アンダーヘア

デリケートゾーンの痒みの原因と対処法

更新日:

痒い

デリケートゾーンが痒い時にケアする方法

デリケートゾーンの痒みは、知り合いは勿論のこと医師にも相談しにくい悩みです。

外出時に気軽に掻ける場所でもないですし、原因を追求することも難しくひたすら我慢を重ねている方も多くいらっしゃいます。

デリケートゾーンが痒くなってしまう要因は様々ですが、アンダーヘアの処理によって引き起こされるケースも少なくありません。

こちらではそんな痒みの症状について、原因や対処法を詳しくご紹介致します。

まず、何故痒みを感じるの?

“痒み”という感覚は、外部や内部による刺激から身体を守ろうと反射的に神経が作用して引き起こされるものです。

皮膚や粘膜に危害が加わると、それを取り除こうと脳が働いて、“引っ掻く”という行動を無意識のうちに人にさせてしまいます。

痛覚と反応する仕組みは似ていますが、別の感覚であり、痒みを抑えるためにはそれ相応の処置が必要になります。

デリケートゾーンの痒みの原因は?

では、デリケートゾーンにおいて痒みが発症するのはどのような原因があるのでしょうか。

まず重度な場合、病気のサインである可能性があります。

性病や膣カンジダなどの感染症にかかっているケースでは、痒みとともに熱いような刺激を感じることがあります。オリモノの量が急激に増えた方は、早めに病院で診察を受けることが望ましいです。

症状が進むとデリケートゾーンの皮膚が爛れてしまうこともあるので、注意が必要です。

次に、下着やナプキンなどの素材にアレルギー反応を示して引き起こされるケースです。特に敏感肌の方は、化学繊維に過敏に反応して痒みと肌荒れを同時に発症することが多いです。同じくデリケートゾーンを洗う際に使用するボディソープなども、合成物質を多く含んだものを使い続けることで肌を傷め、痒みの原因になってしまう場合があります。

デリケートゾーンの洗い過ぎは身体に必要な菌を流してしまい、反対に綺麗に洗わないと不衛生な状態からカビを発生させてしまうので、丁寧なケアが求められます。

体調も痒みと大きく関わっており、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどにより免疫力が落ちていると皮膚の防衛機能が正常に働かず痒みに繋がることがあります。

そして痒みの原因として切っても切り離せないのが、アンダーヘアの自己処理によるものです。

ハサミや剃刀で処理した後のアンダーヘアは毛先が非常に鋭利になっているため、肌を刺激して痒みを発症させます。

また肌を傷付けてしまい、そこから細菌が侵入して痒みが出る場合もあります。

アンダーヘア処理をしていないのに痒みが出ている方は、毛が濃いために蒸れて雑菌が繁殖し症状が出ていることもあります。毛が密集していて排泄物の付着により湿度が高い状態のままのデリケートゾーンは、蒸れやすく通気性も悪くなりがちです。

特に、締め付けの強い下着と、ストッキングやタイツを重ね履きしている際は要注意です。

デリケートゾーンの痒みへの対処法は?

急激に今までにない痒みを感じた場合は早急に医師に相談して投薬治療が必要な場合もありますが、基本的に自宅で出来る痒みへの対処法で改善することが多いです。

ボディソープの濯ぎ残しを避けるためにも、丁寧に泡立ててから洗って清潔な状態を保つことが重要です。デリケートゾーン専用の低刺激で乾燥を防ぐ石鹸もありますので、特に気になる方はトライしてみる価値があります。

夏場など蒸れやすい時期は下着やナプキンをこまめに変えて、トイレで排泄した後は“ビデ”で洗浄することも細菌感染を防ぐ秘訣です。

また下着の素材がナイロン性、もしくはポリエステル性の場合、肌への影響が懸念されますので素材の表記をよく確認してから衣類を購入しましょう。

痒みに関するアンダーヘアの処理方法ですが、ハサミで処理した後はヒートカッターで毛先を丸めておくことが有効です。

皮膚への刺激を抑え、手触りも良くなるので一石二鳥の処理方法です。

また下着が擦れるラインに毛量が多い場合は、電気シェーバーや家庭用光脱毛器などを使用して毛量を減らすことも大切です。

もし既にアンダーヘアを剃ったばかりで対処しようがない、とお考えの方は、脱毛ジェルや抑毛ローションを使用することで次に生えてくる毛を細く・柔らかくすることができます。毛に含まれるタンパク質を溶かすので、毛先を丸くする効果にも期待できるので、肌質に合ったもので試してみることをお勧め致します。

