アンダーヘア

陰毛の自己処理で肌トラブルを起こさないためにしていること 

更新日:

アンダーヘア処理のトラブル

陰毛の自己処理、皆さんはどのようにされていますか?

自己処理はせずに脱毛サロンに任せている人も多いと思いますが、誰しもが最初はいろいろな形での自己処理を経験し、それを経て脱毛サロンに行きついていることでしょう。

自己処理は金銭的にはとっても負担が少なく、自分でできる気軽さが魅力です。

しかしそれに伴う肌トラブルも多いでしょう。

今回は、自己処理によって起こりえる肌トラブルと、それを防ぐための方法について見てみましょう。

①埋没毛(毛穴の中に埋まってしまう毛)

自己処理を繰り返していると、時々見かけるのが埋没毛。これは何が原因かというと、「カミソリでの深剃り」や「毛抜きでの無理な脱毛」です。

これを防ぐためには、カミソリで自己処理を行う際に、深剃りしすぎないようにすることと、毛抜きによる無理な脱毛を控えることです。

毛抜きでの脱毛は、カミソリよりもきれいに処理が出来るため好む人も多いのですが、肌にはとっても負担が多くかかりますのでできるだけ避けたほうが無難です。

②カミソリ負け(肌のかゆみ)

単純に、カミソリの刃に負けてしまい肌がダメージを受けてしまうことです。

これは、アンダーヘアの自己処理においてよくあることですが、簡単に防ぐことが出来ます。

まずはカミソリを「アンダーヘア用のカミソリ」使用を徹底すること。

アンダーヘア用のカミソリは肌へのダメージを少なくするように考えられています。

ですのでこれだけで、リスクはかなり軽減されます。

③チクチクが気になる

カミソリでの除毛、除毛クリームでの除毛、なににせよ除毛した後にまたムダ毛は生えてきます。

そのときに毛先がチクチクしていることで不快感を感じる人はとても多いです。

特にVラインはとても毛が太いため、生えてくる毛がチクチクすることで陰部のかゆみにつながるケースが多いのです。

これを解決するためには、「ヒートカッター」の使用をおすすめします。

これを使用することにより、毛先の断面が丸くなり、チクチク感は大きく軽減されるでしょう。

ヒートカッターはオンライン購入することが出来ますし、非常におすすめの商品です。

このように、アンダーヘアの自己処理は、いろいろな肌トラブルを引き起こすリスクがあるため、最終的には多くの人が脱毛サロンに駆け込みます。

もちろんそれが一番いい方法であるといっていいでしょう。

それでは、自己処理に伴う肌トラブル、皆さんがどんな体験をしているのか、詳しく見ていきましょう。

肌のトラブルを起こさないようにアンダーヘアをどうやって処理しているか聞いてみました。

ヒートカッターでアンダーヘアを処理!使い方やオススメする理由

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

アンダーヘアの処理は自分で行う場合、注意が必要です。私は皮膚が弱く、傷つきやすいため特に気をつけています。カミソリは清潔なもので、ガード付きのものを使用しています。処理の前はに湯船にゆっくり浸かり毛穴を十分開くと優しいタッチでも簡単に綺麗に剃ることが出来ます。また処理後は浴室内で濡れたままの身体にボディオイルを塗っています。一度浴室から出でしまったり、身体を拭いてしまうと乾燥して赤いポツポツが出てしまいます。頻度は週に1回程度で頻繁に行わないように心がけています。
私の陰毛の自己処理で肌トラブルを起こさないためにしていることはカミソリを使わないことです。
カミソリを使用すると失敗すると肌を切ってしまったり、そもそも肌質がカミソリ負けしやすいので、切れない電動シェイバーを使用しています。
それも一般の体用の物だと脱毛時に毛が引っ張られて痛いので顔用の物を陰毛処理用として購入し、使用しています。
カミソリで自己処理をすると、下着に擦れて肌が赤くなってしまいます。そのままにしておくと、かゆくなってしまうので、保湿を心がけています。顔や他の部分と同じように、アンダーヘアの自己処理の後にも、入浴後は化粧水とボディクリームをしっかり塗って乾燥を防いでいます。すると下着に擦れてもかゆくなったりせず、肌の赤みが出ることもなくなりました。
陰毛の自己処理はハサミとT字カミソリの両方で行います。
お風呂で体を洗う時に処理を行うので、肌トラブルを避けるためにボディーソープで泡まみれにしすべりの良い状態で行えば問題ありません。
特にビキニラインをT字カミソリで処理した後はボディークリームを塗って乾燥を防げば尚良いです。
一度処理を行うと、少しだけ毛が伸びて痒くなるということもありますので処理をするなら徹底的に、中途半端にするなら何も処理をしないほうが肌トラブルにはならないと思います。
アンダーヘアの処理で気をつけていることは、頻繁にやらないことです。
私は蒸れるのが嫌でアンダーヘアは全て無くしていますが、2ミリくらい生えてきてから一気に全部抜く様にしています。この時、埋もれた毛はいじくり回さずそのままにしておきます。
抜いた毛が2ミリくらいの長さになるのは、だいたい3週間後位になるので、それまでの間は触らない様にしています。
柔らかく
陰毛を柔らかくするにはどうしていますか?

