口臭

定期的に歯医者へ行って、口の中の状態を診てもらっていますか?

更新日:

歯医者

子どものころ、虫歯で歯医者に行って痛い思いをした人は少なくないと思います。

それから歯医者が怖くなって歯医者を嫌いになり、虫歯ができてもなかなか治療に行かず・・・と言う人は、意外とたくさんいます。

病気の予防のため定期的に健康診断を受けることはあっても、虫歯や歯周病などの予防に歯医者へ通う人はどうでしょう?みなさんは、口の中のトラブルが起きた時以外にも、定期的に歯医者に通っていますか?

怖いのは虫歯だけじゃない!歯医者へ通った方がいい理由とは?

今や歯医者は、虫歯の治療のためだけに通うものではなくなっています。

普段自分で磨いていてもどうしてもついてしまう歯石や着色汚れのクリーニング、歯肉炎や歯周病による歯茎の腫れや出血のケアなど、通う理由はさまざまです。

これらは早めにケアをすることで、痛みも通う回数も少なくてすみ、経済的にも負担が減ります。

特に歯周病は歯を失う最大の原因ですので、早めにケアしたいですよね。

また、最近では、歯の美白を気にする人も増えています。

タバコやお茶、コーヒーなどで、歯は本来の白さをどんどん失ってしまいます。

歯医者でしっかり施術してもらうものや、自宅で手軽にできるホワイトニングキットなどもあります。

今や歯も美容の一つとなっているのですね。

口内トラブルを防いで歯と体の健康を守る「予防歯科」

「予防歯科」という言葉を聞いたことはありますか?

治療のためだけでなく、口内トラブルを防ぐために歯医者に通い、歯科衛生士から正しい口内ケアを指導してもらうことです。

欧米ではもはや、定期的に歯医者に通って口内トラブルを予防することは常識になっています。

日本でも「80歳で20本の葉を残そう」という「8020運動」が推進されていますね。

歯の健康を保つことは、健康寿命を延ばすことにもつながります。

虫歯や歯槽膿漏で歯を失うことは、体の健康を失うことにもつながります。

虫歯を放置していると痛みがひどくなるだけでなく、あごの骨にまで影響が及びます。また、虫歯や歯周病などの口内トラブルで食事をかむ回数が減ると、肥満や糖尿病、メタボリックシンドロームにもつながるのです。

最後に

虫歯や歯肉炎などの口内トラブルが来た時だけに歯医者に通うのは、もう時代遅れと言えます。

健康志向が強い人の間では、予防歯科ももう常識。

虫歯や歯周病は口臭の原因にもなりますので、歯医者には定期的に通ったほうがいいですね。

定期的に歯医者に行っているか聞いてみました。

みなさんは、日頃から歯への意識はどのくらい持って過ごしていますか?

歯は大切に!と言う言葉は、昔から言われているから聞いた事はある…けれど何がそんなに大切なのかは良く分からないって方、実は結構多いんです。

物の噛み合わせが悪かったり、虫歯を放置しておくと身体に異常をきたす事もあるし、歯のずれが生じていれば顔の骨格まで変形して来てしまったりと、歯の健康を維持するのはとても大事な事なんです。

