アンダーヘア

アンダーヘアの埋没毛について原因と対処法

更新日:

アンダーヘアの埋没毛(埋もれ毛)を防ぐ処理方法

アンダーヘアは敏感な部分なので、処理する際に様々なトラブルを引き起こす可能性があります。

中でも直ぐに改善することが難しく、見た目が汚くなってしまう症状が“埋没毛”です。

自己処理によってこの状態になってしまうことが多いので、誰にも相談できず悩んでいる方が沢山いらっしゃいます。

埋もれてしまった毛“埋没毛”について対策や改善方法を交えてご紹介致します。

埋没毛って何?

埋没毛というのは、毛が皮膚の中で埋まってしまうことを言います。

皮膚の中で外へ出られずに成長して伸びてくるので見た目も輪っかのようになったりするなど、色々なパターンがあります。

埋没毛ができてしまう仕組みは、毛抜きで毛を抜いたり、剃刀で刺激を加えたりすると、皮膚の防御反応が働いて毛穴の角質を厚く塞いでしまいます。

毛抜きや剃刀での処理は毛根の細胞を破壊することはできないので、皮膚の下では毛が再生され続けるのですが、この時に毛穴が塞がった状態のため表面に出て来られず毛が埋もれてしまいます。

この状態を“埋没毛”と言います。

他にも、毛穴の途中で毛が切れてしまい、鋭利な毛先が皮膚中で引っかかって潜ったままの状態から埋没毛になるパターンもあります。

無理に毛を引っ張って、肌を傷つけながら抜くことが主な原因です。

黒ゴマのような、ブツブツとした見た目になり、場合によってはニキビを生み出して皮膚科に通わなければならないこともあります。

基本的には肌の新陳代謝により、1ヶ月半前後で新しい皮膚に生まれ変わると共に埋没毛が露出してくることが多いのですが、腫れや痛みなどの症状が出ている場合は注意が必要です。

後々デリケートゾーンに傷跡として残ってしまうケースもあるので、早めに対処する必要があります。

埋没毛ができてしまったら!改善法

埋没毛を作らない方法は、自己処理の仕方や回数を減らすことで回避できますが、一度できてしまった埋没毛は治りにくいと言われています。

さらに炎症を起こした埋没毛の断面は、ポツポツした黒色に見えることから、くすみや色素沈着を起こす原因にもなります。

できてしまった埋没毛を治す方法で比較的効果が高いと評判のものを挙げてみました。

専用のクリームを使って改善する。

この方法が、最も安全で手軽に埋没毛を治すことができます。

毛穴ケア専用保湿剤なので、埋没毛を改善しながら乾燥を防ぐこともできます。

埋没毛の周辺に多く見られる色素沈着も、メラニン生成を抑えることで黒ずみができにくい環境へ整えてくれます。

刺激を与えない無添加成分で作られていますから、デリケートゾーンを含めた全身に使用できます。

温める

蒸しタオルで埋没毛の部分を温めて、毛穴を開く方法も有効ですが、即効性は期待できません。

皮膚の新陳代謝を促進して自然に抜け落ちるように、保湿ケアを念入りに行うことも有効です。肌が柔らかくなると、出て来られなかった毛が刺激を加えなくても露出してくることがあります。

しばらく放置する

実は、一番簡単な方法は「放置」です。放置と言っても陰部の毛が生え変わる時期を待つだけ。即効性はありませんが皮膚を傷つけずに済みます。

ターンオーバーが正常な人であれば、古い角質が剥がれ落ちて埋没毛が自然に出てきてくれることはあります。

放置をするとダメと言われるのは、毛穴周辺が化膿したり炎症を起こしている場合であって、放置をしてもすぐに色素沈着が起こるわけではありません。

脱毛サロンやクリニックを利用する。

アンダーヘアの脱毛は皮膚の下にある毛にも照射します。時間はかかりますが、自己処理を続けるよりははるかにキレイで、埋没毛の悪化を防ぐことができます。

デリケートゾーンの埋没毛がどうにもならなくて悩んでいる人は、サロンやクリニックのVIO脱毛を視野に入れましょう。

肌のケアも行ってくれるので、安心感が高い方法です。

埋没毛を脱毛して治す場合は、施術回数が多くなります。これは、皮膚に埋まった状態では照射コントロールが難しいため通常の脱毛とは効き目が異なるからです。

皮膚をキレイに維持したいなら、サロンやクリニックをおすすめします。

他の改善方法は?

