アンダーヘア

アンダーヘアを処理するメリット・デメリット

更新日:

脱毛するメリットとデメリット

アンダーヘアを処理して、良かったことや気になること

デリケートゾーンのお手入れをする前に気になるのが、メリットとデメリットのバランスですね!毛を処理することはメリットが多い反面、デメリットも付き物です。

自分の体質を考慮しながら処理する必要があります。詳細な知識を得てから処理を行うことが、キレイなアンダーヘアを作る秘訣です。

今回はアンダーヘアを処理するメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。

アンダーヘアを処理するメリット

① 衛生面をキープして、清潔感を得られる!

デリケートゾーンの毛量を減らすことで、汗をかきづらくなり常に清潔に保てるようになります。排泄物も付きにくくなるので、細菌の繁殖を抑制することが可能です。

また、海外では、アンダーヘアが残っているだけで、「不潔な女性」として見られることもあります。外国人のパートナーがいる方は、処理をしっかり行うことで安心してお付き合いすることが出来ます。

アンダーヘアが高温多湿になってしまうと、肌トラブルを引き起こしやすいので衛生的に保つには、毛量の調節がとても重要なのです。

アンダーヘアを処理したら生理中の不快感は無くなる?

VIO脱毛を普通に行う欧米の女性はデリケートゾーン臭わないって本当?

② 毛がはみ出さなくなり、見た目に自信が持てるようになる!

水着やTバックなど面積の少ない衣類を着用する際に、ムダ毛が見えていて恥ずかしい思いをしてことはないですか?

アンダーヘアを事前に処理することにより、そのようなストレスを感じることもなく、レジャーなどを楽しむことが出来ます。

自分の持っている衣類に合わせて処理をすることも可能なので、好きな毛量をセレクトして、自身を持って過ごせることは大きなメリットです。

特にアンダーヘアの毛質は「太く・硬く・縮れている」場合がほとんどですので、衣類の形を変え、尖った毛先が衣類を突き抜けるケースもあります。

そのゴワゴワ感をなくすためにも、適切な処理方法を選ぶことが大切です。

陰毛が硬く下着から突き出てしまいます。どうすれば柔らかくできるのでしょうか?

陰毛を柔らかくするにはどうしていますか?

③ 嫌な臭いの発生を抑えられる!

アンダーヘアを放置したままにしておくと、蒸れて雑菌が増殖し、嫌な臭いを発生させる原因になってしまいます。そこで原因の元である毛を減らせば、ある程度の悪臭を抑えることが可能です。

デリケートゾーンの臭いについて、日本の女性は自分では気づかないケースがとても多いです。最初から手入れをしていることで、臭いの有無に関わらず対策をすることが出来るんです。

デリケートゾーンの手入れをして臭いや黒ずみを解消

④ 処理方法によっては美肌効果を得られる!

脱毛サロンや医療脱毛では、美肌効果のある光やシェイプアップ効果のあるローションを使用して、美容へのアプローチを脱毛と一緒に行ってくれる所があります。

アンダーヘアをキレイに保ちつつ、デリケートゾーンのくすみを取り除き、美しいVIOラインを維持することが出来れば、気持ちよく毎日を過ごせますよね!

自宅以外の方法に加えて、抑毛ローションや光脱毛器を用いることでも毛を細く、柔らかくすることも出来、毛質を整え肌触りも良くなるので一石二鳥です。

毛と衣類の摩擦による肌荒れ頻度も減るので、全身の美肌を目指す方は処理を欠かせない部分です。

脱毛サロンでVIO脱毛したら次に生えてくるのはいつでしたか?

トリートメントを使って女子力を上げる

⑤ 痛みやかゆみなどの不快感から解放される!

アンダーヘアをヒートカッターなどで処理しないと、硬い毛先に肌が触れて、強いかゆみや症状の進行度合いによっては痛みを伴う場合があります。

生理中は特に肌がデリケートになっているので、通常時に処理をしておくことで痛みやかゆみの発生をストップ出来ます。チクチクする不快感も減って、歩く際にデリケートゾーンを気にする心配もなくなります。

陰毛を剃って痒くならないための処理方法

アンダーヘアのチクチクを解消するための対処法

アンダーヘアを処理するデメリット

① 処理方法を間違えると肌トラブルを引き起こす!

カミソリや毛抜きで自己処理を行うと、毛穴へのダメージが加わり埋没毛や毛包炎、肌の炎症や赤み、切り傷などトラブルが出ることがあります。

自己処理の場合は、肌に直接触れない電気シェーバーを用いて、必ずアフターケアで肌を冷やすなど手順を間違えないようにしましょう。

陰毛(アンダーヘア)をカミソリ処理するのはトラブルの原因になる!

陰毛を毛抜きで抜くための処理方法と体験談

② 毛量や毛質によってはコストがかかる場合もあり!

毛の処理は安全性の高く、肌への負担が少ないものほど高額になることが多いです。

特に脱毛サロンやクリニックでの脱毛は数十万円を超えることもあります。最初から計画を立てておき、決めた日数で効果が出なかったら、他の方法に切り替えるなど工夫をすることでムダな出費を抑えることが出来ます。

③ 毛を残す量によって、男性に引かれてしまうことも!
アンダーヘアは多すぎるとズボラなイメージを与えてしまいますが、少なすぎても「遊んでいるのでは?」という印象を持つ男性が少なからずいます。また、男性の好みのタイプにもよります。

温泉などでハイジニーナ処理している人を見た時の印象は?

彼氏からアンダーヘアの事で何か言われたことはありますか?

④ 生理中は経血が漏れてしまう!

毛量を減らすことで、今までクッションの役割を果たしてきたアンダーヘアの働きが弱まり、生理中に「漏れ」を生じることもあります。

特にハイジニーナ(無毛)にされている方は、この症状が起きやすいです。ある程度の毛量を残したり、ナプキンや下着を工夫する必要性があります。

⑤ 永久脱毛にしない限り、ずっと手間がかかる!

毛は毛根の細胞を破壊しない限り、永遠に生え続ける性質を持っています。永久脱毛が可能な医療レーザー光や針脱毛は数回の処理で永久脱毛が出来ますが、他の処理方法だと何回も頻繁に行わなければならず、忙しい方には手間と感じることもあります。

どんな方法でも処理を行う上で、肌への負担がありますので、毛穴を開いてローションなどで肌を保護しながら、処理を進めることも大切です。

ビキニラインを処理しても次の日には生えてきてしまいます…それって私だけ

アンダーヘアの永久脱毛で失敗しないために!サロンとクリニックの違い

最後に

アンダーヘアは元々の感染症や怪我を防いだり、フェロモンを相手に届けたり、体温を維持することで生えてきます。

しかし、人間が裸で過ごしていた頃の名残ですので、現代において必要がない場合がほとんどです。メリットとデメリットの両方を理解して、自分に合った処理方法を見つけることが最も大切なことです。

ブライダル脱毛をする部位と始めるタイミング

脱毛サロンやクリニックでのわき毛処理

わき毛を永久脱毛してますか?してよかったなと思うことはなんですか?

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-