ヒートカッター

ヒートカッターでアンダーヘアを処理!

更新日:

ヒートカッター

自己処理するなら、アンダーヘアはどれくらいの長さ?どんな形がいい?

アンダーヘアの話は中々親しい仲であってもせず、かと言ってマジマジと見る機会もないですよね。

そのため、雑誌などを参考にしなければならないのですが、見る雑誌によって書いていることも違うし、中々全てを鵜呑みには出来ません。

けれど、温泉などへ行きいざ見られた時に処理してなくても恥ずかしいし、処理していても変な形だったら恥ずかしいです。

今は「ハイジーナ脱毛」というアンダーヘアを全毛処理する方法もよく耳にします。

でも、多くなったとはいえ、ハイジーナ脱毛はまだこの日本では一般的ではありません。

ではどんな形にすればいいのか?ということですが、ナチュラルに自然体を醸しつつ、長さや見栄えが綺麗な状態が男女問わず人気で、「アンダーヘアが元々綺麗な子なんだ。」とパートナーにも好印象のようです。

そんな理想のアンダーヘアを手に入れるためには、毛先を丸め、自由に長さ調節が出来るヒートカッターおすすめなんですね。

そもそもアンダーヘアって処理しなきゃ駄目なものなの?

アンダーヘアを処理するメリットは、まず肌トラブルが起こりやすいデリケートゾーンの雑菌などを減らし清潔を保つことが出来ます。

生理なんかの時はアンダーヘアでゴワゴワしていない方が、毛につかず清潔に、ムレずにいられるというメリットもありますね。

雑菌などが増えたり、ムレてくると臭いの発生にも繋がりますから、デリケートゾーンの臭いで困っている方は、アンダーヘアを処理することで軽減したということもあります。

また、毛がショーツからはみ出て恥ずかしいという経験がなくなり、綺麗にしていることで自信にもつながります。

デメリットとしては、処理方法によってはデリケートゾーンの肌トラブルに直結したり、ハードな形にすると親しくなった男性に引かれてしまうこともあるので注意が必要です。

しかし、処理していない女性のことを男性はあまりよく思っていないのも事実なので、適切な処理方法を見つけることが大切になると思います。

アンダーヘアの長さを整えるのに欠かせないアイテムがヒートカッターです。

ハサミは身近にあるものなので、大してコストもかからずに手に入れることが出来ます。

そして、ハサミでアンダーヘアを整える場合は、一気に処理出来ますし、使い慣れている道具なため、アレンジも利くのではないでしょうか?

ただし、ハサミのみの処理で終わると、毛先が尖ってチクチクしてしまい、痛みや痒み、そしてそれに伴う黒ずみ(色素沈着)も起こす場合があります。

また、毛先が尖るとショーツからはみ出してしまい脱衣時や水着着用時に恥ずかしい経験をしてしまう恐れがあります。

そこで、ヒートカッターの登場です。熱でアンダーヘアを焼いて長さを調節できるので、毛先が丸くなります。

また、水着・下着を突き抜けにくい形状になるので、見た目や肌触りの不快感を軽減することができます。

セルフでも簡単にお手入れができるアイテム、ヒートカッターを用いたアンダーヘアの処理方法をご紹介致します。

ヒートカッターはどうやって使うの?

ヒートカッターという言葉、美容にとても関心のある方なら当然知っているかもしれませんが、初めて聞かれる方も結構いるでしょう。

ヒートカッターを使う上でのポイントは、一気に焼こうと思わないで、少量ずつ手に取り処理して行くことです。

このポイントさえ押さえれば、時間も最短で上手に処理することが出来ますよ。

ヒートカッターを使ってアンダーヘアを綺麗に整えるコツ!

体勢は?

処理をする際に、アンダーヘアは届きづらい場所にあるので体勢に悩む方が多いと思います。

お勧めの方法は、処理する方とは反対側の片足を立てることです。

毛をある程度束にして処理していきますのでその方がアンダーヘアを掴みやすいですし、より身体が固定されミスを防ぐことができます。

どのくらいずつ処理するのがベスト?

