デリケートゾーン トラブル

デリケートゾーンの臭い、毛の処理、黒ずみどれが一番気になります?

更新日:

デリケートゾーンの気になるところ

例えば、毛の処理はセルフ、デリケートゾーンの臭いと黒ずみは食生活や専用石鹸などを利用して一気に改善させることも可能です。

しかし、毛の処理と黒ずみを綺麗に根本から改善しようと思うと脱毛サロンなどへ通う必要があり、お金も時間もかかります。

臭いに関しても「スソワキガ」が原因だとしたら、市販のものでは中々改善せず、通院が必要な場合や手術が必要になります。

普段から予防やケアとして専用石鹸や消臭クリームを使いたい!と思っても結構高価な物ですし、見た目ではわからない部分なので、顔などの部分よりも怠りがちなのではないでしょうか?なので、どの部分を優先させるのか?という所は重要でしょう。

みなさんどんな所がどんな理由で一番気になるのか?まとめてみました。

デリケートゾーンで一番気になるのは“臭い?“

①他人に迷惑がかかるから。
普段誰かにデリケートゾーンをマジマジと見られることはないけれど、臭いは他人にも迷惑がかかるものなので!という意見。ツンとした独特の臭いは確かに不快です。スソワキガだとしたらワキガ臭と同じ臭いがしますし、生理の時は仕方ないにしても経血の臭いもかなり強く気になりますよね。

②思わず彼氏も顔を背ける臭い。
恋人がいる方はいつどんなことがあるかわからないので、デリケートゾーンの臭い対策はしっかりしていなくては駄目ですよね!男性の方もデリケートゾーンの臭いが酷いと女性らしさを感じられず幻滅したり、二度とラブタイムをしたくないと感じることもあるようです。実際に別れる原因にもなるそうですよ。

③周囲にバレるのが恥ずかしい!
デリケートゾーンの臭いは汗や身体の臭いとは全くの別物で周囲にバレる可能性が高いです。生理中の経血の臭いですら気にされている方もいるくらいなので、オリモノの酸っぱい臭いが強い場合やスソワキガなど特有の臭いで周囲にバレるのは恥ずかしいですよね。清潔にしているのにも関わらず臭うこともありますが、臭うとイコール「不潔」というレッテルを貼られるのも勘弁して欲しいので何とかしたいという意見があります。

気にならないという意見

見た目ではわからないから大丈夫!という意見や毛の処理をしっかりすることで臭いが改善されるので!という意見もあります。

デリケートゾーンで一番気になるのは“毛の処理”?

①彼氏に見られる!
恋人がいる方にとってはかなり深刻な問題のようですね。
恋人からの評価は彼女にとって大切なものです。男性の方もデリケートゾーン事情には厳しくボーボーで整っていないと女性のイメージにかけ離れていると「千年の恋も冷めた。」と感じてしまうようです。

②水着やショーツから毛がはみ出るのが恥ずかしい。
毛の処理をちゃんとしていないとツンっとした剛毛がショーツから突き出たり、水着のサイドからはみ出したりしますよね。お洒落な水着や可愛いショーツを購入しても毛の処理をしていないと残念な結果になってしまいます。
普段気にしていても未処理だった!という赤っ恥体験談もよく聞きます。

③妊娠中にVIO脱毛しておけばよかった!
やはり他人に見られる機会があると気になるもの。妊婦健診時に医師と看護師さんにマジマジと見られる機会があります。妊娠なんて関係ない!と思っている方も婦人科を受診したら見られることも。デリケートゾーンだけでなく全身脱毛しておけばよかった!と思っている妊婦さんも多いみたいです。入院中は刃物を持参NGの病院もあり、デリケートゾーンだけではなくすね毛やわき毛の処理に困ると言う意見もあります。

気にならないという意見

普段見られる機会がないから!という意見があります。特に夏場は処理することもあるけれど、冬場になったら何もしないとか。でも、温泉など冬場でも見られる機会もありますし、ズボラにしているといざという時に処理を忘れていて赤っ恥を掻くことも。

デリケートゾーンで一番気になるのは“黒ずみ”?

