アンダーヘア

アンダーヘアの長さや形はどれくらい?

更新日:

アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ

アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

アンダーヘアは、長さ次第で印象がガラリと変わる部分でもあります。

形だけではなく、長さは見た目以外にも衛生面に影響を与える部分になります。

残す長さは元々の毛の量にもよりますし、お手入れするとなると基準にしたい長さは人それぞれだと思います。

自己処理を行うには肌トラブルが不安だし、サロンでは人に見られるという心配もあるのでなかなか一歩踏み出せない場合もあると思います。

アンダーヘアはVラインと呼ばれる下着の周りの部分、Iラインと呼ばれる女性器周辺の部分、Oラインと呼ばれるお尻の穴の周りの部分の3所に分けられます。

人によって毛が生える量は違いますし、長さも変わります。また水着や下着のタイプや、お付き合いをされている方の好みによっても長さを変えたいところですよね。

どれくらいの長さでアンダーヘアを処理する?

アンダーへアを処理するタイミングは、手間や見た目、衛生面などを考慮して行う必要があります。

しかし、他人になかなか聞ける問題ではなく、他の人がどのくらいで処理を行っているのか気になると思います。

そこで、ここではアンダーヘアをどのくらいの長さで処理しているのか紹介していきたいと思います。

アンダーヘアの毛周期は?

人間の毛は毛周期と呼ばれる成長サイクルによって伸びていますが、アンダーヘアは他の毛と比較して伸びるスピードが早いと言われています。

伸びるスピードには個人差がありますが、平均すると1日あたり約0.2mm伸びます。

また、女性ホルモンのバランスが崩れると伸びるスピードが早くなると言われています。

下着からはみ出さない長さで処理をする

アンダーヘアを処理する理由の一つに「下着から毛がはみ出る」ということが挙げられます。

友人同士の旅行や彼氏とのデートで下着から毛がはみ出ていたらショックですものね。

特にVラインは夏場にはみ出しやすい部位となりますので、より注意する必要があります。

下着からはみ出すラインとして、毛の長さが3cm以上になると気になってくる人が多いようです。

アンダーヘアのはみ出しが気になるなら、3cm以下を保つように処理することが大切です。

ただし、毛が短すぎると下着を突き破って毛が出てくる危険性があります。

そのため、3cm以下で且つ短すぎない長さを保つことが必要となります。

アンダーヘアの理想の長さが3cmの場合…

最も多くの方が理想とする長さは、3cmです。

3cmは適度にデリケートゾーンを隠せて調度良いので、一番使い勝手がいいのでしょう。

では、具体的に3cmにアンダーヘアを整えるとどのような効果があるのでしょうか。

自然な見た目を作れる!

毛を無くしてしまうといかにも処理した感じを出してしまいますし、逆に長いとズボラな印象を与えがちです。

3cmは“やり過ぎ”感を出さずにナチュラルなデリケートゾーンを演出してくれるので、どんな人にも合いやすい長さだと言えます。

水着や下着からはギリギリはみ出ないけれど、裸になった時には陰部を上手く隠せるところが人気の理由のようです。

デザインや毛量を変更しやすい!

3cm程度残しておけば、要らないと感じたらスッキリお手入れすることもできますし、そのまま伸ばせば形を変更することも簡単にできます。

常に3cm前後をキープしておいて、伸びる度にデザインを変える人もいらっしゃるみたいですよ。

1cmまで短くしてしまうとチクチク感が出やすいので、3cmが絶妙な長さのようです。

アンダーヘアの理想の長さが0cmの場合…

0cm、つまりハイジニーナと呼ばれる無毛状態がベストだと思われる方も多くいらっしゃいます。

毛が無いということによるメリットを持ちつつ、人によってはデメリットを感じることもあるようですよ。

毛を無くしてしまうことで得られる効果が、自分の理想の状態に近い人もいるのではないでしょうか。

毛のチクチクした痒みが無くなる!

