アンダーヘア

陰毛の生え始めはいつ頃ですか?

更新日:

生え始め

陰毛の生え始めは「いつ?」「どんな感じ?」

思春期に生え始めるのが一般的

陰毛は、一般的に思春期に生え始める人がほとんどです。

思春期は、子どもから大人へと変化する時期で身長や体重はもちろんのこと、身体つきや性的関心、異性への恋愛感情などが高まってきたりする時期でもありますよね。

思春期の時期は個人差がありますが、平均的には男性は「小学校高学年」、女性は「小学校中学校前後から18歳前後」までを言います。

男性は急に背が伸びたり、ヒゲやワキ毛が生え始めたり、声変わりや男性器の成長、精通、陰毛が生え始めたりしますね。男の子から一気に男性へと変化する時期で周りもビックリします。

女性は最初に胸が膨らみ始め、陰毛が生え、生理が始まるという流れが一般的です。陰毛の生え始めは8~14歳頃で、ちょうど小学校高学年から中学校の間くらいになります。

個人差は大きいですが、男女共に陰毛が生え始めるのは、「12歳前後」が平均になります。ちょうど小学校の修学旅行などの時期に当たるので、お風呂へ入る時に恥ずかしかったり、友達の成長が気になったりする経験があるのではないでしょうか?

どんな風に生えるの?

生え始めの頃は、直毛や少しカールした毛、産毛のような細い毛がまばらに生えてきます。この頃は、まだ慣れていないので陰毛があることに違和感を感じたり、短い毛がチクチクして気になることがあるはずです。

初めは柔らかかった毛ですが、だんだんと硬く、縮れた毛に変わっていきます。そして、生える面積も広がっていき、最終的には逆三角形のような形に生え揃います。毛の濃さや長さ面積には個人差があります。

陰毛は個人差がある?

デリケートな話なので恥ずかしく、中々友達同士でも話せないのが「陰毛の話題」ですね。自分が早いのか?遅いのか?で悩む方が多いです。

そして、小学校の高学年にある修学旅行で、自分がみんなと同じように陰毛が生えていたか生えていなかったかがわかり、安心したり、ショックを受けてしまいます。

ただし、生え始める時期も毛量も個人差が大きいので、あまり気にしすぎる必要はありません。

陰毛の処理っていつから始めるの?

アンダーヘアはいつから処理する

陰毛の処理って何歳からすればいいのか気になりませんか?

もちろん「何歳からしなければならない!」という決まりはもちろんありません。理由は人さまざまでしょうし、処理を始めた年齢にも個人差があるはずです。

男女共にアンダーヘアが薄いとか濃いなどが気になり始めるのは、それぞれ異性を意識し始めた頃が圧倒的に多いでしょうね。

また、全然気にしてこなかったけど、衛生面を考えて急に処理を始めたという方もいるかもしれません。次にそんな陰毛の処理を初めて行った年齢と、その理由について紹介して行きます。

10代から脱毛処理を始めた人の理由

10代からアンダーヘアを処理し始めるというのは、少数派なイメージがありますが、プールの授業で水着から陰毛がはみ出さないようにと、こっそり処理するケースは意外と多いです。

高校生の頃はまだ身だしなみに疎い部分があり、大学生になって様々な経験をする過程で陰毛の処理を意識する人も多いですね。

20代から脱毛処理を始めた人の理由

20代はアンダーヘアについて意識し始める人が一気に増えます。

理由は恋人が出来て、パートナーとのラブタイムの時に気になりますよね。もしくは、周りの友人たちが脱毛サロンやクリニックへと通い出したり、自己処理を積極的にし始めるからです。

仕事を始める人も多いため、デリケートゾーンへの投資も出来るようになるのも理由にあります。

30代から脱毛処理を始めた人の理由

30代からアンダーヘアの処理を始めるのは遅咲きですが、意外に多いのがこの年代からだったりもします。20代の時に気になっていながらも、何となく乗り遅れたという方も多いんですよね。

ワキや腕、スネ毛などの他の部位の脱毛は早々と脱毛サロンでツルツルに仕上げていながらも、アンダーヘアは手つかずのままここまで来てしまった!というケースですね。

30代になると、全て「自分のために」決めるようになります。

恋人がどうとか、友達が…という理由ではなく、「美しくいたい!」という自分のための理由ですね。

陰毛を処理する理由ってどんなのが多いの?

