デリケートゾーン

加齢と共にデリケートゾーンの臭いや黒ずみは変わりますか?

臭いと黒ずみ

加齢によってデリケートゾーンのニオイが臭くなる!?

デリケートゾーンのニオイって、少なからず気になりますよね!

実は、加齢に伴い「ニオイがキツくなりやすい傾向」があるんです。身体の造りなので、仕方のないことと言われてもショックですよね!

つまり、20代よりも30代、30代よりも40代と年齢を重ねるにつれて、デリケートゾーンのニオイを気遣っていかなくてはなりません!

どうしてニオイに変化が起こるのか?原因を知り、対策していきましょう!

皮脂分泌の増加で雑菌が繁殖する

加齢に伴い女性ホルモンの分泌量が減少すると、皮脂分泌のバランスが崩れてしまい、皮脂が多く分泌されるようになります。

皮膚には雑菌が分布していて、主に皮脂をエサに繁殖します。

体臭は雑菌が皮脂を分解することで発生するのですが、デリケートゾーンにおいても全く同じことが言えます。

そのため、デリケートゾーンも雑菌が繁殖することによってニオイを強める可能性があるのです。

皮脂分泌の増加で雑菌が繁殖する

加齢に伴い女性ホルモンの分泌量が減少すると、皮脂分泌のバランスが崩れてしまい、皮脂が多く分泌されるようになります。

皮膚には雑菌が分布していて、主に皮脂をエサに繁殖します。

体臭は雑菌が皮脂を分解することで発生するのですが、デリケートゾーンにおいても全く同じことが言えます。

そのため、デリケートゾーンも雑菌が繁殖することによってニオイを強める可能性があるのです。

何歳くらいからデリケートゾーンのニオイは強くなるの?

女性ホルモンが低下する時期(更年期)は、個人差があります。

しかし、一般的には45~55歳くらいが更年期とされ、女性ホルモンの分泌量が大幅に減少します。よって、この時期くらいからデリケートゾーンのニオイが一気に気になるという方が増えます。

ただし、人によっては30代後半くらいから分泌量が減り、気になり出す人もいます。

月経が終わる」「白髪」に「シミ・シワが増える」などの症状が見られると、更年期の始まりかもしれませんので、女性ホルモンのバランス保持に気を付けてください。

どうゆう対策をすればいい?

女性ホルモンを減らしたくない方は、豆類に多く含まれる女性ホルモンに似た成分の「イソフラボン」を摂取したり、抗酸化力を高めるために「ビタミン類」や「ポリフェノール類」を意識して摂取するように心がけるようにしましょう。

これらの成分は、ニオイ云々だけではなく、「美容」や「身体全体の若々しさ」にも必要な栄養素です。

また、抗酸化力が低下した状態にも関わらず、さらに抗酸化物質を壊してしまう「活性酸素」が増えてしまうとどうなるかは想像できますよね?

なので、活性酸素を作り出す要素を減らすことも重要になってきます。それは、生活習慣で予防できますよ。

喫煙」や「飲酒」「紫外線」「脂肪の摂りすぎ」「ストレス過多」は、この活性酸素を増やしてしまいます。なので、それぞれ飲まないようにしたり、紫外線を直接浴びないように日焼け対策を万全にしたり、ストレスを解消する方法を見つけたりして、活性酸素を増やさないように努力していきましょう。

デリケートゾーンのニオイは何歳から気になりだした?

デリケートゾーンの臭いは、初潮が始まる年齢やホルモンバランスにより様々です。

子どもの時はデリケートゾーンの臭いなど気にしませんから、偶然ニオイに気づいてしまうと母親の見様見真似でケアする子どもいるようです。

生理や身体の仕組みを理解出来る年齢が14~15歳くらいと言われているので、ニオイを意識し始めるのも中学生くらいからでしょうか。

デリケートゾーンの乱れは、そんな成長過程で起こるホルモンバランスの乱れが関係しているようですね。また、ホルモンバランスの乱れと言えば、妊娠中や産後も同じことですね、

ニオイが気になる方は、デリケートゾーン専用の石鹸やパンティライナーを小まめに交換するなどでかなり改善することが出来ますよ!

