日焼け

話題の栄養、オメガ3脂肪酸で肌を守ろう

更新日:

今話題の「オメガ3脂肪酸」をご存知ですか?

美容と健康にいいと言われています。

このオメガ3脂肪酸、実はこれからの季節に気を付けたい、紫外線で日焼けしてしまった肌の改善にもとてもいいことをご存知でしたか?

今回は、オメガ3脂肪酸の肌への効果と、オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物をご紹介します。

オメガ3脂肪酸の肌への効果とは?

オメガ3脂肪酸とは、エゴマ油やアマニ油などに含まれるα-リノレン酸と、主に青魚に含まれるDHAやEPAをもとに体内で合成されて作られます。

オメガ3脂肪酸は体内で生成することができない必須脂肪酸なので、食べ物で摂取して作られるのです。

このオメガ3脂肪酸には、血流の改善、抗炎症作用、アレルギー抑制効果、脳や神経細胞の活性化などの優れた効果があり、良質な油を摂ることで便秘の解消にもつながり、ダイエット効果も期待できると言われているのです。

オメガ3脂肪酸は、日焼けで炎症を起こしてしまった肌の改善にもとても効果的です。

また、良質の油は肌を保護してくれるので、日焼けで乾燥してしまった肌の油分調節効果も期待できます。

オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物とは?

オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物には、イワシ、サバなどの青魚、アーモンド、クルミ、エゴマ油、アマニ油、チアシードなどがあります。

どれも健康食材として挙げられてよく耳にするものばかりですね。

オメガ3脂肪酸を含む食べ物を効果的に取り入れるには、気を付けたい点があります。

それは、オメガ3脂肪酸は非常に酸化しやすい油であるというところです。

体にいいからと言ってたくさん買い込んでも、時間がたつと酸化して期待する効果がなくなるだけでなく、体に非常に良くない酸化した油になってしまうのです。

オメガ3脂肪酸を購入するときには、少量の、短期で使い切れる量のものを選びましょう。

さらに、もう1点、オメガ3脂肪酸は熱に弱い栄養素です。

熱に弱いオメガ3脂肪酸を効果的に摂るには、魚だったら焼き魚にするよりも、お刺身でいただくようにしましょう。

エゴマ油やアマニ油は、加熱調理には使わずにサラダにかけるなどしてそのままいただきます。

いくら体に良くても、油には変わりありません。

摂りすぎればカロリーオーバーになってしまいますのでその点にも気を付けましょう。

摂取量目安は、1日1000mgです。

最後に

話題になるほど効果的なこのオメガ3脂肪酸、最近ではお店に行くといろいろなメーカーのオメガ3脂肪酸食品が見られますね。

毎日魚を1匹食べることは、なかなか難しいかも知れませんので、サプリメントや自分の体質や好みに合った食べ物を探して、ぜひ毎日の脂肪酸食品食事に取り入れてください。

今すぐとりたい!紫外線対策に効果的な食べ物とは?

 

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-日焼け
-,