヘアが濃い”ことは、なかなか他人に相談できない ...

隠毛の処理について

ひと昔前は隠毛の処理をしているとどうしても「経験が多い」「慣れている」などと言ったマイナスイメージを持たれやすかったのですが、現在は時代の流れのせいか隠毛の処理を行っていると「エチケットとして当然」「清潔」という意識に変わってきています。そのため、処理を始める女性も増えてきているようですね。

参考までにとあるサイトで行われていたアンケート結果を見てみると隠毛の処理について以下のような結果となっていました。

隠毛の処理はどうしてる?

  • 何もしない 45.5%
  • 自己処理している 33.2%
  • 脱毛サロンで処理している 20.9%
  • その他は除く

一見、何もしないと回答している方の割合が多いように見えますが、自己処理をしている方と脱毛サロンで処理している方の割合を合わせると何もしていないと回答している方より上回った結果となっていますよね。

それぞれにメリットやデメリットがあるかと思いますが、共通している事は「恥ずかしい」「なかなか情報を入手できない」といった事ではないでしょうか。

具体的にまとめると以下のようになります 。

何もしない

  • 手入れの仕方がわからない
  • デリケートな部位なので失敗すると怖い
  • 自然体が良い(手入れする事にあまり良いイメージがない)
  • 彼氏や旦那に指摘されない
  • 特に気にした事がない

自己処理

  • サロンに通うとなるとコスト的な負担が大きい
  • 他人に見られる(処理される)のが恥ずかしいので自分でやる
  • 自分の好きなタイミングで手入れする事ができる
  • 皮膚トラブル(傷や色素沈着など)を起こす可能性がある

脱毛サロンで処理

  • プロに施術して貰う方が安心
  • コストがかかる
  • いちいち予約をして定期的に通わなければならない
  • 専門的なアドバイスが貰える

VIOの処理方法

VIOの処理は自分で行う方法とサロンやクリニックで行う方法があります。

長さや形を整えるのか?脱毛してスッキリするのか?処理の仕方も人それぞれです。

また、VIOは非常にデリケートな部分であるため、場所によっては自分で処理をするのが難しいと感じる人も多いと思います。

ここでは、VIOの部位ごとに適した処理方法を紹介して行きます。

ちなみに、VIOと呼ばれている意味は何かの略語や頭文字を取った訳ではなく、それぞれの部位に形が似ているアルファベットを当てはめて、そのように呼んでいます。

Vラインの処理方法

Vライン
Vライン
V=ビキニライン
(前から見て三角状にパンツで隠れている部分)

VIOの中でも最も目立つ部分がVラインです。

処理を怠ると水着や下着からはみ出てしまうので、一番女性が気にする部分となります。

自分で処理を行う場合はヒートカッターとIラインシェーバー、または脱毛クリームを使って処理をします。
長さと形を整えるのならヒートカッターとIラインシェーバーの組み合わせがオススメです。

逆三角形型が一般的に整えられる形となっていて、外側は毛を気持ち短めに、内側に入るほど長めに処理することでうまく整えることができます。

サロンやクリニックで行なうVライン脱毛と言うのは、陰毛の中心部からビキニラインの薄い毛まで、しっかり脱毛することを言います。

Iラインの処理方法

Iライン
Iライン
I=女性器の周囲
(性器のビラ周辺のこと。股を開いた時に割れ目がアルファベットのIに見えるはずです)

Iラインの処理は最も難しく、処理をあまりしていないという人もいるのではないでしょうか。

Iラインを処理する場合は、粘膜を傷つけないよう慎重に行う必要があります。

自分で処理を行う場合は直接肌に触れないアイテムを使用し、できるだけ肌へ負担をかけないようにします。
この場合も安全を考えてIラインシェーバーを使うことをオススメします。

Iラインはカットしすぎると不自然に見えてしまいますので、3cm程度を目安に処理すればムレなども抑えられて良いです。

難しい場合はサロンやクリニックで処理をお願いすると良いと思います。

小陰唇近くは粘膜になりますので、サロンで脱毛することはできません。(サロンでは粘膜以外の部分を脱毛します。)

粘膜周辺のIライン脱毛は、クリニックの医療脱毛のみ行えます。(クリニックによって粘膜部分の脱毛を行わない所もあります。)

Oラインの処理方法

Oライン
Oライン
O=おしりの穴の周囲
(あえて下品な言い方をすると「ケツ毛」とも呼ばれる物です)

Oラインは人に見えにく部分である上に自分で処理するのも難しい部分となります。

しかし、Oラインは人によっては意外と毛量が多くなるため、きちんと処理を行う必要があります。

自分で処理をする場合はIラインシェーバーや脱毛クリームを使って処理する事をオススメします。
Oラインの陰毛は生えていてもメリットは何も無いので脱毛することをオススメします。

OラインもIラインと同様に粘膜部分があるために、サロンやクリニックよっては粘膜周辺しか脱毛を行わない所もあるので事前の確認をしてください。

参考 男性のけつ毛処理でおすすめの方法

参考 肛門の周りに毛が生えている人は少ないのでしょうか?