どんなにお手入れをしても、毛が再度生えてくると皮膚にチクチクと当たって痒みを発生させることが多いです。

その原因となる毛を全て無くしてしまえばチクチクすることも無くなりますし、不快感も減って快適性が増すようになるのです。

衛生的にも清潔感を保てる!

毛が密集していると、下着と皮膚との間で蒸れて雑菌が繁殖してしまい、嫌な臭いが出やすい傾向にあります。そこで全て処理し0cmにしてしまえば、菌の増殖を防ぐことが可能です。

またお風呂上がりにアンダーヘアを乾かす必要もないので、そのような面でも清潔をキープしやすく、ボディケアの時間を短縮することもできるでしょう。

アンダーヘアの理想の長さが5cm~の場合…

逆に長ければ長いほど良い、といった方も少なからずいらっしゃいます。

海外ではアンダーヘアを処理するのが当たり前の文化ですが、日本ではまだまだ浸透率が低くありのままの姿で過ごしている方も多いです。

では、5cm以上をキープしているその理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

毛が薄く細くても陰部が見えない!

毛量が薄い人、また毛質が細い人は、短くしてしまうと透けて陰部が丸見えになってしまうこともあります。

しかし、5cm以上残しておけばまず見えてしまうことはないでしょう。

温泉や銭湯で恥ずかしい思いをしないためにも、必要な長さを残すという方法があるんですね。

生理中に経血がモレない!

女性の多くが悩まされる生理中の経血の横モレですが、毛が長いとその分ストッパーとして働いてくれ下着を汚すことも少なくなります。

元々毛は身体を守るために生えているものなので、現代では滅多にないと思いますが外部からの衝撃にも耐えられるデリケートゾーン作りには重要です。

蒸れを防止するなら同様に3cm以下がベスト

アンダーヘアのはみ出しの他に、蒸れという点でアンダーヘアの処理は必要になります。

毛量の多い人ほど陰部が蒸れて衛生的に悪い状態になりやすいです。

下着から毛がはみ出ていても気にならないという人でも、衛生面を考慮して長さを3cm以下に保つことが必要だと思います。

結局どのくらいの長さで処理をするべき

アンダーヘアは3cm以上で処理を行い、2cm程度の長さに整えることがベストです。

しかし、1日に約0.2mm程度伸びることを考えると、5日に1回は長さの調整を行わなければなりません。

アンダーヘアの処理は手間が多く面倒だと思う方も多いでしょう。

処理の頻度を減らしたい場合は、おおよそ2週間に1回の頻度で2cm程度の長さになるよう処理を行うことがベストだと思います。

体毛の成長速度には個人差がありますので、そこまで伸びるのが早くない方はこれよりも処理の間隔を長くして問題ありません。

男女で理想の長さは違う!?

女性の場合は、自分自身も男性にも少し毛を残しておきたい(もらいたい)といったお声が多く、理想とする長さは長めの傾向にあります。

一方で男性は、自分自身はありのままの状態でも女性にはほぼ無毛に近い状態にしてもらいたいという意見が多いのです。

需要と供給が一致しない調査結果になってはいますが、どのような状態でも清潔感を第一に考えて相手が驚かない長さに整えることが大切だと言えます。

失敗を防ぐために、勇気は入りますが一度パートナーに聞いてみて、相手の理想の長さに答えてお手入れをするという行動も愛情の一環なのではないでしょうか。

アンダーヘアの自己処理にオススメなアイテム

ヒートカッターがオススメ

実際にアンダーヘアの長さを整えるにはどうすればいいの?

