デリケートゾーン

デリケートゾーンの正しい洗い方知ってますか?

更新日:

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンはきちんと洗わないとかゆみやニオイの原因となってしまいます。

もしも、こうした症状に悩まされている場合、デリケートゾーンの洗い方そのものが間違っているのかもしれません。

そこで、ここではデリケートゾーンの正しい洗い方について紹介していきたいと思います。

基本的には優しく洗うことが大切

デリケートゾーンは皮膚が薄く、非常に傷つきやすい部位となります。

肌を洗浄するようにいつもの洗い方をしてしまうとデリケートゾーンが炎症を起こし、逆効果となってしまう場合もあります。

また、デリケートゾーンは複雑な構造をとっているため、シャワーで洗い流す程度では汚れを完全に落とすことはできません。

指の腹を使うなどして丁寧に汚れを落としていくことが大切です。

膣内までしっかりと洗う必要はない

デリケートゾーンは汚れが溜まりやすいため、毎日洗う必要がありますが、膣内までしっかりと洗う必要はありません。

膣内は細菌が繁殖しにくい弱酸性のpHを維持しています。

もしも、石鹸などを使用して中までしっかりと洗ってしまうと、石鹸のアルカリ性によって膣内のpHが変化し、最近の繁殖しやすい環境を整えてしまう危険性があります。

デリケートゾーンを丁寧に洗いたい気持ちは分かりますが、内部まで洗ってしまうと逆効果となりますので注意しましょう。

また、生理中の場合は普段よりも刺激に弱い状態となっています。

その場合、いつも以上にデリケートゾーンの洗浄には気を付けるようにしましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸を使用することも一つの策

デリケートゾーンは他の部位と異なり、非常に洗うのが難しい部位です。

洗いすぎも洗浄不足もデリケートゾーンには良くないので、洗い方が非常に重要となります。

そんなデリケートゾーンの洗い方で悩んでいる方は、一度専用の石鹸を使ってみることも一つの手となります。

デリケートゾーン専用の石鹸は、刺激が少なく洗いすぎによる良い細菌を減らさないという特徴を持っています。

通常の石鹸を使用して念入りにデリケートゾーンを洗浄してしまうと、皮膚にとって良いとされる表皮ブドウ球菌までも洗い流してしまう危険性があります。

刺激が少なく、肌に良いとされる弱酸性を保つことができる専用の石鹸は、デリケートゾーンを傷つけることなくしっかりと洗浄することができるので、洗い残しが少なくなります。

デリケートゾーンはしっかり洗えばよいという訳ではありません。

正しい方法で刺激の少ない洗い方を実践することが大切です。

石鹸は何を使っている
デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

目次1 デリケートゾーンの臭い対策1.1 デリケートゾーンの臭いの原因は?2 デリケートゾーンに専用ソープが良いのは何故 ...

続きを見る

次のページへ >

LC

アンダーヘア

自己処理するならこのアイテムで決まり!

長さと形を整えるならVライントリマー

アンダーヘア

アンダーヘアをカットする専用のトリマーなので処理した後のチクチクも無く、トリートメントもついているのでフワッと柔らかくなりますよ。

読んでもらいたい記事

264,088view
アンダーヘアの長さが気になる

目次1 アンダーヘアの長さが気になる人へ2 どれくらいの長さでアンダーヘアを処理する?2.1 アンダーヘアの毛周期は?2 ...

112,974view
ヒートカッター

目次1 自己処理するなら、アンダーヘアはどれくらいの長さ?どんな形がいい?2 そもそもアンダーヘアって処理しなきゃ駄目な ...

72,709view
除毛クリーム

目次1 剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理1.1 除毛クリームの効果はいかほど?2 除毛クリームを安 ...

-デリケートゾーン
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2017 All Rights Reserved.