アンダーヘア

アンダーヘアを自宅で処理するときどこでしますか?時間や頻度は?

アンダーヘア

アンダーヘアの自己処理は自宅の何処でする?メリットとデメリットは?

①自分の部屋

メリット


自分の部屋なので、気兼ねなく処理が出来る。

デメリット


一人暮らしではない場合、たまに誰かが入ってくることもあるので注意。また、処理中は毛が散らばらないようにバスタオルを敷いたり、準備に多少手間がかかります。

後片付け


アンダーヘアの自己処理後は、ティッシュなどに包んでゴミ箱へ。

②リビング

メリット


テレビなどを見ながら処理出来るので、有意義に過ごせる。

デメリット


誰が来るかわかりません。

SNSなどでもたまに「パートナーのそんな所を見たくなかった!」や「毛の処理とかは普通はそんな所ではしない。ご飯が食べられなくなる!」など炎上していることも多々あります。また、バスタオルなどの準備が必要です。

後片付け


アンダーヘアの自己処理後は、ティッシュなどに包んでゴミ箱へ。

③トイレ

メリット


デリケートゾーンを晒すのに最も違和感のない場所です。

しかも、万能なヒートカッターやIラインシェーバーなどを使うには、湿気の多い場所で故障の原因にもなるので、トイレがマスト!

そして、換気扇もあるので、ヒートカッターや除毛クリームなどの特有の臭いもすぐに消せます。

デメリット


家族がいれば、長い時間トイレに籠られると迷惑になることも。朝などみんながトイレを利用する時間帯は絶対に避けましょう。

後片付け


トイレを流すだけで良いので簡単です。また、詰まる心配も全くありません。

④ 浴室(お風呂場)

メリット


個室のため誰に見られる心配もありません。そして、入浴後に行えば、アンダーヘアの処理後や入浴後に行うデリケートゾーンの保湿も一度で済みます。

デメリット


処理が簡単な万能なヒートカッターやIラインシェーバーなどは湿気に弱いので使用することが出来ないことです。どうしても使用したい場合は「防水加工」の機能がついたものを購入しましょう。

後片付け


水で流すだけなので、後片付けは簡単です。

アンダーヘアのお手入れは、トイレで処理するのが断然楽ちん!

アンダーヘアの自己処理は、トイレでする方が多いようですね。

誰にも見られない場所であること」と「処理後も流せば良いだけ」と言う手軽さが人気の秘密です。

トイレのウォシュレットで軽くデリケートゾーンを洗って、保湿クリームなどを塗れば清潔に保つことが出来ますね。

処理時間

アンダーヘアのお手入れに浴室は向いていない!?

アンダーヘアの脱毛は、毛に汚れが付着していても、それを洗い流せると言うメリットがあるため、浴室での処理をしている方が多いと思いますが、実は浴室は「雑菌の宝庫」!

閉鎖的で湿気が溜まりやすい場所であるために浴槽や壁、ボディタオルなどに雑菌が繁殖しています。

ですから、浴室でアンダーヘアのお手入れはあまり向いていません。

そこで、どうしても浴室で自己処理したい場合は、「浴室の換気」を徹底しましょう。換気は、浴槽や鏡の水滴がなくなるまで行うのが理想的。

そして、カミソリやシェーバーなどのムダ毛処理グッズ自体も除菌も大切ですが、菌を増やさないためには「乾燥」が一番。使用後は、器具の汚れを洗い流し、キレイなタオルで水気を拭き取ってくださいね。

そうすれば、浴室でアンダーヘアをお手入れするメリットは多々あるのでおすすめです。

例えば、片付けは洗い流すだけですし、個室なので誰に見られる心配もなく処理も出来ます。

また、アンダーヘアを処理した後には、入浴後にするデリケートゾーンの保湿ケアと1回で済ませることが出来ます。そのため、黒ずみケアも出来て一石二鳥です。

しかし、浴室でアンダーヘアの処理をする場合は「排水溝が詰まるのでは?」と言う心配の声もチラホラ聞こえますが、髪よりも全然毛量が少ないので、流してしまっても排水溝が詰まることはないでしょう。

