黒ずみ

妊娠中デリケートゾーンの黒ずみが濃くなりましたか?産後は?

更新日:

妊娠中の黒ずみ

妊娠中・産後に見られる黒ずみとは?

黒ずみは、摩擦で刺激を受けた肌を守ろうとメラニンが発生することで増加します。要するにメラニン=黒ずみは、防御反応なのです。

これに対し、妊娠中や産後に見られる黒ずみは一時的なものが多いです。産後一年間は授乳時期ということもあり、女性ホルモンじたいが変化していますから、黒ずみができやすい環境なのです。

ほとんどの女性が黒ずみを経験していますが、ホルモンの分泌量が正常になると黒ずみは徐々に薄くなります。

なぜ黒ずみが増えるのか

摩擦や刺激が繰り返されることでメラニンを発生させます。そしてもう一つ黒ずみと深い関係を持つのが、女性ホルモンのエストロゲンです。この時期は、母体を守ろうとエストロゲンが過剰分泌されます。

実は、このエストロゲンこそメラニンを生成する役割を担っています。ですから、妊娠中や産後はいつも以上に黒ずみが目立ち「何だか黒ずみが増えたかな?」と感じる人が多いのです。

妊娠中や産後に見られる黒ずみの多くは、摩擦+女性ホルモンの分泌が大きな原因となります。

ケアをするべき?胎児の影響は?

陰部専用クリームや石鹸でケアをするにしても、妊娠中は胎児への影響が気になります。もちろん、膣内をケアすることは禁止されていますが、陰部の表面くらいなら全く問題ないと言われています。

ただ、これらが許されているのは陰部専用クリーム限定です。ハイドロキノンやトレチノインを配合した美白クリームは、かなり刺激が強く副作用の症例もあります。

商品のホームページを見ると、使用上の注意事項や口コミがありますので、使用前の参考にすると良いでしょう。

妊娠中や産後は特に敏感な時期です。刺激の強いクリームは避け陰部表面のケアだけにとどめておきましょう。

妊娠中の黒ずみが薄くならなかったら

産後1年を経過しても黒ずみが改善されない場合は、クリームまたはサロンやクリニックを視野に入れましょう。

手っ取り早いのは、陰部専用クリームを使用することです。産後は育児に追われて、クリニックやサロンへ足を運ぶことが難しくなります。

それでしたら、子どもが寝ている間や隙間時間に簡単にケアできる、陰部専用クリームがおすすめです。

まとめ

妊娠中や産後は、陰部に限らずワキや乳首も黒ずみやすくなります。ホルモンの変化が関係していますので、残念ながら自分ではコントロールすることができません。

黒ずみを解消する方法は、効果が期待できる順に、クリニック・サロン・専用クリーム・石鹸です。まずは自分に合った解消法を選んでいきましょう。

次のページへ >

読んでもらいたい記事

373,099view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

137,267view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,888view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-黒ずみ
-, ,