と思っても、

デリケートな部分なので女性同士でもなかなか話題にはなりにくく、間違った処理をしてトラブルになる方もいます。

毛抜きやカミソリで処理をすると肌に刺激を与えて黒ずみや皮膚トラブル(毛嚢炎、埋没毛)の原因になるので避けたほうがいいと思います。

また、多くの女性が「手軽にできる」といった理由でハサミを使ってアンダーヘアを処理をしているようです。

アンダーヘアの長さを整えようとハサミでカットして毛先を切りそろえると、切り口が鋭利になってしまい、チクチクする原因にもなります。

そこで、アンダーヘアの処理中に肌を傷つけない、処理後のトラブルを防ぐといった目的で作られた、Iラインシェーバーとヒートカッターを使用します。

 

Iラインシェーバー

Iラインシェーバーはカミソリの代わりに下着の外から生えて来ている毛や、IラインやOラインのようなが弱い部分も綺麗に処理する事ができます。

カミソリのように肌を傷つける心配がないのでVIOども部分でも使う事ができます。

参考記事
Iラインシェーバーを使ってアンダーヘアのムダ毛を処理!

 

ヒートカッター

ヒートカッターはハサミの代わりに長さを整えるアイテムです。

ヒートカッターは熱を使って毛先をカットしていくので、カットした毛の断面が丸くなり、処理した後にチクチクと感じる事がほとんどありません。

また、断面が丸くなるため下着からアンダーヘアが突き出てくることも無くなります。

参考記事
ヒートカッターでアンダーヘアを処理

ヒートカッターはハサミほど早くは処理出来ないですが、カットした後の不快感や処理中に肌を傷つけてしまうといった事がないので、一度使用してみることをオススメします。

全体に使用するのが不安だという方も、下着からはみ出している部分をヒートカッターで処理するだけでも十分効果を実感できると思います。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

アンダーヘアの形はどうしている?

アンダーヘアを処理している時、形に悩むことが多いと思います。

どこまで処理すればいいのか分からない!

自然な形が理想!

定番の形や人気の形を知りたい!

といった人それぞれの要望がありますよね。
アンダーヘアを自分の理想の形にするには、まず形の種類を知ることが大切です。

主に見える部分は“Vライン”と呼ばれるトライアングルの面なので、そちらに焦点を当ててご紹介していきます。

ヒートカッターとIラインシェーバーがあれば簡単にできますよ。

アンダーラインのスタイル一覧

アンダーヘアの形

逆三角形

定番の形です。残す範囲で印象を変えることもできます。日本人向きで、下着や水着のラインに沿って処理出来るので基本的に自然な仕上がりになります。
アンダーラインの毛が多めの方、広範囲に生えている方、直毛の方、硬質の方にお勧めです。

長方形(Iライン)

欧米で人気の形です。お洒落で、サイドがスッキリ見えるので脚長効果があります。
剃る量も多めなので、しっかり処理をしているアピールをすることもできます。
アンダーラインの毛が柔らかく、中心に向かって生えずに下に向かって毛が流れている方にお勧めです。

卵型(オーバル)

清潔感があり、いやらしさもなくお淑やかな印象になる形です。ナチュラルでやわらかい印象になります。丸みがあるので、よりシルエットが女性らしくなります。余りにも細く整えすぎると不自然になりますので、残す量に注意が必要です。

ハート型やダイヤ型

人と違ったVラインを作りたい方にお勧めです。アンダーヘアの処理を楽しんで気分を上げることができます。ハートの凹みの部分を整えるのは難易度が高いですが、可愛い印象になります。ダイヤはスポーティな雰囲気になります。

ハイジニーナ

全部の毛を剃って処理をする場合はこう呼びます。ハイジニーナは“衛生的”という意味を持ちます。海外では主流で、生理中も蒸れにくく爽快感があります。

アンダーヘアの無難な形、理想的な形

アンダーヘア理想の形

アンダーヘアのお手入れをしている人は、皆さんどのような形に処理をしているのでしょう。

  • ぱっとみても分からない程度(ムダなところだけお手入れ)
  • 面積を一気に小さくして清潔感UP
  • 一気に無毛にする(パイパン)

どのような形にすれば一番「無難」なのか、また「理想的」なのか考えてみましょう。

ほとんどわからないくらいのお手入れ(Vラインはサイドのみのお手入れ)

