日焼け

皮膚を保護するβ-カロテンを含む食べ物

更新日:

季節を問わず、毎日の紫外線対策は欠かせません。

紫外線が最も多い春夏だけでなく、秋冬でも紫外線は私たちに降り注いでいます。

日焼け止めや帽子などで対策をしても、紫外線を全く浴びないわけにはいきません。

そこで必要なのが、体の中からの紫外線対策です。

どうしても浴びてしまう紫外線から皮膚を守るためには、体の中からどのようにケアをしたらいいのでしょうか?

β-カロテンを多く含む食品で、体の中から肌ケア!

日焼け止めを塗ったり、日焼けに対して美白化粧品を使うことで、体の外側から紫外線対策をすることも大切ですが、紫外線ケアに効果的な栄養を食べ物から取り入れることも大切です。

そこで注目したいのが、「β-カロテン」です。

このβ-カロテンは、にんじん、しそ、モロヘイヤ、バジル、春菊などに多く含まれ、ビタミンAを生成するために必要な栄養素です。

ビタミンAは、皮膚と、口や喉などの粘膜を保護する働きがあり、傷や感染症から体を守ってくれます。

また、肌の潤いを保つ効果もあり、肌を乾燥から守ってくれるのです。

紫外線を浴びると、肌は熱によって乾燥します。

乾燥するとしわのもとになったり、炎症を起こしやすくなります。

皮膚を守ってくれるビタミンAを生成するβ-カロテンは、紫外線対策に欠かせない栄養素なのです。

β-カロテンの効果的な摂り方

β-カロテンは脂溶性で、油に溶けやすい栄養素です。

熱に強いため、油で加熱してβ-カロテンを油に溶け込ませて調理した方が効果的に取り入れることができます。

ニンジンなどは生で食べるよりも、野菜炒めにした方が吸収率がよくなると言えます。

β-カロテンをサプリメントで摂る方法もあります。

にんじんやカボチャが苦手・・・という人は、ぜひサプリメントで取り入れてください。

しかし、β-カロテンはたくさん摂ればいいというわけではありません。

野菜ジュースやみかんなどをたくさん摂ると、手が黄色くなってしまうことがありますが、これはβ-カロテンをたくさん摂ると起こります。

β-カロテンを摂ることをやめれば治りますが、体が黄色くなってしまうのは困りますよね。

そんなことにならないよう、食事にはバランスよく取り入れましょう。

最後に

紫外線を浴びたからといって、急にβ-カロテンなど紫外線ケアに有効な食べ物を一気に食べても、あまり効果は得られません。

普段から食事にバランスよく取り入れておかないと、紫外線を浴びたダメージに対抗することはできないのです。

紫外線対策だけでなく、健康や美肌のためにも、日々の食事には気を付けたいですね。

今すぐとりたい!紫外線対策に効果的な食べ物とは?

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-日焼け
-,