アンダーヘア

自宅でアンダーヘアの処理をする頻度

更新日:

自宅での頻度

アンダーヘアの処理方法はいくつかありますが、一体どれくらいの頻度で処理を行っているのでしょうか。

脱毛機関で定期的に処理している女性は、ムダ毛で悩むことも少ないのでしょうが、そうでない場合は、完全に自己処理をするしかありません。

年々、VIO脱毛をする女性が増えている一方で、自己処理を続けている女性が多くいるのも事実です。

自宅で処理する場合は、ハサミやヒートカッター、電気シェーバー、脱毛器で処理するのが一般的。

通う手間が省けて、お金と時間の節約になる!と、アイテムを使い工夫をしながらケアをしているようです。

自己処理のメリット・デメリット

自己処理の最大のメリットは、費用の安さです。シェーバーや脱毛機器を買うにしても、おおよそ1万円~7万円で賄えてしまいます。

しかも、性器周辺を除く全身に使用できるため、サロンやクリニックで脱毛するよりも断然お得なのです。

【メリット】
・お金と時間の節約
・好きなタイミングで処理できる
・痛みが少ない
・恥ずかしくない

予約が取れないイライラや、陰部をさらけだすストレスを感じることもなし!

【デメリット】
・陰部を見せるのが嫌
・肌が弱くなる
・黒ずみが増える
・費用が高い
・何年も通いたくない

脱毛機関は本当に必要?躊躇する理由は、脱毛にかかる出費が圧倒的に多いようです。

毛抜きを使って処理する

毛抜きによる処理方法は多くの人が行った経験があると思います。

しかし、この方法は最も肌を傷つけやすい処理の一つとなります。

毛抜きによる処理は毛根から毛を抜き去ることができるため、処理が少なくなるという利点があります。

しかし、埋没毛や毛包炎などのトラブルを招きやすく、継続して行っていると肌の環を悪化させる可能性があります。

どうしても毛抜きを使用して処理したい場合は、その方法や抜いた後の肌のケアなどをしっかりと行い、肌への影響をできるだけ減らすことが必要となります。

陰毛を毛抜きで抜くための処理方法と体験談

ハサミを使って処理する

一番身近にあるアイテムがはさみになると思います。

はさみは断面が鋭くなったり細かい処理に不向きなどいくつかの注意点はありますが、コツをつかめばある程度の美しさを保つことが可能となります。

毛量の多い方は、まずはさみを使ってある程度まで切ってしまうと良いと思います。

処理時間の短縮になりますし、毛量が少ない状態で他のアイテムを使用することで機器が故障するデメリットを回避することができます。

ただし、はさみでアンダーヘアの処理を行う際は、衛生面に十分注意するようにしましょう。

 ハサミを使ってアンダーヘアを処理する方法。チクチク痒くならないために

カミソリを使って処理する

アンダーヘアをお風呂で処理する人は多いと思います。

毎日処理する人もいれば2日〜3日に1回の人、1週間に1回という人もいます。

カミソリで処理してもアンダーヘアはすぐに生えてきてしまうため、できれば毎日処理したほうが、きれいな状態を維持することができます。

しかし、方法を間違ってしまうと肌を傷つけてしまう恐れがあります。

アンダーヘアをカミソリで処理する場合は、カミソリをきれいな状態に保ち、ジェルなどを使用して肌との摩擦をできるだけ減らすことが大切です。

 陰毛(アンダーヘア)をカミソリで処理するのはトラブルの原因になる!

電気シェーバーを使って処理する

電気シェーバーはカミソリの電動版というイメージがあると思いますが、実際は肌に直接触れることなくアンダーヘアの処理を行うことができるため、非常に肌に優しいアイテムの一つとなります。