月経が始まったらケア開始

ニオイのケアは何歳という決まりはありません。

成長段階には個人差がありますし、自分で気にするまではあまりしつこく言わない方がいいかもしれません。気にしすぎてストレスになってしまいますからね。

しかし、一方で月経が開始したらケアした方が望ましいとされています。生理が始まるとニオイや痒みなどデリケートゾーンのトラブルが増えますから、早めに対処しましょう!というわけです。

また、学生時代は部活や授業中に汗をかく機会がとても多いですね。そうすると大人以上にデリケートゾーンのニオイがキツくなる傾向もあります。

学生の時は、生理のことなんて忘れてナプキンも中々交換する習慣がありません。

なので、月経開始と同時に「ナプキンを小まめに変える」など、子どもがデリケートゾーンのニオイを意識出来るように母親なり周りが教えて行くことも大切です。

初体験をきっかけにニオイ対策する人が多い

デリケートゾーンのニオイは、10代前半で気づいていたにも関わらず、対策は全くしていなかった!と答える人も多いです。

入浴時に、デリケートゾーンもキレイに洗うのだから問題なし!と簡単に片づけられてしまうのは何故でしょう?

実は、女性の多くがパートナーとの「初体験」を機会にデリケートゾーンのニオイに敏感になる人が多いからなんですよ。

初体験とニオイ対策の年齢目安は、50代の方が22~23歳で経験しているのに対し、20代の方は19~20歳頃です。

近年は、初体験の平均年齢も早くなっていますので、ニオイ対策をする年齢も早くなってきているんですね。

デリケートゾーンの黒ずみも年齢が関係している?

デリケートゾーンの黒ずみは、普通に生活しているだけで作られていくものです。誤った自己処理や下着の擦れなど、繰り返しメラニンが刺激することで黒ずみが増えて行きます。

しかし、それだけではなく歳を重ねるごとに黒ずみが一層濃くなっていると感じたことはありませんか?これは「加齢と共に新陳代謝が低下すること」で、メラニンが上手く排出されずに蓄積されていくからなんです。

若い内には、代謝サイクルも正常に行われているため黒ずみがあっても薄くなったり、改善する場合が多いですが、40~50代へ突入すると陰部の黒ずみに限らず身体全体の黒ずみが目立つようになります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策にも年齢別に対策が必要?

黒ずみを何とかしようとケアを試みても理想の白い肌には程遠い。多くの女性が同じ悩みを持っているのではないでしょうか?

10代の頃は目立たなかったデリケートゾーンの黒ずみも30代へ差し掛かると色素沈着(黒ずみ)がはっきりとします。

ここまで黒ずみがはっきりとしてくるまでには、いくつもの原因が重なって1つ解消出来たとしても、黒ずみが消えることはありません。

黒ずみは悩んでいる間もどんどん増え続けていきます。目に見えて黒ずみが現れてきた頃には、改善するまでにかなりの時間がかかってしまいます。

例えば、30代になり20代と同じケア方法で効果が現れない!と言うのも当然です。加齢と共に体内機能も徐々に衰えていきますから、効き目が低下しても仕方のないことなのです。

なので、年齢ごとの黒ずみ改善方法が必要です。後悔しないためにも日頃からのケアをしっかり行いましょう。

10代でデリケートゾーンの黒ずみは?

デリケートゾーンの黒ずみは10代であっても作られます。日頃の何気ない習慣や動作が摩擦となってメラニンを発生させ、黒ずみが作られます。

ですが、10代の内から黒ずみケアは必要でしょうか?10代と言っても、11歳と19歳では身体の発育具合が全く異なりますよね。

ここで言う10代は、15歳以上。やはり15歳くらいになるとデリケートゾーンの黒ずみを気にし始める女性もいるのではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみケアには様々あり、中には保護者の承認が必要なものもあります。まずは、下着や衣類の締め付けを控え、汗をかいた後は、デリケートゾーンを軽く拭く所から始めたらよいでしょう。

あとは、規則正しい生活習慣、睡眠、食生活が大切ですね。

10代は「代謝の働き」が活発なので、不要なメラニンは溜め込まず排出されることが多く、色素沈着(黒ずみ)することは少ないです。

20代でデリケートゾーンの黒ずみは?

