アンダーヘア

アンダーヘアの処理の仕方がよくわからないのですが

更新日:

アンダーヘアの処理の仕方がわからない

アンダーヘアの脱毛の常識を伝授!!

アンダーヘアの処理のイメージは「処理して当たり前!エチケットだもん!」と思う人もいるでしょうし、「全く処理したことないけど…みんな処理してるし始めた方が良い?」と悩んでいる人もいるでしょうね。

しかし、場所が場所だけに中々友人にも聞けない話です。

今回は、初めてアンダーヘアを処理する時に気をつけた方がよいことと、知っておくべきことをまとめてみました。

脱毛の常識①毛抜きは危ない!?

ムダ毛処理アイテムで「毛抜き」は真っ先に思いつくものの一つだと思います。

毛抜きは、剃っただけのカミソリと違って、抜けばしばらく生えてこない!と考える人が多いと思います。

しかし、一度毛を引き抜くと、その後に生えてきた毛が毛穴で詰まってしまい、生え切らないことがあります。これが「埋没毛」というのですが、このトラブルが一番起きやすいのが毛抜きなんですよね。

しかも、それを無理矢理針などでほじくり返そうとすると、菌が入ってしまい毛嚢炎なども起こしてしまいます。

脱毛の常識②カミソリより電気シェーバーが安全!?

毛抜きより安全なのはカミソリです。カミソリも手軽に手に入れることが出来るムダ毛処理アイテムなので、人気が高いです。

しかし、カミソリも刃が直接肌に当たるので、毛と一緒に肌の角質まで削ってしまい乾燥など肌トラブルを起こしやすいですし、摩擦で色素沈着(黒ずみ)も起こしやすくなってしまいます。

そこで、カミソリを電動にした「電動シェーバー」というものがありますが、そちらの方がおすすめです。なぜなら、直接肌にかかる負担がカミソリよりも格段に低くなるからです。さらに、電動シェーバーは、本体が2000円程度と比較的手ごろなお値段です。

しかし、カミソリより電動シェーバーをおすすめしましたが、デリケートゾーンに負担をかけないムダ毛処理アイテムで一番おすすめなのは「ヒートカッター」です。

ハイジニーナ(無毛)にすることは、ヒートカッターの性能上無理ですが、毛を熱で焼き切るため、毛先を丸くカットし、チクチクとした感触を防ぐことが出来ます。

脱毛の常識③脱毛サロンやクリニックが最終的には安くて確実!?

脱毛サロンは敷居の高い場所かもしれませんが、一番安全に確実に脱毛してくれるのはやはりプロです。

恥ずかしいなどの悩みがある人も多いですが、プロは毎日何人ものお客さんを相手に施術をしているので、そこまで恥ずかしがることもありません。

特に肌が弱い人にとっては、自己処理では肌トラブルを起こしやすいと考えられます。最悪、皮膚科へ受診しなくてはいけないことを考えるとお金がかかります。

また、ムダ毛処理アイテムは消耗品ですし、定期的に脱毛することを考えると、脱毛サロンへ行けば半永久的に、クリニックであれば永久的に脱毛することが出来ますから、そちらの方が安いとも言えます。

最近は比較的安価な脱毛サロンやクリニックも増えてきていますし、まずはお試しコースで一度体験してみるのも手ですよ!昔のような勧誘も現在では行っていませんので、しっかり断ればしつこい勧誘もされないはずです。

最悪、その場で高額な契約をさせられても、クーリングオフ制度を使えば解約することも出来ます。

アンダーヘアの処理の仕方がわかりません。どうしていますか?

そろそろアンダーヘアの処理をしようと思っても、処理の仕方も処理アイテムも何を使っていいかわかりませんよね?

毛質によっても向き不向きもありますし、みなさんはどれくらいアンダーヘアを残して、アフターケアはどんな風にしているでしょうか?実際に聞いてみました。

どの程度残し~と言うのは、濃さも、長さも色々ですので、下着からはみ出さない位で十分だと思います。見た目のエチケットとして、あまり濃くて恥ずかしかったら空きばさみで薄くしてもいいかもしれないですね。また、初めから除毛クリームだと形ができにくいので、剃刀でそったあと、ぶつぶつしてしまった部分を除毛クリームで溶かすと綺麗に仕上がります。
アンダーヘアは、からまっていてわかりにくいのですが、専用のソープでしっかり保湿をしながら洗うと扱いやすくなります。Vラインの上を短くすると真ん中に穴があいてしまうので、上の毛は、基本さわりません。アイラインの毛をカットしてあげるとよいです。デリケートな場所なので、脱毛した場合は、よく冷却したり、保湿してあげることをオススメします。
アンダーヘアの処理には脱毛が一番ですがサロンに通う手間とコストを考えるとなんとか自宅で処理したいものです。 剃刀やハサミを使って処理するとチクチクしてしまうので、ヒートカッターがお勧めです。ヒートカッターは熱で毛を焼ききるので毛先が丸くなりチクチクしません!3,000円程で購入できて処理後も快適です。 コームがついているタイプを選べば毛の長さも均等に処理しやすいです。毛の焼ける臭いが少々鼻につきますが換気すればすぐに気にならない程度です。火傷には注意してください。
私も毛深い&毛が濃いです。 Vラインは剃ってます。入浴の時に、泡立ててから剃ってます。一気に剃ってしまうと、バランスおかしくなりますので、T字型カミソリとI型カミソリを使いながら、剃ってます。たま~に、毛抜きで抜いたりもしてます。
剃ると本当に濃くなります。なので剃らない方が良いと思います! ただ毛量が濃いとのことなので、髪の毛を空く(すく)ように、アンダーヘアも何本か選んで短く切るのはいかがですか?また、中心に向かって量を増やすように、端のほうから短く切るというのもおすすめです。 それでも気になる場合は、脱毛に行くのがいいと思います。
必ずコレ、と決まっている訳ではありませんが、Vラインのサイドのみ剃るパターンだと下着からはみ出ることが多いのでVラインの上も三角形に処理する方法がお勧めです。必要い応じてОラインとIラインも処理した方が衛生的にも安心ですが、デリケートな部分なのでできれば専門のサロンで相談して脱毛をする方がお勧めです。 処理後は、保湿クリームやローションを使用して、下着も肌に優しいものをしばらくは着用する方が安全です。
アンダーヘアーの量、形、範囲、悩みますよね。それに「正解」という物がないので困ります。アンダーヘアーって顔の”眉毛”と似ていますよね、悩み的に。面倒であれば、飛び出したところだけカットすれば良いし、あまり切り過ぎても剃り過ぎても変な感じだし。だからあなたが良いと思ってしている今のやり方でOKなのです。肌にトラブルがないのであれば、アフターケアも無理にする必要はないのです。むしろデリケートな場所ですし、しないで済むのであればしない方が良いですね。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-