黒ずみ

日頃からデリケートゾーンの黒ずみを気にしてケアしていますか?

更新日:

黒ずみのケア

黒ずみケアをしない人は多い?

女性に生まれたからこそ、常に美意識をもって生活したい。女性は誰しもキレイでいたいと願う生きものです。

ですが、ワキとは違い露出する機会が少ない陰部は、ついつい手を抜いてしまいがち。しかも陰部の黒ずみは頑固ですから、半ば諦めている女性も多いはずです。

赤ちゃんのようにピンクに近い肌が理想ですが、実際はピンクの人なんてごくわずか。良く雑誌で見かけるような人は、ほとんど画像修正が入りますので、自分の陰部が黒いからと落ち込む必要はありません。

どうしても陰部の黒ずみが気になる人は、美白クリームでケアをすると、徐々に黒ずみが改善されるはずです。

10代の黒ずみケア

高校生くらいになると、体の黒ずみが気になり始める子もいるのではないでしょうか。水着をきっかけに、ビキニラインの黒ずみに気が付く人もいれば、自分の身体をチェックしていて偶然見つける人もいるでしょう。

本来なら美白クリームをおすすめしたいところですが、未成年がネット通販を利用する場合は、保護者の承諾が必要です。10代で黒ずみをケアしたくても、なかなか商品を手に入れられないのが現状。

ドラッグストアで販売されているような、肌に優しい保湿剤を使用するか、陰部を締め付けないようにボクサーパンツやスカートをはくだけでも、黒ずみ予防になります。

黒ずみケア20代~30代が最も多い

陰部の黒ずみが気になる20代~30代。20代は恋愛が一番楽しい時期でもあり、黒ずみを意識する機会が最も多いですよね。

自分の陰部が黒くて自信が持てないと答える女性は非常に多く、毎日美白クリームでケアをしたり、程度によりクリニックで黒ずみを除去する人もいます。ここ数年は、高いお金を払ってでも陰部の黒ずみをキレイにしたいという女性が増えています。

また、30代は妊娠や出産で一時的に黒ずみが増えるため、陰部のケアを始める人が多いのだそうです。

美白クリームを継続している間は、黒ずみ抑えることができますが、止めてしまえば再び黒ずみは作られていきます。せっかくケアをしているのですから、一時的といわず習慣化できると、さらに改善が見込めます。

40代もケアをしている

40代や50代でも、陰部を意識してケアをしている女性は大勢います。加齢とともにホルモンバランスが乱れ、陰部やワキの黒ずみが目立つようになります。

20代の時と比べて、黒ずむスピードが速くなったと感じるのはこのためです。ですが諦める必要はありません。

たった1日で黒ずみが薄くなることはなくても、全くケアをしないよりかはマシです。黒ずみをこれ以上濃くさせないように、現状維持でも良し!とする考えを持つ方が、気持ちが楽になりますよ。

まとめ

陰部の黒ずみは蓄積されます。

そのまま放置すると真皮まで及びますので、一日も早いケアを開始してください。

次のページへ >

読んでもらいたい記事

373,098view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

137,267view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,888view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-黒ずみ
-