一番さりげなく、また無難なのがこちらでしょうね。さりげないVサイドのお手入れ。

これをすることによって、下着や水着からはみ出すようなムダ毛はなくなります。

それでいて、温泉やサウナに行ったときにもしも人にみられたとしても「あ!あの人脱毛してる!」というわざとらしさは一切ありません。初心者はまずはここからでしょうね。

小さな長方形または逆三角や楕円

この小さく形を残すという方法は一番万人受けする方法であり、見た目にもすっきりしますし(ハイジニーナには劣りますが)男性にひかれる心配もまったくありません。

サロンでこの「小さく形を残す」ことを選んだ場合は、長方形に残すのか、三角に残すのか、形をチョイスすることになります。ここはもうお好みで。

脱毛サロンでこの施術をする場合にも、強くお勧めしたいのが、「2,3回は全て丸ごと脱毛してしまい、毛質を柔らかくする方法」です。

これによって、毛質は劇的に変わりますし手入れも格段にしやすくなります。

このように、どこまでアンダーヘアを残すかはお好みになります。

まず初めはとりあえず、小さい範囲だけ残す方法から試してみるのが無難かもしれませんね。

範囲もかなりせまくなるので、とっても清潔感が増し、生理中の不快感も一気に改善されます。

無毛(ハイニジーナ)

一番本当に理想的なのはここではないでしょうか。

例えばサロンでVIO脱毛を始めると必ず聞かれるのが、「Vはどの程度のこしたいですか?」という質問。

逆に「どのくらい残すのが普通ですか?」と聞いてみると、脱毛サロンのスタッフからの回答はおそらく、「小さい範囲で残す人が多いでしょうね~」といったところでしょう。

実際に日本ではまだまだパイパン脱毛つまりハイジニーナ脱毛というのは主流ではないのが現実です。ただ、欧米では当たり前に皆がハイジニーナ脱毛をしています。

間違いなく、何よりも快適なのはこの無毛状態。

ただこれにはなかなか勇気がいりますよね。なのでなかなか定着しないのですが、実際はこれがいちばん「すっきり!!」します。

「清潔感」がとにかく最高。生理中の不快感も激減します。

パートナーがいる人は、ぜひ意見を聞いてみてください。男性によってはすごくこのパイパンを好む人もいますし、逆に嫌がる人もいるかもしれません。

快適さを求めるならば・・・⇒無毛(ハイニジーナ)

それでもちょっと勇気がない・・・⇒範囲を小さくする

とりあえずさりげないところから・・・⇒Vサイドのみのお手入れ

というところでしょうか。

人気の形は?

もちろん人によって好みがありますので、アンダーヘアの形に順番を付けることは難しいです。

そこで、男女間でアンダーヘアの人気に差があることをご存知でしょうか。需要と供給は必ずしも一致しないのです。

今お相手がいる方や、意中の人がいらっしゃる方は参考にしてみてください。

まず女性人気からです。女性の場合は、広範囲の逆三角形が1番人気です。次に狭い範囲の逆三角形、卵型、と続きます。この3種類で女性の半分以上の支持を集めています。

一方男性は、というとハイジニーナが1番人気なのです。5人に1人は無毛にして欲しい、と希望しています。広範囲の逆三角形は2番人気で、次に卵型が3番手です。

総合してみると、広範囲の逆三角形が無難な形で、男女ともに人気だと言えます。しかし、相手の好みはもしかすると違う場合もありますので、よく考慮して形を決めましょう。

因みに、男性のおよそ半分は“女性にはアンダーヘアをきちんと処理して貰いたい”と考えています。ハイジニーナにするには同性の目もあり、温泉など公共の場を利用することを考えると躊躇してしまう方も多いと思いますが、ひとつの案として頭に入れておくことをお勧めします。

アンダーヘアの形を整える方法

アンダーヘアの処理を自宅で行う場合、まず一つ目に線を引いて形を決める、という方法があります。鏡を見ながら、肌に優しい化粧品などで印を付けてそれに沿って処理するやり方です。

二つ目に、アンダーヘアに型紙を当てて処理をする方法です。範囲をしっかりと決めて処理することができます。特殊な繊維を毛に絡めて付けるタイプで市販されているものがありますので、不安な方は1枚持っておくと安心です。

アンダーヘアの処理を忘れると恥ずかしい思いをするかも?

