日焼け

そこまでやるか!?彼にドン引きされる彼女の日焼け対策とは!?

更新日:

飲む日焼け止め

日差しが強くなってくると、気になるのが日焼け。

絶対日焼けしたくない!美白命!の女性なら、なんとしても紫外線は浴びたくないですよね。

しかし、あまりにも紫外線を避けるあまり、彼から「いくらなんでもそれは・・・」とドン引きされてしまう日焼け対策をしてしまっていませんか?

今回は、気を付けたい、彼からドン引きされてしまう日焼け対策をお伝えします。

一緒に歩けない、と思われる彼女の日焼け対策

日焼け止めの塗りすぎで顔が真っ白!

日焼けで特に気を付けたいのが、顔の日焼け。

シミやしわの原因となる紫外線は、顔には絶対浴びたくないですよね。

しかし顔に日焼け止めを塗る際には、注意が必要です。

厚く塗りすぎて真っ白になり、まるで白塗りのお殿様!

いくら大好きでも、そんな彼女と一緒に歩きたくはないでしょう。

真夏に長袖長ズボン!

日焼け対策に長袖長ズボンは必須ですが、さすがに夏日や猛暑に長袖長ズボンで街中を歩くのは、いかがなものでしょうか?

夏には、見た目にもさわやかな白や黄色などの鮮やかな服を着て楽しみたいものですが、一緒に歩く彼女が長袖長ズボンの暑苦しすぎる格好で歩くなんて、ちょっと恥ずかしいと思う男性は多いようです。

女優気取りの大きすぎる帽子&サングラス!

紫外線対策には、帽子もサングラスも重要アイテムです。

帽子は熱射病も防いでくれますし、紫外線は目からも入ってくるのでサングラスも必須です。

しかし、往年の女優が愛用しているようなつばの大きすぎる帽子や、海外セレブばりに大きいサングラスを日常的に使うのはどうでしょう?

確かにおしゃれかもしれませんが、日本の街中には似合わないと思いませんか?

一緒に歩く彼も、目立ちすぎて恥ずかしいと思ってしまうかも知れませんよ。

時にはマナー違反にもなる日傘!

日傘も重要な日焼け対策アイテムです。

最近では日焼けを気にする男性にも、日焼けをする人が増えています。

しかし、デートで人混みを歩くときにも日傘を手放さないというのは、時にはマナー違反にもなりかねません。

混んでいる中で日傘をさしてしまうと、幅を取ってしまうので周りの人に迷惑が掛かってしまいます。

また、イベントで並んでいるときには、後ろの人の視界を大きく遮ってしまうことになります。

場所や状況を考えないで日傘をさす彼女には、男性はあきれてしまうでしょう。

最後に

今回は、彼にドン引きされる日焼け対策にについてお伝えしました。

どれも日常的に、何気なくやってしまいそうなものですね。

もしかしたらあなたも、当てはまっていませんか?

紫外線対策は女性にとっては必須ですが、一緒にいる彼や周りの迷惑にもなってしまうことも考え、配慮しながら行いましょう。

飲む日焼け止めってどんなもの?

今すぐとりたい!紫外線対策に効果的な食べ物とは?

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-日焼け
-,