足の臭い(移動)

臭いの原因にもなる足の爪垢ってどうやってとってますか?

更新日:

みなさんは足の爪が伸びてきたら、気になって定期的に切っているかと思いますが、足の爪垢は爪切りだけでは取り切れませんよね。

放置しておくと独特な臭いを放つ足の爪垢はどうやって手入れをすれば良いのでしょうか。

爪垢を無理に取ろうとすると、爪や皮膚を傷つけてしまう事にもなり兼ねません。

そこで今回は、足の臭いの原因にもなる足の爪垢をみなさんはどうやって取っているのかについて質問してみました。

また、正しい足の爪垢の取り方も紹介したいと思いますので、足の臭いが気になる…という方は特にすぐ実践してみて下さいね。

臭いの原因にもなる足の爪垢ってどうやって取っていますか?

足の臭いにお悩みの方は多いと思いますが、足の臭いの原因は足にかいた汗や雑菌が原因だと思っていませんか?

もちろんそれも間違いではありませんが、足の爪の隙間に溜まる足の爪垢も足の臭いの原因になっているんです。

ですが、足の爪垢って意外と取りにくいというか、爪切りで爪を切るだけでは足の爪垢は取り切れませんよね。

そこでみなさんはどうやって足の爪垢を取っているのか質問してみました。

  • 毎日泡立てネットでモコモコに泡立てた石鹸で足の指から爪の中まで泡が行き渡るようにしっかり洗っている。爪を切る時はお風呂に入ってから切るようにしている。
  • 爪をこまめに切り、足の爪周りはブラシを使って洗っている。
  • 先が斜めで平らなピンセットで爪垢をすくい取るように使うと綺麗に取れ、痛くないのでオススメ。
  • 暇さえあれば爪ヤスリの角で爪垢を取っている。爪ヤスリがない時は爪楊枝で代用している。
  • 手の爪で取り除いている。手に雑菌が付くため、お風呂でやるようにしている。
  • ピンセットの先で取るようにしているが、気になって足の爪を短く切るようにしていると最近は深爪が気になってきてしまった。
  • 耳かきで爪垢を取っている。足を傷つける心配もないのでオススメ。
  • 足の爪を少し斜めに切ると爪に爪垢がくっついて取れるが、たまに血が出て痛い時がある。
  • 特に足の親指の際の部分だけ深爪のように切っている。その後は細かい泡で包むように洗っている。
  • 爪垢は臭いので爪楊枝を使っている。突き刺さないように気を付ける必要がある。

足の爪垢はなぜ溜まる?正しい爪垢の取り方

足の爪を切った時の爪や足の爪の間に溜まったゴミの臭いを嗅いだ事はありますか?嗅いだ事がある人は「なんでこんなに臭いんだ…」と思ったのではないでしょうか。足の爪垢が臭くなってしまう原因を調べてみました。

まず【高温多湿】の環境です。どんなに汗をかかないという人でも足は1日に約200mlもの汗をかくと言われています。そんな状況で靴を履くと、靴の中は高温多湿の環境になってしまい汗をかく以外にも皮脂が出ますよね。

私達の足には皮膚常在菌という菌がいて、この菌は悪い菌ではなく感染などから守ってくれる働きをしています。ですが、高温多湿の環境ではこの菌を含めた様々な菌が汗や皮脂をエサにして異常に繁殖します。この繁殖の時に発生させるガスが激臭の原因となっているんですね。

さらにこの臭いが足の爪垢に浸透する事で、足や足の爪垢が慢性的に臭くなってしまうというメカニズムになっています。足の爪垢の成分は靴下などのゴミも原因ですが、多くは新陳代謝によって古い角質が新しい角質になる際に剥がれ落ちたものなんです。

では、この爪垢を簡単に取る方法はあるのでしょうか。みなさんに質問してみたように、様々な方法があるようですが、1番簡単で効果的なのは市販されている【爪ブラシ】を使う事です。

爪ブラシがない場合は、使い古した歯ブラシでも代用できますので、すぐに実践できるかと思います。使い方は、毎日の入浴時にブラシで爪の間を丁寧に洗うだけ!さらに足の爪と皮膚の間の消毒を行うと相乗効果が期待できますのでオススメです。

爪垢ってどうやって取っていますか?

みなさんは、足のニオイの原因は、蒸れなどの汗による細菌だけが原因だと思っていませんか?

実は、上記以外でも足の爪垢が原因で悪臭を放っている場合もあるんです。

そんな足の爪垢ですが、どうやって落とせば良いのか気になりますよね?

