サロンとクリニック
VIO脱毛でおすすめのサロンとクリニック

VIOの脱毛は自己処理で難しい部位の一つです。 そんな面倒な部位は脱毛サロンやクリニックなどを利用す ...

続きを見る

アンダーヘア

ハサミを使ってアンダーヘアを処理する方法。チクチク痒くならないために

更新日:

ハサミ

ハサミを使ったアンダーヘアの処理について

アンダーヘアを処理するにあたり、最も低コストで意外と難易度が高い方法がハサミを用いたものです。

誰でも気軽に手に入れることができる反面、毛先を鋭利にしてしまうため肌トラブルになりやすい傾向にあります。

ですが、しっかりとコツさえ掴めばある程度の見た目に整えることは可能です。

また他のアイテムとハサミを併用するというやり方もありますので、使い方によっては便利アイテムに早変わりするかもしれません。

それでは、ハサミを使用してアンダーヘアを上手く処理するためにはどのようにすればよいのか、詳しくご紹介致します。

ハサミを使用するメリット・デメリットは?

まず、メリットとデメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

メリットとしては、1度購入すれば半永久的に使用することができるためコストを抑えることができる点が挙げられます。

アンダーヘアを手入れしている最中にハサミが折れる、なんてことはまず無いと思いますので、錆びないように保管しておけばずっと使い続けられるでしょう。

また、毛量が多い人や毛が太く硬い人は、他のアイテムで処理すると毛が絡んで時間がかかってしまいがちです。
ハサミですと一気にバッサリ処理することができるので、縮れやすいアンダーヘアの処理時間を短縮することが可能なのです。

肌に当てなければ皮膚を擦ってダメージを加えることもありませんし、お風呂場ではなくてもどこでも処理することができますので、長さを調節するのに非常に役立ちます。

一方で、ハサミでカットすると毛先が尖ってチクチクすることにより、痛みや痒みを引き起こす可能性がある点がデメリットとしてあります。
鋭利な毛先は下着など衣類も突き抜けやすいので、下着・水着の素材によっては要注意です。

他にも、慎重に切らないと切り過ぎて一部透けてしまう、バランスを取るのが難しいなどのデメリットが挙げられますが、男女問わずお手軽にトライできる方法としてはダントツの人気を誇っています。

ハサミでアンダーヘアを処理する成功方法を知りたい!

誰もが知りたいのは、ハサミで上手く処理する方法です。

手軽だけれど難易度の高い方法だからこそ、コツを知っておけばなんとか乗り越えられるのではないでしょうか。

順番としては、Vラインを処理した後にIOラインに取り掛かる方が安心です。Vラインは形が重要なので、集中力が研ぎ澄まされている最初に丁寧に処理しておくべき場所とも言えるからです。

カットする長さは、好みもありますが2~3cmくらいがナチュラルでお勧めです。

毛が濃いタイプの方は、1cm程度まで処理しても大丈夫です。

Vラインの場合、中心に向かって毛が長くなるようにすると綺麗に見えますよ。

IOラインはあまり見えない部分なので、思い切ってカットしてしまっても問題ありません。ただし、短過ぎるとチクチク感が出やすいので無毛にしないのであれば最低でも1cmは残しておきましょう。

コツは、最終的に揃えたい長さよりも1cm程度長めに切っておき、そこから少しずつ整えるということです。

一気に切ることは失敗のリスクが大きいですし、徐々に長さを揃えることにより全体のバランスが良くなるのでこれは抑えておきたいポイントですよ。

カットが終わったら、できればヒートカッターとトリートメントで毛先と毛並みを整えておくことをお勧めします。

そのまま放置すると伸びてきた時にチクチクしてしまいますし、下着から毛が突き抜けて見栄えにも影響してしまいます。

そのような悩みを解消してくれるのが、熱のチカラで毛先を丸くするヒートカッターです。さらに毛を柔らかく肌触りを良くしたいのであれば、アンダーヘア用のトリートメントを使えば完璧ですよ。

アンダーヘアをハサミでカットした後はヒートカッターで整えます。

ハサミである程度処理をしたら、ヒートカッターでアンダーヘアを整えましょう。

ハサミだけの処理で終わってしまうと、チクチクしたり下着からアンダーへが突き抜けてしまう原因にもなります。

処理をした後は、アンダーヘア専用のトリートメントを使ってケアするとフワフワのアンダーヘアになりますよ。

アンダーヘアの処理をすると見た目の清潔感はもちろん、ムレやかゆみの対策にもなります。

ハサミだけで処理をしているのなら、「アンダーヘアケアはじめてセット」を使うことをおすすめします。

アンダーヘア革命セット

ハサミはどのようなものを使用するのが良いの?