20代は恋愛を機会に陰部の黒ずみに悩まされることが多いですね。

例えば、パートナーとのラブタイムはデリケートゾーンや乳首が黒ずんでいると「彼に引かれないかな?」と本気で悩みますよね。

恋人やパートナーと出会いやすいのも20代。

ある程度年齢を重ねると、振り返って一番恋愛が楽しかった時期はいつか?と思い出すのは「20代」と答える方が圧倒的に多いのだとか。

恋愛は身体の関係を大切に育みますから、当然デリケートゾーンの黒ずみで悩む人が多いのではないか?と推測されます。

しかし、20代の黒ずみケアは比較的簡単です。陰部専用の美白クリームを継続的に使用すれば、徐々に黒ずみが薄くなることがわかっています。

後悔しないためにも、まずは美白成分配合のデリケートゾーン専用クリームから始めてみましょう!黒ずみケアにはトラネキサム酸など、有効成分(美白)が必要です。必ず成分表示を確認し、「美白」と書かれている商品パッケージに惑わされないようにしましょう。

30代は黒ずみを意識してケアしましょう!

30代は、一番ホルモンバランスが崩れやすい時期かもしれません。

30代にもなると、第一子を出産した経験のある女性も多いと思いますが、妊娠や出産は特にホルモンバランスが乱れやすく、一時的に黒ずみが増える時期です。

加齢による体調の変化も大きく、不調続きの時には自律神経を壊してしまう恐れもあります。この時期に黒ずみケアを勧めることは、あえてしませんが、黒ずみに気が付いたなら陰部専用クリームを「最低4ヶ月」続けてみてください。

専用クリームで改善が見られない場合には、「レーザー治療」をおすすめします。

しかし、レーザー治療は一時的に黒ずみが解消されることはあっても、摩擦や刺激が繰り返されると再び色素沈着を起こします。

クリニックのレーザー治療は「即効性」「効果」のどれをとっても一番黒ずみ解消率が高いと言えます!そして、黒ずみ予防をするためには日頃から陰部専用クリームでケアすることが大切です。

そして何より、この時期にはまとまった睡眠を取り、ストレスを溜めないことが大切です。

40代50代で黒ずみを消す方法は?

40代、50代になるとデリケートゾーンの黒ずみも誰も見ないしと諦めてしまう方も多いかもしれませんね。しかし、友人と温泉旅行へ行った時など、ふとした時にデリケートゾーンを見られる機会があるかもしれません。

40代50代だからと言って、黒ずみを諦める必要はありません。むしろ毎日ケアすることで、黒ずみが目立たなくなり、黒ずみを阻止することが可能です。

クリニックで治療した時のような美白とまでは行きませんが、黒ずみが薄くなることは確実です。以下の3つが効果的な方法です。

① 補正下着をやめる

女性の体型は、年齢を重ねるとどうしてもふくよかになりがち。補正下着を着ると、スタイルが維持出来て引き締まって見えるものですが、これではお尻や股を含めたデリケートゾーン全体が締め付けられて常に摩擦が生じてしまいます。

動く度にデリケートゾーンが擦れるので、メラニンが発生しやすくなるという訳です。黒ずみを作らないためには、衣類や下着にも気を付けなければなりません。身体を締め付けるような補正下着やスキニージーンズなどを着ない生活習慣作りから始めましょう。

② 食生活の見直し

デリケートゾーンの黒ずみと食生活が直接関係しているとは言えませんが、食べ物でホルモンバランスや臭いが変化することは間違いありません。

お肉やパン、スナック菓子などの脂質の高い食べ物を摂り続けていると、栄養不足が起きてホルモンバランスが乱れて行きます。

妊娠中に黒ずみが増えたり、生理前後に肌荒れが起きやすいのもこのためです。ですから、どんなにケアしていても、食生活が乱れていては黒ずみを消すことも薄くすることも出来ませんので、質の良い睡眠や規則正しい食生活を心掛けてください。

③ 専用クリームで保湿

若い世代に限らずに、40代や50代の女性も専用クリームで陰部をケアしている人は多いです。過剰なメラニンを抑えながら、排出をスムーズにしてくれるので黒ずみを出来にくくしてくれます。

専用クリームは、何と言っても自宅で簡単にケア出来る所が魅力。ネット通販は豊富に販売されているので自分好みのクリームを選ぶことが出来ます。

副作用が少ない美白成分がしっかり配合されているので、デリケートゾーンの黒ずみを毎日ケアすることで改善が望めるはずです。

デリケートゾーン専用の美白クリームを使っても効果がない場合は?

