アンダーヘア

濃いアンダーヘアを薄くする方法

更新日:

 

アンダーヘアが濃い

アンダーヘアが濃い人の原因と対処法

 

アンダーヘアが濃い悩み

  • お洒落な下着を買っても毛がはみ出てしまい自信を持って海やプールへ行けない。
  • 通気性が悪くムレてしまい痒みや臭いが酷くなる気がする。
  • 毛量が多いので、生理時のお手入れが大変。
  • パートナーに見られるのが恥ずかしい。

女性としてアンダーヘアが濃いのは、とても悩みますよね。

しかし、実のところアンダーヘアが濃い悩みを持っている方はとても多く、他人には言わないもののこっそり自己処理に積極的に取り組んでいる女性も多いんです。

アンダーヘアが濃く見えるのは、単純に「毛量」の問題だけではなく、毛質や生えている範囲によっても「濃い」と感じてしまうんですよ。

しかも、元々アンダーヘアが濃いと思っていたのに、日ごとにさらに濃くなってきていると感じるケースもあります。

アンダーヘアが濃い原因は間違ったお手入れ方法にあり!?

アンダーヘアを自己処理されている方は、どのようにお手入れしていますか?実はその処理方法によっては、アンダーヘアをさらに濃くしてしまっているかもしれません!

毛は元々、人間が身を守るために生えているものです。アンダーヘアも同様で、大切な部位を守っているんですね。

なので、そこで「刺激の強い方法」で自己処理をしてしまうと、強い刺激に対して「防御反応」が働いてしまい、皮膚が硬くなったり、毛が濃くなってしまうんですね。

個人差はありますが、自己処理をしたことで「毛が生える面積が全体的に広がった」というケースも聞きます。

その問題の毛を濃くしてしまう可能性の高い自己処理の方法は、「毛穴が閉じた状態で毛抜きを使って抜く」「クリームを使わずにカミソリで剃る」などが挙げられます。

もちろん、脱毛自体がある程度の「刺激」にはなっているので、そこで保湿などの「アフターケア」をしっかり行わないとどんな方法だとしてもアンダーヘアを濃くしてしまう可能性は秘めています。

また、刺激や傷がついたまま放置してしまうとデリケートゾーンの色素沈着(黒ずみ)を引き起こすこともありますので気を付けましょう。

本来アンダーヘアは濃くなくても、デリケートゾーンに黒ずみが出来てしまえば、結果的にその部位が濃く見える場合もあるので注意が必要です。

アンダーヘアを濃くしないための処理方法は?

ヒートカッターを使う!

ヒートカッターは熱で毛を焼き切る方法です。アンダーヘアをハサミで切ってしまうとチクチク感で痒くて不快!ということがありますが、ヒートカッターで切った毛の断面は丸くなっているので、チクチクすることはなく、下着から突き出てくることも防げます。

チクチクとした刺激がデリケートゾーンに与えられることもないですし、皮膚に刃が直接触れるわけでもないので、ムダ毛処理アイテムの中ではかなり「肌に優しく」処理出来る方法だと言えます。

ヒートカッターを使えば、ナチュラルに毛量を調節することが出来ますよ。そして、「アンダーヘア専用トリートメント」を使用することでさらにその効果を高めることが出来ます。

ヒートカッターの使い方!アンダーヘアがチクチクしない処理方法

Iラインシェーバーを使ってアンダーヘアのムダ毛を処理!

除毛クリームや抑毛ローションを使う!

除毛クリームを使うと一時的にハイジニーナ(無毛)になりますが、永久脱毛ではないためしばらくしたらまた生えてきます。

除毛クリームでも脱毛するだけではなく、使用し続けることで毛を細くする効果があるのですが、多少なりとも肌に直接塗り刺激があるため頻繁には使用出来ません。

よって、除毛クリーム後の仕上げにアフターケアも兼ねて「抑毛ローション」を塗ることでアンダーヘアを生えてくる周期自体を抑えることが出来ます。

抑毛ローションは、刺激が少なく、毎日顔に使用しても問題ないものがほとんどです。「本気でアンダーヘアを薄くしたい!」と思っている方は、除毛クリームと抑毛ローションを使うのをおすすめします。徐々にアンダーヘアが薄くなっていきますよ。

アンダーヘアに除毛クリームを使った処理方法と効果について

脱毛サロンやクリニックに通う!

脱毛サロンやクリニックに通うことは、費用はかかりますが、成果は確実に出ます。

アンダーヘアはデリケートゾーンなので非常に自己処理が難しく中々手間もかかりますし、肌トラブルも起こしやすいです。

しかも、自己処理の場合は永遠にし続けなければなりません。それに比べて脱毛サロンは回数を重ねる度に、アンダーヘアがどんどん薄くなって行きますし、効果は目に見えてわかります。クリニックであれば、永久脱毛も可能です。

プロに任せるので、不格好な形になることもないですし、肌への負担も心配がありませんよね。

アンダーヘア脱毛を失敗しない!サロンとクリニックの違いや処理内容

アンダーヘアが濃くなる原因はホルモンバランスも関係する!?

