わき

冬にワキのニオイ対策を怠って焦ったことはありますか?

更新日:

冬のわきの臭い対策

汗をたくさんかく暑い時期には、みなさん汗対策は欠かさないと思います。

制汗スプレーや汗ふきシートなど、汗のケアグッズを持ち歩いています。

しかし、寒い時期になって汗をあまりかかなくなると、うっかり汗ケアを忘れて出かけてしまった!

なんてことありませんか?実は冬場の方が、汗の臭いが強いということをご存知でしょうか?

寒い時期の方が汗の臭いはきつい!その原因とは?

汗や汗の臭いと聞くと、どうしても暑い季節を連想するものです。

自分も周りも、暑い季節にはたくさん汗をかいているのが見えるためです。

たくさん汗をかくと、自然と水分を多くとるようになります。

水分を多くとって汗をかくことで代謝が良くなるので、汗の始末をさぼらない限り、実は夏場の汗はそこまで臭くならないのです。

しかし、寒くなって汗をかく量が減り、水分をあまりとらなくなると、代謝も落ちて汗の成分の濃度が濃くなります。

さらに夏場よりも汗のケアをしなくなるので、汗の臭いがきつくなるのです。

汗には、成分がほぼ100%水分の「エクリン汗腺」から出る汗と、「アポクリン汗腺」から出る、たんぱく質や脂質、アンモニアが含まれる汗の2種類があります。

ワキガ体質の人のわきからは独特なワキガの臭いがしますが、この体質の人はアポクリン汗腺の方が活発に働いて汗を出し、わきにいる雑菌を繁殖させるために、臭いを発生するようになります。

汗をたくさんかく時期は、わきや汗をたくさんかいたところを拭いたり着替えを用意したりしますが、寒い時期には汗を拭いたり汗が付いた服を着替えることもなくそのままにしてしまうので、さらに雑菌が繁殖して臭いが強くなってしまうのです。

やってしまった!冬のワキ汗ケアを怠って焦った経験

寒い時期には、インナーやコートで厚着をして、寒さ対策をしますよね。

しかし、そのまま職場やショップに入ると、暖房がしっかり効いて暑いくらいで、じんわり汗が出てしまう場所がたくさんあります。

汗をあまりかかないから、と油断していると、じんわりかいた汗がムレて臭いが・・・なんてことも少なくないはず。

接客業をしている人は、うっかり汗ケアを怠ったため、接客している相手に臭いに気付かれ、顔を一瞬しかめられた、なんてこともあるようです。

腕を上げて物を持ったり、動きを付けた説明をしている時、もわっとわきの下から臭いがしてしまった経験もあるそうです。

一日中オフィスにいる仕事においても、となりのデスクの人にわきの臭いを一日我慢させているんじゃないか、とヒヤヒヤした、という話もありました。

冬場で閉め切ったオフィスで暖房をつけていれば、気付かないうちに汗をかいているものです。

一刻も早く帰りたい気持ちになった!という体験談もありました。

汗ケアを怠って最も焦るシーンと言えば、大好きな恋人とのデートの最中にワキが臭ったときではないでしょうか?

レストランや映画館でコートを脱いだ時、こもっていた汗の臭いが一気に立ち込めて焦った!という経験談が多くありました。

あわててトイレに駆け込んでデオドラントスプレーをした、その日はすぐに帰った、など、やはり大好きな恋人には、「クサい」なんて思われたくないですよね。

最後に

寒い時期は、暑い時期よりも汗ケアが必須です。

汗の臭いが気になると、仕事にも恋人とのデートにも集中できず、相手に嫌な態度を取ってしまうことにもなりかねません。

寒い時期にも汗ケアは忘れずに!

冬にわきの臭い対策を怠った体験談を聞いてみました。

みなさんは、普段から脇のニオイには気を遣っている方でしょうか?

夏は、露出も多く汗をかくのでニオイに気を遣う方は、男女問わず多いかと思います。

しかし、冬の場合みなさんは夏と同じくらいの気を遣っていますか?

