デリケートゾーン

妊娠中デリケートゾーンの黒ずみが濃くなりましたか?産後は?

更新日:

妊娠中の黒ずみ

妊娠中・産後に見られる黒ずみとは?

黒ずみは、摩擦で刺激を受けた肌を守ろうとメラニンが発生することで増加します。要するにメラニン=黒ずみは、防御反応なのです。

これに対し、妊娠中や産後に見られる黒ずみは一時的なものが多いです。産後一年間は授乳時期ということもあり、女性ホルモンじたいが変化していますから、黒ずみができやすい環境なのです。

ほとんどの女性が黒ずみを経験していますが、ホルモンの分泌量が正常になると黒ずみは徐々に薄くなります。

なぜ黒ずみが増えるのか

摩擦や刺激が繰り返されることでメラニンを発生させます。そしてもう一つ黒ずみと深い関係を持つのが、女性ホルモンのエストロゲンです。この時期は、母体を守ろうとエストロゲンが過剰分泌されます。

実は、このエストロゲンこそメラニンを生成する役割を担っています。ですから、妊娠中や産後はいつも以上に黒ずみが目立ち「何だか黒ずみが増えたかな?」と感じる人が多いのです。

妊娠中や産後に見られる黒ずみの多くは、摩擦+女性ホルモンの分泌が大きな原因となります。

ケアをするべき?胎児の影響は?

陰部専用クリームや石鹸でケアをするにしても、妊娠中は胎児への影響が気になります。もちろん、膣内をケアすることは禁止されていますが、陰部の表面くらいなら全く問題ないと言われています。

ただ、これらが許されているのは陰部専用クリーム限定です。ハイドロキノンやトレチノインを配合した美白クリームは、かなり刺激が強く副作用の症例もあります。

商品のホームページを見ると、使用上の注意事項や口コミがありますので、使用前の参考にすると良いでしょう。

妊娠中や産後は特に敏感な時期です。刺激の強いクリームは避け陰部表面のケアだけにとどめておきましょう。

妊娠中の黒ずみが薄くならなかったら

産後1年を経過しても黒ずみが改善されない場合は、クリームまたはサロンやクリニックを視野に入れましょう。

手っ取り早いのは、陰部専用クリームを使用することです。産後は育児に追われて、クリニックやサロンへ足を運ぶことが難しくなります。

それでしたら、子どもが寝ている間や隙間時間に簡単にケアできる、陰部専用クリームがおすすめです。

まとめ

妊娠中や産後は、陰部に限らずワキや乳首も黒ずみやすくなります。ホルモンの変化が関係していますので、残念ながら自分ではコントロールすることができません。

黒ずみを解消する方法は、効果が期待できる順に、クリニック・サロン・専用クリーム・石鹸です。まずは自分に合った解消法を選んでいきましょう。

妊娠中デリケートゾーンの黒ずみは濃くなりましたか?

みなさんは、妊娠中のデリケートゾーンの濃さはどうでしたでしょうか?

妊娠中って、デリケートゾーンの色に変化があった!と言う人の割合は実は非常に多いのは御存知でしたか?

産後などもまた、デリケートゾーンの色に変化がある様なのですが、妊娠中に濃くなる女性が圧倒的に多い様です。

何故黒ずむのかと言うと、エストロゲンと言う女性特有のホルモンが関係している様です。

このエストロゲンには、皮膚の表皮細胞の増殖を促す効果などが挙げられており、同時にメラニン色素の生成も促す効果もあるので、黒ずみに変化すると言われています。

その為、デリケートゾーンだけでなく乳首による妊娠中の黒ずみもこれが原因と言われております。

そこで、今回みなさんには実際に『妊娠中デリケートゾーンの黒ずみが濃くなりましたか?産後は?』と言う質問をしてみました。

妊娠中と産後のデリケートゾーンの黒ずみについて。 濃くなりました。濃くなりましたし、バストは大きくなるにつれて乳輪部分も大きくなりました。 産後、2年経ちやっと少しだけマシになったかな?というところまできました。
私の場合、妊娠中にデリケートゾーンの黒ずみが濃くなったりはしませんでした。 妊娠中は、デリケートゾーンのお手入れをしなかったことが、もしかしたら、理由かもしれません。 妊娠前と同様に変わらずにお手入れをしていたら、濃くなっていたと思います。
わたしは、妊娠中から産後にかけて、デリケートゾーンが黒ずんで来たことが悩みです。 最初は旦那に言われて気づきました。 そのときは本当にショックで、しばらく立ち直れなかったです。 産後もしばらくは黒ずみが消えませんでした。 半年ほど経って、ようやく薄くなって来て現在は約1年になり元に戻ったと思います。
妊娠中、中期以降からデリケートゾーンの黒ずみが濃くなりました。 産後しばらくたっても濃いままだったので、なるべく締め付けの無い下着を着用したり、ストレッチやお風呂で血流を良くしたら徐々に薄くなってきたような気がします。
妊娠中、デリケートゾーンの黒ずみは徐々に濃くなっていったように思います。そして残念ながら、産後5年以上が経過しましたが、その状態のまま元には戻っていません。 改善したいとは思っていますが、忙しいので特に対策は取れていません。
デリケートゾーンの黒ずみは濃く黒くなりました。特に私の場合妊娠後期に入ってから一気に黒くなり、お腹の正中線も濃くくっきりと出てしまいました。現在産後7ヶ月ですが、かなり良くなったもののまだ妊娠前のようには戻っていません。クリームを使おうか考え中です。
妊娠中は色素沈着に悩みました。 顔のシミに始まり、脇や足の付け根(デリケートゾーンまで)がとにかく黒ずみました。 妊娠初期は早期になる程でもありませんでしたが、中期から後期にかけてどんどん濃くなりました。 産後は徐々に薄くなり3ヶ月経つ頃には妊娠前に近い状態になりました。
わたしは産後10ヶ月になりますが、デリケートゾーンの黒ずみは変化なかったように思います。帝王切開だったので、そこまで気にしていなかったのもありますし、そこから赤ちゃんが出てこないパターンなので、変化なかったのか。真っ裸での手術なので、全然気にしてませんでした。
妊娠中のデリケートゾーンの黒ずみは特に変化なかったです。 ただ、妊娠中は乾燥が酷くなったので、乾燥に伴う黒ずみ悪化しないように保湿を心掛けました。 産後も特に変化はなかったです。 ただ、乳首は妊娠中自分でもドン引きするほど黒くなりました。
黒ずみというか、少しだけくすんだ程度で済みました。 妊娠後期くらいから徐々に色が暗くなってきたかな?と思う程度でしたが、やはり気になってはいました。 しかし産後5ヶ月くらい経った頃には、特に何もしていないのに前と変わらないくらい色も明るくなって気にならなくなりました。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-デリケートゾーン
-, ,