アンダーヘア

ヒートカッターの使い方!隠毛がチクチクしない処理方法

ヒートカッターは使えるアイテム

隠毛処理にヒートカッター

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれる隠毛用のカッターです。

カミソリやハサミでカットした場合は、毛先が尖ってしまうためにチクチクとした不快感があったり、ショーツから毛が突き出てしまうこともあります。

ヒートカッターを使用すれば、それらを防いでくれますよ。コンパクトサイズなので、化粧ポーチに一緒に入れておくことも出来ます。

隠毛はどれくらいの長さ?どんな形がいい?

隠毛の話は、親しい中でもしないですし、マジマジと直視する機会はないですよね。

そのため、雑誌などを参考にしなければなりませんが、見る雑誌によっても書かれていることが違い全てを鵜呑みにすることは出来ません。

けれど、温泉やプールへ行った時に処理していないのを見られるのも恥ずかしいですし、一般的な形でなかったら恥ずかしいですね。

最近では「ハイジニーナ脱毛」という隠毛を全処理(無毛)にする方法も良く耳にしますが、多くなってきたとはいえ日本ではまだ一般的ではありません。

では、どんな隠毛の長さに?形に?すればよいかということですが、自然体に見える「ナチュラル」な長さや形が男女問わず人気です。

どうしてか?と言うと「この人は元々隠毛がキレイなんだ!」とパートナーに思わせることが出来て、好印象だからです。

見た目もナチュラルな形に作れ、毛の触り心地も良い「ヒートカッター」は、そんなメリットづくしのアイテムなんですね。

ヒートカッターを使うメリットやデメリットは?

 

メリット

  • 自宅で処理できるので、いつでも出来るし誰にも見られない。
  • 毛先を丸くカット出来るので、チクチク不快感がない。
  • ショーツからツンツン毛が飛び出してこない。
  • 肌に直接触れる処理ではないので、肌トラブルが起こらない。
  • 先端にコームが付いているので、隠毛を整えながらカット出来る。

デメリット

  • 処理に時間がかかってしまう。(たくさんの量をカット出来るタイプも有)
  • 焦げ臭い時がある。
  • 毛を片づける必要がある。
  • 根元から毛を処理できない(ハイジニーナは無理)

ヒートカッターは、あくまで隠毛の長さを整えるアイテムです。

なので、Vラインの形を整える際やIOラインを無毛にしたい時には「Iラインシェーバー」や「除毛クリーム」を使って処理すると肌トラブルを避けることが出来ます。

また、「処理する時間を減らしたい」「肌をキレイに保ちたい」と思っているなら、サロンやクリニックで「気になる部分だけを処理する」という方法もありますので、考えてみてはいかがでしょうか?

Iラインシェーバーを使って隠毛のムダ毛を処理!

隠毛に除毛クリームを使った処理方法と効果について

肛門の毛(けつ毛)の処理は除毛クリームがおすすめ!!

ヒートカッターの使い方とキレイに整えるコツ!

ヒートカッターを上手に使いこなすコツは「焦らず少量ずつ毛を手に取り処理して行くこと」です。

一気に終わらせようと大量の束に手を出してしまうと、上手く焼け切れずに逆に焼け切るのに時間がかかってしまいます。

コツを掴めば、少量ずつでも最短で上手に脱毛することが出来ますよ!

使用手順

  1. まず、初めて隠毛を処理する方は、毛が長いと思うので、ヒートカッターで整えやすいくらいにハサミなどでバッサリ切ってしまいます。その後、キレイにヒートカッターで整えていきましょう。
  2.  隠毛を処理する時のおすすめの体勢は「処理する側と反対側の片足を立てること」です。その方が、毛を掴みやすく、身体が固定されてミスを防ぐことが出来ます。
  3. 処理したい毛を掴んで、痛みを感じない程度の力で上に引っ張り上げます。
  4. そこにヒートカッターの先端(くしになった部分)をゆっくり通して行きます。

5~10本程度」の少量で処理して行くのがコツで(ヒートカッターの性能にもよる)「2cm程度」の長さに整えるのがベストです。

意外とスパット切れるので時間もかかりませんよ。

LCラブコスメは使いやすいように都度改良!発送方法もプライバシー配慮!