陰毛を処理するアイテム

自己処理をするにも長さや形が気になる場合はヒートカッターやIラインシェーバーを使ったり、無下にしてサッパリとするには脱毛クリームを使うなど目的や処理をする部位によっても変わってきます。

処理方法によってメリット、デメリットがあり、費用、手間、仕上がり具合など様々な特徴があります。

それぞれの特徴を把握して隠毛を処理をすることをおすすめします。

カミソリや毛抜きを使っての陰毛処理

費用が安く手軽に隠毛を処理できるのですが、デリケートゾーンに傷が付きやすく、黒ずみや毛嚢炎(埋もれ毛)の原因にもなるのであまりお勧めは出来ません。

仕方なく行う場合は処理後のケアをしっかりとしておきましょう。

参考 カミソリを使った隠毛の処理方法

参考 陰毛を毛抜きで抜くための処理方法

脱毛クリームを使って隠毛を処理する方法

除毛クリームとは、塗るだけで脱毛できるクリームタイプのケア用品です。

皮膚が弱い人には注意が必要ですが、メリットの大きい除毛クリーム

タンパク質を溶かしてしまう成分が入っているため、毛のある部分に塗ると、毛を根元から溶かして取り去ってくれます。

除毛クリームは、塗ってしばらく待って洗い流すだけで根こそぎ脱毛でき、一気に広い範囲を処理することができます。

日焼けなどで皮膚が弱っている人やもともと皮膚の弱い人では、赤くかぶれたりする原因になることがあり、注意が必要です。

また、薬剤としての力も強いため、原則的に、粘膜には使用できません。

参考 陰毛に脱毛クリームを使った処理方法

ブラジリアンワックスを使っての陰毛処理

水溶性や油性、固形のワックスを陰毛に塗布し、特殊な紙を馴染ませて固まったら一気に剥がし毛根から毛を抜く方法です。

個人差はありますがおよそ1ヶ月もち、ハイジニーナにしたいと思ったら直ぐに効果を実感できるところが特徴的です。

永久脱毛ではないのでまた生えてはきますが、心変わりして一旦毛の形を作ってみたくなったときに修正がきくという面もあります。

毛の質によっては痛みが伴うこともあり、またある程度毛が生えている状態ではないと脱毛できないので注意が必要です。

参考 ブラジリアンワックスを使ったアンダーヘアの処理方法

光脱毛器を使って陰毛の自己処理

黒い色素に光を反応させ、毛根の発毛システムを破壊して脱毛する“光脱毛器”は無駄毛の処理を格段に楽にするため、たくさんの種類が販売されています。

多くの家庭用光脱毛器は、エステサロンで光脱毛を行う時と殆ど変わらない効果を得られます。

光脱毛器によっては、同じ形状でアダプター付きとコードレスを選ぶことができる製品もあります。

出力の調整や持ち手・コードの使いやすさ、肌への負担の有無、機能の多さなどを選ぶ基準にして、値段とバランスの取れた製品を購入することがお勧めです。

好きな時間に、人目を気にせず脱毛することができるのは非常に大きなメリットです。

参考 光脱毛器を使ってアンダーヘアを処理する方法

サロンやクリニックでの脱毛

隠毛の処理を他の人にやってもらうので、細かいところまで綺麗に仕上がることができます。

まず医療機関で専門の医師の施術により脱毛を行う方法です。メラニンに反応する強力な医療用レーザー光を用いて、陰毛に照射することで1度に毛量の20%を減らすことができます。

毛周期に合わせて脱毛を行うので、徐々に抜け落ちていくような形で少し日にちを要しますが、安全性も高く最終的には永久脱毛をすることが可能です。平均して脱毛完了まで1年半くらいかかります。

エステサロンでの光脱毛でも陰毛の処理をすることができますが、光の出力が弱いので時間もかかり永久に脱毛する事は難しく再び毛が生えてくる可能性が高いです。

光が弱い分肌への負担は少ないものの、回数がかかるので医療機関とエステサロンどちらが肌質に合うか確かめてからハイジニーナ脱毛を進めましょう。

また陰毛周辺が黒ずんでいる場合は、火傷の恐れがあり脱毛ができないこともあるのでケアをこまめにしておく必要があります。

デメリットとしては費用の面と多少の痛みがあるということです。

費用に関しては、場所やコースにもよりますが脱毛の中でも一番費用がかかります。

また、陰毛は太い毛ですのでレーザー照射する時に痛みが他の部分に比べても強いです(大抵の医療脱毛では麻酔クリームで鎮痛処置を行います)。特にIラインやOラインなどは敏感な部分ですので、照射する時に肌が焼けるような痛みがある場合もあります。

参考 アンダーヘア脱毛で失敗しないサロンやクリニックの選び方

陰毛の形を決める方法

どのような陰毛の形にしようか、処理を行う際には気になるかと思います。良くあるパターンとしてはVラインはパンツからはみ出さない程度、IラインOラインは全て処理してしまうパターンです。

Vラインの形の決め方は、逆三角形型、長方形型など様々ありますので、自分の好みにあったものを選択するようにしましょう。人気なのは長方形であり、すっきりと清潔感のある印象を持つことが多いですので好まれている形です。