毛自体を全て無くしたい方には、ブラジリアンワックスを使用して無毛状態にする方法もあります。毛が痒みの原因になっている場合は、これで症状を抑えることが可能です。

自分で処理する自信のない方は、脱毛サロンや医療脱毛で相談することにより適切な長さに整えてもらえますので、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

どの処理でも、毛と皮膚の摩擦を極力抑えることを第一に考えて、痒みの発生をストップさせましょう。

最後に~

痒みを感じやすい状態のひとつとして、身体が温まっていることも挙げられます。

アンダーヘアを放置して濃いままにしておくと、“高温多湿”状態になるので痒みを感じやすい環境が出来上がってしまいます。

健康を維持するとともに、日常生活で痒み対策を行うことが非常に重要なので、普段から意識して過ごすように心掛けましょう。

アンダーヘア革命セット

陰毛のかゆみに関する体験談を聞いてみました。

今回も気になること、知りたいことを聞いてみました。

お送りするテーマは「陰毛のかゆみに関する体験談」です。CMなどでかゆみに塗るクリームを見かけたことがある人が多いかと思います。

みなさん実はかゆみに関するお悩みがあるんじゃないかと思ってお話を聞いてみました。

みなさんにお話を聞いてみたところ、どんな時にかゆみが出るようになったかということや、どうすればその痒みが治まるのかということについて教えてくれている記事もあるので皆さんの参考になるかなと思います。

ちょっと変わったこんな方法でいいの?というような面白い対処方法も紹介しています。

我慢してきたかゆみと今日でおさらばしちゃいましょう!

