日焼け

日焼け促進!?「ソラレン」という成分が多い食べ物知っていますか?

更新日:

光毒性(ひかりどくせい)の正体

光毒性の根底には、柑橘類や野菜に多く含まれる「ソラレン」が深く関係しています。

この光毒性物質「ソラレン」は紫外線を浴びることで活発になり、シミ・そばかす・しわを作りやすい環境にしてしまうのです。

そこで驚いたのは体が「ソラレン」を吸収してしまう、スピード!

とにかく皮膚の表面に到達するのが速いのです!

その時間、人間が「ソラレン」を口にした約2時間後といわれています。

2時間なんてあっという間ですよね。その2時間の間に「ソラレン」が全身に行き渡り、紫外線を吸収しやすい体を作ってしまうというわけです。

「ソラレン」を多く含む食材は「日焼け」「肌トラブル」を促進させる原因になりますので過剰摂取は注意が必要です。

「ソラレン」が少ない食材

こうなると避けたくなるのが人間の心理!
「ソラレン」は美肌の大敵。とはいっても、栄養面を考えると全く取らないわけにはいきませんよね。

野菜や果物には美白にはかかせないビタミンCが豊富です。しかし「ソラレン」が気になるがために、野菜や果物の摂取を控えてしまいますと、当然美肌は遠のきます。

そこで比較的「ソラレン」が少ないとされる食材をまとめてみました。

「ソラレン」は紫外線に反応するので朝食に取り入れることは控えて、紫外線が少なくなる夕方以降に取り入れることをオススメします。

果物野菜
りんごピーマン
バナナレタス
いちご大根
かぼちゃ

※「ソラレン」は皮に多く含まれていますので皮を剝いてから取り入れましょう。

「ソラレン」NG食材!

「ソラレン」を含む食材には、セロリ・レモン・オレンジ・グレープフルーツ・キウイなどがあげられますが、実は「じゃがいも」にも多く含まれているのです!

じゃがいもはご家庭で頻繁に使う食材ですし、加工食品が多いのです。代表的な食品にはフライドポテトやポテトチップスがありますね。美味しくてついつい止まらなくなります!

しかし、このじゃがいもの「芽」には「ソラレン」が多く含まれ光毒性が非常に高いのです。
しっかり、皮と芽を取り除くことで「ソラレン」を抑えることができます。
また、根菜の皮も「ソラレン」が多く含まれていますので、ぜひ調理をする際に覚えてほしい1つです。

まとめ
栄養価も高く、普段当たり前のように口にしている食材ですが、意外なところに落とし穴があるのですね。体には必要な栄養素ですので食材や摂取する時間帯を意識しながら紫外線対策を心がけてくださいね。

ソラレンの「光毒性」日焼けの原因になるって知ってる?聞いてみました。

ソラレンってあまり馴染みがない成分かもしれませんね。

知らなかった方も多くいることと思います。

しかし、ソラレンを含む食べ物は意外に身近できゅうりやセロリ、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイなどがあります。

きゅうりは身体を冷やす効果があるので、夏場はよくソーメンに入れて食べますし、レモンやオレンジなんかはビタミンCたっぷりと思って摂りがちですよね!

でも、これらの食べ物には実はこのソラレンという成分が含まれていて、光毒性があるというのです。

日焼け止めやサングラス、日傘と紫外線対策をバッチリしていても普段の食生活の中で身体の内側から実は紫外線を吸収しやすくしているかもしれないんですね。

特に食べた後に直射日光を浴びるとシミが出来やすくなってしまいますので、気を付けましょう。

みなさんはこの「ソラレン」を知っていたか?摂ってしまっていたか?聞いてみました。

ソラレンが入った食べ物としては、みかん、オレンジ、きゅうり、しそ、パセリなどがありますが、日常的によく食べています。もし本当に日焼けを促進するのであれば、食べる量を減らすなど、工夫しなければならないと思います。

ソラレンってビタミンCがよく摂れる果物や野菜に多く含まれているみたいですね。アセロラ、レモン、グレープフルーツ、きゅうり、セロリなどなどって、毎朝飲んでるスムージーに含まれてる物、大好きな物ばっかりです。体に悪い食材ではないので、タイミングに気をつけて摂取するように変えていこうかなと思いましたね。
ソラレンという成分は紫外線の吸収を促進してしまうと聞いた事があります。多く含まれる食べ物は果物だと、レモン・オレンジなどの柑橘系全般とキウイ。野菜はセロリや三つ葉など香りの強い香菜系。サプリだとクロレラだと聞きました。それを聞く前の私の朝食は青汁とキウイにヨーグルトでした。特別日焼けしやすい体質ではありませんが、その時期はちょっとお出掛けするだけで肌が痛くなるほど日焼けした記憶があります。
ソラレンという言葉を初めて聞いたのでネット検索してみました。朝に柑橘系のフルーツを食べると日焼けしやすいと聞いた事がありますが、それがソラレンという成分により起こる事は初めて知りました。いつもスムージーを作っているので、柑橘系やキウイなどは入れるのを控えようと思いました。
ソラレンが多く含まれる食べ物はオレンジ、レモンなどの柑橘類がありますが夏場に限らず食べています。日焼けが促進されると聞き、まったく食べないようにしようと思いませんが食べ過ぎには気をつけようと思います。
ソラレン、スムージーには欠かせない野菜、果物にわりと含まれておりオレンジ、レモン等柑橘類、野菜ではキュウリやセロリ、パセリに多い様ですね。これらを美白の悪者にするより適切な時間帯(食してからの外出が日焼けによくないと聞いたが)に食して本来重視されているビタミン類を有効にする方がメリットは大きいと思います。美意識が高いのは個人の自由ではですが、食品の取り方にあまり固執しすぎて、取らなすぎたり、偏りすぎるのは他での恩恵もあるので勿体ない気がします。楽しく健康維持のために摂取することが大切と思うので、過剰に控えることでもないと感じる。自身に合った美と健康を取り入れたいです。ソラレンが肌に触れるのと摂取するでは影響が違うということだけ頭にいれておけば良いのではないかと思います。
ソラレンという言葉はつい最近知りましたが、10代の頃に夏に柑橘系を食べるとシミになりやすいと知り合いから聞いたことがあり、その時から夏の間は柑橘系の食べ物や飲み物は摂ることを控えています。ただ、最近ハマっているパクチー、コリアンダーにもソラレン含まれているのがショックです。
ソラレンという成分がある事は知りませんでした。キュウリなどは夏の食べ物なので、夏場はよく食べていました。柑橘系のレモンやオレンジにも、日焼けを促進するとソラレンが含まれているので、日中は食べないようにして、夕食で食べようと思います。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-日焼け
-,