心配な方は、パイプクリーナーのような洗浄剤を定期的に流すようにすれば問題ありません。

しかし、中には気になる方もいますし、家族と同居されている方は、アンダーヘアと言うことで髪の毛よりも神経質になる部分だとは思います。

その際は、100均やAmazonなどでも売っている排水溝ネットを購入してみてはいかがでしょうか?自分がお風呂から出る際に、サッと取ってゴミ箱に捨てるだけで簡単です。

アンダーヘアのお手入れは入浴後がベスト!!

先程、アンダーヘアのお手入れが浴室は向いていない理由を説明しましたが、自己処理自体は「入浴後」がベストなんですね!

入浴後の温まった肌には皮膚に潤いが行き渡るので、アンダーヘアと皮膚が引っ張り合う痛みを和らげられます。

また、入浴後なら陰毛の絡まりも防ぐことが出来るので、束ねて処理を行え、形が整えやすくもあります。

そもそも、アンダーヘアを自己処理する場合には、「デリケートゾーンを蒸した状態にする」と言うのが基本。

通常アンダーヘアの処理は、蒸しタオルなどを使って、肌や毛を温めてから行いますから、入浴後ならばその工程を一つ飛ばせるので楽ですよね。

自己処理にかける時間はずばりどれくらい?

アンダーヘアの自己処理にかける時間を意識したことはありますか?アンダーヘアは毛量や毛質によって処理にかかる時間も人それぞれです。

ですから、理想の時間はわかりませんが、長時間アンダーヘアをケアしていると乾燥してヒリヒリと痒みを感じることもあります。

特に冬の時期のカミソリには要注意!

これは、処理する時に余分な皮脂まで削ぎ落してしまうため、乾燥した肌をさらに傷つける原因になります。理想としては10分以内には抑えたい所ですね。

ムダ毛処理アイテムは、時間短縮するにはどちらが良い?

ハサミvsヒートカッター

アンダーヘアの自己処理には、コスパや刃が欠けにくい点から、ハサミで処理している人も多いと思います。

ハサミでムダ毛処理をすると、どうしても毛先が尖ってしまうため、ヒートカッターでの仕上げが必要です。

ヒートカッターは、毛先を丸く焼き切るため、肌に与えるチクチク感を軽くしてくれる優れものです。しかし、アンダーヘア全てを処理するとなると、かなりの時間がかかるのも事実。

慣れていないと時間にして30分くらいはかかるでしょう。

下を向きながら処理を行うため、首や肩が凝り始めて中段する人もいるようです。

カミソリvs Iラインシェーバー

アンダーヘアの自己処理には、Iラインシェーバーもおすすめです。

カミソリとの違いは「」。

Iラインシェーバーは、カミソリのように深剃りは出来ませんが、その分、肌に負担がかかりません。

また、Iラインシェーバーによる処理の時間は、15分程度が多いようです。カミソリよりも、色素沈着を起こす可能性も低いのでおすすめです。

ただし、カミソリもIラインシェーバーも毎日使用していると患部の皮膚が弱って黒ずみになってしまうかもしれないので、月に数回の自己処理程度に抑えておいた方が無難です。

おすすめは、サロンの「シェービングサービス」!!

サロンでVIO脱毛する時は、ある程度毛を処理した状態で来店するのが基本。

毛を剃ってきてくださいね。」と事前に説明を受ける場合が多いですが、脱毛コースにより、シェービングサービスが組み込まれているコースもあります。

自己処理にかける時間が苦痛な人や面倒な人、または皮膚を傷めるのが嫌な人は、サロンのシェービングサービスを利用するとそれが解決出来ます。

※すでに契約済みの人で、定期的に脱毛を受けている人が条件になります。

まとめ

サロンやクリニックに通っていない場合は、アンダーヘアを定期的に処理しなければなりません。

毎日処理するのは、痒みや黒ずみ、埋没毛の原因になりますので、気を付けましょう!