自己処理の方法と言う外的要因の他に、身体の内的な要因でアンダーヘアが濃くなる場合もあります。人間には「女性ホルモン」と「男性ホルモン」の2種類のホルモンが存在していますが、「男性ホルモン」が過剰に分泌されると「毛が濃くなる」んですね。

女性の身体の中での男性ホルモンは、「肥満防止」や「活力アップ」などのメリットも与えてくれますが、一方で「体毛が濃くなる」「体毛を増やす」というデメリットもあるんですね。

つまり男性ホルモンと女性ホルモンを良いバランスで保つことが、毛が濃くなる原因を抑えることに繋がるんですよ。

男性ホルモンが増える原因は?

① 肉食
動物性たんぱく質は、男性ホルモンを増やす働きがあります。

食生活が肉中心になっている方は、今すぐバランスの摂れた「和食」中心の食生活に見直した方がよいですね。他にもニンニクや牡蠣、ニラも毛深くする作用があるので、適度な量に抑えるのが良いですよ。

② 夜型生活
男性ホルモンを過剰分泌させる時間帯は「夜」です。

毛が濃いことと、睡眠時間は繋がっているんですね。美容の観点からしても早寝早起き、睡眠時間の確保は大切なので、是非夜型生活から抜け出しましょう!

③ 過剰なストレス
人間のホルモンは「副腎(ふくじん)」と呼ばれる器官から分泌されるのですが、この器官は強いストレスを受けることで活発に働きます。

副腎から出るホルモン分泌量が増えると同時に男性ホルモンの量も増えてしまいます。適度にストレスを発散させ、男性ホルモンをコントロールしましょう。

ホルモンバランスを整える対処法は?

対処法は「女性ホルモンを増やすこと」です。単純に「男性ホルモンの増加の原因」とは逆の生活を心掛けることで効果があります。

他にも女性ホルモンに含まれる毛を薄くする成分「エストロゲン」にも注目すると良いですね!エストロゲンと類似した働きを持つ「大豆イソフラボン」を効率よく摂取することが、男性ホルモンの過剰分泌を抑える効果があり、毛の濃さも抑えることが出来ます。

また、「女性ホルモンを減らさない努力」も有効です。そのためには、エストロゲンを分解してしまう喫煙の習慣や過剰なダイエットを控えることが望ましいですね。

このように生活習慣から少しずつ見直していきましょう。

そして、毛が濃い体質は「遺伝」の場合もあります。その場合は、脱毛サロンやクリニックなどでの脱毛方法が費用はかかりますが、一番確実ですね。

アンダーヘアのカットは難しい?

アンダーヘアの形や毛量を気にし始めると、まず手短にあるカミソリやハサミなんかで脱毛しようと思って実践した方が多いのではないでしょうか?

しかし、実は「失敗の元凶はそこにあった!」かもしれませんね。

アンダーヘアを自己処理した経験がある方に「どうしてアンダーヘアをカットしようと思ったのか?」「どんな風に失敗してしまったのか?」を聞いてまとめてみました。

アンダーヘアをカットしようと思った理由は?

  • 友達と温泉へ行く機会があり、自分と他人とを始めて比べてダメだと思ったから。
  • 恋人に指摘されたから。
  • 兄弟や家族の中でたまたま話題になり、手入れした方が良いことに気づいたから。
  • 下着からはみ出ているのを見て気になったから。
  • 水着を着ようと思った時に、他のムダ毛を処理していたらVIOも気になったから。
  • 脱毛サロンに通った時にVIO脱毛も勧められたから。
  • 雑誌やネットでアンダーヘアを処理している人が多いことを知って、自分もやらないと!と思ったから。

アンダーヘアのカット失敗あるある

アンダーヘアをカットするにもサロンで施術する方もいれば、自分でカットしている方もいるかと思います。

他の人には言えないような内容も含めて、アンダーヘアをカットした時の失敗談について質問してみました!

自己処理の場合

  • 何処まで切ればよいかわからず、揃えるつもりが切りすぎてしまった。
  • 全剃りすると数日は快適だったが、毛が伸びてくるとチクチクして痒くなってしまった。
  • カミソリ処理したら、肌が赤くかぶれヒリヒリしてしまった。
  • ハサミでカットしたが、毛先が尖り、下着から突き出てしまうようになった。
  • 自己処理は思っていたよりも難しく、無理な体勢で身体が痛くなってしまった。
  • キレイに整えられなかった。

脱毛サロンやクリニックの場合

  • 施術してもらったけど、自分の思っていた感じと違った。
  • 恥ずかしさや通う面倒くささから、途中で通うのを辞めてしまった。
  • 自分の要望をスタッフへ伝えるのが恥ずかしくて思うように伝えられなかった。

アンダーヘアを自己流で処理をして失敗しないために

ボディケアを自分で行うには、ある程度ルールを守る必要があります。

アンダーヘアに限らず、ヘアケアにしてもスキンケアにしても、説明書や成分表をよく読むことが大切ですし、それだけではなく、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

アンダーヘアはデリケートな部位に生えている毛ですから、自己流で処理してしまうと思わぬトラブルを招く恐れもあります。

こんな自己流処理をやっていたら要注意!

