デリケートゾーン

デリケートゾーンの手入れをして臭いや黒ずみを解消

更新日:

手入れ方法

デリケートゾーンの手入れってしてますか?

女子力が試されるデリケートゾーンのお手入れ!みなさんちゃんとしていますか?

お手入れをされている女性がほとんどだとは思いますが、「どうせ誰も見てない部分だし…」と気にしていない方もそれなりに多いのではないでしょうか?でも、意外にも気にしている方が多いのも事実です。

また、パートナーが出来た時はどうでしょうか?

気にしないでいられますか?

その時になって急にデリケートゾーンが魔法のようにきれいになったりするでしょうか?普段からのお手入れは大切だと思いますよ。

デリケートゾーンも清潔に見られたい!

多くの女性が経験することだと思いますが、やはり見られるかもしれない相手が出来ると突然気になり始めるアンダーヘア。

それまでは全く無頓着だった人でもやはり彼氏やパートナーになる人にはどの部分も綺麗に見られたいですし、幻滅されたくないですよね。

デリケートゾーンは尿やおりものが出る部分ですから、清潔に見えないと男性のデリケートゾーンを見た女性だって嫌だと思います。千年の恋も冷めるというものです。

お手入れもアンダーヘアをはじめとして、臭い対策、黒ずみ対策、ムレや痒み対策色々ありますよね。

デリケートゾーンはある程度の黒ずみが生じるものなので、真っ白や綺麗なピンク色にすることは極めて難しい、ということです。

いくら対処しても黒ずみが治らない、と思っていたら元々の自分の皮膚の色だった、というケースも少なくありません。

重要なのは、“美白”を目指すのではなく“元の色に戻す”もしくは“現状を維持する”ことです。

デリケートゾーンの正しい洗い方

泡を使ってお手入れ

念入りに洗いたくなるデリケートゾーンですが、爪を立てたりゴシゴシ洗ったりするのは返って陰部環境を悪くする原因に。

デリケートゾーンというのは通常、専用ソープなどを使用して臭いや汚れを丁寧に落とせば雑菌を洗い流すことができます。

しかし、デリケートゾーンの見えない部分の恥垢の蓄積や過度な洗浄で細菌が繁殖しやすくなっている可能性も。

膣の洗浄はもちろん、デリケートゾーン全体も正しい洗い方をしているか見直してみましょう。

基本的には優しく洗うことが大切

デリケートゾーンは皮膚が薄く、非常に傷つきやすい部位となります。

ゴミも溜まりやすく、ニオイが発生しやすいのです。

肌を洗浄するようにいつもの洗い方をしてしまうとデリケートゾーンが炎症を起こし、逆効果となってしまう場合もあります。

また、デリケートゾーンは複雑な構造をとっているため、シャワーで洗い流す程度では汚れを完全に落とすことはできません。

洗い方のポイントとしては「泡で優しく」です。

デリケートゾーンの正しい洗い方は、まずは専用ソープを泡立てることが基本です。

しっかり泡を立てることは隅々の汚れを搔き出すだけでなく洗う際の摩擦を防ぐ役目もあります。

石鹸を手のひらで泡立てても、CMのような綺麗なモコモコの泡にはほど遠いので「泡ネット」を使う事をおすすめします。

泡ネットを使うとクリーミーでキメが細かい泡が作れるんですよ。

ビラの部分は力を加えず丁寧に洗い、前から後ろに向かって洗い流すと良いでしょう。

陰核(クリトリス)の皮付近は恥垢が最も溜まりやすい部分ですが、洗浄しすぎると逆効果。

細菌感染を防ぐためにも、ぬるま湯で洗い流すことに留めて過度な洗浄は避けるようにしてください。

時間は手短に、そしてすすぎは充分に。

目の粗いタオルや素材の硬いタオルは避けて、指の腹を使って洗うことをおすすめします。

膣内までしっかりと洗う必要はない

デリケートゾーンは汚れが溜まりやすいため、毎日洗う必要がありますが、膣の内部は常在菌の関係で自浄作用が働いていますから、ソープを使用しなくても問題はないと言われています。

自浄作用とは簡単に説明をすると手を加えなくても自力で浄化する力があるということ。要は膣にも自浄作用があり、これにより細菌を防ぎ雑菌の異常繁殖を抑えることができます。

