におい

デリケートゾーンの臭い対策はどうしてますか?

更新日:

デリケートゾーンの臭いの対策はどうしている

デリケートゾーンの臭い対策には、通気性の良い下着を身に着けるやストレスを溜めないなどの生活習慣を変えたりする方法があります。

でも、「もう臭ってしまっている!」といった緊急時にはどうしたらいいのでしょうか?

このサイトでも臭いの原因や対策について何度もご紹介していますが、今回は「グッズ」に焦点を当てて臭い対策グッズを紹介したいと思います。

臭い対策グッズを選ぶポイント!

  1. 根本的な臭いケア(消臭・洗浄力)が出来るもの
  2. 制汗成分・菌の増殖を抑える有効成分が配合されているもの
  3. デリケートゾーンにも使用できる肌に優しいもの
  4. 手軽に持ち運び出来て使えるもの

クサイ!と思った時にすぐに対処できる対策法

①シート

一時しのぎにしかなりませんが、外出中でもデリケートゾーンをサッと拭けるので重宝しますね。

ただし、拭くだけでは汚れが残りがちですし、擦らなければならないのでデリケートゾーンを刺激してしまいます。

臭いを抑えるために香料入りのものも多いですが、香料とデリケートゾーンの臭いが混ざって逆に悪臭になることも考えられるので「無香料」を選びましょう。

②スプレー

ポーチなどに入れておくことが出来て、サッと取り出せ、下着に付けたり、直接デリケートゾーンに吹き付けることが出来るので、手軽に使うことが出来ますね。

「すそわきが」はご存知ですか?

脇のワキガ臭と同じくアポクリン汗腺はデリケートゾーンにもあるんですね。

特にそんなすそわきがに効果的なのはこのスプレーです。

消臭力と洗浄力が確かなもので肌に安心な成分が含まれているものを選びましょう。

③クリーム

抗菌と雑菌の繁殖を抑制、制汗成分が含まれるものにしましょう。

クリームの中にはすそわきがに効果のあるものもあります。

感想が大敵なデリケートゾーンの保湿も出来、臭い対策の他、黒ずみなどにも効果があるという一石二鳥以上の役割があります。

特にイソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛の2つの成分が含まれているクリームを選びましょう。

④膣内浄化ジェル

膣内の内側の汚れや常在菌のバランスの乱れには、基本的には生活習慣などを変えるなどして、膣内は洗わない方が良いのですが、膣内専用の浄化するものを使いましょう。

「自浄作用」を促し菌のバランスを本来の状態に近づける効果があり、臭いの改善にもなります。

⑤パンティライナー(おりものシート)

最近、パンティライナーをたくさん見かけるようになりました。

生理中以外にも女性のショーツはおりもので汚れたりするので汚れなくてすむ優れもので使われている方もとても多いと思います。

おりものにも臭いがあるため、パンティライナーを付けることで効果があるように感じますが、実は長時間付けているとムレて雑菌が繁殖し、逆に臭いの原因になることも。

なので、使用する場合は必ずマメに変えるようにしましょう。

また、必ず無香料のものを選びましょう。

オーガニックコットンが使用されているパンティライナーは肌への刺激も少ないのでおすすめです。

⑥布ナプキン

生理中はどうしても生臭い臭いがしてしまいます。

でも、実は経血自体には臭いはないんです。15分以上ナプキンに臭いが付いていると臭ってくるんですね。なので、ナプキンは小まめに変えるのが大切です。

また、最近流行っている布ナプキンは通気性もよく肌にも優しいのでおすすめです。

ただ、経血の量が多くて心配な方はナプキンも種類によって大分違うので色々試してみるとよいでしょう。

⑦ウォシュレット

生理中の経血を洗ったり、汗の臭いを洗ったりすることは出来ます。

ですが、すでに臭っている緊急時にはあまり効果はないかもしれません。

というのも、水洗浄では臭いの原因となる雑菌や体液は洗い流すことが出来ないからです。

また、大切な常在菌まで洗い流してしまう恐れがあるのでほどほどにしましょう。

クサイ!と思った時に自宅でやっておいた方がよい方法!

あそこが臭う

①消臭サプリメント

サプリメントはデリケートゾーンの汗の臭いを消臭してくれます。

通常の汗の他、アポクリン汗腺から発せられるすそわきがの臭いも抑えてくれるものもあるようですね。

サプリメントに含まれる消臭作用がある成分は「ポリフェノール」「乳酸菌」「柿タンニン」などが多いです。

医薬品ではないサプリメントに即効性は期待してはいけませんが続けていくことで身体の内側から少しずつ改善してくれます。

②専用石鹸

何よりもデリケートゾーンは「清潔」に保つことで臭いを軽減することが出来ます。

デリケートゾーンには汗や尿もおりものも経血も雑菌も汚れが付きやすいですからね。

でも、「デリケート」な場所と言うだけあって、敏感肌なので、身体の他の部分と同じように全身用のボディソープで洗うのは大切な常在菌まで洗ってしまうのでNGなんですよ。

香料付きではなく、弱酸性の石鹸やデリケートゾーン専用石鹸を選んでください。

また、アンダーヘアにこびりついてしまった尿やおりものなども綺麗に落とせるのでよいですね。

雑菌だけではなく、カンジダ菌なども落としてくれますよ。

最後に

このようにデリケートゾーンの臭い対策には様々な方法がありますね。

実は他にもデリケートゾーンの臭い対策には「自宅で出来るりんご酢入浴法」や「ティーツリーオイルを膣口に付ける」などの方法があり、このサイトでも紹介しています。

今回は代表的なものを紹介しましたが、様々な方法を試して自分に一番合ったものを見つけてくださいね。

ティーツリーオイルは臭いに効きますか
ティーツリーオイルが膣の臭いを軽減させるって本当ですか?

ティーツリーオイルとは ティーツリーオイルとは、オーストラリア産の植物で古くから傷薬として用いられてきました。 治療法と ...

次のページへ >

読んでもらいたい記事

360,932view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

135,005view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,408view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-におい
-,