デリケートゾーン

膣トレってなに?ダイエットやエッチの効果は

更新日:

膣トレって何

膣トレは良い事がいっぱい

膣トレは「骨盤底筋」を鍛えるトレーニングのことを言います。ここを鍛えることで、ポッコリお腹が引っ込み若々しいスタイルを保つことが出来ます。

また、子宮や卵巣の環境も整えることになるので、女性ホルモンが整い、肌ツヤが良くなったり、生理痛が軽くなったりと美容と健康にも良いんですよ。

膣を鍛えることで締まりが良くなるので、尿漏れなども起こりにくくなります。尿漏れは加齢でなりますが、膣のゆるみは産後や運動不足も原因でもなり、実は若くても緩みやすい人も多いので若いころから「膣トレ」は重要です。

パートナーとの愛を育むためにも大切なことだとも言われています。膣が締まるのでエッチの時に彼が喜びます。

膣のトレーニングは日常の女性にとっても大切なことです。

健康的な事だけではなく、エッチの際にも彼が喜び盛り上がる効果がありますよ。

  • 冷えともさよなら
  • 姿勢が良くなる
  • 尿漏れ防止
  • 締りが良くなる
  • 感度が上がる
  • 膣圧が高くなる
  • エッチの時イキやすくなる

膣トレってどうやってするの?

簡単に膣トレを始めたい方は「膣トレグッズ」というものがあります。

これを使えば、膣内に挿入するだけで、筋トレをせずとも日常生活中に骨盤底筋を鍛えることが出来ます。

ただ、こちらの商品を購入する場合は、いわゆるラブグッズの販売店に多く販売されているので、購入に抵抗がある方はグッズなしの方法もあります。

グッズなしの方法は、仰向けに寝ながらかもしくは姿勢を正しく座りながら、肛門をギュッと締め付けたり、緩めたりするのを繰り返すトレーニングをすると何もなくても膣を鍛えることが出来ますよ。

「ラブコスメ」という言葉を聞いたことがありますか?

ラブコスメというのは「セクシャルヘルスケア」の事で臭いや黒ずみなど女性特有の体の悩みをケアするコスメの事を言うんですね。

女性同士でも相談がしずらい体の悩みもこっそりケアができるので口コミではあまり広まりませんが、密かに使われている方は数多くいます。

膣トレグッズに関わらずに女性特有の悩み解消できるアイテムを販売しているのが「LCラブコスメ」です。

LCはラブグッズも販売されていますが、品の良い梱包でラブグッズだとわからないように配慮されていますし、アンダーヘアを整える「ヒートカッター」や「アンダーヘア専用トリートメント」、デリケートゾーンの黒ずみや臭いを抑える「ジャムウソープ」なんかも販売されているので一気にデリケートゾーンを整えるアイテムが揃っちゃいますよ。

ヒートカッターの使い方!アンダーヘアがチクチクしない処理方法

デリケートゾーンの老化って気になりますか?