稀に全ての陰毛を処理するという人もいますし、それの方が清潔感があるとの認識もあります。女性によっては処理をするのはIとOラインのみ、Vラインはハサミで形を整える程度で処理するという人もいますので、参考にしてみると良いですね。

また、陰毛の本来の役割を考えて、ほとんど処理しない人もいるのが事実です。特に40代後半から上の方は陰毛を処理するという認識が無く、今まで一度も処理をしたことが無いという人もいます。

デリケートゾーンの気になるトラブル

デリケートゾーンのトラブル

デリケートゾーンはその名の通り、非常にトラブルを抱えやすい部位となります。

特に女性はさまざまなトラブルを抱えがちですが、なかなか他人には相談しづらい問題となるはずです。

そこで、ここでは女性が抱えるデリケートゾーンのトラブルを紹介していきたいと思います。

陰毛の処理後にチクチクする

ハサミやカミソリを使って陰毛を処理をした後はチクチクした感じがすることがあります。

鋭利なもので陰毛をカットしてしまうと毛先が尖り、それがデリケートゾーンにあたりチクチクしてくるのです。

また

剃ったり抜いたりした場合も新しい毛が生えてくる時にチクチクを感じる事があります。

ヒートカッターを使って陰毛を処理すればチクチクを感じる事がほとんど無くなりますよ。

アンダーヘアのチクチクを解消するための対処方法

黒ずみが気になる

デリケートゾーンの悩みで多いのが黒ずみです。

日本人はメラニン色素の働きが活発となるため、刺激を受けると肌が黒くなりやすい体質にあります。

デリケートゾーンは下着の摩擦やアンダーヘアの処理によって刺激を受けやすい部分ですので、黒ずみが発生しやすくなります。

この黒ずみは肌のケアがきちんとできていれば症状を緩和することができます。

ヒートカッターを使えば毛先が丸くなるので肌の刺激を抑える事が出来ます。

まずは、デリケートゾーンの肌の刺激を抑えることから始めてみると良いと思います。

黒ずみ
デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法

デリケートゾーンが黒ずんでいると感じた時にケアする方法 日本人は西洋人と比較するとメラニン色素の働き ...

デリケートゾーンのが痒い

デリケートゾーンの痒みの原因はいくつかあります。

まずはアンダーヘアや下着によるデリケートゾーンのムレです。

毛量の多い人は特にデリケートゾーンが高温多湿となり、雑菌などが繁殖しやすい環境となります。

また、ボディソープなどの刺激も痒みの原因になることがあります。

オリモノなどが急激に増えたと感じた場合は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

痒い
デリケートゾーンの痒みの原因と対処法

デリケートゾーンが痒い時にケアする方法 デリケートゾーンの痒みは、知り合いは勿論のこと医師にも相談し ...

デリケートゾーンが痛い

デリケートゾーンの痛みは女性に多い症状の一つです。

特に生理中などの刺激に弱い状態では、少しの摩擦で痛みを感じることがあります。

また、アンダーヘアの処理をする過程で雑菌が侵入し、毛嚢炎にかかるケースも痛みの原因の一つとなります。

カミソリなどのデリケートゾーンの肌を傷つけやすいため、処理後の保湿ケアなどをしっかり行うようにしましょう。

痛い
陰毛の辺りが痛い時はどうしていますか?

陰毛の辺りが痛い時について 陰毛付近に痛みが生じていても、場所が場所だけになかなか他人に相談できませ ...

デリケートゾーンの臭いが気になる

デリケートゾーンの臭いが気になる理由は2つあります。

1つはデリケートゾーンがアポクリン汗腺の多い部位となるためです。

アポクリン汗腺から分泌された汗はニオイの原因となる物質を多く含むため、デリケートゾーンの臭いも強くなりがちです。

また、排せつ物がアンダーヘアに付着することによって臭いを強くさせることも考えられます。

ボディソープを変えてみたりアンダーヘアの毛量を減らすことによって臭いを抑える助けになると思います。

臭い
デリケートゾーンの気になるにおいを取る方法

デリケートゾーンの臭いについて原因と対処法 デリケートゾーンの悩みの中でも、特に心配なのは“臭い”に ...

まとめ

陰毛は女性にとって非常にデリケートな話題でしたが、現在ではインターネットや雑誌などでも陰毛のことは掲載されて、以前に比べるとオープンな情報になっています。

しかし、実際に陰毛について正しい知識をどれぐらい持っているのかは疑問です。人によっては陰毛を一切処理をしない、処理をするのが普通だと思っていたなど人によって非常にバラつきのあるのが陰毛の情報の特徴であるといえます。

また、陰毛の役割についても様々な認識があり、人によって違った認識をしていることもあります。

そういった人に向けて、きちんと陰毛について正しい知識を持っていただきたいと思い、

陰毛はなぜ生えているのか、生える年齢、処理の方法、形など様々な情報をここに記載しました。是非参考にしていただければと思います。

LC

アンダーヘア

脱毛サロンへ

読んでもらいたい記事

321,509view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

127,744view
ヒートカッター

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,241view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2018 All Rights Reserved.