スキンケア

冬にシミができる?冬こそ行わねばならないシミ対策とは?

更新日:

 

そばかす

シミは夏にできるもの」みなさんそのように認識されているのではないでしょうか。

確かにシミは夏に出来やすいのはご存知の通りです。

それは夏の紫外線によるものですよね。

夏の紫外線は、お肌にとって大敵です。紫外線によりメラニン色素を生成してしまうという作用があるからなのです。

メラニン色素はなぜシミになるのか

メラニン色素には、お肌を守る大切な働きもあることが知られています。

メラニン色素は、お肌の角質細胞において、お肌に入ってくる紫外線を吸収し、細胞自体が損傷することを防ぐ役割があると言われています。

お肌のターンオーバーにより、角質細胞と共にメラニン色素ははがれ落ちていく事になるはずなのですが、このターンオーバーの周期が遅くなるなど乱れてしまう事で、肌に溜まってシミへと変化していくと言われています。

そのため特にシミができやすい40代以降の女性であれば、紫外線対策をしっかりと行う必要があります。紫外線の厳しい夏であれば、なおさらシミの原因となる紫外線が肌に溜まりやすくなってしまうからです。

しかし夏が過ぎ、厳しい日差しが落ちついて行く頃になると、ほっと一安心される女性が多くなります。しかしこの時期においてもスキンケアに力を入れないと、シミを作ってしまうことになりかねないのです。

なぜ秋から冬にかけてシミができてしまうのか、その原因と対策について見ていきたいと思います。

秋から冬にかけてシミを作ってしまう原因とは

秋から冬にかけて、これから寒くなってくるシーズンになります。

寒くなると室内は暖房をつけて暖かくしている部屋が多くなってきます。この暖房がお肌を乾燥させてしまう原因となってしまいます。

この乾燥はお肌にとっては大敵となり、特に肌のターンオーバーの力を弱めてしまう事となり、夏の間にお肌に溜まったメラニン色素を排出させることなく、溜めたままになってしまい、結果、シミへと変化させてしまうことになるのです。

夏に溜まったメラニン色素を排出させるには、ターンオーバーをどんどん促進させなければなりません。ターンオーバーが正常に機能していると、古い角質層といっしょにメラニン色素も排出されることになるからです。

紫外線対策についても、秋から冬のシーズンにおいても必要になります。

夏ほどの厳しい紫外線を浴びることはないにしても、秋から冬においても紫外線は降り注いでいるのです。

そのためにやはり夏同様に日焼け止めなどの対策は必要なります。この時期に紫外線を必要以上に浴びてしまうと、部屋の乾燥と相まって、メラニン色素が溜まりやすくなり、夏以上にシミを作ってしまう原因ともなりかねないのです。

秋から冬だからこそ行う必要があるシミ対策とは

秋から冬にかけては、先ほどから申し上げている通り、乾燥を避けて、保湿に努めたスキンケアを行う事が大事になってきます。

洗顔においては、適度に角質層を落とし、潤い効果がある洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

洗顔ではどうしても、キレイに1日の汚れを落としたいと思いがちです。そのような意識になってしまうと、時間をかけて丁寧に洗顔を行いがちになります。しかしあまりに丁寧に洗顔しすぎると、お肌に必要な皮脂や成分までも洗い落としてしまうことになり、逆に乾燥させてしまう原因を作ってしまう事になるのです。

洗顔はそれほど時間をかけないように心がけましょう。

また熱いお湯で洗顔するのではなく、ぬるめのお湯、できれば水に近いくらいの温度で行うのがベストです。入浴中に洗顔する場合は、入浴している間にお風呂の蒸気でお肌が柔らかくなりますので、柔らかくなった入浴後半に行う事がいいでしょう。

洗顔後は、お肌の水分が蒸発すると同時にお肌も乾燥しやすくなっています。そのために出来る限り速やかに保湿を行う事が必要です。

洗顔後、時間をおかずに化粧水による保湿ケアを行います。さらにお肌を乾燥させないように乳液やクリームなどを用いて、保湿ケアを徹底的に行いましょう。お肌にフタをしておくイメージになります。

この作業を速やかに行わないと、特に秋から冬にかけてはお肌が乾燥しがちでシミの原因を自ら作ってしまう事になるのです。

 

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-スキンケア
-