いまや主流になっているアンダーヘアの脱毛ですが、皆さんは何をきっかけにはじめましたか?

多くのひとが、なにかしら「恥ずかしい思い」をして、それをきっかけにはじめたのではないでしょうか。

もちろん、常日頃から人に見られる部分ではないので、ついつい優先順位としては後回しになってしまいますよね。

ワキの脱毛、腕、足。それらが終わってから考えるのがこのアンダーヘアの処理のことではないでしょうか。

しかし、意外とこのアンダーヘアの処理を怠ったことにより恥ずかしい思いをするケースはたくさんあります。

彼との行為のとき・・・

アンダーヘアというのは、誰にでも見られるものではありませんよね。

もちろん

自分と、パートナーくらいしか見ることはないと思います。

なので、アンダーヘアの脱毛をするきっかけを与えるのは多くの場合がパートナーの一言や、パートナーとの行為であることが多いのです。

たとえば、いい雰囲気になった時に限って下着からアンダーヘアがはみだしていたら・・・

一気に萎えてしまいますよね。自分自身も大変恥ずかしい思いをします。

温泉やサウナに行ったとき・・・

また、温泉やサウナに行ったときに恥ずかしい思いをすることもあり得ます。

今や、多くの人がアンダーヘアを手入れしています。

そんな中、自分ひとりだけが全くの未処理状態だったらどうでしょう・・・ちょっと恥ずかしいですよね。

また、友達と一緒に温泉やサウナに行ったときに、自分ひとりだけが全くの未処理であとの友達は皆きれいにアンダーヘアをお手入れしていたらどうでしょうか。

なんとなく気まずく、恥ずかしい気持ちになりますよね。

海水浴のとき・・・

これは結構ありがちですが、夏の楽しみといえば海水浴。

友達と行く場合や、彼氏と行く場合。いろいろなケースがあると思いますが、この場合にありがちなのが「はみ出し」です。

せっかく可愛い水着をきていたところで、Vラインのサイド、もしくは上の部分からアンダーヘアが顔を出していたらどうでしょう・・・

気づいた瞬間に、消えてしまいたいほどの恥ずかしさを感じると思います。

こんな恥ずかしい思いをしている人がたくさんいます。

そして「よし!きちんと処理しよう!」という気持ちになるのです。

ヒートカッター以外にアンダーヘアを処理するアイテムは何がある?

アンダーヘアを処理するアイテム

光脱毛器

光脱毛器はサロン・クリニックでも頻繁に利用される機器で、メラニンに光を反応させて毛根にダメージを与え、毛を脱毛したり薄くしたり、また生えにくくすることも可能なアイテムです。思い立った時に好きな形に整えられ、照射頻度や出力を調整することで肌への負担も少なく抑えることができます。

参考 光脱毛器で処理する方法

除毛クリーム

除毛クリームは毛を溶かすアルカリ性の成分が入っており、塗布して数分間待つだけで毛を取り除くことができます。抑毛効果や後から生えてくる毛の先端を丸くする効果もあります。肌トラブルを引き起こさないためにも、パッチテストを行ってから使用することが重要です。

参考 除毛クリームで処理する方法

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは、水飴のような状態にしたワックスをアンダーヘアに塗布し暫く固め、一気に剥がして処理する脱毛方法です。ホクロ・シミのある場所や黒ずんだ場所でも脱毛でき、成分によっては肌の要らない角質を取り除いて保湿する効果もあります。

参考 ブラジリアンワックスで処理する方法

サロンやクリニックでアンダーヘアー処理をする

自宅で行うには肌への影響が不安!専門の知識を持った人にお願いしたい!という方は脱毛サロン・クリニックを利用しましょう。

脱毛サロンによって値段は大きく変わりますが、お試し価格の3000円前後で出来るところから7万円前後かかるところまであります。またクリニックで医師の施術のもとレーザー脱毛を行う場合は、8万円前後が平均の値段です。