①恋人に見られたくない!
身体に自信がなくなると裸の姿を恋人に見られたくないですよね。毛の処理や臭いには劣るものの男性の女性のデリケートゾーンのイメージは「綺麗なピンク色」と「肌の色は白」と思っている方も少なくないはずです。それに近づけるためにもみなさん努力しているようですね。

②遊んでいると思われたくない!
デリケートゾーンの黒ずみの原因は“摩擦”によるものが多いですが、何故か黒いと「遊んでいる」「経験豊富」と見られがちに。恋人に誤解されるのはもちろんのこと温泉やプールなどの機会に友人や知人にも思われたくないですよね。

③なかなか改善しないから!
臭いや毛の処理はセルフでも比較的改善しやすいですが、黒ずみは一度できてしまうと専用石鹸などを使用しても改善するまでにかなりの時間がかかるという意見があります。また、根本から解決しようと思うと脱毛サロンなどへ通わなくてはならず、時間もお金もかかってきます。しかも、ショーツを履いているだけでも摩擦で黒ずむわけですから、イタチごっこになってしまいます。普段からのケアが重要になってきますね。

気にならないという意見

黒ずみはよくよく見ないとわからないから、臭いや毛の処理に比べれば気にならないという意見があります。

最後に

人によってそれぞれですが、やはり他人に迷惑がかかったり、見られて恥ずかしいものは特に優先順位が高いようですね。

そう考えると臭いと毛の処理が優先になるようです。黒ずみは毛の処理が綺麗になってから気にされる方が多いみたい。

とはいえ、どれも綺麗であることに誰も異論はないし、綺麗でいたいのが女性。

一つが改善すると同時に全てが改善することもありますし、改善はもとよりそもそもならないようにしっかりケアして予防していきたいですね。

 

デリケートゾーンの3大トラブル

女性の身体の悩みは尽きません。それがデリケートゾーンだったら尚更深刻な問題です。家族や友人に相談できず、解決策を探しながら悶々とした日々を過ごしているのではないでしょうか。

女性のデリケートゾーンのトラブルは大きくわけて3つです。痒みや黒ずみで悩む人もいればニオイが悪臭化して辛い思いをしている人もいるでしょう。

今回はデリケートゾーンの主な3大トラブルを細かく分析し、改善の参考にしていただければと思います。

1・陰部のニオイ

周囲に不快な思いを与えていないか不安になるのが、「ニオイ」です。自分のアソコが臭いだなんて、簡単に相談できるものではありません。

しかし女性なら全員と言って良いほど経験があるのではないでしょうか?生理中はもちろん、風邪をひいて免疫力が低下しているとデリケートゾーンの臭いはいつも以上に強くなります。

それ以外で臭いがする場合は、食べ物やケア不足が考えられます。香辛料のキツイ食事を摂ると、体や陰部が臭うことがあります。また、恥垢の洗い忘れがあると汚れが蓄積されて臭いが発生します。

陰部のニオイを解消するためには、食事とケアを見直すことが大切です。

2・陰部の痒み

痒みの多くは、オリモノや蒸れが原因です。デリケートゾーンはもともと蒸れやすい部位。そこへストッキングやズボンを履くと締め付けられて、更に蒸れやすくなるという悪循環に陥ります。

そうすると痒みが増して陰部かぶれや腫れが起こるわけです。陰部専用ソープで予防することはできますが、痒みを抑えるためにはフェミニーナ軟膏のような陰部専用市販薬がおすすめです。

痒みや炎症を鎮めながら、陰部専用ソープで予防をすると良いでしょう。またナプキンやパンティライナーを細目に交換することで、痒みや臭いを抑えることができます。

3・陰部の黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみ。これも女性を悩ませる種です。陰部の場合は誤った脱毛処理や下着の摩擦が挙げられます。

特に注意してほしいのが、補正下着です。これは女性のボディラインを美しく見せるために欠かせないアイテムでもあります。

ですが、締め付けが強く長時間肌に食い込んだ状態でいると、跡が残りやがて色素沈着を起こします。

このようにVラインやIラインの黒ずみは、下着の摩擦が大きいのです。

陰部の黒ずみは、トラネキサム酸などが配合された陰部専用クリームでケアをすると良いでしょう。陰部専用クリームには臭いを抑える成分が配合されていますから、一石二鳥です。

アソコの臭いは「すそわきが」の可能性も⁉

何を使用しても、デリケートゾーンの臭いが改善されない人は、「すそわきが」を疑いましょう。

臭いの特徴として肉が腐敗したようなツーンとした刺激臭です。ここまでくると周囲にバレてしまうおそれがあるため、早めの対策が必要です。

臭い対策

・陰部専用石鹸を使用する

・ニンニクやニラなど刺激の強い食材を避ける

・下着やシートを細目に交換する

「すそわきが」は汗をかき始めると臭いが強くなります。これはアポクリン腺が関係しているワキガと同じです。

すそわきがの場合、一般的なボディソープではなく、消臭効果が高い陰部専用ソープが一番おすすめです。

まとめ

デリケートゾーンの臭いの悩みは相談しにくいものです。無理に相談せず、まずは自分で出来ることから試してみてはいかがでしょうか。

きっと、自分に合った解決策が見つかるはずです。

 

 

デリケートゾーンの気になる悩みを聞いてみました。

みなさんは、デリケートゾーンのお悩み、一つは抱えていませんか?または、抱えていた事はありませんか?

