足の臭い(移動)

パンプスが脱げるのを防ぐ方法

投稿日:

1度でもパンプスを履いた経験がある方ならわかると思いますが、購入する時はピッタリサイズだと思って買ったパンプスでも、次に履いた時にはカパカパしてしまったとか、実際に歩いている途中にパンプスが脱げてしまったという経験をした事がある方は多いのではないでしょうか。

そこで今回はパンプスが脱げてしまう原因を突き止めるとともに、パンプスが脱げるのを防ぐ方法はあるのかみなさんに聞いてみました!

パンプスが脱げてしまう原因は?

歩いている途中にパンプスが脱げると嫌ですよね。誰かに見られていると恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。

また、パンプスが脱げやすいと足も疲れますし場合によっては転んでしまう可能性もあるのでとっても危険です。

「サイズは合っているはずなのに…」と思う方もいるかと思いますが、パンプスが脱げてしまう原因について一緒に考えてみましょう。

パンプスのサイズが合っていない

パンプスが脱げてしまう1番の原因はサイズが合っていない事にあります。

パンプスを購入する時はブランドによって若干サイズが違う事もありしっかり試着するのはもちろん、足が浮腫んでいない時に試着する事をオススメします。

パンストなどを履いている

パンプスと皮膚が密着していると滑りにくいと感じるかと思いますが、仕事柄パンストを履く方は結構いますよね。パンストや靴下を履いていると滑りやすくなったり、サイズが大きく感じる場合もあると思います。

足汗をかいている

人間なら誰でも足に汗をかくものですが、通気性の悪いパンプスはなおさら足に汗をかきやすい環境を作ってしまいます。

足汗が吸収されずそのままでいると雑菌が繁殖する以外に、ベタベタしたり汗でパンプスの中が滑りやすくなってしまう事もあります。

ヒールが高すぎるパンプスを履いている

ヒールが高い靴はどうしても前方に体重がかかりやすくなり、踵の部分に余裕ができやすくなってしまいます。

スニーカーのサイズよりは小さめのパンプスを選ぶようにすると良いと思いますよ。

パンプスが脱げるのを防ぐためには?

いつ脱げるかわからないままパンプスを履いているより、パンプスが脱げないように自分でできる対処法があれば試してみたいと思いませんか?

パンプスを脱げないようにするためにどんな事をしているのかみなさんに聞いてみました!

中敷きやインソールを入れる

足が疲れないようにする・滑りを防止するためにも中敷きやインソールを入れましょう。

足が浮腫む前にパンプスを購入する

先ほどパンプスが脱げる原因でも少し触れましたが、1日頑張った足は思った以上に浮腫んでいる事があります。

浮腫んでいる時にピッタリのパンプスでも1日経つと大きく感じる場合があるので足が疲れていない時にパンプスを購入してみて下さいね。

透明のバンドを装着する

100均でも売られているので、すぐに手に入れる事ができるかと思いますが、パンプスごと足を固定するようなバンドが売られています。

脱げを防ぐのはもちろん、透明なので目立たないので、長時間パンプスを履くという方にオススメです。

靴擦れ用のテープや絆創膏を貼る

靴擦れを起こす場所は足と靴が密着する場所ですよね。

その部分にあらかじめ靴擦れ予防も兼ねて絆創膏やテープを貼っておくだけでもパンプスが脱げづらくなります。

次のページへ >

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-足の臭い(移動)
-,