1度で脱毛の効果を実感するには医療レーザーの方が高出力な分お勧めですが、肌への負担や痛みもその分感じやすい面があるのでご自身の肌質によって選びましょう。

VIO脱毛を行う際に注意したいことが、サロンによって事前にシェービングが必要な場合もあるということです。そのままの状態で全てお任せでも大丈夫か、それともある程度自己処理を行ったうえで補助的にVIOのチェックをして貰えるのか、確認してから脱毛の契約を行うことでトラブルを回避できます。

流れとしては、シェービングチェック、専門のクリームを塗布、光照射、毛やクリームを拭き取ってアフターケア、といった順番が主です。

ここで長さに関してはどこで伝えればいいのか、といった疑問が生まれます。

これは、どこのサロン・クリニックでも必ず行う最初の問診・相談の時です。その際に、「普段履いている下着よりも一回り小さく見える長さで」や「Vラインは逆三角形に纏まるように」など具体的に伝えることが重要です。

その場で迷ってしまった場合は、スタッフさんにお任せすることも一つの手です。長さを徐々に調節し、不満があれば直してくださることもあります。

参考 サロンとクリニックで処理した時の比較

アンダーヘアを処理するメリット・デメリット

アンダーヘアを美しくキープするには、処理するメリットとデメリットを熟知することが大切です。

見た目を整え衛生的に保ち、匂いや痒みなどの不快感から解放されるなどのメリットが大きい一方で、処理方法次第では回数やコストが嵩み、場合によっては肌トラブルを招くこともあります。

デメリットを把握しておけば処理後に後悔することなく自信を持って過ごせるので、ご自身の肌質や毛質に合わせた処理方法をセレクトして身体へのダメージを未然に防ぎましょう。

基本的にアンダーヘア処理にはメリットの方が大きいですし、機能性の向上と美容への効果を実感できるのは処理した人にしか分からない特権とも言えます。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

アンダーヘアの長さはどれくらいにしているのか聞いてみました。

長さについて聞いて見た

エステなどに行って処理をしてもらえれば、妥当な長さに処理をしてもらえるので困ることはないと思います。

でも自分で処理をするとなると、どのくらいの長さにそろえればいいのかわからなくないですか?

でも比べるわけにもいかないし、周りに聞くこともできない。そんな時は個々で解決していってください。

まとめてみて、思ったより人それぞれだったのでどの意見を参考にするか難しいかもしれませんがいろんな意見があるのできっとあなたに最適な長さが見つかるはずです!

ちょこっと立ち止まってちょっと考えてから処理をしてみてください。

アンダーヘアの長さをまじまじと見たことはないですが、人差し指の長さくらいですかね。 私はあんまり手が小さいほうなので人によっては違うと思いますが...。 5.6.7cmくらいでしょうか。 手入れはしてないので全部揃ってるわけではないです。 上の方は短かったり、中央は長めだったり。 その長いのが7cm前後かなと思います。
私は、アンダーヘアーの良い形や、どのようにすれば上手く形を整えられるのか処理の仕方があまり良く分からないので、パンツからはみ出ない程度の長さになるようにヒートカッターを使って長さを整えています。 また、量が多くなってパンツの中でモッコリしてしまうのもいやなので、長さと同時に量も少なくなるように処理するようにしています。
あまりに整えるのも嫌なので、しかし手入れを一切しないのも、女性として恥ずかしいので、目安として、下着(小さめなショーツ)をつけても、アンダーヘアがはみ出ないような長さにしています。 剃ったりするとそり跡が目立つので、毛抜きで抜き、毛を整える時は、短すぎると毛が立ち、チクチク感があり、下着からでてしまうので気をつけています。
ボーボーにしているのは非常に鬱陶しいですし、生理中の汚れを軽減するためにハサミでカットしています。まっすぐに引っ張った状態で2センチくらいまででしょうか、下着からはみ出ることもなく、なんとなく清潔を保てるという感じです。正面はカット、膣まわりや肛門まわりはT字カミソリで剃っています。これが自分のベストです。
アンダーヘアの長さについて何度か調べたこともありますが、私は長くもなく短かくもない長さで整えています。正確に何センチも測ったことがないのですが、お風呂から上がった際に、毛が水分の重みで伸びない程度にしています。 伸びてしまうと温泉などでは恥ずかしいと思ってしまうからです。 はみ出ないように、まっすぐに伸ばしてみてして毛の長さのお手入れをしています。