初めは慎重にやっていたアンダーヘアの自己処理も、それが当たり前になっていくと、「これでいいや、大丈夫だろう」と言う間違った感覚が身についてしまいます。

そこで、自分のアンダーヘアがこのような状態になっていたら、「要注意!」と言うチェック項目を用意してみました。これらの症状がある方は「間違った自己処理」を行っています。今すぐ、アンダーヘアの自己処理方法を見直しましょう!

チェック項目
  • デリケートゾーンの肌が荒れている。
  • デリケートゾーンが痒いor痛い。
  • アンダーヘアが濃い。
  • アンダーヘアがマダラになっている。
  • 毛の長さが均一ではない。
  • アンダーヘアがチクチクする。

アンダーヘアの長さはどれくらい?長い陰毛の整え方!

アンダーヘアが濃い人に悩みを聞いてみました。

体毛が濃くて悩んでいる方もいると思いますが、アンダーヘアが濃くて悩んでいる方も多いと思います。

普段は問題ないですが、プールや温泉などへ行こうと言う時に困る場面もありますよね。剃っても抜いてもまた生えてきたら濃い毛ばかりでどうしたらいいかわからない!という方は参考にされてみてくださいね。

アンダーヘアが濃くて困っていた方はどのように乗り越えたか?聞いてみました。

基本的に人と比べたりすることがないので自分が濃いのとかはわかりませんが銭湯とか言った際にやはり気になってしまいます。 当時は付き合っている男性などはいなかったのですが、今後できた時を考えてもし毛深いと言われたらいやなので剃り始めました。 今は一度全剃りして少し生えてる程度なので逆に少し恥ずかしいですが濃いよりましかなとは思います。
今はアンダーヘアも光脱毛して落ち着きましたが、以前は濃いく、量が多かったので大変でした。水着を着たときもはみ出していないかいつも気にしたり、下着からも面積の少ないものははみ出してしまい、勝負下着を活用できなかったりしました。 その他、彼からも一度指摘を受けたことがあり傷つきました。その事があり脱毛をする気になりました。
私は昔からアンダーヘアが濃いのが悩みです。毎年この季節になると、自分なりにアンダーヘアの処理を行うのですが、どうしてもすぐに伸びてきて水着や下着からはみ出してしまうのがいやでした。エステに行ってVIO脱毛をいうのを行えばいいということは以前から耳にして知っていたのですが、なかなか時間やお金をかけることができず、自己流処理を続けています。
私は大学の頃に当時付き合っていた彼からアンダーヘアの毛が濃いことを指摘され、恥ずかしくなり脱毛サロンに行くようになりました。 指摘されるまでは自分で特にアンダーヘアのことを気にすることもなかったので、処理をしたことはありませんでした。 初めてサロンに行ったときは、不安でしたが、きちんと大事な部分は隠しての施術で、痛みもほとんどありませんでした。まだ行って間もないので、目立った効果はわかりませんが生えてこなくなる日を楽しみにしています。
昔、友達と一緒に温泉に入ったときに自分のアンダーヘアが濃くてびっくりしました。 やっぱり温泉などに入るときは、周りは見てないだろうけど、濃いと思われてるかもと被害妄想になります。 パンツからはみ出してしまうこともしばしば‥‥。 でも抜いたり剃ったりするとチクチクして痛がゆいです。 出産のときや妊婦検診のときは、先生方男性なので本当に恥ずかしかった‥‥
小学生の時にそうでもなかったのに、大人になってから急激に濃くなり、誰かとお風呂に入ることさえ抵抗があります。 妊娠中、アンダーヘアを剃らないと帝王切開出来ないと言われ、少し剃られたけど、濃いから剃った所がチクチクしてしばらく変な感じでした。 量もあるから、産婦人科で見せるのに初めは勇気が必要だった。 だって、恥ずかしいもの。
私のアンダーヘアが濃くて悩むのは、銭湯に行った時や婦人科の診察の時です。銭湯に行くと、周りの人たちと比べて自分の毛が濃いため、恥ずかしいです。周りの人は気にしていないのでしょうが、濃いと思われているのではないかと意識してしまいます。婦人科の診察の時も、濃いと思われているだろうなぁと思うと恥ずかしいです。特に婦人科の医師が男性だと、さらに恥ずかしいので悩んでいます。
私は以前まで、カミソリ等で自己処理していたので、毛がとても濃くなってしまい温泉に入るのもとても抵抗がありました。自己処理をすればするほど、毛が濃く太くなることを知り、自己処理をしていたことをとても後悔しました。毛が濃いと、生理の時もムレやすかったり、痒くなったりととても不便なことばかりです。生理の時が一番悩みました。
アンダーヘアが濃いのが長年の悩みでした。しかも自己処理をしてからさらに濃くなったり、範囲が広くなってしまい凄くストレスになってしまいました。処理をしたあとはチクチクしたり、肌荒れが起きたりと凄く嫌な思いをしました。なのでこのわずらわしさを解消したくて、永久脱毛をしました。今では範囲が小さくなり、自己処理はなくなりました。楽です。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-アンダーヘア
-, ,