黒ずみ

自分のデリケートゾーンいつ見ましたか?黒ずんでいましたか?

更新日:

黒ずみを見る

ほとんどの人に黒ずみがある

陰部の黒ずみは、何も特別な悩みではありません。ほとんどの女性が黒ずみについて検索したり解消法を探しています。

その証拠に、陰部専用のクリームや黒ずみ除去法が数多く存在し、少しでも薄くしようと必死にケアを続けています。

厄介なもので陰部の黒ずみは、年齢とともに増えて行きます。まずは、年代別に陰部の黒ずみが作られる原因や解消法を説明します。

10代にありがちな陰部の黒ずみ

10代で陰部の黒ずみが多いと感じる人は、何が原因なのでしょうか?肌の調子も良好なのに陰部の黒ずみが目立つ人は、睡眠や下着が関係している場合が多いです。

寝る子は育つと言われているように、10代で生活習慣が乱れてしまうと、成長ホルモンに影響し様々なトラブルを引き起こします。

通常、10代ではターンオーバーが乱れることは、ほとんど見られませんが、仮に成長ホルモンが減ってしまうと、肌荒れや便秘、黒ずみまでもが作られやすい環境へ変化します。

また、小さめの下着を身に着けている人も注意です。若い頃は、デザイン重視の下着を選びがち。サイズが少々小さくても問題ない!なんて余裕綽々で過ごしていると、10年後それはそれは大変な黒ずみになっていますよ。

陰部の黒ずみを増やさないためには、良質な睡眠や体に合った下着も大切なのです。

20代で黒ずみに気がついたら?

20代は、仕事も恋愛も一番楽しい時です。そして、自分に一番お金がかけられるのも20代のうちだけなのです。

長年の誤った自己処理やストレスなど、いくつもの原因が重なって黒ずみが作られていきます。

だからと言って黒ずみ解消を諦める必要はなく、美白成分配合のクリームや摩擦を繰り返さない、ちょっとした工夫で陰部の黒ずみは改善されることもあります。

まずは、体を洗う時のボディタオルを綿の優しいものに替えてみましょう。ナイロンタオルと呼ばれる固い素材のタオルは、陰部や肌を傷つけメラノサイトを刺激します。

刺激を受けたメラノサイトは、肌を守ろうとメラニンを発生させます。これが黒ずみを作る一番の原因なのです。

30代の陰部の黒ずみはケアをすれば薄くなる

30代は、育児や家事を中心に過ごすことが多くなります。お洒落な人も多いですが、ほとんどの女性が、自分のことは後回しになりがち。

そんな女性を、女子力が足りない!女を捨てた!と言う人たちもいますが、自分に投資するお金や時間も、独身のようにはいかないのが本音です。

いまさら陰部の黒ずみを気にしても何も始まらないのですから、陰部限定で無関心なだけなのかもしれませんよね。

これが、露出度の高いワキだったら、きっと毎日忘れずにケアをしていると思うのです。もし30代で、陰部の黒ずみを解消したいと思い立った時は、陰部専用の美白クリームからお試しください。

特に、トラネキサム酸は肌に優しい美白有効成分なので安心して使用することができますよ。

まとめ

黒ずみの程度は年齢によってかなり差がありますが、陰部の黒ずみを解消する方法は何歳になっても同じです。

まずは、簡単な美白ケアから始めてみましょう。

次のページへ >

読んでもらいたい記事

349,221view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

132,770view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,912view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-黒ずみ
-