膣内は酸性に保たれることで自浄作用を発揮できますから、陰部をゴシゴシ洗っていては自浄作用が弱まるだけでなく陰部のニオイの原因にもなります。

膣内は細菌が繁殖しにくい弱酸性のpHを維持しています。

もしも、石鹸などを使用して中までしっかりと洗ってしまうと、石鹸のアルカリ性によって膣内のpHが変化し、最近の繁殖しやすい環境を整えてしまう危険性があります。

デリケートゾーンを丁寧に洗いたい気持ちは分かりますが、内部まで洗ってしまうと逆効果となりますので注意しましょう。

しかし、あまりにも膣内の汚れを放置しているとやはり臭いが強くなっているのではないかと気になりますよね。

そんな時に使用してほしいのが、「インクリア」です。

インクリアは、産婦人科医と共同開発された乳酸配合の膣内部を洗浄するアイテムです。

膣にジェル状の洗浄剤を注入するだけで、膣内部を酸性に傾け細菌の繁殖や臭いを抑えることができます。

インクリアは毎日使用するものではなく、臭いが気になる時に1本使い切るデリケートゾーン専用の洗浄剤です。

膣洗浄器 インクリア 10本入

膣洗浄器 インクリア 10本入

2,623円(10/17 07:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

デリケートゾーンはしっかり洗えばよいという訳ではありません。

正しい方法で刺激の少ない洗い方を実践することが大切です。

デリケートゾーン専用の石鹸を使用することも一つの方法

デリケートゾーンは他の部位と異なり、非常に洗うのが難しい部位です。

洗いすぎも洗浄不足もデリケートゾーンには良くないので、洗い方が非常に重要となります。

そんなデリケートゾーンの洗い方で悩んでいる方は、一度専用の石鹸を使ってみることも一つの手となります。

刺激が少なく、肌に良いとされる弱酸性を保つことができる専用の石鹸は、デリケートゾーンを傷つけることなくしっかりと洗浄することができるので、洗い残しが少なくなります。