出来るだけ少量ずつ行うことが大切です。細かく言うと、5本程度が最も上手く焼き切れ、うっかり短くし過ぎてしまう心配も無い本数です。

また、余りにも掴む本数が多過ぎると、途中で耐え切れずに手からすり抜けてしまうこともあります。

更に熱伝導率が悪くなり、かえって処理に時間がかかってしまいます。煩わしさがあるかもしれませんが、丁寧に進めましょう。

毛の持ち方や当て方は?

少量を掴んだら、痛みを感じないギリギリのラインまでピンと張ることが大切です。

親指・人差し指で挟み、初めは毛穴から7mm以上離れた所にヒートカッターを当てることで皮膚トラブルを起こさず処理することができます。

その後短めにしたい場合は、5mm程度の部分に当てて、徐々に調節していきましょう。

処理する周期は?

毛が生える周期には個人差があるので、絶対とは言えませんが、大体2~3ヶ月に1度程度で綺麗なアンダーヘアを維持することができます。

特別な日や、海やプールに行く前には再度チェックをし、微調整を行うなど工夫して処理をしましょう。

注意するポイント

焼いているので、多少の焦げ臭さを感じることはあります。状況に応じて適宜換気をしましょう。熱を発しているので肌にも直接当てないように気をつけましょう。

また、あまりにも短くしすぎるとチクチク感が増える場合があります。長さの設定も、欲張りすぎないようにしましょう。

脱毛サロンに通う手間もなく、人に見られる恥ずかしさを感じずにお手入れができるのは、大変有難いですよね。

毛が埋没する心配も無いので、安心してアンダーヘアを整えることができます。

アンダーヘアは特に髪の毛などとは違って硬く太い場合が殆どなので、毛の質にかかわらず処理ができるヒートカッターはお手入れの救世主とも言えるでしょう。

ヒートカッターでおすすめはラブコスメのVライントリマー

ヒートカッター

熱の力でアンダーヘアを処理するヒートカッターは、自宅で手軽に毛先を丸くしたり、長さを整えたり出来る万能アイテムです。

肌にも直接触れないので、使い方さえ間違えなければ最も安全なアンダーヘアのケア方法とも言えます。

そんなヒートカッターですが、種類によって値段だけではなく機能も多種多様で、どれが良いのか迷ってしまいがちです。

そこでオススメするのが

Vライントリマーです

  • 充電式なので使うときにコードが邪魔にならない
  • コームが熱を持った部分に肌が当たらないように守ってくれる
  • 使用している時しか電源が入らない安全性
  • スイッチが一つしかないので機器が苦手の方で簡単に使える
  • スイッチを入れてアンダーヘアに当てるだけ処理できる
  • トリートメントとセットで購入するとお得