アンダーヘアを柔らかくしてふわふわに保つ方法 デリケートゾーンの毛は髪の毛よりも縮れていて硬いので、ゴワゴワになりやすい ...

アンダーヘアーを処理するのはデリケートゾーンなので、カミソリや毛抜きで毛を抜いたりしないようにしています。
処理するときはシェイバーで肌を傷めないように気を付けながらしています。
カミソリや毛抜きで処理をしてしまうと埋もれ毛になってしまい肌トラブルの原因にもなりやすいです。
とにかく毛穴トラブルを気を付けて処理をしています。
デリケートゾーンなので、お風呂場(意外と細菌が多い)でT字のカミソリで剃ったりはしません。電気シェーバーで気になる部分を毛が生えてる方向に剃ります。(毛が生えてる方向と逆に剃るのは肌を傷めると聞いた事があります。)剃ったあとは、お顔の手入れと同じように、ローションや保湿ジェルみたいなものをつけています。この方法を始めてからは、特に肌にトラブルが出たことは今のところないです。
私が気を付けていることは二点あります。
一点目は、処理をする際に必ず石鹸で泡を多く泡立ててカミソリを当てることです。陰毛近くの肌はデリケートなので、傷をつけないようにするためです。そのために洗顔料を購入したときにおまけについていた洗顔用の泡立てタオルを利用し泡立てています。
二点目は、処理後にニベアのボディークリームで剃った場所に潤いを与えています。剃ったあとカサカサになってしまうことがあったので、このように対処しています。
以前は伸びてきたらハサミでカットして処理していました。ですがその方法だと毛先が尖ってしまい、皮膚を刺激したり下着から毛先が飛び出してしまいました。そこで友人から聞いた方法をためしたのですが、それがなんと陰毛を「燃やす」という方法でした。その方法は、まず陰毛にクシを入れて、好きな長さの少し上でストップ。そして毛先にライターで火をつけます。するとチリチリチリとダイナマイトの様に毛先が燃えていくので、好きな長さまで燃えたらクシでサッと梳かして火を消します。初めはビビりますが、慣れれば怖くないです。この方法だと、毛先がチクチクしないので良いですよ。毛が燃える時に焦げた臭いが臭いのが難点ですが。
剃ってしまうとチクチクするし、抜いてしまうとこれまた生えてきた時にチクチクします。気を付けていることといえば、実際綺麗にしておきたい日に合わせて抜く、ということでしょうか。直前すぎても毛穴が抜いた衝撃で少し目立ったりするので私の場合は2、3日前がベストです。最終的にはレーザー脱毛をしましたが、今はそういった悩みから解放されています。
アンダーヘアの長さが気になる
アンダーヘアの長さや形はどれくらい?

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

読んでもらいたい記事

386,955view
アンダーヘアの長さが気になる

アンダーヘアの長さが気になる人へ アンダーヘアのお手入れについては女性にとってデリケートな話で、参考にするものも少なく悩 ...

139,819view

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで毛先を丸くしてくれるアンダーヘア用のカッターです。 ハサミでカットした場合は、 ...

78,396view
除毛クリーム

剃らずに溶かす!除毛クリームを使ったアンダーヘアの処理 自宅でアンダーヘアの処理をする時に、時間をかけて毛抜きで抜くこと ...

-アンダーヘア
-