陰毛を処理する理由として多いのは、「他人の目」と「ムレ」ですね。

高校生くらいになると陰毛は完全に生え切る感じになります。そして、ちょうどその頃、恋人が出来始めたりするので、そんな恋愛事情が処理に踏み切る要素として大きいようです。恋人に見られて幻滅されたくない!という気持ちはどの年代でも同じでしょう。

また、陰毛の毛量が多いとムレが酷くなるために脱毛をしたい!と思うようです。特に女性は生理によってデリケートゾーンの衛生面が悪くなりやすいですからね。ムレによって痒みやニオイが気になるので、陰毛を処理したいなと思うんですね。

陰毛の処理ってどうやってすればいいの?

アンダーヘアの処理ってしている

陰毛の処理をいざしたい!と思っても、他人には中々聞けないデリケートな話題のため、何を使って、どうやって陰毛の処理をすればいいかわからない!という方も多いでしょうね。なので、まずは「ムダ毛処理アイテム」道具選びから始めましょう。

① カミソリでの自己処理

とりあえず、初めての脱毛処理をしてみようと思う方が多く使うアイテムはこちらでしょうね。コストもかからず、一番手軽で脱毛のイメージも浮かびやすいですよね。

ただし、カミソリでの処理は、皮膚の角質を一緒に削ってしまったりして、肌を傷めてしまう可能性が高いので、保湿ケアなど丁寧に気を付けながら整えなければなりません。

② 毛抜きでの自己処理

毛抜きは、カミソリと同じくらい手軽に処理できる方法にも関わらず、同じくらい肌トラブルを起こす可能性の高い方法です。

実は毛抜きでの自己処理が一番、肌に負担をかけてしまうんですね。埋没毛の原因にもなってしまうので、あまりおすすめ出来ません。

③ ハサミでの自己処理

ハサミも自宅に1本はあるものですし、100均などでも購入できるため手軽で簡単に処理出来るので人気ですね。

しかし、ハサミで切ると毛先が鋭く尖ってしまい、ショーツから毛が突き抜けたり、毛がチクチクと肌に当たるため、痛かったり、痒くなったりしてしまいます。

④ ヒートカッターでの自己処理

Vラインを処理したいのであれば、おすすめはこのヒートカッターです。

ヒートカッターは、毛を熱で焼き切るため、カミソリやハサミで処理した時のように毛先が鋭くならずチクチク感を感じません。

長さの調整にとてもおすすめな方法です。ただし、ハイジニーナ(無毛)のようなアンダーヘアにすることは出来ません。

⑤ ブラジリアンワックスでの自己処理

欧米で主流なのは、このブラジリアンワックスです。欧米で人気に火がつき日本にも来ました。ワックスを塗って、特殊な紙を貼り付け、剥がすだけの簡単3ステップの脱毛方法なので簡単です。

痛みは多少伴いますが、一気に剥がしてしまった方が楽ですし、一瞬の我慢なのでそれ程苦痛ではありません。

⑥ 電動シェーバーでの自己処理

電動シェーバーは、カミソリのような刃を肌に直接当たる設計ではないため、比較的肌に優しく負担をかけないで処理することが出来ます。

また、Iラインの処理を行いたいなら、Iラインシェーバーがおすすめです。メーカーによって、性能が大きく違うのでよく確認してから購入しましょう。

⑦ 家庭用光脱毛器での自己処理

「脱毛サロンへ行く時間がない!」「そこまでコストをかけられない!」「デリケートゾーンを見られたくない!」という方におすすめなのが、家庭用光脱毛器ですね。

自宅にいながらにして、脱毛サロンでの施術のような効果が期待できます。

ただし、気を付けたいのが脱毛器選びです。安価なものを選びすぎると、自分が脱毛したい部位には使用出来ない場合があったり、安いと思っていても使い捨てで何回か使用したら製品ごと変えなくてはいけないものもあります。このようにメーカーによって性能が大きく違いますので、よく吟味してから購入しましょう。