アンダーヘア脱毛を失敗しない!サロンとクリニックの違いや処理内容

アンダーヘアの自己処理のメリットとデメリット

メリット

  • お金と時間の節約
  • 予約しないで好きなタイミングで処理できること
  • 痛みが少ないこと
  • 他人にデリケートゾーンを見せないので恥ずかしくないこと

デメリット

  • ずっと定期的に処理し続けなくてはいけないこと
  • 肌トラブルが起きても自己責任なこと
  • 黒ずみ(色素沈着)が増えること

自己処理のアイテムの種類

アンダーヘアは、自己処理をしても翌日には毛が生えて来ることもありますよね。ですから、毎日処理している方や数日に1回処理している方などまちまちだと思います。

しかし、どんな自己処理の方法をとっても、ムダ毛を処理するということは、少なからず肌トラブルの原因にもなります。

ですから、肌のことを考えるなら「1週間に1回程度」の処理が好ましいです。

恋人とデートの時やお泊りの時など必要な時は、処理も必要ですが、肌のことを考えると処理を控えることも大切だということは覚えておきましょう。

ここでは、自宅で使えるムダ毛処理アイテムの特徴をご紹介します。

毛抜き

自己処理に毛抜きを使ったことがある人は多いと思います。

しかし、毛抜きは最も肌を傷つけやすい処理の一つです。毛抜きは、毛根から毛を抜き去ることが出来るため、処理の回数が少なくなると言う利点はあります。

しかし、「埋没毛」や「毛嚢炎(もうのうえん)」などのトラブルを招きやすく、継続して行っていると肌トラブルが多くなります。

どうしても毛抜きを使用して処理したい場合には、毛を抜いた後のアフターケアをしっかりと行い、肌への影響を出来るだけ減らすことが必要です。

陰毛を毛抜きで抜くための処理方法と体験談

ハサミ

一番身近にあるハサミは、コストも安く済むので利用している方も多いと思います。

ハサミは、断面が鋭くなったり、細かい処理に不向きなどのいくつかデメリットはありますが、コツを掴めばある程度の美しさを保つことが可能になります。

また、他の処理方法で行うにしても、とりあえず毛量の多い人はまずハサミを使いある程度まで切ってしまうと良いです。

処理時間も短縮出来ますし、毛量が少ない状態で他のアイテムを使用する方が他のムダ毛処理アイテムが故障するデメリットを回避することも出来ます。

ただし、ハサミで自己処理をする場合は、毛先が尖ってしまうのは免れないのでショーツから陰毛が飛び出てくる可能性が高くなります。

ハサミを使ってアンダーヘアを処理する方法。チクチク痒くならないために

カミソリ

カミソリは、剃るだけなので簡単にアンダーヘアを処理出来ますね。

しかし、使用する場合には、事前にシェービングクリームを使用して肌との摩擦を減らしたり、アフターケアの保湿も大切です。また、毎日処理するのは肌トラブルの素なので辞めましょう。

そして、刃こぼれや菌の繁殖がしやすいので、定期的にカミソリは交換しましょう。

アンダーヘアをカミソリで剃っても痒くならない方法

ヒートカッター

ヒートカッターは、ハサミと違い熱で焼き切る方法なので、毛先の断面が丸くなり、ショーツから毛が突き出る心配やチクチク感もなく、肌トラブルも少なくすることが出来ます。

そして、少量ずつを整えるため、アンダーヘアの処理が初心者の方でも上手く形を整えることが出来ますよ。

ヒートカッターの使い方!アンダーヘアがチクチクしない処理方法

電気シェーバー

電気シェーバーはカミソリの電動版と言うイメージがありますが、実際は肌に直接触れずにアンダーヘアの処理が出来るため、肌に優しいアイテムになります。

肌に優しいとは言っても、デリケートゾーンに使用する場合には、シェービングクリームやアフターケアの保湿も十分に行いましょう。

そして、電気シェーバーを購入する際に気を付けたいポイントは「防水加工がされているもの」を選択すること。入浴後にアンダーヘアの処理をしたい方は特にそうしてください。

防水加工されていないものを浴室に持ち込むのは故障の原因になります。

また、使用後はキレイにケアして、浴室に置いたままにはしないようにしましょう。シェーバーに菌が繁殖し、不衛生になってしまいます。

Iラインシェーバーを使ってアンダーヘアのムダ毛を処理!

