アンダーヘア

アンダーヘアの毛嚢炎(毛包炎)について原因と対処法

更新日:

毛嚢炎によるトラブルを防ぐ方法

アンダーヘアを自己処理で整えていくうちに、毛嚢炎[モウノウエン](毛包炎[モウホウエン])になって肌が荒れてしまうことがあります。

この病気は毛根を包んでいる毛穴の奥深くにブドウ球菌が入り込んで、感染して引き起こされます。

毛嚢炎にならないようにするためには、毛の正しいお手入れ方法を身につけることや生活を見直すことが重要です。

こちらでは毛嚢炎について詳しくご紹介すると共に、その原因と対処法についてお伝え致します。

毛嚢炎の怖さ

毛嚢炎は、一見ニキビやおできのようにも見える赤いぶつぶつとしたものが出てくる症状です。毛包の上の部分だけの病気で、中央部に膿を持ったものや硬い芯のような部分ができることがあります。

殆どの場合赤み・腫れが出ますが、痛みや痒み、発熱を伴うことは稀です。1箇所だけできるケースや何箇所にも広がるケースがあります。お尻や太腿、首の後ろなどに発症する他にも、女性の場合特にデリケートゾーンに症状が出ることが多いです。

自然に治ることもありますが、そのまま放っておくと化膿して症状が悪化したり跡に残ったりもしますので早急に適切な対処をすることが重要です。

毛嚢炎ができる原因とは?

まず毛嚢炎の症状が出る仕組みです。皮膚上には常在菌と呼ばれるブドウ球菌がいつも潜んでいるのですが、ダメージにより毛穴の中が傷つきブドウ球菌が毛穴の奥まで入り込むことで、毛嚢炎になります。また皮膚を湿度が高い状態のままにしておくと、症状が進む傾向にあります。

他にも、ステロイドの薬を塗布している際に起こる場合があります。

最も多い原因としては、アンダーヘアを剃刀で処理することによるダメージです。毛の流れと反対方向に剃ってしまったり、また毛抜きを使って無理やり引っ張って処理することでも発症します。ブラジリアンワックスでも、衛生面を考慮して行わないと起こり得る可能性があります。

デリケートゾーンは湿度が高いので、敏感肌やアトピーなどアレルギーを持っている方は掻いてしまって菌が入り込むこともあります。

他にも、睡眠不足や食生活の乱れなどによる内面的なストレスでも引き起こされます。健康バランスが崩れると、皮膚の免疫力が低下することが原因です。

生理中や運動による発汗にも注意が必要で、アンダーヘアを“高温多湿”の状態にすることが毛嚢炎に繋がるのです。

毛嚢炎ができてしまったら?

それぞれの症状に合わせた対処法ですが、まず生理中・運動時はこまめにシャワーを浴びたりナプキンや下着を替えたりすることが効果的です。

清潔に保つことで菌が毛穴に入りづらく、繁殖しにくくなります。

付ける下着も通気性の良い肌に優しい素材のものを選び、ダメージを極力減らすことが大切です。

生活にまつわることでいうと、免疫力をアップさせるためにビタミンCを積極的に摂取し、睡眠をたっぷりととってストレスを溜めないようにすることが対策になります。
果物や野菜に加え、必要に応じてサプリメントを摂取することで栄養面をカバーすることができます。

逆に脂質の高い食生活を続けると、ブドウ球菌の餌である皮脂が過剰分泌されて毛穴が詰まってしまいますので要注意です。

毛の処理についてでは、剃刀や毛抜きの使用をストップして、電気シェーバーや光脱毛器を用いた処理にシフトチェンジすることで毛嚢炎の進行を抑えることができます。

皮膚に直接触れない構造になっている電気シェーバーを選ぶことで、傷をつけずにアンダーヘアを整えることができます。電気シェーバーでも新しい刃でないと細菌感染や傷を付ける恐れがありますので、定期的に交換しましょう。

光脱毛器も、メラニンに反応する光を用いるアイテムですので肌への負担が減らせてお勧めです。

自宅外で光脱毛や医療レーザー脱毛の施術を受けることも、安全性が高い方法です。特に医療クリニックで行うと専門の医師が肌質や毛質に合わせたアドバイスをくれ、投薬もして貰えるので安心して処理ができます。

また、ボディソープのすすぎ残しによって毛穴が詰まり、毛嚢炎を引き起こす場合もあります。菌が繁殖しないようお風呂ではしっかりとすすぎましょう。

どうしても剃刀や毛抜きを使いたい、という時は蒸しタオルで毛穴を十分に開いてから保湿ローションやワセリンなどで皮膚を保護して肌に負担をかけないような処理を心掛けてください。

処理後も保湿を忘れずに、デリケートなアンダーヘアを守りましょう。

最後に~

毛嚢炎は1度なってしまうと頻繁に細菌感染して症状を繰り返すことがあります。もし治りが悪いようでしたら、皮膚科を受診することが重要です。塗薬だけではなく飲み薬が処方されることもあります。

原因に応じて自宅でできる対策・対処法はたくさんあります。より手軽に、リーズナブルに毛包炎を回避するために、自分の肌質にあった処理方法を選んだ上で健康にも気遣って生活しましょう。

柔らかく
陰毛を柔らかくするにはどうしていますか?

目次1 アンダーヘアを柔らかくしてふわふわに保つ方法1.1 トリートメントを使用する方法でふわふわに!1.2 ヒートカッ ...

続きを見る

アンダーヘアの長さが気になる
アンダーヘアの長さや形はどれくらい?

目次1 アンダーヘアの長さが気になる人へ2 どれくらいの長さでアンダーヘアを処理する?2.1 アンダーヘアの毛周期は?2 ...

続きを見る

読んでもらいたい記事

285,915view
アンダーヘアの長さが気になる

目次1 アンダーヘアの長さが気になる人へ2 どれくらいの長さでアンダーヘアを処理する?2.1 アンダーヘアの毛周期は?2 ...

119,796view
ヒートカッター

目次1 自己処理するなら、アンダーヘアはどれくらいの長さ?どんな形がいい?2 そもそもアンダーヘアって処理しなきゃ駄目な ...

74,179view
除毛クリーム

目次1 剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理1.1 除毛クリームの効果はいかほど?2 除毛クリームを安 ...

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2018 All Rights Reserved.