普段は、気にしていない方が圧倒的多数と思われる「デリケートゾーンの老化現象」。

頭髪や肌、体力、視力など色々な部位に年齢を重ねることで廊下を感じて行きますが、デリケートゾーンも「老化」をするんですね。

デリケートゾーンの老化を防止することで、女性のスタイルや若々しさに繋がることもわかりました。やはり、何でも日頃からのケアが重要です。

今回は、みなさんに「デリケートゾーンの老化を防ぐためにやっていることはありますか?」と質問してみました。あなたも参考にしてみてくださいね。

おしっこをするときに力を入れて何回かに分けて出すようにしています。また、気づいたときに骨盤底筋に力を入れるようにしています。月に1回はデリケートゾーン用のジェルを塗って引き締めるようにしています。性行為をしている時、特に何もしていなかったときよりも膣の締まりが良くなったみたいで、彼に何かキツイねと言われるようになりました。
膣圧を高める運動をやっています。今座ってパソコンを打っているとき、家事をこなしているとき食事をしているとき表からは全然見えることはありませんがおしりにキュッと力を入れたりしぼめたりを繰り返すことをやっています。見えないところの筋力を引き締める効果があります。また、膣に入れる専用のひも付きのボールなども使っています。
デリケートゾーンの老化を防ぐ予防になるかはわかりませんが、テレビでやっていた運動をたまに気が向いたときに行っています★ お尻の穴?膣?を閉める感じでそこだけをギューッと絞める運動とかしてますね。変な話、だんなとイチャイチャタイムに膣を意識して力を入れると締まるのは旦那の確認済みなので効果が出るかも知れません!
かかと上げや、しこを踏むなどの運動や、意識して肛門を引き締めるなどは、テレビなどで紹介されていたので、時々やっています。 腹式呼吸で、下腹部の筋肉を使うことも心掛けています。 また、尿漏れ対策として、少しトイレに行きたくても、我慢してみる訓練をすると、尿もれが改善しました。あまりにもちょびちょびと、おしっこをしていると、尿の切れも悪くなると思います。 また、尿もれなどを起こすと、かゆみが出たり、その濡れた感覚で、また尿もれを起こしたりするような気がします。生理中は、血液が出ていることで、尿もれの感覚もわかりにくくなり、悪化する気がしています。
デリケートゾーンが緩むと、尿漏れなどの老化現象も起こりやすいので、私は、引き締めるエクササイズを行っています。雑誌で見て真似しているのですが、お尻の穴に力をグッと力を入れて、それを繰り返します。1日のうち、気がついたときに常にやっている感じですね。デリケートゾーンに効くだけではなく、ヒップの引き締めにも効果があると思います。
デリケートゾーンの老化を防ぐために行っていることは、「膣トレ」です。 出産や年齢を重ねる毎に、尿もれや膣の締まりが緩くなることもあります。 それを予防したり、改善する方法が「膣トレ」です。 お尻の穴をきゅっと締める、またはおしっこを途中で止める要領でトレーニングしていきます。 これを継続中して行うことで、骨盤底筋は鍛えられ、尿もれの改善や膣の締まりが良くなり感度もアップ。 結果、デリケートゾーンのアンチエイジングになるのです。 私はこの膣トレを毎日こまめに気づいた時に行うようにしています。 誰にも気づかれずに筋トレ出来るのがいい所だと思います。 続けた結果、生理の時の経血が、トイレの時に出せるようコントロール出来るようになりました。
年齢を重ねていくうちにズボンの下にストッキングやガードルなどを重ね着し蒸れたり、くすみや黒ずみなどが気になり出すようになって、ネットで色々調べデリケートゾーン専用のソープ、ローションを購入して使用してます。まだ始めて1か月程度で効果とかは感じませんが使い続ける事によって少しでも変化があれば嬉しいと思います。
デリケートゾーンは、アンダーヘアに包まれているので汚くならないよう、小まめに処理をしています。 生理の時は特に蒸れたり、ナプキンで肌が擦れたりと、気を付けなければならないです。 ケアを怠っていると、やがて老化の原因にもなってしまうでしょう。 それ以外でも、ボディソープや固形石鹸、どちらでも良いと思うので、素手ではなく、タオルやスポンジで優しく洗います。 ちょっと恥ずかしい姿勢になりますが、お風呂中なので誰も見ない。 気にせず洗い流していますね。
産後に膣がゆるんでしまって、くしゃみをする度に尿が漏れてしまっておりました。このままでは膣がどんどん緩んでしまい、尿漏れによってデリケートゾーンが不衛生になり老化してしまう恐れがありましたので、骨盤底筋を引き締める運動をして膣を産前のように元の引き締まった状態へ戻す運動をして改善しております。運動方法は、膣を引き締めるように膣に力を入れながらスクワットをするだけの簡単な運動です。

アンダーヘアの毛嚢炎(毛包炎)について原因と対処法

デリケートゾーンの痒みの原因と対処法

陰毛(アンダーヘア)をカミソリ処理するのはトラブルの原因になる!

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-デリケートゾーン
-