ヒートカッターを使ってみたいけれど、上手にできるか分からないと思っている方は多いと思います。

手軽にアンダーヘアの処理をしたいと考えているなら、Vライントリマーが非常に役立つと思います。

アンダーヘアの処理は今や常識です。Vライントリマーはハサミで処理するよりも整えやすく、さらに手軽となっています。

アンダーヘアの処理に悩んでいたら、是非Vライントリマーを試してみてください。

Vライントリマーの特徴

ヒートカッターは機能性や使いやすさなど製品によって変わってきますが、ラブコスメのVライントリマーはその中でも使いやすさという点に重点を置いています。

ここではVライントリマーの大きな特徴を紹介していきます。

ヒートカッターの熱線

使い方は至って簡単

ラブコスメのVライントリマーの使い方はとても簡単です。

気になるアンダーヘアを少量つまみ、Vライントリマーを当てるだけで熱により毛をカットしてくれます。

カットした後は付属のトリートメントを使用してアンダーヘアを整えることで上質な仕上がりを生むことができます。

使用経験者の意見をもとに改良

ヒートカッターの使い方

ラブコスメのVライントリマーは日々改善を重ねていますが、その中でも使用者の意見として「もっともたくさん」「もっとパワフルに」毛を剃りたいという話がありました。

その意見をもとにカット部分の面積をワイドにし、熱線の温度を2段階とすることで短時間でたくさんの毛をカットできるように改良されました。

見た目もとてもスタイリッシュでヒートカッターを思わせないデザインとなっています。

見えない部分をきちんと整えることによって、異性にも好印象を与えることができます。

Vライントリマーはそれを容易にする便利なアイテムとなっています。

発送方法の細かな気遣いもグッド

ラブコスメ包装

ヒートカッターを買いたいけれど、通販だと家族に商品名でバレてしまうと不安に感じている人もいると思います。

しかし、ラブコスメのVライントリマーはその辺りもきちんと気遣いができています。

まず梱包に関しては自社スタッフによる丁寧な梱包を心掛けています。

希望があればギフト用のラッピングも可能となります。

また、発送時は商品名が分からないよう細心の注意を払っています。

外装も無地のものを使用し、場合によっては営業所留めにも対応して言いますので、気軽に購入することができると思います。

アンダーヘア

アンダーヘア専用トリートメント活用術!

アンダーヘア専用の石鹸やクリームは知っていても、アンダーヘア専用のトリートメントを知っている方は案外少ないかもしれません。

アンダーヘアのゴワゴワは見慣れているでしょうが、ふわふわの柔らかい毛に憧れませんか?そんな、ふわふわ毛にする方法が、トリートメントを使う方法です。

ただし、同じ毛だから頭髪のものを使えばいいんじゃない?というのは安易な考え。

頭髪のトリートメントにはよく「ハリ」「コシ」を強くします!といううたい文句がよく書いてありますよね。

でも、アンダーヘアに「ハリ」「コシ」は必要でしょうか?

むしろ、柔らかい毛質にしたいので、全く必要のない要素ですよね。

アンダーヘア専用のトリートメントには「タンパク質分解酵素」というのが含まれています。それが硬い毛質を柔らかくするのに一役買っているんです。

ですが、もちろん頭髪ようには含まれていません。

それにデリケートゾーンに使うものなので、頭髪用のトリートメントでは刺激が強すぎる場合があります。

使うなら、アンダーヘア専用のトリートメントを使用しましょう。

ヒートカッターとトリートメントのダブル効果で理想のアンダーヘアーに

アンダーヘアが「太くて硬くてチリチリしている毛質」は、ずばり日本人の一般的なものです。

そんな毛質を変えるためには、ヒートカッターとアンダーヘア専用のトリートメントを使用してみましょう。

また、アンダーヘアの枝毛や生え始めのチクチク感をなくすことにも効果的です。

ヒートカッターは毛先を丸く焼き切り、トリートメントは毛に潤いを与え、キューティクルの損傷も改善させます。

これで尖った毛がショーツから飛び出ることも、チクチクしてむず痒くなり、掻きむしることでの黒ずみ(色素沈着)も予防することが出来ます。

そして、男性の理想の女性らしいふんわりとした柔らかい手触りのアンダーヘアを手に入れることが出来ます。

アンダーヘアはじめてケアセット

Vライントリマーには携帯用ポーチ、アンダーヘア用トリートメント、熱線2つ、掃除ブラシ、充電用USBケーブルがついてきます。

アンダーヘア

ヒートカッターを使うとアンダーヘアのトラブル解消するかも

アンダーヘアのトラブル解消

デリケートゾーンの黒ずみ

実は黒ずみ(色素沈着)はアンダーヘアの処理が原因で起こることがあります。

それは、肌を傷つけたり、摩擦が黒ずみの原因だからです。

そのため、カミソリなど刃が肌に直接当たるものではなく、直接触れないヒートカッターを使ってアンダーヘアを処理する方法が好ましいとされています。

ショーツを突き抜ける毛

ショーツから毛がモサモサ突き出ていた経験はないでしょうか?1本、2本ならまだしもたくさん出ていたら、いくら注意して見ていないとはいえ、他人にもバレてしまいますよね。