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは、永久脱毛ではありませんが、皮膚の内部のケアまで処理することが出来るため、毛の再生までに時間がかかります。

ですから、処理頻度も「7~10日間程度」開けることが出来、肌にとって優しく、自己処理の煩わしさからも少し解放されます。

また、ブラジリアンワックスの多くは天然由来の成分で作られているため、カミソリなどよりも肌に優しく、継続して使用することで抑毛効果もあります。

アンダーヘアをブラジリアンワックスで処理する方法

除毛クリーム

除毛クリームは、タンパク質分解酵素で毛を溶かして処理する方法です。

処理頻度は、大体「1週間程度」なので、アンダーヘアを処理する煩わしさからも少し解放されますし、継続して使用することで抑毛効果のあるものもあります。

アンダーヘアに除毛クリームを使った処理方法と効果について

肛門の毛(けつ毛)の処理は除毛クリームがおすすめ!!

家庭用光脱毛器

光脱毛器は、自宅で光脱毛が出来る優れものです。

もちろん継続して使用することで、抑毛効果も期待出来ますし、カミソリや電気シェーバーと比べてもキレイにアンダーヘアを処理出来る方法になります。

また、本当はサロンで脱毛したいけど、「他人にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい。」「時間がない。」と言う方におすすめの方法です。

家庭用の光脱毛器の多くは「光(フラッシュ)脱毛」ですが、中には「レーザー脱毛」の機器もあります。

また、カートリッジが交換できるものや本体そのものが使い捨てのものもあります。

安価なものは使い捨てのものが多いですが、長く使用したいのであれば、コスパ的にもカートリッジ交換タイプの方がおすすめです。

しかし、家庭用光脱毛器は、産毛など細い毛には効果が薄いと言うデメリットもありますので、脱毛器の説明書をよく読んで、自分に合ったものを選びましょう。

自宅でできる!光脱毛器を使ってアンダーヘアを処理する方法

自己処理をする年齢は?きっかけは?

自宅での頻度

サロンやクリニックでのアンケート結果によると、アンダーヘアが気になり自己処理をしたくなった年齢は「平均15歳」となっています。

きっかけは、水着やショーツから毛がはみ出ていると恥ずかしいからというもの。

初めての自己処理には、T字カミソリを使用する人が多く、大人になるにつれて、その他のムダ毛処理アイテムやサロン脱毛を受ける人が多くなります。

しかし、現在は「キッズ脱毛」と言うものがある時代。

親の承諾さえあれば、小学生でもサロンで脱毛出来ます。つまり、それくらい「脱毛」を意識している人が増えていると言うことですし、低年齢化しているということですね。

キッズ脱毛は、子ども用に開発された機器を使用するので痛みも少なく安心して利用できますよ。

アンダーヘアの長さはどれくらい?長い陰毛の整え方!

陰毛の生え始めはいつ頃ですか?

アンダーヘアの処理にかける時間を聞いてみました。

あなたは、アンダーヘアの処理をどのくらいの時間をかけてどんな道具を使って処理していますか?

