アンダーヘア

アンダーヘア(陰毛)を自己流で処理をして失敗してしまった体験談

更新日:

アンダーヘアを自己流で処理をして失敗しないために

ボディケアを自分で行うには、ある程度ルールを守る必要があります。

ヘアケアにしてもスキンケアにしても、よく説明書や成分表を読むことだけではなく
自分に合ったものを選ぶことが非常に重要です。

ボディケアの中でも、最新の注意を払わなければならないのがアンダーヘアの処理です。

見えない場所だからといって自己流で処理してしまうと思わぬトラブルを招く恐れがあります。

こちらではアンダーヘアの自己流処理で後悔しないように、注意点やコツなどをご紹介致します。

自己流処理どこがダメ?チェック項目

自己流のケアを行っていると、それが当たり前になっていつしか綺麗ではないアンダーヘアのままでも大丈夫、といった間違った感覚を身につけてしまいます。

そこで、自分のアンダーヘアがこのような状態になっていたら要注意、というチェック項目を並べてみました。

  • アンダーヘア周辺の肌が荒れている
  • アンダーヘアがまだらになっている
  • 毛の長さが均一でない
  • アンダーヘアがチクチクする
  • デリケートゾーンが痒い・痛い
  • アンダーヘアが常に濃い

あるある…と感じる方、結構当てはまる項目が多いのではないでしょうか。

これらの症状が見られる方は、間違った自己処理を施している可能性があります。

ではどのようにすれば、失敗なく自己処理を行うことができるのでしょうか。

こうすると失敗しやすい?自己処理改善法とは?

それでは、実際にアンダーヘアの自己流処理で失敗した例から改善法をご説明していきます。

家庭用光脱毛器の説明書をよく読まずデリケートゾーンに使用していたら、肌が荒れて痛むようになってしまった。治るまで何日もかかってショック…!

脱毛・除毛ケア製品は、アンダーヘアに向いているものとそうでないものがあります。

アンダーヘア専用などと表記されているなら確実ですが、それ以外のものだとよく説明書を読んでデリケートゾーンに使用できないものは避ける必要があります。

家庭用脱毛器を始めとして、除毛剤やシェーバーなどはデリケートゾーン以外の全身に対応している物が多いので、必ず確認してから購入するようにしましょう。

自己流でいろんなアイテムを使ってしまうと、肌にダメージが加わってしまう可能性があります。

参考 光脱毛器を使ってアンダーヘアを処理する方法

ハサミやカミソリではチクチク感が残るので、お線香でアンダーヘアを焼いていたらうっかり手が滑って地肌に付いてしまった。火傷跡は残るし水膨れになるし、やらなければ良かった…。

アンダーヘアのチクチク感に悩む方に多いのが、お線香を使った自己流処理です。

確かに焼くことでカットするより毛の断面は丸くなりますが、肌にとってはリスクが大きいですし範囲の調節が難しいので思ったよりも多くの毛を焼いて斑になってしまうこともあります。

チクチク感や痒みが気になるのであれば、アンダーヘアに適したヒートカッターを使用し、断面を尖らせない方法で処理できるシェーバーを利用するようにしましょう。

参考 ヒートカッターでアンダーヘアを処理する方法

毎日処理するのが習慣になっているのですが、段々デリケートゾーン周りの肌が黒ずんできて毛の量が多く見えるようになってしまいました。どうすればいいの?

肌は、ダメージが加われば加わるほど身を守るためにメラニンを発生させる働きを持っています。

自己流で処理をしているとその分ダメージも増えているので、黒ずみから色素沈着を引き起こしやすいです。

黒ずみにならないようにするには、毎日処理しなくても済む、肌に優しい方法でケアすることが大切です。

アンダーヘア用の家庭用光脱毛器なら月に数回のお手入れでOKですし、少し伸びてきた程度ならヒートカッターで整えるようにすると肌の負担も抑えることができます。

既に色素沈着を引き起こしてしまったのであれば、美白成分が含まれているアンダーヘア用除毛剤・脱毛剤を使用するといいでしょう。
中には保湿成分も配合されていて、肌のターンオーバーを促進してくれる製品もあります。

失敗しないために、必ずパッチテストは行いましょう。

参考 デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法

自己流でも失敗しないアイテム選びとは?

自己流処理を成功させるには、アイテム選びが鍵になってきます。

アイテム次第でいつもより簡単に時間をかけず処理をすることもできるので、揃えたことのない方も検討してみてはいかがでしょうか。

まず、アンダーヘアに使用できる家庭用光脱毛器は肌を切ってしまう心配がないのでお勧めです。

初期費用がかかることが唯一気になる点かもしれませんが、長い目で見るとコストパフォーマンスも高く、脱毛サロンに通う手間もかからないのでアンダーヘアの自己流処理のお助けアイテムと言えます。

またヒートカッターや電気シェーバーも、毛並みを揃えたり範囲を狭くしたりするのに非常に役立ちます。

今剃刀とハサミしか持っていない!という方はプラス1アイテムとして加えてみると、グッと処理の成功率が上がるでしょう。

より少ないアイテム数で失敗を減らしたい方は、家庭用光脱毛器と電気シェーバー、またはヒートカッターと電気シェーバーの組み合わせで持っておくと安心です。

細かい処理をしたい方は毛抜きや剃刀なども揃えたくなりますが、それらを使用するときは埋没毛などの危険性もありますので毛穴を蒸しタオルでしっかりと開いてから処理するよう心掛けましょう。

最後に~

全ての処理において共通することは、アフターケアを怠らないように気を付けるという点です。

自己流の処理を行うと脱毛サロンや医療機関よりも肌に処理器具が触れやすいので、トラブルが起きやすい傾向にあります。

また範囲や量を決めずに処理を進めてしまうと、想像とは違う仕上がりになってしまうケースもあります。

必ず鏡で確認しながら、慎重に処理をすることが大切です。

アンダーヘア

次のページへ >

読んでもらいたい記事

336,501view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

130,534view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミ ...

76,411view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2018 All Rights Reserved.