日本人の毛質は太くて硬いためになりやすい傾向にはあるのですが、だからと言って良い訳がありません。

アンダーヘアをショーツから突き出ない柔らかい毛質にするためにはヒートカッター処理とその後のアンダーヘア専用トリートメントを使用することで改善されます。

埋没毛

これはその名の通り、毛が出れずに皮膚の中に埋もれ黒ゴマのようなプツプツとした見た目になる状態のことを言います。

これは特にピンセットなど無理矢理引っ張ったり、カミソリ、ブラジリアンワックスなど肌を傷つけながら処理する方法に起こりがちです。

ヒートカッターで長さをうまく調整して綺麗に処理することが好ましいですね。

デリケートゾーンの痒み

デリケートゾーンを掻きむしっている姿なんてパートナーに見せたくないですよね。

もちろん、そんなことはしませんが、デリケートゾーンの痒みって何だか普通に皮膚が痒いのとは訳が違うくらいとにかく痒くありませんか?

ムレだったり、カンジダ症などの病気であったり様々な原因が考えられますが、その一つが、カミソリなどで皮膚の角質を削り取ってしまいデリケートゾーンが乾燥してしまったり、毛が尖っていることで、薄い皮膚を刺激するために起こる痒みです。

それらを引き起こさないために、ヒートカッターを使ってアンダーヘアをチクチクさせないようにする事が必要になってきます。

また、デリケートゾーンの保湿もしっかりしましょう。

アンダーヘア付近の傷み

原因の一つにアンダーヘアの毛質や生えている方向が考えられます。

アンダーヘアの処理中に肌に傷を作ってしまっていた場合や毛先が硬く尖っていたら、チクチク痛みを感じるのは当たり前です。

肌に傷を作らないためや毛質はヒートカッターとトリートメントを使用する方法でかなり改善されますよ。

ただし、すでに「毛嚢炎」になっている場合もあります。

ニキビのような赤いぶつぶつが出てくる病気です。

この病気は、元々、皮膚にはこのブドウ球菌があるのですが、アンダーヘアの処理の時にカミソリや毛抜きを使い、肌がダメージを受けた時に毛穴の奥深くにブドウ球菌が入り込んでしまうことで起こります。

なので、肌に優しい処理方法が必要になってきます。

デリケートゾーンの臭い

普段デリケートゾーンは見えるものではないので、その時にならないと気にならないものですが、臭いは厄介です。

何故なら、黒ずみなどなら見られなければ済むものですが、臭いはデリケートゾーンが見えていなくてもするものです。

また、自分だけではなく、他人をも不快にさせる可能性があるからです。

そんなことから生理の時には特にデリケートゾーンの臭いを気にされる方も多いと思います。

実はアンダーヘアを処理することで大分この臭いを軽減させることができるのを知っていましたか?

ただし、間違った方法で処理するとかえって臭いがしてしまう結果になることもあります。

これらは全て、アンダーヘアの処理でデリケートゾーンの敏感な肌を刺激したために起こったトラブルです。

なので、アンダーヘアの処理にはデリケートゾーンに優しい直接肌に触れずに行える処理方法がおすすめです。

数ある中でも最もその理想が叶った処理方法がヒートカッターです。

また、処理が終わった後は必ず保湿するように心がけてください。

まとめ

基本的に「デリケートゾーンは、肌トラブルの起きやすい精細な部位」だという認識をしておきましょう。

その上で、適切なケアの重要性を改めて確認し、今やっているアンダーヘアの処理方法や道具を見直してみてください。

理想のアンダーヘアを手に入れるためには「ヒートカッター」+「トリートメント」のコンビを特におすすめします。

次のページへ >

読んでもらいたい記事

273,436view
アンダーヘアの長さが気になる

目次1 アンダーヘアの長さが気になる人へ2 どれくらいの長さでアンダーヘアを処理する?2.1 アンダーヘアの毛周期は?2 ...

116,241view
ヒートカッター

目次1 自己処理するなら、アンダーヘアはどれくらいの長さ?どんな形がいい?2 そもそもアンダーヘアって処理しなきゃ駄目な ...

73,364view
除毛クリーム

目次1 剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理1.1 除毛クリームの効果はいかほど?2 除毛クリームを安 ...

-ヒートカッター
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2017 All Rights Reserved.