例えば、カミソリやハサミを使用すれば、あまり時間を掛けずに自己処理出来ると思いますが、毛抜きを使ったり、ヒートカッターを使用すれば案外時間がかかるかもしれませんね。

また、温かいタオルでデリケートゾーンをふやかしてから始めたり、最後にしっかり保湿したりとキチンとした準備やアフターケアを行うともっと時間がかかります。

理想としては、5~10分程度ですが、みなさんどれくらいの時間を掛けてアンダーヘアを処理しているんでしょうか?実際のアンダーヘア処理の体験談を聞いてみました。

腕や脇の無駄毛処理に比べ、アンダー処理には思いのほか時間がかかります。まず体育座りをした状態で前かがみにならねばならず、デリケートゾーンなので傷をつけないように鏡をみて慎重に行います。時には水着を着たときにはみ出さないように剃るため、剃った後に一度風呂場で水着を着て剃り具合を確認することもあります。そのため20分はかけています。
家でアンダーヘアの処理をするときは、お風呂に入っているときに一緒にしています。毎日と言うわけではないのですが、数日おきぐらいには行っています。どれぐらいの時間をかけてしているのかは、あまり時間を気にしたことが無いのでわかりませんが、だいたい5分から10分程度だと思います。あまり気にし過ぎて細かくやっていると、時間がかかり過ぎて疲れちゃうので、ササッと手短に行っています。
自宅ですと、時間にすると5分~10分くらいだと思います。特に全部処理するわけでもないので、ただ形を整える程度なので多分そのくらいだと思います。形を整えるのもなかなか微調整が難しいのでたまに10分以上たっているかもしれませんが、一般的にみてもやっぱり10分かかるかかからないかくらいが妥当だと思います。
通常は約10~20分程度、丁寧に行う場合は約30分~1時間程度です。通常は入浴時にVラインの処理と長さの調整をしています。翌日がデートなど特別な日の場合は通常時の処理を念入りに行い、さらにプラスしてIラインやOラインも行います。Vラインに関しましては脱毛エステにも通っていますが最近はあまり時間が取れず自己処理の割合が多くなっています。
普段はお風呂に入るついでにアンダーヘアの処理もしています。簡単にはみ出ている毛を処理するときはだいたい3分くらいで終わりますが、念入りに、IラインやOラインの毛を剃ったり、前の長い毛を切ったりするときは、15分から20分かかります。お風呂のついでだと、後片付けが楽なので、比較的早く処理を終わらせることができます。

自宅でアンダーヘアを処理するときはどこでするのか?聞いてみました。

サロンへ通っている場合は、後片付けは不要ですが、自己処理の場合は準備から後片付けまでもちろん自分でしなければなりませんよね。

アンダーヘアはやはりキレイなイメージはしませんから、処理する場所は、何処でも良いと言うわけにもいかないはず。

他の人はどんな所でアンダーヘアを処理しているのか気になりませんか?そこで、今回は「自己処理は自宅の何処で行うか?」という質問をしてみました。

私はアンダーヘアーの自己処理はお風呂の時にします。アンダーヘアーは毛質が固い為、お風呂場でボディーソープで泡立ててからアンダーヘアーとお肌に塗ってからカミソリで剃り、そのままクリームを塗り保湿までします。そうしないとカミソリ負けして痒くなるからです。 お部屋などよりは、湿気で乾燥がすくないお風呂場で自己処理するのがおすすめです。
私は入浴ついでに、お風呂で処理をします。処理した毛が散らばるのも気にしなくていいし、自分の部屋で、脱いでいるのも嫌なので、自然とお風呂場になりました。人にみられる心配もないですし、ある程度時間をかけて、確認しながらケアできるので。 ただ、鏡がくもってしまうので、お風呂の最初の方で行います。また、お風呂からあがった後に、チェックをします。
独身時代は自室のベッド上・床のどちらかで、壁に背中をあずけたり、立ったまま処理していました。 結婚して、妊娠中は一切何も処理していませんでしたが、出産した後は基本的に浴室で処理をするようになりました。 子供のいる前では絶対出来ないので、こまめには出来なくなりましたが一切手入れをしない訳にはいかないので、一人になれる所に限ります。
わたしは電気シェーバーを使用してお風呂場で処理をしています。電気シェーバーは防水タイプの物なので、お風呂場で使用しても大丈夫との事です。処理した毛はシャワーでサーっと流す事が出来るので、お掃除も楽です。後アンダーヘアは凄く処理が難しい部分でもあり、デリケートなので傷つけないよう、よく見えない部分は、鏡を見ながら処理しています。
アンダーヘアの処理の場所について、私は部屋で家族が留守の時に行います。剃刀だとお風呂の方が多いとは思うのですが、私はハサミで切るので部屋で鏡を見ながらしています。家族がいるときだと、やはり抵抗があり、万が一とゆう場合があるので、必ず一人のときにします。アンダーヘアは切りすぎるとチクチクし、痒みが出てくるので、整える程度で日々しています。

