足の臭い

足が臭うのは何故?原因と対処法を説明していきます。

投稿日:

足の臭い

足の臭いの原因は?

足が臭くなってしまう原因は大きく3つあります。

それは、足にかく汗雑菌角質です。

そもそも足の裏には汗腺(エクリン腺)が集中していて、汗っかきの方に限らず1日に約200ccほどの汗をかく事がわかっています。

この汗腺は体温調節に関わる大切な汗腺で、99%が水なので、基本的に足の裏にかく汗はほぼ無臭です。

では「無臭の汗がなぜ足の臭いの原因になるの?」と思いましたよね。

その理由は、足は靴下や靴で密閉されている事が多く、温度が上がりやすく汗をかきやすい状況となってしまいます。

特に女性はブーツやストッキングを履くので、通気性が悪く高温多湿で足が蒸れやすい環境が多いですよね?

この環境が雑菌には繁殖しやすい状況となります。

足の皮膚の表面には、もともと皮膚常在菌(表皮ブドウ球菌、コリネバクテリウム属のバクテリアなど)という雑菌がいるのですが、この雑菌は正常な数であれば皮膚を守ってくれるありがたい存在なんですよ。

この皮膚常在菌は高温多湿の環境を好み、汗で流れ出てくる古い皮脂や角質を分解して臭い物質を作り出してしまう…

これが足が臭くなるメカニズムとなります。

足の臭い予防は?

足の臭いを抑えるためには、皮膚常在菌の繁殖を抑えるに越した事はありません。

自分でできる足の臭い予防法をいつくか紹介しますので試してみて下さい。

足を洗う

毎日入浴している方もいれば、シャワーで済ませる方もいて当然ですが、どちらも身体を清潔に保つことを考えると間違いではありません。

しかし、足のニオイ対策に関して言うと、シャワーよりも湯船に浸かる方が断然効果的なのをご存知でしょうか?

風呂場で効率よく足の臭い対策をするには?

みなさんがお風呂場でどんな足の臭い対策を行っているのか質問してみましたが、実際は本当に効果があるのか、正しいやり方なのかわからない…という方もいるかと思います。

また、足の臭い対策は自己満でやってもダメなので、ここでしっかりポイントを押さえておきましょう!

足湯
お風呂に入る前に一手間加える事で、劇的に足の臭いが消える方法があります。それは【足湯】です!足湯を行うと、足の角質が柔らかくなり古い角質が落としやすくなります。毎日行える場合は毎日行った方が効果を感じられると思いますが、毎日できなくてもできる範囲で行ってみて下さいね。

ただお湯に足を漬けるだけでも効果は感じられるかと思いますが、重曹やアロマオイル・酢などを一緒に入れて足湯をする方がもっと消臭効果が得られますよ。

角質ケア
ただ足を洗うだけでなく、数日に1回程度でいいのでスクラブやピーリングを使って角質ケアを行いましょう。角質は雑菌のエサとなってしまいますので定期的に行う事が大切です。

石鹸
普段身体を洗っているボディソープでそのまま足も洗っていませんか?ボディソープは保湿効果の高いものが多く、足の臭い対策という面で考えるとあまり好ましくありません。足の臭い対策として使う石鹸は、殺菌・消臭効果の高い体臭(足)専用の固形石鹸を使うようにすると良いでしょう。

洗う時は良く泡立て、ブラシがあれば使用して足の指や爪の間までしっかり洗うようにしましょう。

【雑菌は高温多湿の環境を好むので、お風呂あがりは雑菌が繁殖しないようにしっかり足を乾燥させる事も大切です!】

重曹を使う

ただ丁寧に足湯をするのもいいですが、重曹足湯がオススメです。

重曹は弱アルカリ性で、納豆のような酸性の足の臭いを分解してくれる効果があります。

ここで注目して貰いたいのが「酸性の臭いをアルカリ性で中和している」という部分です。

どんな方法を試しても効果がイマイチだと感じている方は試してみる価値があると思います。

重曹の使い方は簡単で、お湯を張った洗面器に小さじ1杯の重曹を入れて混ぜるだけです。

この洗面器に10~15分程度足を入れておくだけで効果が出ると思いますよ。

もちろん、できる限り毎日続ける事で効果が持続します。

さらに毎日重曹足湯を続けた結果「足の角質が落ちてサラサラになった」「水虫に効果があった」「足の血流が良くなった気がする」など、目に見えて効果が実感できるのも嬉しいですよね。