デリケートゾーンの黒ずみ対策は、年齢別に考え直していく必要があります。

10代の女性は、正しい自己処理と肌の保湿に気を付けていれば、ある程度黒ずみを抑えることは出来ます。

しかし、20代以降は、陰部専用の美白クリームを使用しても改善が見られない場合は、やはりレーザー治療を受けるしかありません。

ただし、ショーツを履いているだけでも日々黒ずみは出来ますし、一朝一夕で治るものではないので「効果がない!」と専用クリームを使用して、数日や数週間で決めてしまうのはやめましょう。継続的に使用してこそ効果があるものです。

毎日積極的に黒ずみケアを行い、習慣化していきましょう。

年齢と共にデリケートゾーンのニオイが強くなっていくのか聞いてみました。

あなたは、デリケートゾーンのニオイが年齢を重ねるごとに「強くなってきたな!」「変わってきたな!」という実感はあるでしょうか?

年齢云々の前に、デリケートゾーンのニオイの不快感は、月経中に感じたことがある女性が多いでしょうね。

デリケートゾーンのニオイの原因は、主に「雑菌」なのですが、「更年期」という年齢も関わってくるようですね。

実際に、加齢に伴って臭いがキツくなってきたか?みなさんに聞いてみました。それぞれの対策方法も聞いてみたので、気になる方は、参考にされてみてくださいね!

結論からですがやはり少しですが、加齢と共に臭いは変わっていきます。昔は特に気にならなかったのですが今は座っていると少し臭いがしてきたりします。ナイロン製のパンツではなく、布製のパンツだとその日1日は少しましなので最近は布製パンツしかはいていません。加齢とはどうにもできないので、自分でできる事で臭いをマシにさせています。
私がデリケートゾーンの臭いが気にしだしたのは30歳になってからです。それまではパンティーライナーを使う事もなく臭いも全く気にならなかったのですが、30歳を過ぎた頃の妊娠中の検診で臭いが気になりだし、出産後も数年経ちますがパンティライナーが手放せません。私が20代の頃の母も40代で仕切りにデリケートゾーンの臭いを気にしていましたし今でも気になると言っているため年齢が上がると臭いも強くなる様に感じます。
私は現在アラサーですが、加齢とともに臭いが変わったかと言うと、あまり臭いは変わった気はしないですね。 若干ですが若い時の方が少し酸味の効いた臭いだったかもしれません。 今はとくにこれと言って臭いもなく、男性からはその人の臭いというものが無くてつまらないと言われてしまいます。 加齢とともにと言うのはあまり感じませんが、女性特有の低温期や高温期、排卵期などの時期によって少し臭いが変わるのではと思いますよ。
私の経験では変わりました。20代後半くらいから運動などで汗をかくとデリケートゾーンからする匂いが脇のような匂いがするようになりました。それまではショーツがぬれるぐらい全身に汗をかいても匂わなかったのに年齢のせいかなと思いショックを受けた時期でした。脇も同じ感じで20代後半くらいから匂うようになったので、私が制汗スプレーやデリケートゾーン専用の石鹸を買うようになったのはこの時からです。
大学生の時(約6年ほど前)、デリケートゾーンが臭かったので悩んでいましたが、ある日突然全く匂わない様になりました。 特に何もしていなかったのですが、最近はデリケートゾーンはほぼ匂わなくなりました。ピルを服用し始めた事も影響があるかもしれませんが、若い頃は今よりもっと匂っていたので、私の場合、加齢と共にデリケートゾーンが匂わなくなりました。
33歳女性です。 加齢とともにデリケートゾーンの匂いは変わりました。 排卵日のオリモノが多い時、少し蒸れが気になる時には特に強く感じます。 普段から小まめに、おりものシートの交換をしていますが、匂いが強く気になる時は香り付きのモノでも自分の匂いがわかり恥ずかしい思いをした事があります。 特に強く感じる時は、若い時よりもチーズのような嫌な匂いに変わりました。
現在32歳ですが、若い頃と臭いが変わったなと思ったのはちょうど30歳頃です。若い頃は汗くさいの感じがしましたが、年と共に臭いが薄れてきました。食べ物の趣向が肉から魚に変わったと言うのもあるかもしれません。若い頃は、夜にお風呂にはいる頃には臭いがするなぁと思っていましたが、最近は臭いが気にならなくなってきました。
現在35歳ですが、明らかに20代の頃に比べて30代に突入してからは、臭いに変化があると思います。特に32歳の時に出産をし、その後も変化があったように思います。 下着は絶対に汚したり、臭いがつくのが嫌なので、必ず毎日おりものシートを着用するようにしています。それでもトイレに行くたびに臭いは気になるので、気になったらすぐにシートを変えるようにしています。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-デリケートゾーン
-,