LCラブコスメのVライントリマーは、使用者の意見を参考にして日々改良しています。その中でも「もっとパワフルに毛量をたくさん処理したい」という要望がありました。

その意見を元に「カット部分の面積をワイド」にし、「熱線温度も2段階」にすることによって「短時間で毛をカット」出来るように改良されました。

見た目もとてもスタイリッシュで、一見してヒートカッターとはわからないデザインです。

また、デリケートゾーン関係の製品を通販で購入するのって「家族や宅配業者」にはバレたくないと思うでしょうね。

それに配慮して、発送時は「商品名」がわからないようになっていますし、普通のコスメでも購入したかのような梱包なので、気軽に購入出来ます。

また、希望があればギフト用のラッピングも出来ますよ!

ヒートカッター

隠毛専用トリートメントとの併用がおすすめ!

隠毛専用のトリートメントって知っていますか?

隠毛のゴワゴワは見慣れていると思いますが、「フワフワの柔らかい毛」だったらいいな!と思ったことはないでしょうか?

隠毛専用トリートメントを使用すると、見た目だけじゃなく、触り心地も良い隠毛を手に入れることが出来ますよ!

頭髪用のトリートメントを使えばいいんじゃない?」というのは、安直な考えです。頭髪用には「ハリ」や「コシ」が出る成分が含まれています。しかし、欲しているのは「フワフワの柔らかい毛質」なので、針やコシは必要ないですよね。

また、デリケートゾーンには刺激が強い成分が含まれているので、肌トラブルを起こす可能性も高いです。

隠毛専用のトリートメントには、柔らかい毛質にするために「タンパク質分解酵素」が含まれています。それで、隠毛の枝毛やチクチク感を失くしてしまいますよ!

是非、トリートメントは「隠毛専用」のものを使用しましょう!

そして、ヒートカッターは毛先を丸く焼き切り、トリートメントは毛に潤いを与え、キューティクルの損傷も改善させます。

これで尖った毛がショーツから飛び出すことも、チクチクして痒くなり掻きむしることも、黒ずみ(色素沈着)も防ぐことが出来ますね。

W効果で男性の理想のフワフワ柔らかい手触りの隠毛をゲットしましょう!

アンダーヘア

おすすめのヒートカッターはLCラブコスメのVライントリマー

ヒートカッターと言っても、種類がたくさんありますよね!

値段だけでなく、機能も多種多様でどれにしたらよいか迷ってしまいます。そんな中、当サイトでおすすめしたいのは「LCラブコスメのVライントリマー」です。

おすすめする理由

  • 充電式なので、使う時にコードが邪魔にならない。どこでも使える!
  • コームが熱を持った部分に肌が当たらないように守ってくれる。
  • 使用している時しか電源が入らない安全設計。
  • スイッチが1つしかないので、機器が苦手な方でも簡単に使える。
  • スイッチを入れて隠毛に当てるだけで簡単に処理できる。
  • トリートメントセットで購入するとお買い得でフワフワ毛質もGET!

ヒートカッターを使ってみたいけど、上手に処理できるかわからないと思っている方は多いと思います。そんな初心者の方向けのヒートカッターが「Vライントリマー」なんですね。

Vライントリマーの特徴

ヒートカッターの熱線

ヒートカッターは、機能性や使い方など製品によって仕様が変わってきますが、LCラブコスメのVライントリマーは、その中でも「使いやすさ」に重点を置いています。

使い方はシンプルで簡単!気になる毛を少量つまみ、Vライントリマーを当てるだけで毛をカットしてくれます。

カットした後は、付属のトリートメントを使用して隠毛を整えることで、さらにフワフワで柔らかい隠毛になりますよ。

次に写真付きで詳しいVライントリマーの特徴を紹介して行きますね!

