アンダーヘア

水着を着るときどこまでアンダーヘアの処理していますか?

更新日:

水着とアンダーヘア

処理方法はさまざま!自分に合った方法を見つけよう

水着になる季節!心配なアンダーヘア。みんなどうしてる?

自宅派の処理方法

まずは自宅で出来る処理としては除毛クリームやワックス、シェーバー、毛抜きやピンセット、脱毛器などが挙げられます。

除毛クリームは脱毛クリームとも呼ばれるもので体毛を溶かします。

肌への負担は少々気になりますが、剃ることと比べるとチクチクが防げて持続性があるというメリットがあります。

近年はブラジリアン・ワックスという方法も浸透してきました。

海外ではレーザーよりもポピュラーなもの。元々はアンダーヘア用に開発されたものですが全身に使用可能で、クリームやシェーバーより持続性があるというメリットがあります。

シェーバーは最も手軽な方法と言えますが、チクチクしたり、上手くやらないと毛が皮膚に埋まってしまうトラブルなどに見舞われます。

ハサミやシェーバーで行いたいという方には「ヒートカッター」との併用をオススメします!

ヒートカッターは毛先を丸く切ってくれるためチクチクが防げて、斜めにカットされたヘアが水着を突き破ってしまう心配も防げます。

参考 アンダーヘアの長さはどれくらいですか?

サロンにおまかせしたい派

少々のお金はかかっても、処理回数が少なくなり、肌への負担は圧倒的に減らせます。個人差はあるものの、大抵が半永久的に生えてこなくなる施術でしょう。

種類としてはワックス、レーザー、光が主流で、サロンによってはオリジナルの機械などを導入しています。

ご自分の財布と肌に合ったサロンを見分けるためにも無料で行われるカウンセリングを受けましょう。

昔は脱毛でサロンに通うなんてとてもお金のかかることでしたが、近年は学生でも気軽に通える値段で脱毛ができるようになりましたね。

電車などにもたくさんのサロンの広告が並んでいます。

中には希望のコース以外にも施術を受けてもらうために必死で営業してくるところもあり、煩わしく感じることもあります。

カウンセリングを受け、お友達やクチコミサイトなども参考に、サロンは正しく選択しましょう。

ヘアは処理するだけではダメ?他に注意すべきこと

アンダーショーツはマスト!

アンダーヘアの処理をするのはもちろんのこと、水着の下にアンダーショーツを履くこともお忘れなく!

水着1枚でいるよりもヘアのはみ出しを防げますし、せっかくはみ出ないよう処理してもスケスケになってしまっては台無し…。

女性の場合、膣にバイキンが入る心配もありますから、衛生面からもショーツはマストアイテムと言えます。

男性と関係を持ったときのことも想定

欧米などアジア圏以外では男性も女性もアンダーヘアは全くナシのツルツルが当たり前のようですね。そのままにしておくことは不衛生だという概念があるそうです。

しかし日本では「大人なのにツルツルというのも恥ずかしい」という感覚の方が多いかと思います。

銭湯や温泉に行っても、ツルツルの方はかなかな見かけませんね。

男性向けのビデオでも、ツルツルにしていることを「パイパン」と呼びマニア嗜好のジャンルとして確立されています。

ツルツルとまでいかなくても、あまりに行き届いた処理をすると驚く男性も少なくないでしょう。

日本人の中には「人に見せるものじゃないんだから」と、処理をすること自体を嫌がる男性もいます。

そのあたりも念頭に入れて、慎重な処理を行いましょう。

また、水着になる際はアンダーばかりでなく、脇の方もお忘れなく!

アンダーヘア革命セット

アンダーヘアの処理にはVライントリマーがおススメ

水着を着る時に注意したいのが体毛がはみ出ていないかと言うことです。

せっかく素敵な水着を用意しても、陰毛が出ていたら台無しですものね。

アンダーヘアの処理方法はたくさんありますが、肌の負担などを考えると自分で行うのに抵抗を感じる人もいるかもしれません。

そんな方にとって、Vライントリマーは強い味方となってくれます。

Vライントリマーはアンダーヘアの処理に適したヒートカッターです。

毛先を丸くカットしてくれるため、処理後独特のチクチクもなく、アンダーヘアをしっかり整えることができます。

Vライントリマーは日本人のアンダーヘア事情に最適

アンダーヘアの処理は個人の嗜好だけでなく、国によっても大きく異なります。

欧米などでは衛生上の理由もあって無毛にすることが一般となっています。

そんな中、Vライントリマーは日本人に適した処理方法だと言える理由がいくつかあります。

ここではその理由について紹介していきます。

アンダーヘアを残しつつ、整えることができる

日本人は海外と比較して無毛の割合が少ない傾向にあります。

そのため、見えない程度であればアンダーヘアが残っていても全く問題にはなりません。

しかし、それは処理をしなくてよいということではありません。

アンダーヘアの処理を行わないと毛は生え放題になってしまい、彼氏への印象も悪くしてしまうことでしょう。

Vライントリマーは毛の長さもしっかりと整えることができるため、アンダーヘアを残しつつ、綺麗なVラインを作ることができます。

これなら水着のような際どい格好でも、自信をもって望むことができますね。

日本人のアンダーヘアは太くて濃い

日本人の体毛は海外の人と比較して、太くて濃いという特徴があります。

そのため、体毛の処理を行うと断面が鋭くなり、チクチク痛むことがあるのです。

Vライントリマーはその点においても非常に大きなメリットがあります。

Vライントリマーは熱線によって体毛を処理するため、断面が丸くなり、処理後にチクチクすることがなくなります。

さらにアンダーヘアが水着を貫通することも防止することができます。

付属のトリートメントでふわふわの毛を手に入れる

Vライントリマーはアンダーヘア用トリートメントが付属していて、ごわごわの毛をふわふわにすることができます。

毛が短いとチクチクするのではないかと不安を抱いている人も、このトリートメントを使用することで改善することができるはずです。

ヒートカッター
ヒートカッターでアンダーヘアを処理した体験談と安全な使い方

アンダーヘアの長さを整えるのに欠かせないアイテムがヒートカッターです。 市販のはさみでカットすること ...

続きを見る

次のページへ >

自己処理するならこのアイテムで決まり!

長さと形を整えるならVライントリマー

アンダーヘア革命セット
アンダーヘアをカットする専用のトリマーなので処理した後のチクチクも無く、トリートメントもついているのでフワッと柔らかくなりますよ。

クリームとローションを使ってエステ並みの脱毛が出来る。

肌に優しい脱毛クリームなら「パイナップル豆乳クリーム」

脱毛 除毛

パイナップル豆乳クリームは肌に優しくムダ毛を取り除きます。

エステに通わなくてもスベスベの肌を手に入れる事ができますよ。

パイナップル豆乳ローションと組み合わせることによって除毛頻度も減っていきお手入れも楽になります。

エステに通わなくてもスベスベな肌に「パイナップル豆乳ローション」

親子向けの訴求

刺激が無い化粧水系の除毛ローションです。
全身に使えて、IラインやOラインにも使用できます。
即効性はないですが、パイナップル豆乳クリームと組み合わせて使うことにより素早くスベスベな肌になります。

使い続けるほど、除毛頻度が減ってエステに通うようなスベスベな肌になるので。「いざ」という時のために早めにお使いされることをオススメしています。

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの悩みを解決! , 2017 All Rights Reserved.