電気シェーバーで注意する点は防水加工が施されているかということ。

お風呂で処理をすると毛穴が柔らかくなる半面、シェーバーに菌が繁殖し、衛生的に悪い状態となってしまいます。

また、肌に優しいとは言え、製品によっては肌に影響を及ぼすものもありますので、保湿ケアやシェービングクリームなどを使用して処理を行うようにしましょう。

 アンダーヘアを電気シェーバーで処理する方法

ブラジリアンワックスを使って処理する

ブラジリアンワックスはカミソリと比較して、内部の毛まで処理することができるため、毛の再生までに時間がかかります。

しかし、永久脱毛の効果はありませんので、時間とともに再び毛は生えてくることになります。

ブラジリアンワックスの処理頻度はおおよそ7日〜10日が目安です。

それ以上の処理頻度は肌を傷つける危険があるため、十分注意して処理を行うようにしましょう。

それでも天然由来の成分を使用しているため、カミソリと比較して肌への影響は小さくなります。

何度も施術を行うと毛の成長を遅らせることもできます。

 アンダーヘアをブラジリアンワックスで処理する方法

除毛クリームを使って処理する

除毛クリームは体毛を溶かすことで処理を行います。

場合によってはカミソリよりも肌にとって刺激になる可能性があるため、使用する際は十分注意する必要があります。

処理頻度の目安はおおよそ1週間に1回です。

アンダーヘアの場合は、除毛クリームの種類によって使用できないものもありますので、よく確認するようにしましょう。

 アンダーヘアに除毛クリームを使った処理方法と効果について

ヒートカッターを使って処理する

ヒートカッターはアンダーヘアの長さを整えることができる必須アイテムです。

はさみと違って熱で毛を処理するため、断面が丸くなり下着から突き抜ける心配が少なくなります。

熱で素早くアンダーヘアを処理することが出来ますし形も整えやすいので、ヒートカッターを使うとアンダーヘアをより美しく見せることができるはずです。

ヒートカッターでアンダーヘアを処理しすると、毛先が丸くなるのでチクチク感が無くなり肌のトラブルを少なくすることも出来ます。

きちんとした方法で処理を行うことが肌にとっても見た目にとっても大事になります。

 ヒートカッターでアンダーヘアを処理!使い方やオススメする理由

光脱毛器を使って処理する

光脱毛器は体毛の成長自体に影響を与えるものです。

そのため、カミソリやシェーバーなどと比較してもきれいに処理を行なうことができます。

光脱毛はサロンなどで行われている方法ですが、自宅用の光脱毛器も販売されています。

注意するべき点は脱毛器によって効果や肌への影響が異なるという点です。

また、脱毛を行う際はある程度毛を残して剃る必要があります。その他にも産毛などの細い毛には効きづらいなどいくつかのデメリットもありますので、脱毛器の説明書などをよく参照するようにしましょう。

 自宅でできる!光脱毛器を使ってアンダーヘアを処理する方法

ここまでアンダーヘアの処理頻度を説明してきましたが、どの方法であっても1週間に1回程度の処理頻度が最も適当であると言えます。

人によっては毛の再生が早く、2日〜3日に1回処理を行わなければならないと思う方もいますが、それは肌にとって大きなダメージとなり得ます。

必要な時だけ処理を行い、あとは処理を控えるということも、肌のことを考えれば大切であるということを覚えておくようにしましょう。

自己処理する年齢は?きっかけは?

小学生の頃は、アンダーヘアを気にすることも悩みを抱えることも少なかったはずです。プール授業がある日だけ、ワキのお手入れをするくらいなものでしょう。

では、アンダーヘアを自己処理する年齢やきっかけは、いつどんな時でしょうか?

クリニックやサロンのアンケート結果によると、平均年齢15歳~となっています。きっかけは、水着やパンツから毛がはみ出ていると、恥ずかしいからだそうです。

初めのうちは、T字カミソリを使用する人が多く、大人になるにつれて脱毛機器やサロンで脱毛を受ける人が多いです。

しかし、現在はキッズ脱毛を受けられる時代。親の承諾があれば小学生でもサロンで脱毛することができるのです。

脱毛部位は、ビキニラインや脇など、大人並みの脱毛コースプランが充実。痛みも少なく子ども用に開発された機器を使用するので、大変人気があります。

 アンダーヘアの処理方法を紹介しています。

自宅でアンダーヘアを処理する頻度を聞いてみました。

みなさんは、自宅でアンダーヘアのお手入れをしていますか?

そして、一体どのくらいの頻度でお手入れをしているのか、とても気になります。

毛が伸びて来るのが、早い・遅いの関係もありますし、元々のアンダーヘアの濃さにもよると思います。

そしてデートの前日や旅行等の露出をしなければならない場面だったり、予定に合わせてお手入れをしている方も非常に多いと思います。

しかし、いつ何の予定が急に入るか分からないので、恥をかかず余裕でいる為、日頃から頻繁にアンダーヘアのお手入れはしておきたいものですよね…

アンダーヘアのお手入れ頻度はあまり他人に聞く事のない話ですので、みなさんがどのくらいの頻度でお手入れをしているのか、知りたいと思いませんか?