伸びた爪を切ったとしても、爪の間に溜まっている垢が落とせる訳ではありません。

除菌ティッシュなどで拭こうと思っても、拭ける程の隙間もありませんよね。

お風呂などで、毛先の柔らかいブラシでこするのも良いかもしれないけれど、刺激しすぎてしまうと、皮膚を傷つけてしまったり、痛そうなので、なかなか実践する気にならなかったり…

そこで、今回みなさんには『臭いの原因にもなる足の爪垢ってどうやってとってますか?』と言う質問をしてみました。

まず、最初に足の爪はとても厚いほうなのでお風呂に入ってから爪を切ります。 小まめに爪はしっかり切ったほうがいいと思います。 そして、お風呂で石鹸を泡立てネットでモコモコになるまで泡立てて、足の指から爪の中までしっかり泡が行き渡るように洗います。 毎日当たり前にやっていますが、匂い等はありませんし、爪も綺麗です。

私が気をつけている事はシャワーを浴びる時に、ブラシ状の物で爪周りを洗っています。 爪垢専用の物も売っていますが、無ければ爪周りの皮膚が柔らかくなるようにスポンジでもいいので念入りに洗うと良いです。 臭いの原因の1つとして、古い皮膚と角質が爪の間に残ってしまう事が原因らしいので皮膚を柔らかくしてあげることが大切です。 1番良いのはお風呂上がりに爪の表面、足先をオイルやクリームなどで保湿してあげてると皮膚も硬くならず垢になりにくくなります。 また、垢をためない予防としては爪をこまめに切る事をオススメします。

私は、いつもピンセットを使っています。ピンセットにもいろいろ種類があると思いますが、先が斜めの平らになっているタイプのもので、長さも長い方が使いやすいと思います。そのピンセットの先を片方だけ使って、爪の垢をすくい取るようにして使うと綺麗に取れるし、全く痛くもありません。ティッシュを広げておいて、そこに垢を取ってそのまま丸めて捨てます。

足垢は爪やすりの角でこそげとっています。 昔から足垢がものすごく気になっていて、爪の角が黒ずんでいるのがものすごく気になっていて、暇さえあれば足垢とってます。 爪やすりの角が一番利用頻度が多い(爪も整えられるついでに行うため)ですが、手元にないときは、つま楊枝など先がとがっているもので取ることも多いです。

頻繁に取りのぞくようにしています。 1番多いのは、手の爪で取りのぞく方法です。 ふつうの状態で取りのぞくと手に雑菌が付いたり、臭いが移ったりするので、お風呂場を活用して、爪が柔らかくふやけたところでやさしく取りのぞくようにしています。 お風呂場での処置なら、衛生面の不安要素はいくぶんか減ると思います。 それでも不安なら、事後にアルコール消毒液を手の爪に、丁寧に塗り込みます。

足の爪を切ったあと、ピンセットの先を使ってえぐり取っています。 こんな小さなところに、意外に垢がひそんでいるんだと、毎回取って驚きます。 取れたあとは気分もスッキリするんですが、最近気になり始めたことがあります。 垢を取ろうとして短く切り続けたせいで、だんだんと深爪になってきてしまっていること。 巻爪の前触れなのか、爪が食い込むような痛みも時々感じます。 垢をとらずにそのまま巻爪を予防するか、スッキリ感を保ち続けるか…悩みます。

爪の垢、ソックス等履くと溜まりやすいです。 もっぱら耳かきで取っています。 一番簡単で、きれいに取れます。 臭いはそんなに気になりませんが、見た目溜まると綺麗では無いので取ります。 爪切りにそれ用の器具が付いている場合もありますが、使いづらくて取れにくいため、やはり耳かきが最強でしょう。 足を傷つける心配もありませんので。

私は足の爪の横に溜まるあの爪垢は少しエグい話にりますが、爪を少し斜めに切り端っこの所を裂くようにして取ります。そーすると切れた爪に爪垢がくっついてくるのでその方法で本当に小学生とか小さい時からやってます。たまに血が出て痛いんですがね

あしのつめを切る時にキワの部分だけ深爪のようにして切ります。そのあとお風呂で洗面器にお湯をためて足湯のようにしてふやかしてから足を洗います。ゴシゴシ洗わずに細かい泡で包むように洗います。夏場は汗をよくかいていて垢も出やすいのでこまめに洗います。親指の爪のキワによく爪垢がたまり臭いが強いので、キワを切るのは主に親指です。

爪の垢の臭いって、たまらないですよね。 特に、親指の両端にたまりやすいのかなって思います。私の場合は、垢を取るときは爪楊枝を使用しますね。先端が尖っているので、爪の隅までかなりきれいに取れますよ。ちなみに、子供の爪の垢も臭いんですよ…。なので、私と同じように、爪楊枝で取ってあげています。ただ、突き刺さないように、加減が必要かもしれません。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-足の臭い(移動)
-