髪の毛

髪の毛をサラサラにする方法にはどんなものがある?

更新日:

髪の毛

女性にとってサラサラな髪は憧れの対象ですね。

キレイな髪の女性は一体どんなケアを行っているのか気になりませんか?

今回は、髪の毛をサラサラにする方法について迫っていきます。

サラサラな髪の毛はキューティクルが整っているから

髪の毛がサラサラだと言うことは「キューティクルが傷んでいない証拠」。

キューティクルは、髪の毛の表面を覆っているうろこ状のタンパク質のことで、熱や紫外線に弱くすぐに傷んでしまいます。

さらにこのキューティクルの厄介な所は、一度傷むと元に戻すことが出来ない点です。ですから、日頃からケアを疎かにしてしまうとゴワゴワな髪の毛になってしまいます。

そこで、ここでは髪のケアに注目してキューティクルを損傷しない方法を紹介します。

① 髪は十分に乾かす

キレイな髪の毛にするためには「シャンプーの種類」や「洗髪方法」を連想するかと思いますが、それだけではなく「シャンプーを行った後のケア」がとても重要な要素になります。

例えば、シャンプーを行った後に髪の毛を乾かさないと、頭皮が濡れた状態が長く続き、雑菌が繁殖する可能性があります。

キューティクルを作る上で頭皮の環境は必要不可欠ですから、自然乾燥なんてもってのほか。

洗髪した後は、ドライヤーを使用してキチンと髪を乾かすようにしましょう。

ただし、キューティクルは熱にとても弱いので長時間同じ場所にドライヤーを当て続けないように髪から少し離れた所でゆっくりと乾かしましょう。

② 髪の毛の乾燥を防ぐ

キューティクルを守る上で「保湿」も重要です。

髪の毛は乾燥するとキューティクルが開いた状態になるので、ゴワゴワした髪質を生み出してしまいます。

シャンプー後に使用するコンディショナーは、髪の毛の保湿力を強化する上で必要です。サラサラな髪の毛を手にしたいと言う方は、保湿と言うワードに着目してみましょう。

③ ヘアオイルを活用する

サラサラな髪の毛を手にするためには、保湿が大切と説明しましたが、これはヘアオイルによって強化することも可能です。

ヘアオイルはベタベタしていて苦手と言う方もいると思いますが、使用量を調整することで不快感なく、髪の毛に馴染ませることも可能です。

髪の毛に艶を加えることも出来ますので、見た目から美しい髪を作り出すことも可能になります。

一度傷ついた髪を再生することは出来ませんのでサラサラな髪にするには毎日のケアが必要になります。

特に乾燥は髪の毛にとって大敵になりますので注意するようにしましょう。

美髪の女性がサラ艶髪にするために実践していること

① 念入りなトリートメントをする

髪のケアの基本は「トリートメント」。

シャンプーで汚れを取り除いた後は、トリートメントで髪の毛のケアを行わないとゴワゴワした髪の毛になってしまいます。

しかし、サラ艶髪を手に入れるためには特に「アウトバストリートメント」が効果的!

アウトバストリートメントとは、お風呂の後に行うトリートメントで洗い流さないタイプが基本です。

髪の毛の周囲をケア成分がまとって保護してくれますので、外出時の紫外線や熱によるダメージを軽減出来る他、髪の毛に艶を与えることが出来ます。

アウトバストリートメントは、シャンプー後に行うインバストリートメントと併用することも出来ますので、サラ艶髪を目指している方は、普段のケアにプラスしてアウトバストリートメントを実践してみるのも良いですよ。

