おなら

ワキガは臭いだけじゃない!黄色シミどうします?

更新日:

ワキガの黄色いシミ

汗をたくさんかいたあと、ふと衣類のワキを見ると黄ばんでいた、という経験はありませんか?

このシミには、着るたびに洗濯をしてきちんと清潔にしているのにどうして?と悩んでいる人は意外と多いのです。

この衣類の黄ばみ、ワキガ体質の人によく見られる現象なのですが、みなさんはこの黄色いシミを見つけたとき、どう対処していますか?

衣類の黄色い汗ジミの正体とは?

毎日洗濯をして衣類を清潔にしていても、この黄色い汗ジミはなかなかとれません。

これは、ワキガ体質の人のワキにあるアポクリン汗腺から出る汗が原因です。

アポクリン汗腺から出る汗には、アンモニアや脂質、たんぱく質などが含まれていて臭いの原因となりますが、さらにこの汗には「リポフスチン」という色素も含まれているのです。

このリポフスチンが衣類に付着することによって、汗ジミができてしまい、普通に洗濯をしてもなかなか落ちません。

また、ワキガの臭い対策には欠かせない制汗剤も、この汗ジミの原因となってしまうことがあります。

汗と制汗剤の成分が化学反応を起こすことでこの汗ジミとなる場合もあるため、制汗剤を変えたら汗ジミができるようになった場合は、その制汗剤を一度やめてみてください。

アポクリン汗腺に含まれるリポフスチンも、制汗剤と汗との化学反応も、その人の体質によって個人差があり、薄い黄色の汗ジミから、濃い茶色や黒い汗ジミになる人もいます。

臭い対策だけでなく、汗ジミ対策も一緒に行いましょう

ワキガ体質の人は、衣類の臭い対策に、デオドラント柔軟剤などを使っていると思いますが、それでは汗ジミのもとである色素は落とすことができません。

色素を落とすためには、漂白剤を溶かしたぬるま湯にしばらく浸け置きしてから洗濯をしたり、重曹や部分洗いせっけんでもみ洗いをしてから洗濯機に入れて洗濯をしましょう。

シミは時間が経つと落ちにくくなりますので、早めにシミ対策をすることで落ちやすくなります。

家での洗濯でも落ちない場合は、クリーニングの汗抜きをしてみましょう。

プロの技をもってすれば、頑固な汗ジミも落とすことができます。

スーツやワイシャツなど、なかなか簡単に捨てることができない衣類は、なるべく早めにクリーニングに出して汗抜きをしてもらえば、きれいに落とすことができます。

Tシャツやカットソーなど、そこまで値段の高くないものなら、いっそ部屋着におろすか、捨ててしまうのも手です。

汗ジミが落ちないからと言って何度もその部分を漂白したりもみ洗いしていると、衣類の繊維がボロボロになって、穴が開いてしまうことも少なくありません。

着られなくなるより再利用する方が気分も楽かもしれませんね。

最後に

汗ジミはワキガの人だけでなく、制汗剤を使う人にもよくあることです。

あまりにも頻繁に汗ジミができる人は、汗を吸収するパッドを使用するのもいいでしょう。

ワキを上げた瞬間に黄色いシミが見えたら、恥ずかしいですよね。

毎日を気持ちよくすごすためにも、ワキの汗ジミケアは日ごろからきちんと行いましょう。

シャツの黄ばみ簡単に落とせる方法はないの?聞いてみました。

ワキガの厄介な所は臭いだけではなく、衣類を黄ばませ駄目にすることもありますね。

特に白いシャツやパステルカラーには大敵です!

脇の下が黄ばむ理由は臭いの原因でもあるアポクリン線から出る汗が透明ではなく黄色いからなんですね。

ワキガではない人でも全く出ていない訳ではないですが、ワキガになるとアポクリン線からの分泌量が増えるので黄ばみが一段と目立つ結果になってしまうんです。

首の襟元なんかはよく黄ばみますよね?

あれも同じ理由なんですよ。

洗う?捨てる?我が家で実践している黄ばみの落とし方みなさんに聞いてみました。

白色の洋服が黄ばんだ場合はバケツにお湯を入れて酸素系の粉の漂白剤を黄ばんでいる所に付けて1日付け置きしておきます。その他には白い服を着る場合は必ず下に脇までカバー出来る綿の下着を着用し服を黄ばまさないようにしています。下着だけ黄ばむだけなのでお勧めです。
黄色いシミが付いた時は、手間なしブライトの原液をシミ部分に叩くように塗って漂白してから洗濯しています。時間がある時は、バケツに重曹30gを溶かして重曹水を作り、黄ばんだ服を浸け置きします。おしゃれ着に酷い黄ばみが付いた時は、繊維の傷みを避けるためにクリーニングに出してプロの染み抜きの技にお任せしています。
ワキガのシミについてはそこまで酷くないためか、市販の洗剤で概ね落ちています。抗菌作用や洗浄効果、消臭効果の強い洗剤や柔軟剤を積極的に使う事でその効果を感じています。シミがどうしても落ちない場合は外出時にその服は着ないで、室内にしかいない日などに着る、他の衣類と混ぜてしまわないなど工夫をしています。
汗染みや黄ばみ専用の洗剤を塗り込んでしばらく置いたあとに、通常の洗濯物と同じように洗っています。面倒ではありますが、このステップを毎日欠かさず行うことで、白いシャツも黄ばみを気にせず長く着られています。

なるべく、白の洋服は着ないようにしていますが、どうしても着る時は、注意して着ますが、黄ばみ、匂いは気がついたらついているものです。私は、酵素系漂白剤を入れたぬるま湯に着けて、洗濯機にかけますが、黄ばみや、匂いが消えない物は捨てています。
汗ジミは、放っておくと黄色くシミになることは知っています。黄色くシミになってしまったら、熱湯で消毒したり、重曹などで落とすしかありませんが、予防として、ベビーパウダーをシャツの脇内側に少しつけておくと、シミになりぬくいです。

成人式や卒業式など、何度か着物を着る機会があるのですが、その度に肌襦袢(着物用肌着)の脇部分が黄色くなります。初めて気がついたのは成人式の時です。1日中着物を着ていた為、肌襦袢も沢山の汗を吸収したのでしょう。着物を脱いだ瞬間、黄色く染まっている脇部分を見て愕然としました。洗濯機を回して干しましたが色は取れず、漂白剤を使って洗い直してやっと落ちました。それ以降、私服で白いトップスを着た後は酸素系漂白剤に漬け込んでから洗うようにしています。しかし、白い服を着るたびに漬けたりもみ洗いしたりするのが手間なので、基本、なるべく白い服は着ないようにしています。
まず汗が服に付きにくくしています。最近出ている汗ブロックなどのクリームを塗ると多少臭いやシミがマシになったような気がします。黄色シミが出た場合は液体のウタマロ石鹸の原液を染み込ませて5分~10分ほど置いて、もみ洗いした後にいつも通り洗濯しています。

脇の汗シミのついたシャツは出来るだけ早く洗濯してしまうのが一番だと思います。私は帰宅した時点で洗濯してしまいます。一晩以上置いてしまうとシミになりやすく、黄色く変色していき、また臭いも残りにくくなります。
黄ばみは「皮脂」なので、普通の洗濯洗剤では完全には落ちない場合があるので、台所の洗剤や洗顔石鹸で水とかよりもお湯で洗った方が落ちやすいです。その他には「重曹」とか「メイク落とし」や「シャンプー」とかも同じくお湯で洗う事をオススメします。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-おなら
-, ,