デリケートゾーンには、女性特有の様々な悩みがあり、どの悩みも凄く厄介なものばかり…

場所が場所なだけに、大きな声で人に簡単に打ち明けられる事でもないですし…

そんな厄介なデリケートゾーンの悩みですが、様々なものがある中で特に多い悩みとして挙げられるのが・臭い・デリケートゾーンのお手入れ方法・黒ずみです。

みなさんも、一度はこの中のどれかに悩まされた事があるのではないでしょうか?

そこで、今回はみなさんに実際に『デリケートゾーンの臭い、毛の処理、黒ずみどれが一番気になりますか?』と言う質問をしてみました。

アンダーヘアの長さが気になる
アンダーヘアの長さや形はどれくらい?

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

私は毛の処理が一番気になります。 剛毛なので下着からはみ出るほどです。 なので、プールは憂鬱でした。 デリケートな部分だからカミソリでやると肌を傷つけてばい菌でも入ったら…と思うと怖くて出来ませんでした。 今は脱毛サロンに通って少なくしています。
私は、デリケートなゾーンの匂い、黒ずみ、毛の処理の順番で気になります。匂いが1番気になる理由は、毛の処理と黒ずみは他人に見られる機会があまりありませんが匂いは、他の人に臭ってきてしまうことがあるので特に気をつけています。
私はデリケートゾーンのニオイが一番気になります。 なぜなら、ニオイはもしかしたら相手を不快にさせてしまう場合もあるからです。 次に気になるのは毛の処理です。 毛の処理は定期的にしなければいけないものだと思っています。 最後は黒ずみです。 黒ずみは誰かに不快を与えるものではないので、あまり気になりません。
デリケートゾーンの臭いが一番気になります。 おりものシートを香付のものにしたり、専用ローションなどを使っていますが、こまめなケアが必要なので面倒です。 次に気になるのは毛の処理です。 自己処理だと肌が荒れるので、脱毛サロンにお金がかかります。 黒ずみはそれほど気になりません。
わたしはデリケートゾーンの毛の処理がとても気になります。 もともと毛が濃い方ではあるのですが、剃ったり抜いたりするたびにより毛は太くなり、生える範囲も広くなっているように感じます。 また、剃るとジョリジョリとしてしまうことも悩みの1つです。
ヒートカッターでアンダーヘアを処理!使い方やオススメする理由

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

私は、黒ずみが一番気になります。 順番としては一番が黒ずみで、次にデリケートゾーンの臭い、毛の処理の順に気になります。 黒ずみがあると不潔に見えますし、黒ずみを無くすとなるとお金がかかると思いますし、すぐには消えないと思うからです。
毛の処理が一番気になります。 セルフでカミソリで処理すると黒ずみや、毛が濃くなる原因になります。 脱毛サロンに行ってもかなり時間がかかったり、綺麗になるまでにいきなり濃くなることもあります。 なので気になりますが、夏にセルフでカミソリ処理をしてその他の季節はなにも処理していません。
デリケートゾーンの臭いが一番気になります。 それから毛の処理、黒ずみの順に気になります。 やはり臭いはあまりにもひどいと周囲の人にもばれるからです。 それから毛の処理は水着や夏場の格好などで見えることがあるからで、黒ずみに関しては裸にならないとわからない部分だからです。
デリケートゾーンの臭い、毛の処理、黒ずみの中で、一番気になるのは臭い、次に毛の処理、最後に黒ずみです。 理由としては、臭いが一番人に迷惑をかけるからです。 毛の処理は、水着などを着ない限りは気になりません。 黒ずみは、妊娠で悪化してしまったので、もう諦めています。
デリケートゾーンで一番気になるのは臭いです。 毛、黒ずみは見ないとわかりませんが、臭いは近くにいる人に迷惑を与えている恐れがあります。 デリケートゾーンの臭いは独特の臭いがするため臭ったら恥ずかしいです。 生理中や、オリモノが多い日は特に注意しています。

読んでもらいたい記事

349,220view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

132,770view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,912view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-デリケートゾーン, トラブル
-, ,