通常の石鹸を使用して念入りにデリケートゾーンを洗浄してしまうと、皮膚にとって良いとされる表皮ブドウ球菌までも洗い流してしまう危険性があります。

専用の石鹸には黒ずみと臭いを解消する成分が含まれているものもあります。

頑固な黒ずみには少々力不足ですが初期の黒ずみには効果が見られます。

ただ、黒ずみ解消には個人差があるので、即効性を求めすぎると残念な結果になってしまいます。

臭いに関しては、生理中やオリモノの不快な臭いを元から排除する働きがありますから、汗をかきやすい夏場はもちろん、オールシーズン使用できます。

使い続けることで、デリケートゾーンの独特なニオイが気にならなくなり黒ずみが薄くなったと答える女性がたくさん見えます。

デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

黒ずみ対策は石鹸とクリームW使いが効果的

黒ずみケア専用の石鹸と美白クリームのW使いが効果的なのは、使用する商品の成分に理由があります。

ジャムウ石鹸には、臭いと黒ずみを解消できる効果がありますが、黒ずみに関しては効果が薄いと言われています。

美白クリームは、黒ずみを集中的にケアし保湿する作用があります。

そこで、デリケートゾーン専用の石鹸と黒ずみに特化したクリームを同時に使用し、より効果的に黒ずみを解消しようというのが狙いです。

石鹸とクリームのW使いを知っている人は、一般的な石鹸ではなくあえてデリケートゾーン専用の石鹸を購入しています。

クリームも使って少しずつ綺麗に

デリケートゾーン専用クリームには、美白成分が含まれています。

1日や2日で黒ずみが薄くなることはありませんが、使い続けることで徐々に薄くすることは可能です。

長い目で見た時に、ケアを続けている人のほうが確実に効果は高いです。

黒ずみは、誤った自己処理や日常的に摩擦が繰り返されることで発生します。ですから、クリニックやサロンで、黒ずみを除去したとしても一時的にキレイになるだけ。

ケアを怠れば、どんどん黒ずみが増えていくので、作られる前に専用クリームでケアをすることが大切なんです。

目安は、3カ月~4カ月。毎日ケアを続けることで徐々に黒ずみを薄くします。

手入れを続けていくことでキレイな肌を維持できる。

デリケートゾーンの黒ずみは、そう簡単に消えるものではありません。

クリームや石鹸だけでは限界があるから、高いお金を支払ってまで黒ずみを除去する女性達がいるんです。

デリケートゾーン専用クリームの目的は、メラニンを抑えて排出すること。時間はかかりますが、肌が正常であれば黒ずみは薄くなっていきます。

問題は、真皮層まで落ちた黒ずみです。この場合は何を使用してもほとんど効果が現れませんので、レーザー治療に頼るしか解決法はありません。

専用クリームや石鹸は、黒ずみ予防や対策として使用することをおすすめします。

ケアを怠れば黒ずみは増えていきます。

アンダーヘアが多いとデリケートゾーンの臭いがキツくなる?

アンダーヘアを処理していないと、臭いの素となる雑菌やおりものなどの物質がそのまま付着した状態になってしまうので臭いの原因になってしまいます。
また、ゴワゴワしているとやはり通気性が悪くなり、ムレて臭いの原因になることもありますよ。

デリケートゾーンの毛量が多いと通気性が悪くなるので、ムレてかぶれが出来やすくなります。特に生理中は肌も敏感になりかぶれやすいのですが、四六時中、経血も毛についたままにもなりますし、ナプキンになってもムレるのでさらに劣悪な環境になります。

アンダーヘアの長さや形はどれくらい?

アンダーヘアがチクチクだと黒ずみに!?

アンダーヘアは整えた方が良いですが、注意した方が良いのは、アンダーヘアを鋭利な刃物などで処理したりすると逆に毛先が尖がってしまいチクチクし、肌を刺激してしまうことがあります。すると、痒みも生じますし、黒ずみになってしまうことも。

ヒートカッターなどを使用して肌を刺激しない様に毛先の先端を丸く処理する方法がおすすめです。

 ヒートカッターでアンダーヘアを処理!使い方やオススメする理由

アンダーヘア専用のトリートメント!?

アンダーヘアが剛毛でチリチリだという方に朗報なのが、このトリートメント。

もちろんデリケートゾーン専用のものです。ご存知ですか?

効果は頭髪のトリートメントと同じように、ふんわり女性らしいサラサラとした肌触りでチリチリとしたアンダーヘアも直毛に変身させてくれます!

通常のトリートメントでは駄目なのは、刺激が強くトラブルの原因になってしまうのももちろんですが、アンダーヘアが艶々になったりと不必要な要素が含まれているからです。

アンダーヘアにトリートメントを使った効果

強いニオイは病気のサイン?

デリケートゾーンのニオイが強くなったということであれば、病気の疑いもあります。

急にニオイが強くなったり、おりものにも変化(色が変化したり、ポソポソしたカスが出たり)があった場合は急いで婦人科を受診しましょう。

デリケートゾーンはとにかく清潔を保つことが重要です。(ただし洗いすぎは注意)

おりものシートやナプキンはこまめに交換しましょう。

終わりかけの生理はビデやシャワーを有効活用するのもアリです。

そして下着は、デザインも大事ですが通気性を重視して選ぶように変えていきましょう。

 

デリケートゾーンの病気に気がつく時

性病に限らず、デリケートゾーンに痒みやできものが現れると生活に支障がでるため早期の治療が大切です。

汗をかきやすく蒸れやすい夏場は特に要注意。普通に過ごしているだけで下着の中の湿度が高くなり細菌が繁殖しやすくなります。

また、プールや海水浴も塩素などの刺激物が膣内へ入り込みデリケートゾーンがいつも以上に敏感になったり痒みがましたり異常が現れます。

かぶれ悪化

下着の摩擦や締め付け、長時間同じ態勢で座り込んでいるとデリケートゾーンの内部が圧迫されて痒みやかぶれが生じることがあります。

デリケートゾーンのかぶれの場合は、下着を細目に交換して軟膏を塗ることで患部が安定していきますが、湿疹や腫れが現れて症状が長引く時はかぶれであっても治療が必要です。

また、性病から起こる痒みやかぶれの場合は、デリケートゾーン専用の軟膏では完治しません。性病ではないカンジダ膣炎も軟膏で症状が治まる場合もあれば状態によっては症状が安定せず悪化するケースもあるため、様子をみながら婦人科系を受診する必要があります。

