かゆみ

陰毛を剃って痒くならないための処理方法

更新日:

アンダーヘアを剃って痒くならないために

“美しく快適に”を目指してアンダーヘアを整えたけれど、思わぬトラブルが発生してしまうことはとても多いです。

剃った後に痛みが出ることだけではなく、痒みが出ることは日常生活のストレスを増やす原因にもなってしまいますよね。

痒みが出ても掻きにくい場所なので、もどかしい思いをすることが想像できてしまうでしょう。

痒くならないためにお手入れをしない訳にもいきませんし、痒みが出る前に対処できるならしたいものです。

それでは、アンダーヘアの処理後痒くならないようにするにはどのような方法があるのかについて、お伝えしてまいります。

アンダーヘアを剃ると何故痒みが出るの?

まずアンダーヘアのお手入れ後に痒みが出る仕組みについて、ご説明致します。

その原因として最も多いのが、剃った後の毛先が尖って肌に触れることによる痒みです。

特に剃刀での処理後直ぐは鋭利になりやすく、3日ほどは痒みに苦しむケースがほとんどです。

次に考えられる原因としては、剃っている時に皮膚を擦ってしまって剃刀負けになっているというパターンです。

剃る際に力を入れ過ぎる、適当に肌に当てる、などの行為が痒みに繋がりますので注意が必要です。

基本的に肌に刺激が加わると痒みが出る仕組みになっていますので、極力お手入れの際には皮膚を守るような剃り方をしなくてはならないんですね。

アンダーヘアが痒くならない剃り方はあるの?

では、痒みが出ないような剃り方にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず準備する際に、なるべく刃の数が多いシェーバーを選ぶようにすることが大切です。

剃り残しが残るほど、その部分が肌に触れて痒みを増大させるので、最低でも4枚刃くらいのものを選んでおけば間違いないでしょう。

お安い1枚刃のものを使いたくなる気持ちは分かりますが、そうすると全ての毛を処理するために何度も皮膚の上を滑らせなくてはならず、肌に小傷が付きやすくなります。

安全面や快適性を重視するのであれば、“良いシェーバー”を選ぶに越したことはありません。

また剃る際に、シェービングクリームを必ず用いることも重要とされています。

肌を傷付けずに滑らかな剃り心地をキープできるので、女性用の敏感肌にも対応するものを利用するように心掛けましょう。

流れとしては、温タオルで毛を柔らかくし、ハサミで余分な毛をカットして、シェービングクリームを塗布後丁寧に剃り、水で流した後に保湿ローションなどでケアするようにするのがベストです。

ハサミでカットするのは、剃刀に毛が絡まないようにするためです。毛が絡むと処理がしにくくなってしまいます。

シェービングクリームは、肌トラブルを引き起こさないためにもアンダーヘア専用のものを使用しましょう。

処理後にお湯で流したら、最後に水で毛穴を引き締めることも痒みを出さないコツです。
保湿ローションは、乾燥による皮膚の痒みを防いでくれるので必ず塗るようにしてくださいね。

既に痒みを発症している時にできる対処法は?

もう既に今痒い!我慢できない!といった方は、このような改善方法がありますので試してみてはいかがでしょうか。

即効性を求めるのであれば、市販のデリケートゾーン専用軟膏を使用するといいです。

大体価格は1000円前後で、大抵のドラッグストアに置いてあります。

薬の使用に抵抗のある方は、デリケートゾーンを冷やすという方法もあります。衣類による蒸れで痒みを引き起こすので、それを予防するためにタオルに包んだ保冷剤を当てると痒みが引いていきます。

また今着用している下着が締めつけの強いものだと、摩擦力も上がってしまいます。天然素材の下着に変えて、皮膚ダメージを軽減しましょう。

剃ってしばらく経ち、生え始めの部分に痒みを感じるのであれば、ヒートカッターで毛先を丸めるやり方がお勧めです。

どうしても気になる場所は、いっそのこと脱毛してしまうという手もあります。
サロンでの光脱毛や、ブラジリアンワックス、家でも脱毛剤を使用するなどあらゆる方法があります。

剃るだけではお手入れに満足できない、と感じる方は、試してみる価値がありますよ。

アンダーヘアを剃る際に見逃しがちなポイントとは?

事細かくお伝えしてまいりましたが、さらにアンダーヘア処理の成功率を上げるためにできるポイントをご紹介していきます。

それは、鏡選びです。

“何度も剃る”といったことが肌を傷付け痒みを増幅させる要因になりますので、剃る際には慎重に行えるよう鏡を用いたほうがベターです。

その鏡も、小さく曇りやすいものですと結局よく見えずに皮膚にダメージを加えてしまいます。

できるだけ大きめの、ハッキリと見えるものを選んで、体勢をこまめに変えながらアンダーヘアを剃るようにすると失敗が少ないですよ。

またシェーバーの刃ですが、こまめに変えなければ刃の剃り味が落ちて雑菌が繁殖するようになってしまいます。

1ヶ月を目安に、清潔で安全な刃に替えて処理を進めてくださいね。

最後に~

剃った時のチクチクとする痒みは、特にホルモンバランスが崩れがちな時期に感じやすい傾向にあります。

精神的・肉体的に疲れている、生理期間前後である、妊娠中・授乳中である場合はお手入れ回数を減らすか処理を先延ばしにした方が安心です。

自分にピッタリの方法で痒みの苛々を無くして、快適な生活を目指しましょう。

アンダーヘアを剃って痒くならないための処理方法を聞いてみました。

今回は実は体験したことがある人が結構いるんじゃないかなというこの話題です。

ずばり「陰毛を剃ってかゆくなってしまった体験談」です。

アンダーヘアはやっぱり整えたいけどお金がなくてエステに通うわけにはいかないから自分で処理するしかない、という人結構いるんじゃないでしょうか。

仕方なく剃っているとそのあと待っているのが痒みですよね。

出ない人もいるかもしれませんが、体験した人にはわかるこの何とも言えない痒み。

痒いことを誰かに言うことはできないけど、なんかこの気持ちもどかしい!みんなも同じ気持ちなの?と思っている人は結構いるようです。

そんな人たちの悲痛な体験談をまとめてみました。

読んでいると、チクチク痒いような気分になってしまう記事でいっぱいです(笑)