デリケートな部分の毛はいつもパンツやズボンに覆われていて蒸れやすくっています。
私自身、かゆみが出やすいのは生理中です。
生理中はナプキンもしますし、漏れ防止のためにスパッツをはくので、特に夏場はかゆみが出やすいです。
ケアとしては、帰って早めにお風呂に入ることです。やはり、お風呂に入って綺麗に洗うと清々しくなります。
以前脱毛していたので、ある程度整っていた
ビキニラインの毛。
1人目妊娠を期にすこし範囲が広がった気がして、カミソリで剃るようになりました。
1人目妊娠中、出産後は特に剃っても痒みや、腫れなどはでませんでしたが、
2人目を妊娠してからは剃ると毛穴が炎症を起こすのか白い芯のような物ができたり、
生えきるまでは赤く痒みもでるようになりました。
改善策はなく、とりあえず妊娠中は剃らないようにしています。
私の陰毛はとても剛毛で…しかも剃った直後はチクチク痛痒いので馬油を塗っています。
除毛クリームでは肌が弱く荒れてしまうので剃ったりカットしたりと日々格闘しています(笑)
特に夏場は蒸れてしまうのか余計に痒くなります…。
陰毛が薄い方が羨ましい…あっという間に生えてくるので、お金を貯めてエステサロンで脱毛してもらおうか計画中です。
私が陰毛に痒みを感じたのは半年ほど前のことです。
当時はパートナーもおらず、普段はシャワーで綺麗に流していたのにどうしてだろうと思い、よく見てみると白い出来物が陰毛の根元や膣の入口付近にできていて、強烈な痒みがあり、翌日すぐに産婦人科で診てもらいました。
すると、カンジダということがわかりました。抗生物質を飲んでいるときなどになりやすいそうで、性病ではないとのことでひとまず安心しました。
医師に、膣は石鹸で洗わないほうがいいと教えてもらい、塗り薬を処方してもらいました。塗り薬を塗っていくと1週間ほどで陰毛の痒みがなくなり白いできものも無くなりました。
これからも気をつけていきたいと思います。
妊娠中に陰毛にかゆみがあり、パンツの上からかいていましたがあまりにも痒すぎてたまらなくなったので産婦人科に行くことにしました。産婦人科に行く前はデリケートゾーンの薬を塗ったりしていましたが、何かの病気になっているかもしれないので産婦人科に行くことにしました。妊娠中ということもあったので、病院に行きづらいと思うことなく行けました。
診てもらったところ、カンジタというものでした。病院で処方された薬を塗るとすぐに治りました。我慢しないで気になったらすぐに病院に行こうと思いました。
今年もまた、猛暑日が続く夏でした。ひどく汗をかく日が続いて、首筋や背中など、身体中にあせもができました。
首回りだけではありません。デリケートゾーンにも、汗のために、かぶれてしまいました。陰毛の根元の辺りが赤くなりました。まるで、虫に刺されたように、赤く腫れて、ひどいかゆみがありました。
かゆみが耐えられなくなるたび、浴室で、シャワーを浴びて、デリケートゾーンを丁寧に洗いました。ただし、石鹸を使うと、かえって刺激になってしまうので、石鹸は使用しませんでした。少しぬるめのシャワーを当てて、デリケートゾーンを手で撫でるようにマッサージしました。
シャワーの後は、バスタオルで水分を十分に拭きました。
このように、一時しのぎを繰り返していました。
私もたまにかゆくなります!家の中では何も気にせずにかけるのですが、外出中の際は困ります。かゆくなるとかきたいと思ってしまい、考えれば考えるほど、かゆくなりますし、、。なので、そうゆう時は違う事を考え、できるだけ忘れようと頑張ります!(笑)それでも無理な場合は、外出中であろうとかいてしまいますが(笑)もちろん、服の上からです!
夏場のムレによるかゆみや生理時の経血によるかゆみが主です。
なるべく、かゆみが出ない様に下着をチョイスしたりしますが、あまりに暑い時とか生理時はナプキンを長時間変えられない事があったりするとかゆみが出たりします。
かゆみが治らない時は塗り薬などで対処をしています。
ムレないナプキンなども売っているのでなるべく合うものを購入して事前にかゆみを防ぐようにはしています。
乾燥しやすく敏感肌のせいか、急に体中のあちこちが痒くなることが良くあります。毎日ではないのですが、陰毛の部分まで痒くなることがあり、寝ている間に掻きむしってしまい傷だらけになり腫れてしまい、ヒリヒリ傷んでいた時もありました。
最近は、陰毛部を含む体中の痒くなった部分には、市販の液体ムヒを塗るようにしています。そうすると、スースーして痒みがピタリと収まり、今では全く掻かなくなり、引っかき傷ができることはなくなりました。
お下の痒みは本当にツラいですよね?
腕や顔等の他の部分とは違い堂々と掻くわけにも行かず、でも気にすれば気にするほど痒みが増してきた気がして。
誰かに相談するのも恥ずかしいし、薬局でデリケートエリア用の痒み止めを購入するのもなかなか勇気が必要だったり…。
私はリゾートホテルに勤務していたときストッキングで蒸れてしまったせいかどんなに清潔にしていても午後になると痒みに襲われました。
市販の虫刺され用の痒み止めを塗っても結局は一時的な効果しかなく、私は思いきって陰毛を全て剃ってしまいました。
するとおもしろいくらいぴたっと痒みはなくなりました。
それ以降私はいつも陰毛を剃るようにしています。
夏場、生理の時に蒸れるのか、陰毛が痒くなる時があります。私だけなのか、仕事をしていて集中している時は特に気にならないのですが、ふと集中がきれると掻きたくてしょうがない衝動にかられます。かといって人前で掻くのは恥ずかしいし、誰かに相談もできないしで、トイレに行っては掻いていました。シラミがいるのか?と悩みましたが、生理が終わると痒みもなくなるので病院にも行きませんでした。そんな時、CMでデリケートゾーンの痒みをとめるという物が流れました。私だけではないんだ!と心が軽くなりました。
私は恥ずかしながら陰毛がとてつもなく剛毛です。
陰毛を伸ばしっぱなしにしておくと、パンツがもっさりしてしまいます。
ですから、陰毛を処理する時はいつもカミソリで剃っています。
しかし、うまい具合に剃ることができずに毛が伸びかけたりすると、チクチクしてとてもかゆいです。
パンツに手を入れてかきたくなるほどですが、人目が気になるのでそういう時はトイレに行って、こっそり掻いています。
 私は夜用・量が多い用のナプキンをつけても時々血が漏れてしまうくらいに経血の量が多く、特に寝る時には気をつけないと布団が赤く染まってしまいます。一日目はそうでもないのですが、二日目は特に中で蒸れて痒くなります。陰毛の部分が特に敏感で痒くなりやすいのは、おそらくナプキンがこすれてしまうからでしょう。
 私の場合ドロっとしている事が多いため、ナプキンの種類次第では吸収出来ずにそのままになってしまうので、余計に蒸れて痒くなってしまいます。夏よりも着込む冬の方が自分自身では難関ですね。
私の体験談だと妊娠した時におこりました。所謂カンジダです。カビらしいですね。それはもー、痒くて仕方なかったです。我慢のできるかゆさなら、いんでしょうが、かきむしるほどでした。その時は、通気性を考えてトランクスを履いてました笑。病院にいき、薬をもらい、すぐ、かゆみは治まりましたが、カンジダは、性病より、女性特有の病気です
高校2年生のときに付き合っていた彼氏に、無理やり性行為をさせられたときのことでした。
前戯もなしに無理やり挿入されたのがいけなかったのか、一時期陰毛のかゆみに悩まされました。
知識が浅かった当時は、感染症にかかったのではないかと心配しましたが、擦れてできた傷口からバイキンが入っただけで、感染症ではありませんでした。
今ではすっかり治りましたが、当時の彼氏とはもちろん別れました。
やはり性行為のことについては、真摯に考えてくれる人と付き合うことが大切だと考えさせられた出来事でした。
長さ
アンダーヘアの長さはどれくらいですか?

