アンダーヘア

アンダーヘアの埋没毛について原因と対処法

更新日:

アンダーヘアの埋没毛(埋もれ毛)を防ぐ処理方法

アンダーヘアは敏感な部分なので、処理する際に様々なトラブルを引き起こす可能性があります。

中でも直ぐに改善することが難しく、見た目が汚くなってしまう症状が“埋没毛”です。

自己処理によってこの状態になってしまうことが多いので、誰にも相談できず悩んでいる方が沢山いらっしゃいます。

今回は届きそうで届かない、埋もれてしまった毛“埋没毛”について対策や改善方法を交えてご紹介致します。

まず、埋没毛って何?

毛抜きで毛を抜いたり、剃刀で刺激を加えたりすると、皮膚の防御反応が働いて毛穴の角質を厚く塞いでしまいます。

毛抜きや剃刀での処理は毛根の細胞を破壊することはできないので、皮膚の下では毛が再生され続けるのですが、この時に毛穴が塞がった状態のため表面に出て来られず毛が埋もれてしまう状態を“埋没毛”と言います。

他にも、毛穴の途中で毛が切れてしまい、鋭利な毛先が皮膚中で引っかかって潜ったままの状態から埋没毛になるパターンもあります。

無理に毛を引っ張って、肌を傷つけながら抜くことが主な原因です。

黒ゴマのような、ブツブツとした見た目になり、場合によってはニキビを生み出して皮膚科に通わなければならないこともあります。

基本的には肌の新陳代謝により、1ヶ月半前後で新しい皮膚に生まれ変わると共に埋没毛が露出してくることが多いのですが、腫れや痛みなどの症状が出ている場合は注意が必要です。

後々デリケートゾーンに傷跡として残ってしまうケースもあるので、早めに対処する必要があります。

埋没毛ができてしまったら!改善法

肌のターンオーバーによって埋没毛が表面に出てくるのを待つ他に、改善方法はあるのでしょうか。

家で出来るものとしては、スクラブ入りやピーリング用の石鹸でその部分を洗うことがまず挙げられます。

肌の表面の古い角質を剥がし、毛が露出しやすい状態にしてくれます。ただ摩擦の刺激もありますので擦り過ぎには注意が必要です。

皮膚の新陳代謝を促進して自然に抜け落ちるように、保湿ケアを念入りに行うことも有効です。肌が柔らかくなると、出て来られなかった毛が刺激を加えなくても露出してくることがあります。

この2つの方法は、ある程度日にちを要します。もしより即効性を求める場合は、“除毛ローション”を使用する方法がお勧めです。

除毛ローションは皮膚中に埋まっている毛にも反応するので、毛根から埋没毛を取り除いてくれます。平均3日程度で抜け落ちていきます。

デリケートな部分に塗布するので、肌トラブルの原因になる恐れもあります。1度肌にも染み込ませるので、肌への負担が少ない低刺激のものを選び、必ずパッチテストを行ってから使用しましょう。

それでも効果が見られない場合、もしくは自宅で処理する心配がある場合は、脱毛サロンや皮膚科で施術・治療を受けることが確実です。

脱毛サロンでは特殊な光を当てて光脱毛と同時に埋没毛を排出してくれ、皮膚科では専用の軟膏を処方して貰えるなどそれぞれの専門家が症状に合わせて対応してくれます。

肌のケアも行ってくれるので、安心感が高い方法です。

針脱毛を行っているサロンでは、埋没毛を見つけるとその場で取り除いてくれるサービスを含んでいることもあります。悩んでいる方はカウンセリングの段階で相談してみてはいかがでしょうか。

逆に行なうと危険な方法は、ピンセットや針で力任せに抜くことです。雑菌が入って余計に化膿する恐れがありますし、更に毛が奥に入り込んでしまうこともあるのでリスクが大きいです。

埋没毛を作らない!事前対策はしっかりと

では埋没毛がまだ出来ていない場合、どのように対策をすれば良いのでしょうか。

自宅で出来る対策として、まず電気シェーバーを使用して毛の処理をすることが挙げられます。

電気シェーバーは皮膚に直接当たりにくい構造になっていますし、毛を無理やり引き抜かず処理できるので埋没毛の心配がありません。ギリギリまで長さを短くすれば、お手入れも楽になります。

また光脱毛器を使って脱毛する方法も、同様に効果があります。

毛の長さのみ気になるようでしたら、ヒートカッターを使用して整える方法も肌へのダメージが加わらないので安心です。

毛抜き・剃刀での処理やブラジリアンワックスは埋没毛を比較的引き起こしやすいですが、処理する前に蒸しタオルなどを当てて毛穴をしっかり開いてから行うことで症状の出る確率を下げることができます。

どの処理にも共通していますが、アフターケアとして保湿を欠かさず行うことも重要です。

脱毛サロンや医療機関で最初から光脱毛や医療レーザー光を使用して脱毛することは、やはり最も安全性が高いです。

埋没毛に対して専門のスタッフがアドバイスしてくれますし、個々に合わせた方法を提供してくれます。

最後に~

アンダーヘアは薄い粘膜を含んでいるので、埋没毛に非常になりやすい部分です。

また元々埋没毛になりやすい体質の方もいらっしゃるので、今までアンダーヘア以外でも埋没毛が出来たという経験がある方はより注意が必要です。

皮膚を常に柔らかく保ち、軽度な状態で早急に対応することが埋没毛と上手く付き合う秘訣です。

柔らかく
陰毛を柔らかくするにはどうしていますか?

目次1 アンダーヘアを柔らかくしてふわふわに保つ方法1.1 トリートメントを使用する方法でふわふわに!1.2 ヒートカッ ...

続きを見る

アンダーヘアの長さが気になる
アンダーヘアの長さや形はどれくらい?

目次1 アンダーヘアの長さが気になる人へ2 どれくらいの長さでアンダーヘアを処理する?2.1 アンダーヘアの毛周期は?2 ...

続きを見る

読んでもらいたい記事

285,915view
アンダーヘアの長さが気になる

目次1 アンダーヘアの長さが気になる人へ2 どれくらいの長さでアンダーヘアを処理する?2.1 アンダーヘアの毛周期は?2 ...

119,796view
ヒートカッター

目次1 自己処理するなら、アンダーヘアはどれくらいの長さ?どんな形がいい?2 そもそもアンダーヘアって処理しなきゃ駄目な ...

74,179view
除毛クリーム

目次1 剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理1.1 除毛クリームの効果はいかほど?2 除毛クリームを安 ...

-アンダーヘア
-

Copyright© ヒートカッターでアンダーヘアの長さを整える! , 2018 All Rights Reserved.