ヒートカッター1

1)スイッチがありますのでそれぞれの用途で押してください。
0はOFF」「1は200度」「2は250度」になります。

ヒートカッター2

2)1の位置にスイッチを動かします。そして、スイッチを押していると徐々に熱線が熱くなっていきますよ。

スイッチを押し続けていないと熱線が熱くならない安全設計なので、故障だと思わないでくださいね。

ヒートカッター3

3)コーム部分も直接肌に触れない設計で安全です。さすが、女性向けの製品を扱っているLCラブコスメですね。

ヒートカッター4

4)コームは簡単に取り外せますし、交換用にもう1つついています。

5)音は熱で焼き切る仕組みなので音がうるさくありません。深夜帯でもこっそり処理出来ます。ただし、ヒートカッター自体の音はないですが、「ジュッ」と焼け焦げた音と臭いはしてきます。

※お風呂場で処理する場合は、機械なので水がかからないように気を付けてください。

 

6)一度に処理出来る量はハサミに比べると少ないですが、毛にヒートカッターを当てた瞬間焼き切ってくれますので、焼き切る時間も思った程かからず処理時間もそんなに多くありません。

ヒートカッター5

7)付属品には、「ヒートカッター本体」と「携帯用ポーチ」に「交換用コーム」「掃除用のブラシ」「充電用のUSBケーブル」がついてきます。

マイクロUSBなので、携帯に使っているコードを使用すれば、そのまま充電することが出来ます。

ヒートカッターに変えるだけでデリケートゾーンのトラブルが解消する!?

 

アンダーヘアのトラブル解消

 

今まで使用していた脱毛アイテムを「ヒートカッター」に変えるだけで、デリケートゾーンのトラブルが改善するかもしれません!

トラブル別にヒートカッターを使うとどう良いのか?ご紹介していきます!

デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンは、加齢や産後、下着の擦れなどで誰でも黒ずみを作ってしまいます。

しかし、一番の黒ずみを作ってしまう原因は「お手入れ方法」なんですよ。

例えば、カミソリでお手入れした場合、肌に直接刃を当てるので、肌にたくさん負担がかかりターンオーバーが乱れ黒ずんでしまいます。

毛抜きは抜いた時に毛穴トラブルを起こしやすく、炎症や黒ずみの原因になってしまいます。

そのため、直接刃が触れないヒートカッターを使って隠毛を処理するのが望ましいです。

ただ、長さや毛量はそれでよいかもしれませんが、隠毛の形を作るためには、部分的に無毛にしなくてはいけませんよね?

その際には「除毛クリーム」や「光脱毛器」「脱毛サロン」「クリニック」で処理するのが望ましいと思います。

ショーツを突き抜ける毛

ショーツからピョンピョンと毛が飛び出していた経験はないでしょうか?可愛いショーツを購入しても残念な結果に。

1本2本ならいざ知らず、何本も出ていたら、注視していなくても他人にバレてしまいます。

日本人の毛質は硬くて太いためなりやすい傾向にあるのですが、そうは言っても仕方がないと片づけられませんよね。

隠毛をショーツから突き出さない柔らかい毛質にするためには、ハサミの処理ではNG!やはり、ヒートカッターを使用し、その後に隠毛専用トリートメントを使用することでバッチリです!

陰毛が硬く下着を突き抜けてしまいます。どうすれば柔らかくできるのでしょうか?

埋没毛

これはその名の通り、毛が皮膚の中で埋もれて黒ゴマのようにプツプツとした見た目になる状態のことを言います。

これは、毛抜きやカミソリやブラジリアンワックスなどの肌を傷つけながら処理する方法に起こりがちです。

ヒートカッターで長さを上手く調整して、キレイに処理することが望ましいですね。

隠毛の埋没毛について原因と対処法

デリケートゾーンの痒み

デリケートゾーンの痒みって「我慢できないほど痒い!」ことが多いですよね。

カンジダ症などの病気の場合もありますが、ムレなど原因は様々です。そして、その一つに「お手入れの方法」があるんですよ。

カミソリだと皮膚の角質まで一緒に削り取ってしまうので、デリケートゾーンが乾燥してしまったり、毛が尖っていることでデリケートゾーンの薄い皮膚を刺激するために痒くなるんですね。

それらを引き起こさないためにも、ヒートカッターを使用して、チクチクする毛をケアしましょう。

あそこが痒いときの原因と対策

隠毛付近の傷と毛嚢炎

隠毛処理中に、肌に傷を作ってしまった場合に痛みを感じるのは当たり前ですが、カミソリなどの処理の場合、誤って切ってしまうこともありますよね。

若い内は治りやすく、肌トラブルにも中々発展しませんが、加齢に伴い傷の治りが悪くなったり、それで色素沈着(黒ずみ)してしまうこともあります。

また、「毛嚢炎(もうのうえん)」になっている場合もあります。ニキビのような赤いブツブツが出てくる病気です。

この病気は、本来、皮膚の常在菌であるはずのブドウ球菌が、隠毛の処理中にカミソリや毛抜きを使用して、肌にダメージを受けてしまった時に、毛穴の奥深くにブドウ球菌が入り込んでしまうことで起こってしまいます。