冬って、空気も冷たく汗をかくイメージもあまりない為、ニオイに対してあまり敏感になっていない!と言う方も多いと思われます。

しかし、それは大きな間違いなんです。

冬は、コートなどの厚手の羽織を着る機会が多くあると思います。

それこそが、汗→わき→ニオイの原因となるのです。

コートの下にかいている汗は、想像しているよりも凄い量。

冬は大丈夫!なんて気を抜いていると思わぬ恥をかいてしまうかもしれません。

そこで、今回みなさんには『冬にワキのニオイ対策を怠って焦ったことはありますか?』と言う質問をしてみました。

あります。冬場に、風邪で、熱をだして、ダウンしてしまったさいに、お風呂にはいれなかったときがありました。とうぜん、会社にいかなきゃいけないため、からだは、ふきましたが、会社にいったさいに、においが、じぶんで、きづくくらいに、くさかったため、もちろん、ワキのにおいも、におってきました。消臭すぷれー必須でした。
冬はコートなど厚着をすることが多いので、外にいるときは良いですが建物の中に入ると暑くて汗をかくことが私は多くなります。なのでワキの消臭スプレーをしなかった日は焦ります。映画をみたり、ご飯を食べたり、汗をかいて室内でコートを脱ぐときに必ずバレないようにチェックしてます。臭かった場合はすぐトイレへ!居酒屋などでアメニティが豊富なとこは安心なんですが。。。そうならないようにスプレーはひんぱんに使ってます。
私は若い頃からワキガ症に悩まされており、自分がワキガ症であると気付いてからは1年中ワキガ対策の為に制汗スプレーを使用してワキの匂い対策をして来ました。しかし、数年前のとある冬の日に友人とレストランで食事をする機会があり、その時はうっかり制汗スプレーを使用するのを忘れたまま外出してしまったので、レストランで自分のワキの匂いを感じました。幸いにも制汗スプレーをバッグに入れて持ち歩いていたので、友人にはトイレに行ってくると言い席を立ち、レストランのトイレで制汗スプレーを使用してすぐに友人のいる席に戻りましたが、あの時は友人が私のワキの匂いに気付いていたらどうしよう・・・と凄く焦りました。
寒いから厚着をしていて制汗剤は必要ないかなと思ってたら、デート中にコートを脱いだ瞬間匂って焦りました。むしろ冬のほうが強烈でした。
ワキの臭い対策としていつも欠かさずワキのスプレーを持ち歩いているのですが、外出先に持っていくのを忘れたことがあり、冬だから汗はかきにくいだろうと油断していたのですが、その場所はとても暖房が強く汗をかくほど体が温まってしまったので、たくさん汗をかいてしまいワキの臭いがして焦りました。冬でもワキのスプレーは必需品だと実感しました。
あまり冬は汗をかかないものと、油断していたら、スーパーやデパートの空調が効き過ぎなほど効いた場所では、かなり汗をかき、自分ではかなり臭います。そのため暑いから上着を脱ぎたいのですが、臭いが気になって脱ぐことができず、さらに汗をかくという。。冬の方が実は脇汗の臭いはキツくなると聞いたので、それ以来制汗剤は毎日欠かさず使用しています。
冬にワキのニオイ対策を怠って焦ったこと、大いにあります。それはワキ用の脱臭クリームの在庫をきらしてしまってある日のこと、その日の予定は一人で家の中でのんびり過ごす休日ときめていたのでまた次の日仕事に行くついでに購入すればいいかなと思っていました。自分が臭いだけならまぁいいかと思っていたのですが、そこに宅急便の配達のお姉さんがやってきました。荷物を受け取ろうとした瞬間、一瞬眉をしかめたような気がしました…申し訳ないやら、恥ずかしいやら、複雑な思いでした。
わたしは汗っかきで夏冬関係なく汗をかきます。おそらく暑さよりも緊張やストレスなどで汗をかくようです。夏場は薄着のために脇汗で汗染みやにおいがすると気になり、スプレーやシートで対応しています。しかし、冬場は厚着のためにあまり対応していませんでした。そのせいで、忘年会で居酒屋に行った際にヒーターの効いた部屋に入り、コートを脱いでも暑くてセーターを脱ぐほどになったときに、わきのにおいがきになって脱げなかったです。忘年会を楽しむよりもにおいが気になってしまったことを覚えています。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-わき
-, ,