悪臭から気付く

痒みよりもニオイが急激に変化して悪臭化した場合は注意が必要です。痒みは掻きむしることで痒みや痛みが増してしまう場合があるので患部を冷やしたり軟膏を塗ったり対処する方法があります。

しかし、普通に過ごしているにも関わらずニオイを強く感じた場合は子宮内部の病気や性病が潜んでいるケースが多いのです。
どちらにせよ、放置しているとどんどん悪化し重症化すると手術や不妊症の原因にもなります。

デリケートゾーンのニオイで異常を感じた場合は婦人科系を必ず受診するようにしてください。

おりものの異常

女性の体を正常に保つためにはおりものの分泌が必要です。子どもの頃は気にならなくても月経が始まるとホルモンバランスの乱れや体調によっておりものの分泌量は変化します。

さらっとしたおりものや粘り気があっても一時的なおりものなら問題はないのですが、血が混じっている時や膿状のもの、チーズのようにポロポロしている場合は危険です。

これらは、子宮の病気や性病に多く見られる症状なので市販薬では完治することはありません。呑気に市販薬で対処していると取り返しのつかないことになるので迷わず婦人科系を受診しましょう。

おりものから異臭がする場合も同じ。痒みやニオイを我慢する前に正しい治療を開始してください。

デリケートゾーンの病気

デリケートゾーンに強い痒みや何らかの異常が現れてきた時は、子宮の病気や感染症が隠れている場合があります。

一時的な痒みには洗浄や軟膏で対処できますが痒みが何日も改善されない場合は婦人科系を受診する必要があります。

頻繁に痒みが生じる方は要注意。性病は慢性化する疾患なので繰り返されます。ここでは子宮関連の病気ではなく代表的な性病について紹介します。興味のある方は下記を参考にチェックしてください。

細菌性膣炎

おりものの臭いが強烈で生臭さを感じます。

その他の症状としてはおりものの色が「灰色」や「黄色」になります。

細菌性膣炎は「細菌」が繁殖してなります。

性病ではないので、ナプキンの長時間付けっぱなしで細菌が繁殖したり、ストレスや免疫力が低下している時になります。

 

トリコモナス

膣炎の原因の10%前後を占めるトリコモナス膣炎。主な感染の原因は性行為ですが、不特定多数の人が集まる水場からも感染することがあります。

ですから、子どもでも感染する可能性があるというわけです。

予防としては、水場での感染力は強いですが乾燥に弱いので、タオルやトイレの便座シートなどはしっかりと乾燥させると良いでしょう。

主な症状は、外陰部に強い痒みが出ます。また、おりものが黄色くなったり量が増えたり、時には泡状になり異臭を放つことがあります。

淋病

感染の多くは性行為で、性行為以外での感染はほとんどないです。

子宮頚管炎を発症し、陰部やおりものから強い臭いが出ます。また、治療をせず進行すると、卵管炎や腹膜炎となるので気になる症状が出たら婦人科を受診しましょう。

予防法としてはピルなどの内服薬ではなくコンドームを使用するのが一番です。

クラミジア

日本で最も多く、年間24000人~25000人が感染している性感染症です。特に若い世代の感染が多く、1012年の調査で女子高生の13.1%が感染していることが判明しています。

感染の原因としては性行為以外の感染はないと言われています。なので、コンドームを使用ることで感染の可能性を大きく低下させることができます。

8割の女性が感染していても症状が出ない場合があります。ですが、放置してしまうと不妊症や腹膜炎になるリスクが高くなります。

下腹部や性行為時の痛み、おりものの異常がある場合には婦人科系を受診し適切な治療を受けましょう。

カンジダ膣炎

膣炎の20%~25%がカンジダ原因と言われています。

カンジダとは膣内や空気中にあるカビです。疲労やストレスなどで免疫力が低下して感染し発症します。

症状は陰部の痒みが強くおりものの形状が酒粕やチーズのようになります。また陰部の痒みがひどくなるとヒリヒリした痛みを感じるようになります。

生理中の人やピルを服用している人、糖尿病の人は特に感染のリスクが高くなるので気を付けてください。

トリコモナス膣炎

おりものが黄色くなり、そこから悪臭がします。

性行為からトリコモナスという微生物の原虫で感染します。

まとめ

性病はデリケートゾーン専用の軟膏では完治しません。必ず婦人科系を受診し医師の適切な判断のもと治療を開始してください。

 

デリケートゾーンってどんな風に手入れをしているのか聞いて見ました。

みなさんは、普段からデリケートゾーンのお手入れに意識を向けていますか?