なので、お手入れの際は、肌に優しい処理方法が大切なんです。

陰毛を毛抜きで抜くための処理方法と体験談

隠毛の毛嚢炎(毛包炎)について原因と対処法

デリケートゾーンの臭い

実は、隠毛を処理することで、デリケートゾーンの臭いを軽減出来るんですよ。

もちろん、デリケートゾーンの臭いの原因の多くは、オリモノやスソワキガなどの原因ですが、隠毛をキレイに整えることで、オリモノや月経血などが毛に絡みつかなくなり、菌の繁殖を防ぐことが可能です。

そして、基本的に「デリケートゾーンは肌トラブルが起きやすい繊細な部位」だということを肝に銘じて対処しましょうね。

隠毛の処理をすると臭いは解消しますか?

加齢と共にデリケートゾーンの臭いは変わりますか?

ヒートカッターで隠毛を処理した体験談を聞いてみました。

 

ヒートカッターについて聞いてみた

隠毛の自己処理って、簡単なようで案外難しいです。でも、上手に処理している人がいるのも事実!

そんな方たちが使っているのが「ヒートカッター」であったりします。

実際にヒートカッターで自己処理したことがある方に、メリットやデメリット、コツなどを聞いてみました。参考にされてみてくださいね!

前々から隠毛の処理をどうにかしたいと考えていましたが、脱毛までする勇気はありませんでした。そこでヒートカッターを使用してみることにしました。毛を焼き切るということなので、使用中は独特の匂いがありました。そこさえ我慢すれば痛いこともないし、仕上がりがチクチクすることもないのでとてもいいなと思いました。
最初は、自分で処理してしかもよく見えないところを電熱線を扱ってするなんて、少し怖かったけど、実際やってみると、くしのようになっているので肌に触れずに切れて、毛先は熱で焼いているため、ハサミで切ったような切り口ではなく、焼け焦げて縮れているようなので、処理後もチクチクするようなことはほとんどなく、すっきり過ごせています。
自分でハサミやカミソリでカットするよりも、ヒートカッターの方が断然良かったです。直接肌に当たらず熱くなることもありませんでした。ヒートカッターの方が毛先が丸くなるので処理後が痛くありません。下着から突き抜けてはみ出る心配もないです。ただ、カミソリのように全くなくすことはできないのですが長さを整える程度であれば良いアイテムです。
夏場、水着を着る前に使っています。スイッチがオン・オフではなく、押さえてる間だけ熱くなって切れるタイプです。とにかく楽です。一気に沢山は切れませんがスッと切れるのである程度時間がかかっても全く苦になりません。処理中はかなり焦げ臭くなるので換気が必要かもしれません。毛先が丸くなるのでチクチクしないところが気に入っています。今の所デメリットが見当たりません。
量はそんなに多くはないのですが長さが気になっていました。使ってみるまで心配だったんですが、そんなに熱くなく思いのほかすばやくカットすることがました。ハサミのようにチクチクしたりすることもなかったです。コーム型になっているので短すぎてしまうこともないです。処理するようになってから生理中の不快感も減り快適になりました。
ヒートカッターの先がコームのようになっていてそこに毛を通すと切れる仕組みでした。 実際に使ってみて、毛先は熱でカットするので丸くなるので、チクチク痛いなどということはありませんでした。 ただ、他人と比べることができない場所なので、どのくらいがちょうどいい長さなのかがわからないので、やりすぎには注意が必要です。 熱を使っているので、コームは少し暖かくなりますが、やけどなどはありませんでした。 毛が下に落ちるので、ティッシュなどひいてからの使用をおすすめします。
普段はカミソリやハサミを使って隠毛の長さを整えるようにしていましたが、再び生え始めてくると先が尖ってツンツンしてかゆみが出てしまうため、ヒートカッターを使用するようになりました。 ヒートカッターは熱さに気をつけて使用すれば危ないこともなく、とても簡単に隠毛の処理ができるのでとても助かっています。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

-アンダーヘア
-,