そこで今回みなさんには、 自宅でのアンダーヘアの処理をする頻度を聞いてみました。

分からない方はこちらを目安に、お手入れをしてみるのも良いかもしれませんね。

数年前から除毛クリームを使っています。 床に鏡をおいてその上にしゃがみ、鏡を見ながら付属のヘラで慎重に除毛クリームを塗ります(お風呂でやると楽ですが5分ほど放置するので冬だと寒いです) 5~10分ほど放置したらヘラでこそげ落とすようにクリームをとると毛がするすると取れます。あとはシャワーでよく流してそのままお風呂の流れになります。デリケートゾーンなので自己責任ですが、次の処理までの期間が長いのと生えてきてもまったく痒くないのでオススメです。

私は夏場と冬場でアンダーヘアの処理を行う頻度が違います。夏場は2日に1度は処理をします。暑くムレて、臭いが気になるので頻繁に手入れをしています。特に生理中は手を抜けません。かゆみが出たり、かぶれたり、不潔に感じることが嫌だからです。冬場は3~4日に1度のペースです。やはり、清潔感は保っておきたいのですが、夏場より気にならないし、頻繁に処理をしすぎても今度は肌へのダメージが気になってきます。

私はレーザー脱毛をしてしまいましたが、その前は剃ってました。 Vラインは、好きな下着を着て、そこからはみ出る部分を剃れば良いのです。 幅を狭くする人、長さを短くする人など、人それぞれ違います。 Iラインも、鏡などを利用し、好みの量まで剃ります。 頻度は、デートの直前のみ。なのでデート回数に比例ですね。 月に1回もあれば、3回以上ということも。 剃った直後は顔用のクリームなどで保湿です!これ大事!! 数日ですぐにチクチクしてきますが、保湿を繰り返すとマシになります。

1~2週間に一回の頻度です。 処理方法はカミソリで剃る方法です。 私的には肌が荒れるし毛穴も埋まって炎症が起きたりするので頻繁に処理を行いたくないのですが、お風呂上がりに旦那に処理したか確認されたときに処理をしてないと風呂場で処理するように言われます。 旦那が仕事をから帰ってくる前にお風呂に入っていることが多いのでこのくらいの頻度になります。

月に約1~2度ほどです。 ダンスをやっているため、伸びすぎると不便なことが多くて、みじかめに揃えています。 だいたいハサミでカットすることが多いのですが、切るタイミングを誤ると切りすぎたときに恥ずかしいことになってしまうのでなかなか難しいです。 ハサミだと切り口が平らなので、切った直後はしばらく少しちくちくします。

1週間に一度の時もありますが、性行為を行う前には必ず処理をします。後は、銭湯に行くまうには必ずします以前毎日処理をしていたら皮膚が被れ、カサカサになり、できものができた経験があり、苦いことがありました。それ以来毎日はしてません。 やり方は除毛クリームを使います。それがいいかはわかりませんがクリームを使うようにしています。

だいたい週二回はします。 処理をすると、だいたい2~3日で生え出すので、ひたすら毛抜きで抜いていきます。 これを怠ると、以前チクチクとした痒みや痛みがひどく、眠れなくなったり、肌荒れが酷くなりとても不快な思いをしました。 家族に処理している姿を見られないようにするのは大変ですが、今ではしないと落ち着きません。

ショーツから飛び出す程長く伸びてしまった時や、または大事な用や水着を着る機会がある時にアンダーヘアをカットしてお手入れしているのですが、その頻度は大体2ヶ月に1回程度です。やり過ぎて短くし過ぎると私の場合痒くなって気になってしまうので、あまり念入りには行っていません。結婚する前は毎月まめにお手入れしていました。

自宅では脱毛器やピンセットといったもので処理をしていますが、案外肌への負担がかかるので一ヶ月に一回か二回くらいの、割と少なめの頻度でやるようにしています。 ですが、本当のところを言うとかなりの面倒臭がりなので、できればやりたくありません。 なので、たまに処理を忘れてしまって気がつけば半年くらい放置してしまったということもあります。 小まめに処理するのがいいとは分かっていますが、どうしても手間と痛みを考えるとやる気が出ないという感じになってしまいます。

なぜかアンダーヘアーは他の部分よりも、ムダ毛が伸びるスピードが早く、二日に一回の頻度で処理しないとチクチクした毛が生えてきてしまいます。他の人よりも昔から毛深くて悩んでいましたが、アンダーヘアーは放置するととんでもない量なので、こまめに長さのカットとシェーバーで範囲を小さくするように自己処理をしています。

柔らかく
陰毛を柔らかくするにはどうしていますか?

アンダーヘアを柔らかくしてふわふわに保つ方法 デリケートゾーンの毛は髪の毛よりも縮れていて硬いので、ゴワゴワになりやすい ...

読んでもらいたい記事

360,929view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

135,005view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

77,408view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-