におい

デリケートゾーンの臭いの原因はなに?

更新日:

デリケートゾーンの臭いの原因

デリケートゾーンの悩みの中でも1、2位を争うのが「臭い」なのではないでしょうか?

黒ずみは見えなければ気にされる方は少ないですが、臭いは周囲にもバレてしまうものなので気になると思います。

特にデリケートゾーンの臭いって独特なのでわかってしまいますよね。

デリケートゾーンの臭いの原因は?どうすればいいのか?解決策をご紹介したいと思います。

まず知っておきたい!デリケートゾーンの臭いの原因って?対策は?

実はたくさんある「臭い」の原因。

必ずしも「臭い」=「病気」ではありません。

しっかり認識して一つ一つその原因を取り去りましょう。

①雑菌

デリケートゾーンは高温多湿で雑菌が繁殖しやすい部位です。

おりものや尿、汗、経血と雑菌の栄養になるものだらけで、その雑菌が臭いの原因になっています。

汗でムレないように通気性の良い下着を着用したり、尿や経血などは陰毛に絡まったりするので、アンダーヘアの毛量を減らすなどすると臭わなくなりますよ。

②すそわきが

ワキガ臭同様にアポクリン汗腺がデリケートゾーンにもあるので、陰毛からワキガのような臭いがするなら「すそわきが」の可能性があります。

症状や原因はワキガ臭同様でストレスや緊張、興奮などをすると活発になります。

なので、すそわきが専用のデオドラント製品や病院で治療すると良くなります。

③おりもの

健康状態でも少しだけ「すっぱい臭い」がするものです。

生理中や妊娠中は特におりものの量が増えるので臭いがきつく感じますよね。

でも、それは仕方ないことなのであまり気に病まないようにしましょう。

ストレスや体調不良でもおりものが増えて臭いが強くなるので、ノンストレスな生活を目指しましょう。

④生理中

生理中はチーズのような生臭いような独特の臭いがしますよね。

でも、実は経血自体は「無臭」なんですよ。何故臭うかというと経血が「酸化」したり、「雑菌が繁殖」するからなんです。

経血は空気に触れて15分くらいすると徐々に臭くなります。

そして、生理中は防水性の高いナプキンを使用するのでムレやすいですし、血液で湿った状態になるので雑菌は特に繁殖しやすい環境になっています。

なので、量が少ない日でも何時間もナプキンやタンポンをそのままにするのはNG!

小まめに取り替えるようにしましょう。

また、ナプキンの素材を通気性が良く、刺激が弱いものを選びましょう。

最近「布ナプキン」も通気性がよく肌に優しいので人気ですね。

⑤下着を替える

綿や天然素材のショーツにするとムレにくくなり、臭いが軽減することも。

スキニージーンズやストッキングなど体を締め付けるものではなく緩めな服を着用するのも通気性がよくなり嫌な臭いが自然と減って行きますよ。

⑥ストレスや体調不良

疲れがたまっていたり、ストレスや身体の免疫力が下がっているとホルモンバランスが乱れて自浄作用が低下します。また、カンジダ膣炎もなりやすいです。

なので、しっかりと睡眠を取り、趣味など適度に息抜きしてノンストレスな生活をしましょう。

⑦洗い方や石鹸

ゴシゴシと洗ってしまうとデリケートゾーンの「自浄作用」を弱めてしまいます。

また熱いお湯や香料がついていたり、刺激の強い石鹸を使用していても膣内の分泌物を増やし、臭いの原因になってしまいます。

なので、デリケートゾーン専用や弱酸性の石鹸を使い優しく洗うようにしましょう。また、ウォシュレットも適度には必要ですが、やりすぎには気を付けましょう。

⑧タンポンや香り付きナプキン

タンポンを膣内に入れたまま忘れたり、異物が混入していると臭いの原因になります。

また、タンポンやナプキンは長時間放置していると交換した後でも臭いの原因になりますので、こまめに交換しましょう。

香り付きナプキンも匂いと臭いが混ざり合って、逆に臭ったり、膣内のバランスを崩しかねないので気を付けましょう。

⑨加齢

どうしようもないことですが、年齢を重ねると膣の潤いが少なくなり、自浄作用も低下するので細菌感染などを起こしやすくなり、膣内のトラブルも増えます。

更年期頃からは特に気を付けましょう。

⑩病気

臭いの他にも強いかゆみを生じたり、おりものの色が変わったなどの変化があった場合は病気の可能性も高いです。

この場合は個人判断ではなく婦人科へかかることをおすすめします。何度もかかっていて頻繁に行きたくない!という方は、検査キットの販売もあるので、そちらでチェックしてから病院へ行きましょう。

・カンジダ膣炎

おりものの臭いが生臭い魚のような臭いがします。

その他の症状としては強いかゆみに加え、カッテージチーズのようなボロボロとした白いおりものがショーツに付いたりします。

これは性病ではないので、ストレスや体調不良などでも起こります。

・細菌性膣炎

おりものの臭いが強烈で生臭さを感じます。

その他の症状としてはおりものの色が「灰色」や「黄色」になります。

細菌性膣炎は「細菌」が繁殖してなります。

性病ではないので、ナプキンの長時間付けっぱなしで細菌が繁殖したり、ストレスや免疫力が低下している時になります。

・トリコモナス膣炎

おりものが黄色くなり、そこから悪臭がします。

性行為からトリコモナスという微生物の原虫で感染します。

・クラミジア

おりものが緑色になり、そこから悪臭がします。

その他の症状としてはおりものの量が増えたり、性交痛を感じた場合は可能性があります。

妊娠したい方は不妊症のリスクを高めてしまうので必ず治しましょう。

デリケートゾーンが臭ったらどうする?

デリケートゾーンの臭いの原因はご紹介した通りにすれば改善していきますが、すでに臭っているデリケートゾーンの対策はどうしたらよいのでしょうか?

その場合は、デリケートゾーン専用のスプレーや消臭サプリメント、拭き取りシート、専用クリームなどを使用すると気になる臭いを抑えることが出来ますよ!

最後に

デリケートゾーンの臭いの原因がわかったでしょうか?

かゆみや黒ずみ同様に臭いの原因も多々あるんですね。

その原因の多くはかゆみや黒ずみの対策と被るので、同じようにケアすることでどちらの原因にも対処することが出来ますよ。

また、デリケートゾーンが「無臭」という方はいません。

近づけは何らかのデリケートゾーン特有の臭いはします。

気にし過ぎもストレスになり、膣の環境を乱しますので気を付けてくださいね。

石鹸は何を使っている
デリケートゾーンの臭いを解消するために石鹸は何を使っていますか?

デリケートゾーンの臭い対策 デリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性は意外に多いと思いますが、石鹸で臭いを抑える事ができた ...

次のページへ >

読んでもらいたい記事

360,932view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

135,005view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,408view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-におい
-