スキンケア

秋冬に行うシミ対策!ターンオーバを促進させるための洗顔とは?

更新日:

そばかす

お肌の悩みを持つ女性に多いのが「シミ」。

実際、とある化粧品会社の調査において、「シミ」の悩みを持っている人の割合は、なんと40%強であったことが分かっています。

特に、30代を超えたあたりからシミへの悩みを持つ方が増え、加齢とともにどんどんシミへの悩みを持つ方が増えてくるような状況なのです。

20才から始まる老化現象って?

そもそも私たちのお肌のターンオーバー(新陳代謝)が促進されないことには、シミが起きる原因になると言われています。このターンオーバーについては、ピークと言われている年齢がなんと18才までであると言われており、20才以降になると少しずつ衰えてくることが分かっています。

怖い良い方をすると老化は20才からすでに始まっているとも言えるのです。

ただ20才から20代後半までは、それほど衰えの進行は大きくないために、自覚として現れるのは30代からであると言われています。

さらに40代になるとターンオーバーの周期は一気に衰える事になりますので、スキンケアを適切にしていないと、メラニン色素が肌に溜まることとなり、それが「シミ」として自覚することになってしまうのです。

ようするにこのターンオーバーが正常に行われていると、古い角質層はどんどん肌の外側に排出されていきますので、シミが現れることはありません。

ターンオーバーとはどのように行われるのか

年齢を重ねるごとに、このターンオーバーの周期はどんどん遅く、長くなっていきます。

ターンオーバーは肌の一番奥にある基底層により「角化細胞」が作られることから始まります。この角化細胞は、約2週間の間に、どんどん肌の表面へと上がっていき、最終的には肌の角質層にまで上がってきます。

この古い角化細胞は、角質層で角質細胞となります。
この角質細胞は肌を守ったり、肌の潤いを保つための重要な役割がありますが、その役割を果たした2週間後には、お肌からはがれ落ちることとなります。

本来、シミの元となるメラニン色素は、この角化細胞とともに角質層まで上がっていき、角質細胞となって、最後には排出される事となっています。そのようにうまくターンオーバーの流れに乗ることになれば、シミは生まれてこない事になります。

ターンオーバーの乱れがシミができる原因に

それならば、なぜメラニン色素によりシミが出来てしまうのかというと、加齢によりターンオーバーの周期が長くなってしまうと、メラニン色素が肌に残ってしまうからであると言われています。

特に40代になると、ターンオーバーの周期は20代の頃と比べると倍の期間がかかると言われています。

今までは半分の期間だったので、うまくターンオーバーにより排出されていたメラニン色素が、40代になりターンオーバーに倍の期間を要するようになると、肌の角質層にどんどんメラニン色素が溜まっていき、それがシミとなって現れてくるのです。

ターンオーバーの乱れを改善するスキンケアは洗顔?

肌のターンオーバーが乱れると、いつまでも角質層にメラニン色素が排出されずに残ってしまい、シミの原因となってしまいます。

肌のターンオーバーをいままで以上に促進させることが、シミ対策のひとつになると考えられています。

そのために必要なスキンケアは、毎日行う洗顔から改善していくことが必要になります。

特に洗顔において、古い角質層を無理なく落としてしまい、同時に潤いを得られるような洗顔を行う事で、長くなりがちなターンオーバーを促進させることができます。

ターンオーバが促進されると、メラニン色素の排出が活発になりますので、シミが現れにくいお肌への整っていく事になります。

洗顔に使う石鹸は、不要な角質を落とし、潤いを保つ成分が豊富に含まれているものを使用するようにしましょう。

ヒートカッターなら『Vライントリマー』

アンダーヘア

『Vライントリマー』なら、長さが気になるアンダーヘアを少量つまんでカット。

熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットするから、アンダーヘアが飛び出してチクチクが気になる!ということがありません。

『シナヤカウォッシュ』は、髪の毛のトリートメントのような質感でしっとりとアンダーヘアになじみ、ふわふわで可愛いアンダーヘアのお手入れが可能です。

RECOMMEND

彼氏とキスがしたい 1

彼氏がキスしてくれなくなった時、ほとんどの女性が「キスをしてくれなくなった原因はなんだろう?」と悩むのではないでしょうか。 カップルにとってキスは愛情表現やコミュニケーションの一部として欠かせないもの ...

-スキンケア
-