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

続きを見る

私が陰毛のかゆみを感じたのは、30代に入ったある日のことです。
生理のときにいつものようにナプキンをあてていましたがどうしても陰毛がかゆくなりトイレにかけこみました。
私はお金がもったいないので安いナプキンを使っていましたが蒸れてかぶれてしまい陰毛まで痒みを発症してしまいました。
そこでナプキンをこまめにかえるようにして、陰毛を一度全部剃り、通気性を良くしました。
すると、かゆみが治まり市販の薬で十分治りました。
これからも気をつけたいと思います。
陰部が痒くなるのは、生理中などでナプキンを使用している時や、陰毛の手入れをしてから2~3日たった頃です。
ちょうど、もうそろそろ、陰毛の手入れをしないといけないなと思う頃に生理になると、生理中に陰毛の手入れはあまりしたくないので、そのままにしていると、余計に痒くなってきます。また、陰毛の手入れをすると皮膚がカミソリ負けをしてしまうのか、やや赤くなり、痒くなってきます。
陰部の痒みはたびたびおきます。時々、チクチクした痛みも伴い、よく見てみると、陰毛の周りの皮膚がカサカサしていて、もしかして、性病?と不安になりましたが、そのような状態になることをした記憶はなく、原因は乾燥か、と思い、保湿クリームを塗りました。すると、次第に痒みはおさまり、痛みも引きました。場所が場所だけに、いろんな不安や恥じらいもありますが、他の皮膚と同様、乾燥していることもあるので、特に病気を疑うことがなければ刺激の少ない保湿クリームを使うことをお勧めします。
主に夏場下腹部が汗で汗もで湿疹が出たりします。生理の時にも蒸れて湿疹が出たりします。なので夏は脱毛します。すべて毛抜きで抜きます。清潔になり、肌トラブルも少なくなり快適です。年中やりたいのですが自分でやるのが手間で夏しかできません。ブラジリアンワックスに興味があり首から下全部やる人がいるそうで、やってみたいところです。
顔や身体にすぐに発疹・蕁麻疹が出てしまう体質なのですが、頻度や症状の重症性は違うにしろ、ホトンド一年中出てしまいます。ほぼ全身に皮膚炎になってしまった時に陰部も痒くなりました。生理中の蒸れて痒い…なんてものではなく、何も手につかないほどの痒さ。何度も何度も塗り薬を塗り、その際に塗りつつも掻いてしまっていたり。家族とはいえ、人前では塗れないので、何度も何度もトイレやリビング以外の部屋に行って塗っていました。塗り薬ではよくならず、ものすごい痒みにも耐えられなくて…結局かかりつけの皮膚科に行きました。しょっちゅう皮膚トラブルに見舞われるため、かかりつけの皮膚科があり、しかも女医さんなので、多少恥ずかしかったですが、淡々と診察してくださいました。我慢できないほどの痒みはその時ぐらいですが、もう二度と味わいたくないです。
陰毛(アンダーヘア)について「生え始めから処理方法・トラブルの対処法など」まとめてみました

女性必見!陰毛メカニズムから役割、手入れまで、アンダーヘアのあらゆることを調べました! 陰毛について ...

続きを見る

自己処理するならこのアイテムで決まり!

長さと形を整えるならVライントリマー

アンダーヘア革命セット
アンダーヘアをカットする専用のトリマーなので処理した後のチクチクも無く、トリートメントもついているのでフワッと柔らかくなりますよ。

クリームとローションを使ってエステ並みの脱毛が出来る。

肌に優しい脱毛クリームなら「パイナップル豆乳クリーム」

脱毛 除毛

パイナップル豆乳クリームは肌に優しくムダ毛を取り除きます。

エステに通わなくてもスベスベの肌を手に入れる事ができますよ。

パイナップル豆乳ローションと組み合わせることによって除毛頻度も減っていきお手入れも楽になります。

エステに通わなくてもスベスベな肌に「パイナップル豆乳ローション」

親子向けの訴求

刺激が無い化粧水系の除毛ローションです。
全身に使えて、IラインやOラインにも使用できます。
即効性はないですが、パイナップル豆乳クリームと組み合わせて使うことにより素早くスベスベな肌になります。

使い続けるほど、除毛頻度が減ってエステに通うようなスベスベな肌になるので。「いざ」という時のために早めにお使いされることをオススメしています。

-アンダーヘア
-,

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの悩みを解決! , 2017 All Rights Reserved.