後、出来るものとしては、スクラブ入りやピーリング用の石鹸でその部分を洗うことがまず挙げられます。

肌の表面の古い角質を剥がし、毛が露出しやすい状態にしてくれます。ただ摩擦の刺激もありますので擦り過ぎには注意が必要です。

逆に行なうと危険な方法は、ピンセットや針で力任せに抜くことです。雑菌が入って余計に化膿する恐れがありますし、更に毛が奥に入り込んでしまうこともあるのでリスクが大きいです。

埋没毛を作らない!事前対策はしっかりと

埋没毛がまだ出来ていない場合、どのように対策をすれば良いのでしょうか。

自宅で出来る対策として、まず電気シェーバーや脱毛クリームを使用して毛の処理をすることが挙げられます。

電気シェーバー

電気シェーバーは皮膚に直接当たりにくい構造になっていますし、毛を無理やり引き抜かず処理できるので埋没毛の心配がありません。

注意したいのが切れ味が悪くなってしまうと引き抜く形になる恐れがあるので定期的に刃を替える必要があります。

脱毛クリームを使って処理をする方法もオススメです。

脱毛クリームは毛を根元から溶かすことができるので埋没毛になる事がありません。多少なりとも刺激があるので肌が敏感な方には注意が必要です。

また光脱毛器を使って脱毛する方法も効果があります。

毛の長さのみ気になるようでしたら、ヒートカッターを使用して整える方法も肌へのダメージが加わらないので安心です。

埋没毛にならない一番の方法は脱毛サロンやクリニックで処理をしてもらう事です。

埋没毛に対して専門のスタッフがアドバイスしてくれますし、個々に合わせた方法を提供してくれますので最も安全性が高いです。

毛抜き・剃刀での処理やブラジリアンワックスは埋没毛を起こしやすいで、処理する前に蒸しタオルなどを当てて毛穴をしっかり開いてから行うことで症状の出る確率を下げることができます。

どの処理にも共通していますが、アフターケアとして保湿を欠かさず行うことが重要です。

デリケートゾーンに出来た埋没毛ってどんな症状が出るの?

痒くてムズムズする

陰毛を自己処理した場合は、必ずと言って良いほど痒みが起こります。この痒みの原因は、陰部の乾燥や毛先による刺激、そして埋没毛です。

カミソリで余分な皮脂まで削ぎ落としてしまうと、乾燥して痒みが起こります。

それだけではなく、処理後は陰毛の毛先が尖った状態になりますから、肌を刺激してチクチク感じるようになるわけです。

また、埋没毛ができてしまうと毛穴周辺が炎症を起こして、ムズムズ痒みが生じることもあります。

このタイミングで生理が来てしまうと、もう最悪です。さらに痒みや不快感がまして憂鬱になってしまいます。

埋没毛が悪化して黒ずみが増えた

埋没毛で黒いポツポツが増えると、黒ずみに見えることがあります。さらに、毛穴が炎症を起こしやすくなることで多少の色素沈着は避けられなくなります。

黒ずみは、摩擦や刺激によりメラニンが発生することで起こりやすくなりますから、埋没毛による刺激や痒みも、当然黒ずみの原因になるわけです。

ターンオーバーが正常な人であれば、メラニンの排出もスムーズに行われます。ですが、加齢とともにターンオーバーは乱れやすくなり、人により代謝のサイクルも異なります。

黒ずみを増やさないためには、埋没毛を作らないことが大切なのです。

普段は見えない部分ですが、水着を着た時や、彼氏に見られたりすると、恥ずかしく思ってしまうかも・・。

デリケートゾーンの埋没毛は、自己処理によるものが大きいです。

彼に気付かれる前に、しっかり予防・対策を行ってくださいね。

オススメ記事
デリケートゾーンの手入れをして臭いや黒ずみを解消

アンダーヘアの長さや形はどれくらい?

陰毛を柔らかくするにはどうしていますか?

読んでもらいたい記事

390,977view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

140,550view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

78,560view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-