パッと鏡でチェックして虫歯がないと感じていても、歯医者さんで検診をしたら小さな虫歯があった…なんて話は歯科医からすれば、日常茶飯事。

やはり素人では発見出来ない事を、歯医者さんは見つけてくれるので、定期的に検診を受ける事も非常に大事なんです。

歯医者さんに通うと通院が長くなるから嫌なんだよね…と言う声を良く耳にしますが、健康維持の為にも日頃からこまめに検診をするのが、オススメです。

そこで、今回みなさんには『定期的に歯医者へ行って、口の中の状態を診てもらっていますか?』と言う質問をしてみました。

接客業という仕事柄口臭が気になります。しかも、子供の頃から虫歯がたくさんあって虫歯の痛みの辛さを知っています。虫歯になったり歯周病にかかり始めると口臭がする気がします。そこで、虫歯の治療がきっかけとなり、歯垢を取る歯のケアをしてもらっています。目安としては、半年位ごとに定期的にいつもお世話になっている歯科医へ行ってメンテナンスをしています。
虫歯治療のために通っていた歯医者さんに、今でも定期検診で3ヶ月毎に通って歯科衛生士さんにみて頂いています。歯垢の除去や、口腔内の状態等を細かく診て貰えるので、トラブルの予防になります。自宅でのブラッシングの仕方についても色々とアドバイスして頂けるので、以前よりも口腔内のトラブルは減ったように感じています。
3ヶ月に1度のペースで歯のクリーニングに通っています。歯がしっかり磨けているか、歯石が溜まっていないかなどを見てもらってから、歯の掃除をしてもらいます。しっかり磨いていれば、何も言われませんし、飲み会などで歯を磨かずに寝る日が続いていたりすればすぐにバレます。しっかり磨けていても、歯並びで磨きにくいところの磨き方を指導してくれるので、クリーニングをしてもらったあとは気を引き締めて歯磨きができています。
定期的に歯医者に行きたいと思いながらも行くことができていません。仕事の関係で引っ越しが多く、その度にどこの歯科医に行くか調べなければいけないからです。一度行くと、必ずまた行こうと思うのですが、その後しばらく行けない状態になります。歯肉炎や歯石など、チェックして、治してもらいたいとは強く思っています。
一年に一回かかりつけの歯医者に行きます。歯茎の状態を見てもらったり、虫歯があるかないかのチェックをしてもらい、あれば治療をしてもらいます。そのあと歯石をとってもらいます。本当は半年に一度来るようにと言われているのですが、忙しくてなかなか行けないため一年に一回になっています。定期的に見てもらえば、虫歯がひどくなるのを防ぐことができるし、歯石をとってもらうとすっきりして気持ちがいいです。
歯医者には、半年に一度くらい定期検診をしに行っています。元々、小さい頃から虫歯が多くて、歯医者には、ずっと通っているので、歯医者が嫌いなんですが、定期検診の時に歯垢をとってもらうと虫歯予防や歯槽膿漏などいろんな病気になる前に教えてもらえるし、歯磨きの仕方や汚れが歯のどこに多く付着してるかなどを教えてもらえるので頑張って行ってます。
歯医者に行ったのは10年前が最後です。下の親知らずの手前の奥歯を抜いてから、何もせずに放っておいたらその奥歯と噛み合う上の奥歯が伸びてきました。そこの処置をしたいのに、ネットで調べた評判のいい歯医者に行くと、何時間も待ったあげくに型をとっただけで5000円かかりました。会社を定時で上がらないと診療時間に間に合わない地元の歯科医院だったのでその一度だけで診察に行くのをやめてしまいました。それ以降は虫歯でできた大きな穴も放置して8年ほどたちます。
私は、小さい頃に歯医者さんで痛い思いをしたのがトラウマとなり、以後大の歯医者嫌いになりました。虫歯が進んで痛くなっても、我慢していたので、口の中が虫歯だらけになってしまいました。さすがに我慢できなくなり、ネットでよい歯医者さん探しに何日もかけ、ついに覚悟を決めて通院することにしました。幸運にも、優しくて腕のよい歯科医に出会い、責められることもなく、親身になって1年かけて治療してくださいました。それから予防歯科の大切さを知り、今では毎月通院して、歯石取りをしてもらっています。歯の表面も磨いてくれて、まるで歯のエステみたいです。あんなに嫌いだった歯医者通いも、今では楽しみになるなんて誰が想像したでしょうか?虫歯は、初期のものなら治療は一回で済みますし、痛みも伴わないので、定期通院は大事だとつくづく思っています。
 私は、定期的に歯医者へ行って、口の中の状態をチェックするようにしています。30代に入ったので、これから先の歯の衰えを防止したいと思っています。定期的な健診を行うことで、虫歯の予防や歯周病予防に繋がるので3ヶ月に1回は、自分から予約をして通っています。また、知覚過敏が進行しているので、染みるところに定期的に薬を塗ってもらってます。歯磨きチェックをしてもらい、汚れが溜まりがちな場所の指摘と機械での汚れ除去も、行ってもらいます。磨き方も教わるので、自宅でのケアも慎重になれます。
私は、以前は、歯医者へは特に気になることがなければ行ってはいなかったのですが、子どもが定期検診に通うようになっったことをきっかけに、私自身も定期検診を半年に一度受けるようになりました。虫歯はなくとも、口の掃除をしてもらえるし、安心できます。次回の予約をして帰るので、ついつい延ばし延ばしになってしまう事がないのも、通い続けられている大きなポイントです。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-口臭
-,