していない!と言う方も居るとは思いますが、大半の女性がお手入れをしているものだと思います。

お風呂などで、自分のアンダーヘアを見た時、ボサボサ・モサモサだと何か嫌な気分になりますよね。

下着から、はみ出しているのも女性らしさに欠けると言うか…

そして何より、彼とお泊まりをした時などは、日頃からお手入れをしている方が焦らずに済むので良いと思います。

いざって時に、あ!お手入れしてない!となると、せっかくのシチュエーションも台無しになる可能性大です。

そして、日頃からお手入れに慣れていると面倒臭さも半減しそうな気もします。

お手入れ癖がついていないと、しなくてはならない時に、余計に面倒な気分になりそうですよね (笑)

そこで、今回みなさんには『デリケートゾーンの手入れってしてますか?』と言う質問をしてみました。

デリケートゾーンのお手入れはしなければしないほど肌荒れが酷くなるのでデリケートゾーンのお手入れは中学時代からしていますが最初はお手入れの方法に合う、合わないがありたくさんの商品を試し自分に合うものを探し当てたときは「これからはこれで三日坊主にならないようにしっかりケアするんだ」と決め今も忘れず毎日デリケートゾーンケアをしています!
私は、今出産して怠ってますが、出産するまでは、必ず月に1、2回デリケートゾーンのお手入れをサロンでしてもらってました。 元々デリケートゾーンが毛深くて悩んでいたら、ブラジリアンワックスを扱うサロンを友達に教えてもらい、それから必ず行く様になりました。 初めての時は、すごく痛かったですが、慣れてくれば全然痛くないんです!! 痛さより女の人が施術してくれるのですがいつも恥ずかしさでいっぱいでした。 でもいつも綺麗にしてくれていた子とに感謝です。 デリケートゾーンって隠れたところですが、隠れているからこそ処理して綺麗にしていないと!!っと私は、思います。 出産してお手入れまったくしてないので、早く行きたいです!!
高校生くらいの頃から意識しはじめて、(異性はもちろんですが、温泉などに入るときもやはり気になるようになりました。)お手入れするようになりました。だいたい週に1回くらいのペースでしています。いまは妊娠中なのでお手入れできませんが、出産してからまたお手入れしようと思っています!
若い頃はしていましたが、結婚してからしなくなってしまいました笑一応Vライン、Oラインとしていたのですが水着になることがなくなったのと妊娠を機にやめてしまったのがキッカケですね。でも生理中などはムレ防止のためにもお手入れした方が良いですし、実際デリケートゾーンがかぶれてしまった事もありました。そろそろサボらずに見直そうとは思ってます。

デリケートゾーンのお手入れはしています。 季節に関係なくお風呂場での簡単な処理になりますが毎回行っています。 T字のカミソリでのお手入れになるので、たまにカミソリ負けをしてしまうこともあります。自分での処理は手間もかかるし、生え初めは黒ずみが目立ってしまうので脱毛も検討中です。 中々行くタイミングもなく、最近では脱毛石鹸も使用しています。こちらは石鹸を変えるだけなのでこれからも使用していくつもりです。
必要な時はしています。 例えば、夏に海やプールに行って水着になるときは、陰毛がはみ出てしまうことのないようにお手入れをしています。 また、割と陰毛が濃い方なので、若いころ(20代のころ)は、友人たちを温泉などに行くときも気にしてお手入れをしていました。子どもが生まれてからは、温泉に入るときは全く気にならなくなったので、お手入れはしていません。
デリケートゾーンは以前から気になっていたので、脱毛サロンでIVOラインの脱毛をしました。 IOラインは全て脱毛し、Vラインは形を整える程度の脱毛をしました。 今までお手入れするのが大変だったので、サロンで脱毛してとても楽になりました。 また、週2回はジャムウの石鹸で泡パックをし、デリケートゾーンのお手入れをしています。

 

臭い
デリケートゾーンの気になるにおいを取る方法

デリケートゾーンの臭いについて原因と対処法 デリケートゾーンの悩みの中でも、特に心配なのは“臭い”に関するものです。 生 ...

読んでもらいたい記事

390,977view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

140,550view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

78,560view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-デリケートゾーン
-