26歳既婚者ですが、現在は伸ばしっぱなしです。全体的に自然に生やしており、長さとしては、1番長いので3センチくらい短いので1.5センチくらいです。平均2センチくらいですかね。量も多めです。結婚前は気にして短くしていたり、すいてみたり、形を整えるため剃ってみたりしていましたが・・・今は何も手を加えずありのままです。
二センチ五ミリメートルくらいがちょうどよい長さです。通気性も考えてのことです。もごもごとした感は蒸され状態でよくないと思います。直毛ではない分もこっとした感はあるので薄い感じにしています。丸ぞりではないのでヒートカッターを利用して長さは揃えています。洗ったときに一番この長さが流し残りもなくきれいに汚れも落ちます。
自身は4センチくらいです。温泉などに行って見かけるアンダーヘアは似たり寄ったりな気がしますが、人によって違うのは毛の量ではないでしょうか。長さは皆ほぼ同じくらいだと思います。出産の際に帝王切開だったため毛を強制的に3~5ミリ程度に剃られましたが、半年ほどで元通りです。たまに床に落ちている毛はだいたい皆さん4センチくらいではありませんか?(笑)こんなこと考えたこともなかったので、このお仕事をきっかけに初めて伸ばしてみました。。

現在は四センチメートル程度です。定期的にヒートカッターを使用しています。伸びていたとしても五センチメートル程度です。あまり長すぎるのは蒸れたりつんつんはみ出たりするので長さは揃えているようにしています。かたどってそる分けてけはないですがかくかくでもないように長さをそろえています。ある程度の長さはあると安心感があります。
現在、V・Iの脱毛をしておりますので、バランスをとるためにカットをしています。ただ全てを同じ長さにしてしまうと上部は短め、下部は長めとなり性器にかかる形になりますのでそうならないように調整しながらカットします。正面からみてキレイな逆三角形になるように心がけています。あまり短くしすぎると下着から飛び出してしまったり、ちくちく不快になるのでこまめなお手入れが必要です。

アンダーヘアは5cm程度です。これまであまり、手入れをしてこなかったのですが、海が好きで水着になる機会が増え、水着からはみ出しそうになり、主人も「手入れしろ」と強く希望しましたので、現在脱毛サロンに通っています。脱毛サロンに行く前日には3cm程度にカットし、ソケイのあたりも剃ってサロンに行くのでわりとツルツルになっています。
私はアンダーヘアは少し長めにするようにしています。その一番の理由はちょっと短いとチクチクして痒くてデリケートゾーンが赤くあれてしまうからです。 でも縮れ毛は本当に嫌いなので縮れてきたらその縮れの分をカットします。また、カットははさみで剃るように切っていきます。カミソリでカットするとやっぱりチクチクしてしまうのでやっぱりはさみが鉄板ですね。
若い頃はまだアンダーヘアの脱毛は主流ではなかったため、下着からはみ出ない程度に自分で整えていました。しかし自己処理だとどうしてもカミソリになってしまうので、黒ずんできてしまいます。ようやくアンダーヘアの脱毛も主流になってきたので、サロンでビキニラインを脱毛しました。カウンセリングをしながら、毛の量を薄く自然な感じに、長さも短すぎるのは不自然なので、下着からはみ出ない程度に整えました。
私は現在1歳児の母です。出産前は、長い時は5センチ以上あったりしたのですが、今は3,4センチまでにとどまっていて、全体的に短くなりました。月に数回、生え変わりのようなものがありますが、産後はホルモンバランスの関係か長く伸びなくなりました。5センチ以上も伸びてきたときは、生理中など鬱陶しいので少し切って短くそろえたりもしていましたが、今は必要ありません。

陰毛について
女性の陰毛(アンダーヘア)について「生え始めから処理方法・トラブルの対処法など」

女性必見!陰毛メカニズムから役割、手入れまで、アンダーヘアのあらゆることを調べました! 陰毛について詳しく知りたい、陰毛 ...