② 美容院のトリートメントの施術を受ける

セルフトリートメントを行っても何となく効果が実感出来ない場合には、美容院でのトリートメントを受けると良いです。

美容院のトリートメントはコストが高いため、何度も受けることが出来ませんが、髪の毛のケアと言う点では、最も効率の良い方法だと言えます。

自分へのご褒美として、数ヶ月に1回は美容院でトリートメントを行ってみるのも良いかもしれませんね。サラ艶髪は、1度や2度のケアで手に入れられるものではありません。

継続してケアを行う必要がありますので、諦めずに続けることが大切です。

③ 自分に合ったシャンプーを選ぶ

髪の毛は頭皮環境が正常でないときちんと育つことが出来ません。

洗髪を念入りに行っている人は安心と思うかもしれませんが、実は過剰な洗髪も頭皮環境を悪化させる可能性があります。

例えば、シャンプーは皮脂などの汚れを落としてくれますが、シャンプーの洗浄力が強すぎると頭皮環境を保護するために必要な皮脂までも洗い流してしまいます。

皮脂の分泌量は個人差がありますので、まずは自分の肌に合ったシャンプー選びが大切です。

女性の場合は男性に比べて比較的皮脂の分泌量が少ないので、洗浄力の弱い「アミノ酸系シャンプー」か「ノンシリコンシャンプー」を選ぶと良いです。

頭皮環境を整えることが、美しい髪の毛を育てる第一歩になります。

パサついている髪の毛の改善法

髪の毛がパサつき髪の毛のまとまりがなくなるのは、水分と油分が少なくなっているためです。

髪の毛の水分と油分は、髪の毛の表面を構成するキューティクルによって守られています。

しかし、これらが何らかの原因で壊されてしまうと水分や油分を保持することが出来なくなってしまいます。

そこで、ここでは水分や油分を保持出来る方法をご紹介します。

① トリートメントを使用する

髪の毛のパサつきを予防・改善する手軽な方法に「トリートメント」があります。

トリートメントは、髪の毛の内部に浸透し、または表面を補修することで髪の毛から水分や油分の放出を防ぎます。

紫外線やドライヤーの熱により、キューティクルはとてもダメージを受けやすく、トリートメントはそのダメージを軽減させることが出来ます。

ただし、一度ダメージを受けた髪の毛は、自己修復能力がないため元の健康な髪の毛に戻ることはありません。そのため、トリートメントは毎日しっかりと行う必要があります。

② シャンプーの種類を変える

髪の毛の水分・油分の量が少ないのは、シャンプーによってそれらが奪われている可能性もあります。

シャンプーは製品によって、洗浄力が異なるので自分の肌に合ったシャンプーを使用しないと頭皮を乾燥させることに繋がります。

特に女性は皮脂の分泌量が少ない傾向にあるため弱酸性の「アミノ酸系シャンプー」など刺激の少ないシャンプーを選ぶと効果的です。

③ カラーやパーマを控える

カラーやパーマは髪の毛に大きなダメージを与えます。

髪の毛のパサつきが酷くなったら、必要以上のカラーやパーマを控えるべきです。

一度のカラーやパーマでダメージを受けることは少ないですが、繰り返し行うことで、次第に髪の毛の負担も大きくなります。

④ 生活習慣を整える

ダイエットや美容などに生活習慣が関わってくるのは知っていると思いますが、実は髪の毛にも深い関係があります。

特に栄養不足やストレス、睡眠不足はホルモンバランスを悪化させ、必要な栄養分を髪の毛に送ることが出来なくなるため、髪の毛のパサつきを大きくさせます。

パサパサしている髪の毛を元に戻したいのであれば、まずは生活習慣を整える必要があります。

その上でトリートメントやシャンプーを自分の肌に合ったものに変えることでさらに効果をあげることが出来ます。

髪の毛をサラサラにする方法を聞いてみました。

くせっ毛もよいですが、やはり女性ならばサラサラな髪の毛に憧れがありますよね。

トリートメントも大切ですが、日々のブラッシングやドライヤーの方法、オイルなどのお手入れ方法も大切です。簡単なことでも日々の継続によって美しい髪が手に入るんですね。

