日焼け

抗酸化作用のある、ビタミンC、ビタミンEを含む食べ物

更新日:

すでに始まっている紫外線の季節、毎日の紫外線対策は欠かさず行っていますか?

日焼け止めを塗ったり、日差しを避ける服装、帽子やサングラスも必需品ですよね。

しかし、いくら外側だけの対策をしても、多少の紫外線は必ず受けてしまうものなのです。

そのため、紫外線対策は体の内側からも行う必要があるのです。

では、体の内側からのケアはどのように行えばいいのでしょうか?

紫外線を体の内側からケアするには?

体の内側から行う紫外線対策には、抗酸化作用があるビタミンC、ビタミンEが欠かせません。

紫外線を浴びると、体には活性酸素は発生して、体をサビさせてしまいます。

すると、体の細胞を生成するために必要な脂肪酸やコラーゲンが生成されなくなり、肌だけでなく体全体に悪影響を及ぼします。

体の酸化を防ぐためには、ビタミンC、ビタミンEを十分に摂る必要があるのです。

さらにビタミンCには、シミの素である黒色メラニンの合成を抑える働きと、コラーゲンの生成を助ける働きがあります。

紫外線によってできた日焼けやシミ、日焼けで乾燥して増えてしまったしわを改善する効果もあるのです。

ビタミンC、ビタミンEを多く含む食品と効果的な取り入れ方

ビタミンCを多く含む食品には、パプリカ(赤・黄色)、アセロラ、キャベツ、キウイ、いちごなどがあります。どれも身近で、よく見かけるものですよね。

ビタミンCを食品で摂る際の注意点として、ビタミンCには「水溶性」のものがあり、食べる前に水で洗うことによって大切なビタミンCが流れ出てしまうこともあるので注意が必要です。

キャベツやイチゴなどに含まれるものは水溶性ビタミンCですので、洗ってからカットしたり下手を取ったりしましょう。

また、ビタミンCは熱によって失われることも多いので、食品やその食品に含まれるビタミンCの特性によって調理法を考えてみましょう。

また、ビタミンCは摂取してもすぐに体外に排出されてしまうため、一度の食事でたくさんとっても意味がありません。

毎回の食事に取り入れてコンスタントに摂取しましょう。

ビタミンEを多く含む食品には、イワシ、アユ、アーモンド、ひまわり油、なたね油、カボチャなどがあります。

ビタミンEは熱に強いので、加熱した食品から摂ることもできます。

ビタミンEを含む食品を、同じくビタミンEを含む植物油で加熱することで、吸収率がアップします。

また、ビタミンEはビタミンCを含む食品と一緒に摂ることにより、抗酸化作用がパワーアップしますので、取り入れる際にはぜひ栄養素の組み合わせも気にしてみてくださいね。

最後に

今回は、体の内側から行う紫外線対策に必要な、ビタミンCとビタミンEについてお伝えしました。

ビタミンCとビタミンEが持つ抗酸化作用には、紫外線対策だけでなく、免疫食を高めたり美肌効果があったりと、さまざまな効果があります。

健康のためにも積極的に摂っていきたいですね。

今すぐとりたい!紫外線対策に効果的な食べ物とは?

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-日焼け
-,