日焼け

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、併用しても大丈夫?

更新日:

飲む日焼け止め

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めは併用してもOKです。

中には例外もありますが、飲む日焼け止めの公式サイトでも特に飲用し始めてから「数週間から数か月は塗る日焼け止めと併用してください。」と注意事項などに記載されている所が多いです。

それは、日焼け止めの主成分、フェーンブロックやニュートロックスサンの効果に由来するものと推測できます。

今回はそのことに触れながら、詳しくご紹介いたします。

飲む日焼け止めの効果は一体いつから?

ニュートロックスサンは「1日に250mg飲用し続けて約3ヶ月後に紫外線を60%ブロック出来るという研究結果」があります。

ちなみに紫外線を浴びた後に飲んだとしても染色体の損傷を55%抑制してくれるので飲み忘れにも効果があると言われています。

ニュートロックスサンには全く即効性がないという訳ではありませんが、飲んで数日目と数か月間目とでは効果にかなり差があり、飲み続けるほどその効果が高まっていくタイプです。

ただし、日本製の飲む日焼け止めにはニュートロックスサンに加えて、即効性のある「クロセチン」という成分を配合して効果を高めていることが多く、服用後すぐでも全く日焼け止め効果がないという訳ではありません。

そして、フェーンブロックの方は飲んで30分後に効果があり、即効性があるものですが、ニュートロックスサンが1日中効果があるのに対して、4~6時間後には飲み直さなくてはなりません。

その境界線が曖昧なので、やはり併用しておいた方が無難です。

効果が中途半端な無防備な状態で外出すれば日焼けしてしまうのは当たり前です。

そして、公式でも「初め(数週間)は併用してください。」や「炎天下での使用は併用したり、日傘なども使用してください。」と書かれています。

中には、強者で「最初から必要なし。」と書かれている所もありますが、そもそも「3ヶ月で60%ブロック」との研究結果なので、併用しておいた方が間違いないでしょう。

併用するなら飲む日焼け止めの意味はないんじゃない?

当然、端から併用しなくてはいけないと聞くと意味のないように感じますが、それは間違っています。

①塗る日焼け止めも完ぺきではない。

塗る日焼け止め自体も実は完ぺきではありません。

塗り残しはもちろん、飲めば一日中効果のある飲む日焼け止めと違い数時間ごとに塗り直さなければ効果がありませんし、どんなに優れた日焼け止めでも100%防止することは不可能です。

併用することでより効果が強力になり100%に近づく日焼け防止効果を得られます。

そのため、夏でも長袖、日傘や帽子、サングラスといつも万全な恰好をせず気軽に考えて、好きなお洋服を着て、おしゃれを楽しむことも出来ますし、海や山などの炎天下の中のレジャーの際にも焼けにくくなります。

②貴女の日焼け止めを塗る部位は完璧ですか?

サングラスをしなければ、目から日焼けするのはもちろんのこと、髪や爪、うなじ、耳の裏、足の裏なども日焼け止め対策していますか?

中々そこまで気が回らない方が多いと思います。

しかも、実は衣服を着ていても生地は紫外線を通すので、厳密に言うと衣服の下の肌にも日焼け止めを塗らなくてはいけないということになります。

そこまでされている方はさすがにいないのではないでしょうか?

そこまでしなくてもいいのが、飲む日焼け止めです。

③肌に優しい!

塗る日焼け止めは敏感肌でなくとも少なからず肌にダメージを与えています。

特に日焼け防止効果を得ようとSPF値やPA値の高いものを使用しようと思うと肌ダメージはより強力です。

けれど、併用となればSPF値やPA値の低いものでも補うことも可能なので肌ダメージが最小限で済みます。

また、日光アレルギーやアトピー性皮膚炎、敏感肌の方には日焼け止めを塗るにも苦行だと思いますが、そうゆう方には塗らなくてもある程度、紫外線を防御できるのは嬉しいですよね。

④併用するとコストがかかる?

曇りや雨の日の日焼け止めの使用やコンビニや洗濯物を干す時のちょっとの時間の外出、うなじや服の下にも日焼け止めを塗ったりしますか?

しかも、室内にいたとしても日焼けはします。

平日、仕事へ行く前や休日もレジャーへ行く前には、万全な対策を行うものの普段は案外ズボラな方も多いのではないでしょうか?

そんな時に「日頃から体内から改善していれば!」「毎日、数粒飲めばいいだけ!」の飲む日焼け止めは楽ではないでしょうか?

数時間ごとに身体全体をに塗らなくてはいけないことを考えると塗る日焼け止めだけの方がコストもかかるでしょう。

最後に

飲む日焼け止めは、日焼け止め効果とは別に様々な女性に必要な成分が含まれています。

そのため美容効果も高いので、日焼けを防止するという意味合いだけではなく、美白、美肌、ハリ、つやと肌そのものの美しさも得られます。

普段ケア出来ない部位にも手が届くのが飲む日焼け止めでしょう。

是非、併用をおすすめします。

飲む日焼け止めの効果について

飲む日焼け止めってどんなもの?

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-日焼け
-