実際にサラ艶髪のみなさんにそうすればキレイな髪を手に入れられるのか?その方法を聞いてみました。

風になびくサラサラの髪って、良いですよね。 私が現在使用しているケラスターゼ・ソワンオレオリラックスは、とてもお勧めです。 半乾きの髪に馴染ませてドライヤーで乾かすと、髪がサラサラになりダメージも気にならなくなります。 オイルタイプですがベタベタしないのが気に入っています。 少々高価ではありますが、期待を裏切りません。
髪の毛をサラサラに仕上げるコツはシャンプーをする前にブラッシングをすることです。ホコリが付いた状態で髪の毛を濡らしてしまうと摩擦で髪がダメージを受けやすいので、濡らす前にしっかりとブラッシングをすることが大切です。また、シャンプーの時も髪の毛を洗うのではなくて頭皮を洗うということを意識して行うと良いです。
髪の毛をサラサラにするには、ブラッシングが効果的です。 ナイロンのブラシは静電気が発生するので、豚毛や猪毛のブラシがおすすめ。 髪の量が多い人は、ブラシの毛が長いものを選ぶと良いですよ。 最初は毛先のもつれをほどくようにブラシをかけ、次に中間、根元をブラッシングします。 最後は根元から毛先に向かって動かします。 ゆっくりと20分くらい時間をかけて行うと効果的です。
髪の毛をさらさらにする方法で今までで一番効果があったのが、ナノイオンのドライヤーの使用でした。噂に聞いていた通り、初めて使用したその日から髪の毛がツルツルでサラサラになり,その効果に驚きました。髪の毛の質も、それまでの固くてごわごわした質感から、柔らかくて滑らかな指通りになったのでとても満足しています。ナノイオンのドライヤーは想像以上にサラサラヘアには効果がある製品だと思います。
髪のダメージを解消しようと思い、オイルやムースを沢山付けているせいか、べた付きが気になります。 そこでお勧めなのが、頭皮クレンジングです。 シャンプーする前に頭皮に馴染ませ、指の腹で優しくマッッサージしてから一度洗い流します。 そして通常のシャンプーをすると、髪は根元から生き生きとして髪もサラサラになります。 天使の輪がきらきらに輝き、笑顔が増えます。
髪の毛に、オイルを付けてから洗えば、髪がサラサラになりました! オイルは髪に良いとされる椿オイルやホホバオイルの他にも、家庭で使っているエキストラバージンオリーブオイルでも大丈夫! 出来れば根本には付けないよう、主に毛先に付け、優しく刷り込むように揉みます。 ゴシゴシすると髪が傷んでしまうので、あくまでも優しく! そのままシャンプー、リンスといつものように洗髪するだけで、乾かすとびっくりするくらいサラッサラの髪になりました!!
よく髪の毛がパサついて広がってしまいます。 シャンプー後によくタオルドライをし、オイルトリートメントを髪全体になじませます。 するとドライヤーをしてもオイルがバリアになり、熱から守ってくれます。 そのため傷まずパサつきが収まります。 乾燥した状態でもオイルトリートメントはとても有効で、しっとりサラサラな髪の毛を維持してくれます。
髪の毛をさらさらにするのに一番効果的な方法はブラッシングすることです。髪の毛は絡ませてしまうと摩擦でキューティクルが剥がれてしまったりしてよくありません。そのためにブラッシングするのです。シャンプーする前にもブラッシングすると尚良いです。そして、ブラッシングするためのブラシは獣毛を使った天然毛ブラシがおすすめです。梳かすたびに潤い、さらさらになります。
ヘアカラーをするようになってから髪の毛がバサバサになり、トリートメントを使わないと手櫛すら通らないほど髪の毛が傷んでしまいました。 シャンプー・リンスの後にトリートメントでケアするのも時間がかかって面倒だし、手軽に髪質改善できないかな?と思い、色々と試してみました。 ハンドクリームなど何種類か試してみた結果、傷あと・やけどあとに塗るクリーム(アットノン)が保湿に優れていて、髪がサラサラになりました。 手の平にクリームを伸ばして、毛先から薄く全体に揉み込んでいくとうまく馴染みます。 サラサラでまとまりやすくなるし、ツヤも出て、髪に自信を取り戻しました。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-髪の毛
-