以前は何も気にしておらず、アンダーヘアのお手入れなどはしていませんでしたが、今現在は2センチ程度の長さにしています。 妊娠したことをきっかけにお手入れをするようになりました。 診察していただく時に、何となくお手入れいておいたほうがいいような気がしたのが理由ですが、2センチ程度がお手入れしやすい長さです。
夏も終わったのでアンダーヘアーは2センチぐらいになっています。これからの時期、肌をさらす事もなくなるので5センチぐらいで保とうかと考え中。なくても銭湯とかいけないし、長すぎても気持ち悪いので、5センチぐらいがベストかな。女性はアンダーヘアーの処理しっかりしてないと、いざって時困るから短すぎず長すぎずの5センチぐらいがベストかな。

いま現在は6センチぐらいですが一番長い時だと10センチぐらいあったと思います。以前、アメリカに留学した際に初めて脱毛をしてツルツルになりましたがそのあとはずっと放置したままでしたが日本に帰ってきてから一度自分で全部剃ったり、切ったり色々と思考錯誤した結果ある程度伸びてきたらカットして部分、部分は剃るようになりました。
大体2センチぐらいです。カミソリは痛いので脱毛に加え、ヒートカッターで形を整えカットしています。毛がない状態でいるのはちょっと恥ずかしいので少し生やしています。何もしないままでいると5センチくらいと長くなってしまい、巻き込まれてしまうのでカットすることにしました。また、整えてる方がパートナーにも喜ばれます。
アンダーヘアの長さはおおよそ10cmくらいかと思われます。たまに下着1枚の時がありますので、そのときにたまたま床に落ちていたアンダーヘアを見ますとそのくらいの長さになっていますので、多分そのくらいだと思います。場所によっては短いものもあったり長いものもあったりしますので、もしかしたらもっと長いかもしれないです。
私はアンダーヘアは直ぐに処理してしまう方でいつもだいたい1センチ弱までカットしてしまいます。 生理の時の匂いがととも気になっていましたが短くした事によりかなり防げます。そして何と言ってもスポーツをしたり夏に汗をかきやすくなる時に短い方が清潔に保てます。長い時でも1,5cmが最長です。とにかく短めに処理しています。

自身のアンダーヘアの長さは5センチくらい。脱毛をしていないため、定期的に毛の範囲を広がりすぎないようにカミソリで処理しています。そのため外側は3センチくらいで、中央部分が5センチくらいになっています。 あまりアンダーヘアを短く切りすぎてしまうと、ショーツを履いた時にチクチクして痛かゆくなってしまうため、適度な長さに保つことが大切だと思います。
アンダーヘアの長さを他の人と比べたことはないですが、長くて5cmくらい短くて3cmくらいでしょうか。これが標準より長いのかどうかはよくわかりません。アンダーヘアは下着に隠れるので長すぎて困ったということはないですが、長さのせいでかなりボリュームが出ているような気もします。たまに水着など着ることがある時は、トリミングしたりして長さを調節しています。
アンダーヘアの長さはだいたい1㎝くらいに揃えています。あまりに短いと恥ずかしい気持ちになりますし、何もしないのもだらしない気がして適度な長さに調整するように心がけています。ケアは普段使用している女性用カミソリで傷つけないよう毛の流れに逆らわないように気をつけています。処理の頻度は週に1回程度を基準としています。

読んでもらいたい記事

373,099view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

137,267view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,888view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-