一見何を使っても変わらないのでは?と思われる方も多いですが、ハサミの種類一つで成功率をアップさせることもできますので気にして選ぶに越したことはありません。

ハサミの形ですが、極力先が細いものを使うと処理しやすいです。
普通のハサミよりは髪の毛を切るハサミの方が長持ちしやすいので、自宅にハサミがないという方はそちらの購入が良いでしょう。

また万が一のことも考えて、ハサミに滑り止めを付けると安全性が増しますよ。

アンダーヘアはデリケートな部分の毛ですので、ハサミの使用前後は必ず消毒するようにしてくださいね。

アンダーヘアに適したハサミの入れ方を教えて!

ハサミは角度によって切れ方が変わるので、そちらにも気をつけると上手にカットすることができます。

特に毛に対して斜めに歯を当てると毛先が尖りやすいので、できるだけ垂直になるよう心掛けましょう。

とはいえ見えにくい場所なので難しいと感じられる場合は、ヒートカッターで対処してみてくださいね。

最後に~

アンダーヘアをハサミで手入れするのは、機械と違って覚えなくてはならない工程が少ないので中学生~高校生くらいにやり始める人が多いようです。

大幅に長さを調節することに関してはハサミが最も優れていますので、ヒートカッターや家庭用光脱毛器、電気シェーバーなどを使用する“前”にハサミである程度のイメージを作っておくと良いですよ。

短く切り過ぎないことと、必要に応じてプラス1アイテム加えることで調度良い長さのアンダーヘアを保つことができるのではないでしょうか。

アンダーヘア革命セット

ハサミを使ってアンダーヘアを処理する方法を聞いてみました。

みなさんは、アンダーヘアをハサミを使用してお手入れをした経験はありますか?

今でもカミソリ等で剃ってお手入れをしていると言う方や、無駄毛の処理は全て脱毛サロンに任せている…と言う方が半分ずつくらいの割合で居ます。

徐毛クリームを使用して自宅で自己処理をしている方や、中にはブラジリアンワックス等でお手入れをしている方も居られます。

この様にアンダーヘアのお手入れ方法は、人様々なのですがハサミでカットしている方は、どれくらい居られるのでしょうか?

ハサミでカットしてしまうと、イメージでは、チクチクして下着と擦れてしまい痒みを伴ってしまいそうだったり、下着から毛が飛び出して来てしまったり、整えているつもりでも、変な形になってしまったり…

と、ハサミでカットするのは意外と大変で、難しい印象を持ちませんか?

そこで今回みなさんには、ハサミを使ってアンダーヘアを処理した体験談を質問してみました。

長さ
アンダーヘアの長さはどれくらいですか?

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考 ...