⑧ 脱毛(除毛)クリームでの自己処理

ハイジニーナ(無毛)にしたい場合には、この脱毛(除毛)クリームの方法がおすすめです。また、部分的に無毛にしたい場合にもおすすめです。

特にOラインの処理は自分では中々見えない部位なので、塗って、放置して、洗い流すだけの脱毛クリームは簡単に出来ますね。

⑨ 抑毛クリーム(ローション)での自己処理

抑毛クリーム(ローション)は、塗ったらすぐに毛が処理できる脱毛クリームとは違い「即効性はない」ですが、将来的に毛を「抑毛(薄く)」出来る方法なので、他のムダ毛処理アイテムと併用して使用することをおすすめします。

毛の発毛周期を遅らせたり、毛自体を細くする効果があるので、脱毛処理の頻度が格段に下がり、楽が出来ますし肌にも優しいです。

⑩ 脱毛サロンやクリニック

一番安全で確実な方法は「プロ」に任せる方法です。

今やVIO脱毛は脱毛サロンやクリニックの人気メニューです。以前と比べて、費用もどんどん安く手軽に受けられるようになってきました。

時間はかかりますが、確実にキレイにしてもらえます。

海外と比較すると日本人は陰毛の処理に疎い?

「高校生から陰毛の処理をしている」と聞くと、早いと感じる方もいるかもしれませんが、世界的に見えれば陰毛の処理は「常識(エチケット)」なんですよ。

海外では、ムダ毛がない肌が美しいとされていて、陰毛も全て処理してしまうハイジニーナが当たり前です。

一方で日本人を始めとするアジア諸国は、陰毛の処理は行っても未だに毛を残すことが多くあります。世界的には処理することに抵抗はありません。

陰毛の処理を怠っていると、衛生面や見た目で非常に悪い印象を受けてしまうんですよ。「ハイジニーナ(無毛)にしろ!」とまでは言いませんが、最低限「清潔感」のある程度に整えておくことが「世界基準のマナー」であることには変わりませんね。

そのため、普段は見えないからと言っても、処理は怠らないようにしましょう。

アンダーヘアの生え始めはいつ頃か聞いてみました。

アンダーヘアに関して悩んでいる人は多いものの、友達であっても中々悩みを打ち明けることが出来ないですよね?

大人同士でも中々話すことがないので、自分はみんなと比べてどうなのかわからないということがとても多いです。

中々聞けないあなたのために、今回は「アンダーヘアの生え始めはいつ頃ですか?」とみなさんに聞いてみました。知りたいけど声を出しては聞けない悩みを解決しちゃいましょう!

