日焼け

これは避けて!日焼けにNGな食べ物

更新日:

飲む日焼け止め

日焼けを悪化させる食べ物

紫外線が強い季節になると、どんなに対策をしても多少の日焼けはしてしまうものです。

そのため、紫外線が強い季節には、日焼け止めや帽子、サングラスのほかにも、ビタミンCを多めにとったり水分補給を欠かさないようにしたりと、体の内側から日焼けケアをすると思います。

しかし、逆に日焼けを悪化させるNGな食べ物があることをご存知でしたか?

もしかしたらみなさんも、紫外線に当たる前に食べてしまっているかも知れません。

光毒性「ソラレン」を含む、柑橘類やキウイはNG

ビタミンたっぷりで、いかにも日焼け対策に良さそうな柑橘類やキウイですが、実は光毒性物質「ソラレン」を含んでいて、紫外線の吸収を高め、日焼けを悪化させてしまうのです。

他にも、キュウリやパセリなどもソラニンを含みます。

全く食べてはいけない、というわけではなく、紫外線に当たる前は避けたほうがいい、ということですので、歩いて通勤通学をする人は、朝ご飯には食べない方がいいでしょう。

光毒性のある食べ物を食べる場合は、紫外線が最も多くなる日中までを避け、夕方から夜にかけて食べます。

日焼けによる肌の炎症を悪化させるアルコールはNG

暑い夏に、野外でバーベキュー、海でみんなでワイワイ集まるのはとても楽しいのですが、日差しが強い中でアルコールを摂ると、日焼けによる肌の炎症を増進させてしまいます。

ただでさえ紫外線の熱で促進された血行が、アルコールによってさらに促進され、炎症や痛みを増進させるのです。

ひどい場合、水ぶくれになってやけど状態にまで悪化してしまうことがあります。

そうなると日焼け部分が後に残ったり、黒くシミになったりすることも・・・

海でビールは最高!な気持ちもわかりますが、日差しに当たりながらのアルコールは控えましょう。

多くの食品に含まれる食品添加物はNG

多くの食品に含まれる食品添加物、これも日焼けによるダメージを体に残す原因になってしまうものです。

食品添加物は肝臓で分解されます。食品添加物をたくさん摂れば、常に肝臓が働いている状態になってしまい、負担がかかります。

肝臓は皮膚の新陳代謝にも関わってきますので、皮膚の代謝が落ちることにより日焼けした皮膚の回復が遅くなります。

紫外線が強い季節は、特に食品添加物が多い食品は控えるようにしましょう。

最後に

今回ご紹介した日焼けにNGな食べ物は、日焼け対策にいい食品よりもあまり知られていないので、どれも何気なくおでかけ前や外で食べてしまいそうなものばかりですね。

これから紫外線が強くなる季節ですので、日焼けにNGな食品には気を付け、野外のイベントも楽しんで過ごしましょう。

 

日焼け促進!?「ソラレン」という成分が多い食べ物知っていますか?

今すぐとりたい!紫外線対策に効果的な食べ物とは?

 

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-日焼け
-,