続きを見る

私は毛深い体質で、アンダーヘアもすぐに伸びて剃刀では絡まってしまい剃りにくい為、よくハサミでカットしてから剃っています。形を整えるのももちろんですが、伸びすぎて下着の繊維の間からチクチク飛び出してしまうこともあるので、専用のハサミを用意しています。やはり、普通のハサミよりも髪のカット用ハサミの方が切れ味も良く長持ちします。
毛を短くすると、おりものや生理時の臭いを軽減できると聞いてカットしました。カットしている最中は、あまり違和感もなく順調に思えたのですが、カット後に確認すると疎らで気になってしまい、短い毛に合わせ更にカットしました。短く切り過ぎたせいか、下着から貫通してとび出てきたりして違和感と不快感に見舞われました。普段の生活でもチクチクするような気がして、自分でカットしたのは失敗でした。
以前、ハサミを使用していた時は早くカットが出来る点がメリットでした。ですがデメリットの方が多かったです。ハサミでカットした際、ショーツからアンダーヘアが突き出るのが私は特に嫌でした。短くカットするとチクチクして痒みが出る場合があり、デリケートゾーン専用の塗り薬は必須でした。毛が固くなったようにも感じました。今はハサミでのカットはしていませんが、今後も使用はもうないと思います。
アンダーヘアをハサミでカットしたらチクチクしました。
単純に切り口の断面が鋭利な角度なりがちです。
また、陰毛は他の体毛に比べて固めなので、毛先が皮膚に接触した際にその感覚が伝わりやすいという側面もあります。
チクチク対策としてはいくつかの手段がありますが、1必要以上に短く切りすぎない (3~4cmが下限かと)
2すきばさみ等を使って長さにバラつきをもたせる
3入浴時にトリートメント
4そもそもハサミでカットではなく、ヒートカッターで処理する等があります。
僕は上記??、たまに?程度ですが、チクチクとはほぼ無縁です。
ある程度慣れもあるとは思いますが。
アンダーヘアが長くて歩いてる時にもすごく痛いなっと思ったのがきっかけでハサミでちょっと切ってみようかなっとゆう出来心で初めて切ったのが中学校2年生の時です。
ばっさりハサミで切ってすごく適当に切ったのがストレス発散にもなりました。
ヘアーカット、眉毛整える行為は慎重さが大切だったりしますがそんなに他の人に見せるわけでもないアンダーヘアはばっさり適当でもいいので切るたびかなりスカッとしています!
初めて切ったあの日から伸びると切って伸びると切ってっとゆうのをずっと繰り返しています!
ヒートカッター
ヒートカッターでアンダーヘアを処理した体験談と安全な使い方

アンダーヘアの長さを整えるのに欠かせないアイテムがヒートカッターです。 市販のはさみでカットすること ...

続きを見る

どうしても伸びてきてじゃまになってしまい、つまみながら1.5~2センチ程度切り揃えました。
そのままだとどうしても散るので、何度か回数をわけて、角度ごとにひねりながら切っています。
が、どうしても構造上まんべんなく同じ長さにすることはむずかしいですし、たまにやり過ぎて一ヶ所だけ透けてしまったり、短くて下着の生地を突き通してしまうことがあります。
初めてハサミでカットしたのは、高校生の頃です。それまで、整えるなんてことはしたことがありませんでした。
自分の部屋で親に隠れてハサミでしたのですが、思った以上に散らかってしまい、かなり焦った記憶があります。
お風呂にハサミを持って行くのも、なんだか嫌だし、後片付けが大変そうでした。
そうして、一番いい場所がトイレでした。
トイレなら見つかることもなく、後は流すだけなので、とても楽になりました。
長く伸びてくるとパンツから飛びだしてしまうので、アンダーヘアをはさみでカットする事があります。短く切りすぎると、中途半端にチクチクと肌に当たって痒みを感じるようになり、かいて赤くなってしまうという失敗がありました。それからはハサミでカットする時は長さに気をつけています。カミソリなどでカットするよりも、長さが調整しやすくてハサミが1番切りやすいです。
アンダーヘアの長さが気になりハサミでカットしました。ハサミで結構短くカットしましたが、パンツの繊維の隙間からアンダーヘアがチクチク飛び出て気持ち悪かったです。そして短くて硬い毛がパンツにスレてかゆみも出ました。なので今はある程度長さを残してカットするようにしています。そうするとかゆみも毛の固さも気にならなくなりました。
アンダーヘアーの長さが長いため、ハサミで長さ調整するためにカットしています。しかし、伸びてきたときにチクチクしたり、自分でハッキリ見えない部分は手探りの状態でのカットの為、長さが不揃いになってしまうこともあります。使用するハサミは、刃先が細いもので必ず消毒をしてから使用しています。一度もけがをしたことはありませんが、万が一のことを考え、ハサミに滑り止めもつけています。
柔らかく
陰毛を柔らかくするにはどうしていますか?

アンダーヘアを柔らかくしてふわふわに保つ方法 デリケートゾーンの毛は髪の毛よりも縮れていて硬いので、 ...

続きを見る

自己処理するならこのアイテムで決まり!

長さと形を整えるならVライントリマー

アンダーヘア革命セット
アンダーヘアをカットする専用のトリマーなので処理した後のチクチクも無く、トリートメントもついているのでフワッと柔らかくなりますよ。

読んでもらいたい記事

人気のヒートカッター 1

アンダーヘアを自己処理する場合、大切になってくるのはどれだけデリケートゾーンを刺激しないかです。 デ ...

除毛クリーム 2

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をか ...

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの悩みを解決! , 2017 All Rights Reserved.