におい

産婦人科へ行く時、デリケートゾーンの臭いを気にしますか?

更新日:

婦人科で臭いが気になる

妊娠キットで陽性が出ると幸せな気持ちいっぱいになりますよね。

そして、産婦人科へ予約を取り、いよいよ翌日には病院へ受診!!

「あれ?全部診られる…んだよね?」と急に現実に引き戻されます。

産院の先生も看護師さんも普段から数々のデリケートゾーンを見慣れているので、自分のデリケートゾーンもその中のひとつに過ぎないのはわかっています。

頭では理解していても心の中ではキャーっと悲鳴!なんてことはないでしょうか?

普段から「VIO処理していない」は恥ずかしいし、「臭い」にいたっては不清潔な気もするし、先生も嫌だと思うんじゃないか?思いますよね。

産婦人科へ行く際にデリケートゾーンはどうしていればいいのか?検証してみます。

アンダーヘアの処理してなかった!

婦人科のお医者さんは色んなケースを見慣れているとはいえ、アンダーヘアに気を遣ってなかった場合とても自分自身が恥ずかしいと思います。

それに、女性の医師の方が増えている一方で男性の医師の方もまだまだ多いですよね。

かと言って、最初は定期的に産婦人科へ行く前に処理することもできるかもしれませんが、最終的には1週間に1回ペースで通うことになりますし、その頃にはお腹も大変大きくなっているので、自分のお腹でデリケートゾーンが全く見えないと言うことも。

この時、脱毛サロンへ通ったり、抑毛クリームで毛量を減らしておけばよかったと感じると思います。しかし、妊娠中は脱毛サロンも自己責任。断られるケースが多いんですよ。

つまり、妊娠したから脱毛!ではなく、日頃からのケアが大切っていうことですね。

妊娠中はおりものが普段よりも増量!臭いは仕方ない?

妊娠中デリケートゾーンの臭いって実はとても大切なものです。

その臭いの変化でお医者さんは病気にかかっていないか?などを判断もします。

なので、検尿もありますし、ウォシュレットで診察前に軽くデリケートゾーンを洗うくらいはよいかもしれませんが、香り付きのシートやスプレーで臭いを誤魔化したりすることはいけません。

通常のおりものでも「酸っぱい臭い」はしますし、実は妊娠中は特に臭いがキツくなる傾向にあります。なので、それ以上臭いを強くしないためにストレスを減らすことと生活習慣を見直すのが身体にも一番良い方法です。

最後に

膣内の臭いは病気などを測るパロメーターと言っても、顔を背けたいほど臭ければお医者さんも嫌になってしまうと思います。

最低限「清潔」にしておくことや生活習慣を改善して臭いを弱めていく必要があると思います。

妊娠中はデリケートな時期なので体臭を改善するサプリメントなども飲まれない方が良いでしょう。

妊娠する前のケアが大切です。

石鹸は何を使っている
デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

デリケートゾーンの臭い対策 デリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性は意外に多いと思いますが、石鹸で臭 ...

次のページへ >

読んでもらいたい記事

349,220view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

132,770view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,912view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-におい
-