ヒートカッターは使えるアイテム
ヒートカッターの使い方!アンダーヘアがチクチクしない処理方法

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

その昔、彼氏と海へ行くことになった時の話です。張り切って買ったビキニと、下の毛の配置がどうしても合わず、結構はみ出ることに気づいたのが、デート前日。こんなの恥ずかしくて絶対ムリ!何とかしなくちゃ!と焦った私はとにかく脇用のシェーバーで剃りました。ついでに、毛先がツンツンと水着を突き出ないように、カットしました。翌日、デートは無事終えましたが、剃り跡に海水がダメだったらしく、痒くてチクチクするし、赤く炎症してしまいました。やっぱり、下の毛の処理は、サロンでした方が良いと思います。
私はいままで陰毛の処理など考えたこともなく、恥部の毛を剃るなんて思考に至ったこともありませんでした。
しかし、高校に入学し異性の友達もでき男女グループで海に行こうとなり、初めてビキニを購入し、履きました。しかし、当時剛毛だった私の下の毛はビキニに収まりません。
こんなこと相談できる友人もおらず、時間もなく私は普通の剃刀でじょりじょりと下の毛を剃り落としました。海に行く当日はそれでなんとか違和感もなく大丈夫だったのですが、それから何週間も痛み、赤くなり、なりより痒みに耐えられず、後悔しました。
一度陰毛を剃ったことがありましたが、少し伸びてくるとショーツに毛先が当たってそこから肌に当たってるのかチクチクしてかゆくて仕方ありませんでした。安いカミソリを使ったのが原因かもしれませんが。かゆくてもダイレクトにかくこともできない場所なので、トイレに行ったときに掻いていました。それ以来は陰毛を剃ることはせずに、自然のままにしています。
私は昔から毛深いことがコンプレックスで、陰毛でさえも剛毛で毛深く下着からはみ出してとても恥ずかしく悩みました。
夏場は特に蒸れ、それが嫌で一度全て剃ってスッキリしてしまおうと考え、陰毛を剃ってみました。
最初の頃はツルツルでスッキリしたのですが、少しずつ伸びてくるとチクチクしてしまい、それが返って痒みの原因になってしまいました。
そのことから今は剃るのではなく、下着から出てしまう部分等少しハサミでカットするようにしています。
私は元々体毛が濃く、一度だけ陰毛をカミソリで剃ったことがあります。最初はパンツにすっきり陰毛が収まり良いのですが、毛が生えてくるにつれて痒みが襲ってきました。剃った部分は少しでしたが、とても痒かったです。友達に相談することもできず、一人で痒みに耐えてました。皆さんも、カミソリでの陰毛自己処理には十分お気を付けください。

 デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

私は伸びてくるとお風呂場でハサミでカットします。子供用散髪ばさみと、ヘアコームで、先を揃えながらカットします。きりたてのときは、どうしてもチクチクして、下着との摩擦から痒くてたまらなくなります。毛先をうまくキレたら痒みも防げるようにも思い試行錯誤しています。
今年に、緊急帝王切開が、決まり、急遽助産師さんに産まれて初めて大事な毛を処理されました。
無事出産は終わり、日が経つごとにチクチクと痒いのとムズムズ感に下半身に不愉快な思いをしました。
現在は元通りにもどってきたんですが、毛がふとくなったせいか、たまにチクチクしたりかゆみを感じる事があります。手入れをしょうかまよってます
夏にアンダーヘアを剃ってしまいました。
涼しくなること望んで剃ったのですが、下着に毛が当たるごとに痒く、生えたてのときは特に苦労しました。アンダーヘアを剃ってしまうと、デリケートな部分を守ってくれるものがなく、衝撃にとても弱くなります。
今までは気にならなかった布のこすれ具合などが敏感になり、夏場はとても蒸れが気になりました。
陰毛の生える範囲が広い方なので、夏の水着の機会になると必ず水着からはみ出てしまい、仕方なくその都度市販のシェーバーで剃っていますが、剃った次の日からチクチクと痒みが出始めて、毛が伸びて来れば来るほど痒みは増すのですが、ある程度の長さになると痒みは治まってきます。ですがやはり痒みが原因で毛穴が赤く炎症してしまいますので、出来れば剃らずにレーザーなどの脱毛へ行きたいですね。毎年辛いです!
ムレが気になり、自宅にあった石鹸と使い古した2枚刃のT字カミソリで適当に処理したのですが、1日後に違和感があり、気が付くと皮膚が荒れてブツブツと真っ赤になっていました。昼間の汗でさらに悪化したようで、逆にムレと痒さで泣くはめになってしまいました。デリケートな部分の処理は適当にしてはいけないと思い知りました。
陰毛について
女性の陰毛について「生え始めから処理方法・トラブルの対処法など」

陰毛のメカニズムから役割、手入れまでアンダーヘアの全て! 陰毛は男女共に、非常にデリケートな話題でしたが、最近では、イン ...

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-かゆみ
-