私は足湯のために購入した重曹を毎日の掃除にも使ったりしているので、購入して良かったと思っています。

ミョウバンを使ってみる

ミョウバンと聞いて「おばあちゃんが漬物を作る時に使ってたなぁ」と思い出す方もいるのではないでしょうか。

ミョウバンは煮物の煮崩れを防ぐために使用されたり、ナスの漬物の鮮やかな紫色を保つために使われたりする食品添加物です。

ですが、最近はこのミョウバンの優れた効果に注目が集まっているので紹介してみたいと思います。

食品添加物として使用されるのはもちろんですが、染色剤や防水剤にもミョウバンが使われているって知っていましたか?

ミョウバンは消臭・殺菌作用もあることがわかっていて、私は先日ミョウバン入りの入浴剤を購入したところです。

ミョウバン単体で購入したい場合は、食品添加物としてスーパーなどで簡単に購入することができます。値段も50gで100円前後とリーズナブルです。

酢を使ってみる

まず最初に「酢を使ったら足の臭いは消えても酢の臭いがするんじゃ…」と思う方のために
言っておきます。

酢の臭いはほとんど気にならないくらいなので安心して下さい!

酢は酢酸と言われるだけあって酸性です。

足の臭いの原因となっている細菌は、酸性条件下で生存できない事がわかっており、それを利用して弱酸性で消臭するという方法ですね。

使用する酢は食用の酢で十分ですが、竹酢液でも効果は同じです。

酢の使い方は重曹と似ていて、お湯を張った洗面器にコップ1杯(約200ml)程度の酢を入れ15~30分足湯するだけでいいんです。

どうしても酢の臭いが苦手という方もいるかと思いますが、そんな時はクエン酸やレモン汁で代用しても同じような効果が得られる事がわかっているので試してみて下さいね。

重曹足湯に酢を少し入れる

重曹足湯と酢足湯について紹介してきましたが、重曹足湯に大さじ2杯程度の酢を入れても効果的と言われています。

体調の影響も受ける

疲労が蓄積していたり、精神的ストレスが溜まっていると「体調が悪い」と感じる方は多いはずです。体調が悪くなると、当たり前ですが「免疫力」が低下します。

免疫力が低下すると足の雑菌が繁殖しやすくなり、足のニオイが普段よりも強くなってしまいます。

また、体調が悪いと足から分泌される「汗量も増加」します。汗量が増えると言うことは、雑菌のエサが多くなると言うことです。

足のニオイは汗と剥がれ落ちた角質や雑菌を分解させる時の発生するガスですから、体調が悪くなると、汗量と雑菌が増えるわけですから、足のニオイが酷くなるのも当然と言えますね。

食生活や生活リズムなどの生活習慣を見直し、体調を整えることが大切ということになります。

靴をかえてみる

靴を選ぶ際は、通気性の良い靴を選びましょう。

そして、何より毎日同じ靴を履かないことが大切です。サイズが合わない靴を履くと足にストレスがかかりやすくなり、汗をかきやすくなりますので、自分に合ったサイズの靴を履きましょう。

履いた後にしっかり手入れをすると、足のニオイが染みつくのを防げます。

靴下をかえてみる

足が臭くなると、同時に靴や靴下も臭くなるのは避けられませんが、せめて靴下くらい交換したいと思いますよね。

靴下を交換する事で足の菌や臭いを減らす事にはなりませんが、履き替える事で一時的には足の臭いが軽減されるのは事実です。

靴下を持ち歩き、状況によって交換するのは少し手間かも知れませんが、靴下を交換する事で足の臭いは軽減されますので、周りから足が臭いと思われるよりは、せめて靴を脱がなければならない状況になった時だけでも靴下を交換した方が良いと言えますね。

また、可能な場合は靴下を交換する際に、消臭アイテムも一緒に使うとより効果が得られますよ。

五本指ソックスは効果あり?

普通の靴下は靴下の中で指と指がくっつき、足にかいた汗が乾きにくい環境となっています。

5本指ソックスは足の指1本1本を覆っているため、汗をすぐに吸収・乾燥してくれます。

抗菌・防臭効果のある靴下を履いている人と5本指靴下を履いている人の足の臭いを比較した実験では、圧倒的に5本指靴下を履いている人の方が無臭だったという報告も出ています。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-足の臭い
-,