生え始めたのは、記憶では中学生のはじめの頃だったと思います。私の友達の間では生えるのが遅かった方で、早い人では小学校の四年くらいで生えていた人もいたほどです。ほとんどの友人は小学校の六年ほどで中学に入学するときに生え始めたといった友人が多く、一気に生え揃ったのではなく、徐々にゆっくりと生えてきたという感じでした。
中学生の頃だったと思います。 はっきりとした記憶はないのですが、何歳の頃という記憶はないのですが、胸が膨らみだしてから数年後だったように思います。 中学3年生の頃の、修学旅行のお風呂がすごく恥ずかしくて、必死で隠していたように思えるので、中学3年生頃から生え始めて、高校生のころには、生え揃ったように思います
小学校三年生の頃です。 ぽよぽよと産毛のようなものが二、三本はえてきてびっくりした記憶があります。 そして、母親とお風呂に入った時のことを思い出して「お母さんみたいな毛だ」と一人で納得していました。母親とお風呂に入った経験がなければ陰毛だと理解できずちょっと不安になったかもしれません。ですが、当時はクラスの女子に他にはえている子がまったくいなくて悩んだ記憶があります。
わたしは、中学一年生くらいに陰毛は生え始めました。中学に入った頃から、身体の変化が著しかったのを覚えています。他と比べたり相談することもなかったので、かなりの戸惑いもありましたが、修学旅行などでの集団のお風呂でみんなの身体を見る機会があり、自分だけではないことがわかり安心したことを覚えています。
陰毛が生え始めたのは、おそらく12歳くらいで、小6の時だったと思います。小5くらいからホルモンが変化?してきたのか、ニキビができはじめ、小6で生理が始まったのと同じ時期に、陰毛も生え始めてきていました。すごく身体にいろんな変化が起きていた時期だったので、とまどいのようなものを感じたのを覚えています。
私は、陰毛は小学5年生のころに、なんか少し産毛が濃くなったかな、という程度に生えてきました。 その後、小6年生から少しずつ生えはじめ、中学1年生になるころにはほとんど生えていました。 ですが、周りの子はとっくに生えているこもまだ全然生えていない子もいたので、私はちょうど平均ぐらいなのかな、と思いました。
最初に気付いたのは、小学5年生の頃です。 お風呂に入っていたときに、『このブツブツはなんだろう?』と思ったことがきっかけでした。 今にして思えば、ようやく生えてきたばかりの陰毛だったわけですが、当時は何なのかもわからないし、少し伸びてくるとチクチクして痛いしで、気分も沈みがちでした。 やがて少し伸びてくると気にならなくなり、中学生になるとだいぶ知識もついて平気になりましたが、それまでは本当に辛かったのを覚えています。
私に初めて下の毛が生え始めたのは、確か小学6年生の頃でした。 まだ母と一緒にお風呂に入っていたので、生えてきていることを母親から指摘され初めて気付きました。 すごく恥ずかしくて、それを機にお風呂に一人で入るようになりました。 今思えば当たり前の事なのですが、周りの友達ともなかなかそんな話は出来なかったので、自分だけがおかしいんじゃないかと悩んだことを覚えています。 とにかく恥ずかしかったです。
気がついたのは小学校5年生くらいだったと思います。 生理が始まったのも確かそれくらいでした。陰毛が生えてくるのがなんとなく恥ずかしくて、一本生えてくるたびに毛抜きで抜いていました(笑)。 宿泊研修のお風呂の時間に、自分よりも陰毛が生えている子がたくさんいるのを確認して以来、毛抜きで抜く作業は卒業しました。
私の陰毛の生え始めは、小学校5年生の頃でした。 最初はうっすら細い産毛状で生えてきて、何だか恥ずかしかったです。 なので、小学校の宿泊学習でクラスの女子みんなでお風呂に入るのは、恥ずかしかったこと覚えています。 また、他の子は生えてるのかなぁと気になって、チラチラと見ていました。 何人か生えている子もいて、自分だけじゃないんだとホッとした記憶もあります。
小学4,5年生あたりだったと思います。 はじめは気にしていませんでしたが、胸が膨らみ始めたと同時に、陰毛とういうよりは、薄いうぶ毛に似たようなのが少しずつはえはじめ、それが徐々に徐々に伸びて、色も濃くなっていきました。 まわりの友達もほぼ同時期に、生えはじめており、友達どうしで生えてるか生えてないか、恥ずかしながら聞いたことを覚えてます。
中学2年生くらいから、生え始めました。 お風呂で体を洗っているときに気が付きました。 びっくりしたのと、少しショックでした。最初は、細いのが数本くらいで、ほとんど目立ちませんでした。修学旅行で、お風呂に入るのがすごく嫌でした。 時間制限があるので、みんな急いで着替えるので、あまり気にしなくて良かったです。