自宅でアンダーヘアを処理する頻度を聞いてみました。

あなたは、アンダーヘアの処理をどれくらいの頻度で行っていますか?

毛は、伸びるのが早い人もいれば遅い人もいますし、毛量によっても自己処理の頻度は変わってくると思います。しかし、みなさんどれくらいの頻度で処理しているんでしょうね?

アンダーヘアのお手入れの頻度は中々他人には聞くことが出来ないと思うので、参考にしてみてくださいね。

数年前から除毛クリームを使っています。 床に鏡をおいてその上にしゃがみ、鏡を見ながら付属のヘラで慎重に除毛クリームを塗ります(お風呂でやると楽ですが5分ほど放置するので冬だと寒いです) 5~10分ほど放置したらヘラでこそげ落とすようにクリームをとると毛がするすると取れます。あとはシャワーでよく流してそのままお風呂の流れになります。デリケートゾーンなので自己責任ですが、次の処理までの期間が長いのと生えてきてもまったく痒くないのでオススメです。
私は夏場と冬場でアンダーヘアの処理を行う頻度が違います。夏場は2日に1度は処理をします。暑くムレて、臭いが気になるので頻繁に手入れをしています。特に生理中は手を抜けません。かゆみが出たり、かぶれたり、不潔に感じることが嫌だからです。冬場は3~4日に1度のペースです。やはり、清潔感は保っておきたいのですが、夏場より気にならないし、頻繁に処理をしすぎても今度は肌へのダメージが気になってきます。
月に約1~2度ほどです。 ダンスをやっているため、伸びすぎると不便なことが多くて、みじかめに揃えています。 だいたいハサミでカットすることが多いのですが、切るタイミングを誤ると切りすぎたときに恥ずかしいことになってしまうのでなかなか難しいです。 ハサミだと切り口が平らなので、切った直後はしばらく少しちくちくします。
1週間に一度の時もありますが、性行為を行う前には必ず処理をします。後は、銭湯に行くまうには必ずします以前毎日処理をしていたら皮膚が被れ、カサカサになり、できものができた経験があり、苦いことがありました。それ以来毎日はしてません。 やり方は除毛クリームを使います。それがいいかはわかりませんがクリームを使うようにしています。
だいたい週二回はします。 処理をすると、だいたい2~3日で生え出すので、ひたすら毛抜きで抜いていきます。 これを怠ると、以前チクチクとした痒みや痛みがひどく、眠れなくなったり、肌荒れが酷くなりとても不快な思いをしました。 家族に処理している姿を見られないようにするのは大変ですが、今ではしないと落ち着きません。
ショーツから飛び出す程長く伸びてしまった時や、または大事な用や水着を着る機会がある時にアンダーヘアをカットしてお手入れしているのですが、その頻度は大体2ヶ月に1回程度です。やり過ぎて短くし過ぎると私の場合痒くなって気になってしまうので、あまり念入りには行っていません。結婚する前は毎月まめにお手入れしていました。
なぜかアンダーヘアーは他の部分よりも、ムダ毛が伸びるスピードが早く、二日に一回の頻度で処理しないとチクチクした毛が生えてきてしまいます。他の人よりも昔から毛深くて悩んでいましたが、アンダーヘアーは放置するととんでもない量なので、こまめに長さのカットとシェーバーで範囲を小さくするように自己処理をしています。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

-アンダーヘア
-, ,