アンダーヘア

アンダーヘアを電気シェーバーで処理する方法

更新日:

電気シェーバー

アンダーヘアを綺麗に剃るには電気シェーバーがおすすめです。

アンダーヘアを自己処理で整える際に、毛の長さともう一つ重要な点が面積です。毛の面積をどの程度残すかによって見た目の印象や衛生面も変わってきます。

水着や下着からはみ出た部分の毛を剃るのに剃刀を用いると、肌トラブルを招く恐れがあります。具体的には、剃刀負けや出血、腫れ、肌荒れなどです。

これを踏まえ、肌に極力触れないように開発されたのが“電気シェーバー”です。

電気シェーバーは、刃が剃刀に比べて鋭くなく、肌に直接当たらないよう作られています。充電式や電池式などコードレスのタイプが多く販売されており、デリケートな部分にも使いやすいコンパクトなものがアンダーヘアの処理には適しています。

また、顔用の電気シェーバーをアンダーヘアに用いると上手く処理できることもあります。

肌に負担をかけずに毛の面積を調節したい方にお勧めの、電気シェーバーについてご紹介致します。

電気シェーバーの選び方のポイント

自己処理をしたいけれど、どの電気シェーバーがいいのか分からない…といった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

電気シェーバーはメーカーによって値段以外にも性能が大きく違うので、よく説明文を読んで購入しましょう。

一番大切なのは、肌への安全性が高いということです。この部分が完全でないと、折角電気シェーバーを買ったのに肌トラブルを引き起こしてしまいます。

選ぶ際に迷う部分が、防水性のものかどうかです。防水性のものは、お風呂場で使用することができます。お風呂で処理をすると、皮膚が柔らかくなっていてシェービングしやすい反面でお風呂場の雑菌に触れてしまう恐れがあります。お風呂上がりは身体の雑菌も洗い落とされている分安全ですが、処理する場所が限られることもありますよね。

ご自宅の環境や、リスクを考慮して性能の有無をセレクトしましょう。

また防水性のものを購入する際は、刃を水洗いできるものがお勧めです。電気シェーバー自体の衛生面を保つことが肌トラブルを回避する秘訣になります。

大きさですが、アンダーヘアの処理は細かい作業が求められるので、やはり小型のものがやりやすいです。ただ全身用でもヘッドのみコンパクトタイプに交換できるものもあるので、身体のどこまで自己処理で行うかを決め、購入の判断材料にしましょう。

電気シェーバーで毛の面積を整える方法

1.処理する面積を決める!

水着や下着を履いて、はみ出る部分をマークしておきます。この際に、余りにも長い毛は事前にハサミでカットしておくことで電気シェーバーの故障を防ぐことができます。

2.クリームなどを塗る!

電気シェーバーを利用するといえど肌に全く負担がかからないとは言えないので、肌の表面を保護するためにも専用のクリームなどを塗りましょう。

3.アンダーヘアを柔らかくする!

そのまま剃ると、硬いアンダーヘアが引っかかってしまう場合もあります。温めたタオルを5分程度当てて、毛を柔らかくしておきましょう。

4.電気シェーバーでシェービングする!

いよいよ電気シェーバーの出番です。この時の体勢として、“ヤンキー座り”もしくは片足を台に乗せて剃ると安定して失敗が少なくなります。自己処理を行う時に“見やすい”ということも重要なので、自分の身体の柔軟性も考慮して体勢を変えましょう。

鏡を床に置いて、丁寧に進めましょう。毛の面積を決めるのに不安な方は、水着や下着を着用したままシェービングをするのもひとつの手です。絶対に剃りたくない場所、傷つけたくない場所を避けることができます。

5.保湿クリームでケアする!

処理後は、肌の角質が露出して僅かな傷が付いているケースもあります。再度保護クリームを塗ることで、後々の肌トラブルを防止できます。この際に使用するのは、極力デリケートゾーンに使用できる自然なものを選ぶことがお勧めです。

電気シェーバーでアンダーヘアを処理する注意点

電気シェーバーは綺麗に剃れる分、剃り残しがあると大変目立ってしまいます。処理をした後に水着・下着を装着し、あらゆる動きをして様々な角度から確認しましょう。座ったり、脚を思い切り高く上げたり、普段しない大きな動きをするくらいが丁度良いです。

また敏感肌の方は万が一のことを考えて、少しずつ処理をすることをお勧め致します。一気にVIOライン全てを処理してヒリヒリ感が強くなってしまってからでは遅いので、まずはVラインから始めるなど計画的に処理していきましょう。

最後に~

もし脱毛サロンでアンダーヘアの処理を予約した場合でも、自宅でシェービングをしてくることが義務の場所もあり電気シェーバーはお手入れに必要不可欠です。

因みに男性用の髭剃りに使う電気シェーバーもありますが、皮膚が比較的厚い男性に向けた作りになっているので、アンダーヘアには絶対使用しないでくださいね。

何かあったら脱毛サロンのスタッフの方や皮膚科の医師に直ぐ相談して、安全なシェービングを心掛けましょう。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-