陰毛が生え始めたのは中学二年生のときでした。 ちょうど月経も始まり体が大人になろうとしている状態だったのでしょう。 陰毛が一本だけ生えてきたのを見て私はすぐに切ってしまいました。 思春期で、誰かに見られるわけでもないのに恥ずかしかったからだと思います。 その後も少しずつ生え始めたのですが、当時は切ったり剃ったりを繰り返していました。
中学1年生の頃でした。 小学6年生の修学旅行で周囲のクラスメイトはほとんど生えていて、聞くと小学5年生くらいから生えていたそうです。 自分は背が低く初潮もまだだったので、陰毛が映えてくる時期も遅いのかもと思っていました。 中学に入って初潮が来たとともにようやく生えてきたので、夏の水泳の時間までにはなんとか生えそろっていました。
私の陰毛の生え始めは、中学2年生の頃だったと思います。 当時、まだ生えるのは早いと思っていたので、修学旅行だったか学校の泊りがけの行事で、大浴場でクラスメイトと一緒にお風呂に入らないとならなかった時、とても恥ずかしくタオルでしっかり隠しながら体を洗っていましたが、他の子の裸が何気なく目に入った時、みんな陰毛が生えていたので、これは普通の事なんだと受け入れることが出来ました。
私は発育が早いほうだったので、小学4年生で陰毛が生え始めました。 当時は周りの友達も誰一人おらず、しばらくは本当に恥ずかしくて陰毛が生えてきたことを受け入れられませんでした。 友達の家でお泊り会がある時は、みんなで一緒にお風呂に入らなければいけないので、両親や姉がいない時にこっそりと陰毛を剃っていたほどです。 陰毛を剃れば剃るほど毛が濃くなるとは知らず、当時剃っていたことを後々後悔した苦い思い出があります。
13歳の中学一年の秋頃です。 顔も大人っぽくて身長が平均より高かったわりに、体の発育は少し遅めだったので中学に入学するまでは胸も薄っぺらでした。 小学六年や中学一年の移動教室の時などは、もう周りの子は生え始めている子が多く、逆にツルツルで恥ずかしかったので必死に隠していましたが、初潮が来る少し前からうっすらと生え始めて来ました。
私の陰毛が生え始めたのはだいたい小学校5年生の冬くらいだったと思います。初めはうっすらで んっ?あれ?という感じでした。初経が始まりだんだんと周期がはっきりして来るのと同じくらいにどんどん生えてきましたね。でも、周りのみんながあまり生えていなかったので少し恥ずかしかったですね。剃ろうかとも迷ったこともありますが今思うと剃らなくて良かったです。
私は小学校6年生くらいから陰毛が生え始めました。同年代の子と比べても平均的だと思います。 その年の修学旅行で、友人たちと一緒にお風呂に入る機会がありましたが、その時にはほとんどの子が生えていました。 生え初めは気になって、剃ってしまったりしましたが、剃ったり抜いたりすると毛が濃くなると聞きやめました。伸びてくるうちに、違和感なく過ごせる様になりました。
私に陰毛が生えたのは小学校5年生の時です。 月経が小学校4年生の終わりごろから始まったので4年生の終わりごろには産毛くらいの陰毛が生え始めました。 小学校5年生でお泊まり研修があったので、みんなでお風呂に入る時にとても恥ずかしかった覚えがあります。 もともと月経が始まっている子も少なかったので、クラスの女の子たちとデリケートな話をしていても言い出せなかったです。
私が陰毛が生え始めたのは、小学5年生の頃からです。 最初はいつの間にかうっすらと生えている陰毛に驚いたものでした。思春期の中学生になるとその陰毛が濃くなり始めました。姉や母と当時一緒にお風呂に入っていたのですが、見られるのがとても恥ずかしかったので、その頃から一緒にお風呂に入ることもなくなってしまいました。
中学1年生の頃でした。最初は、産毛のような毛が生えて、高校生になると完全に陰毛だけ大人の仲間入りでした。思春期の頃なので、生え始めた頃は家族にも知られることが恥ずかしいので隠してました。温泉にも行かなかったです。でも、今思えば母親だけは色々と私の行動に気付いていたかもしれないですね。陰毛の生えてくる時期が思春期なので、心も身体も複雑ですね!

 

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

読んでもらいたい記事

アンダーヘアの長さが気になる 1

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

ヒートカッターは使えるアイテム 2

アンダーヘア処理にヒートカッター ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれるアンダーヘア用のカ ...

除毛クリーム 3

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-