黒ずみ

デリケートゾーンに美白クリームを使って黒ずみは治りましたか?

更新日:

美白クリーム

フェイス用の美白クリームはNG

デリケートゾーンに顔用の美白クリームを使用して効果は現れるのでしょうか?結論から言うと、肌の強い人であれば効果は期待できます。

しかし、デリケートゾーンは皮膚が薄く敏感な部分。万が一のことを考えると、あまりお勧めはできません。

デリケートゾーンは、肌に優しい成分で作られた専用クリームでケアをするほうが、肌を傷めず黒ずみを薄くすることができます。

ハイドロキノンは自己責任で使用する

ハイドロキノンは強力な美白剤として知られています。肝斑やシミの治療薬に用いられることもあり、副作用を放置していると白斑症状が現れる場合もあります。

これだけ刺激の強い成分ですから、デリケートゾーンにはお勧めすることはできません。もちろん、クリニックで処方される安全性が認められた成分ですが、敏感肌やアトピー疾患者が使用すると、必ず肌荒れが起こります。

ハイドロキノンを自分で購入している人は、自己責任のもと使用してください。

陰部専用美白クリームが一番!

陰部専用クリームが激売れする一方、全く効果が現われないと不評があるのも事実。ここの部分は、使用者の大きな誤解が一番の原因かもしれません。

そもそも、陰部専用クリームで黒ずみを全て消そうとするのは大きな間違いです。陰部というのは、常に摩擦が生じている場所。つまりは、常に黒ずみが作られる環境におかれているという考えをしなくてはいけないのです。

陰部専用クリームには、黒ずみを薄くする作用はありますが、クリニックで除去した時のような白い肌を取り戻す作用は持ち合わせていません。

それでも、何もケアをしないよりかはマシ。陰部専用クリームには、安全な美白成分が配合されていますから、毎日ケアをすることで黒ずみ予防としても有効なのです。

専用クリームで黒ずみを薄くしたいなら摩擦をさけること!

これは陰部専用クリームに限ったことではありませんが、本当に黒ずみを解消したいなら、日常生活から改善するしか方法はありません。

まずは摩擦を防ぐことを意識します。

・キツイ下着をはかない
・補正下着をはかない
・デニム生地やかたい生地は裂ける

黒ずみは、誤った自己処理や摩擦が大きな原因です。これら全てが、毎日知らず知らずのうちに陰部の黒ずみや角質を増加させているのです。

しかし、いちいち気にして服選びをするわけにもいきませんので、時々解放感のあるスカートを着用したり、補正下着をはかない習慣を身に着けて、極力陰部や肌に負担をかけないようにしましょう。

まとめ

フェイスライン専用の美白クリームを陰部に使用することは、お勧めできません。刺激が強すぎて結果的にかぶれの原因になります。

継続的に使用するなら、陰部専用クリームが安心。そこそこの効果を期待できて乾燥がちな肌をしっかり守ることができますよ。

次のページへ >

読んでもらいたい記事

349,220view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

132,770view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,912view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-黒ずみ
-,